忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[744] [743] [742] [741] [740] [739] [738] [737] [736] [735] [734]


題名:NIPPON文学シリーズ「KAAT式らくごの会 ~文学しばり~」
日時:2013年1月30日19:00-21:20(仲入りあり、アフタートークまで)
劇場:KAAT神奈川芸術劇場・大スタジオ
料金:
座席:最後列センター
番組:
   さん坊 つる  
   喬太郎 小泉八雲作  梅津忠兵衛  
   吉坊  川上弘美作  花野  
 仲入り
   吉坊  厄払い  
   喬太郎 小泉八雲作 雉政談  
   喬太郎・吉坊 トーク 

売り切れのはずが空席が。。
梅津忠兵衛は力自慢で、真面目な若侍。
忠兵衛が夜、山道を下っていると女の姿、こんな時間に女1人で立っているのはおかしい。
狐狸妖怪と無視して通り過ぎようとするが、名前を呼ばれて、子供を預かってほしいと言われて
渡される。人のよい忠兵衛がその頼みを聞いてまっていると子供がどんどん重くなり、、、
もちきれないときに南無阿弥陀仏を3回。。
重くなっていくとき、顔真っ赤、本当に重そう。。

花野は死んだ人が生きている人に会いにくる話。死んだおじさんがときどき現れて会話を
交わす場面が展開します。嘘をいうとあの世に戻る、どんどん気になることが減ってきて、、
また会おう、でいなくなって下げ。沈黙が長い一人芝居のような物語。

雉政談は雉政談とかけひきをあわせたもの。
嫁の夢に出て知らせてきた父親の生まれ変わりの雉の首を締めてしまう男、嫁が
愛想をつかし逃げ、男の悪事が露呈。斬首が決まり、七代目まで呪うと叫ぶ。
奉行がお前の生首が石に噛み付いたら信じようという。男の念は噛み付くことに
使われたので呪いを避けた。後程アフタートークで言ってましたが、後味を
悪くつくったということで見事な出来栄え。

アフタートークはおもしろかったのですが、メモがいろいろまざってしまった。
誰が話していたのかわからない(汗)ここから先はアフタートーク。

原作の本をひたすら読んでいた。台本を作らなかった
新作をやるときに台本つくらない。なんどもやってくうちに練っていく。
最初は台本作っていた。かくことでロスがでる。
書き込むと細かいどうでもよいギャグを作っていく。
円丈師匠はPCで書けと言っていた。
自分の文字で書くとおもしろいと思ってしまうから、原作は客観的なPCでかけ。

雉+駆け引きという話をくっつけたが、あの百姓はそんなに悪くない
八雲やる段階で、首が落ちて動く話をすごく覚えていた。
それでやりたかった。みたら短い。話にするときはそこにいたるストーリーが必要。
雉は、おとうさんよ、ぐきって救いないだろう!夜はいやな気持ちで皆を帰したかった。
梅津忠兵衛 の方が氏神がでてくる。仏がでてくる。
ウルトラマンエースにウルトラ兄弟が助けにくる感じ。
こういう噺を最後にやって気持ちよくかえってもらうとためにならない。

頭と終わりが決まらないと構想がきまらないのだと長くなやまれていた?

はいりがあれば人物が登場して動いてくれるかな。落語として落ちがあれば楽。
原作者もいらっしゃれば許諾を得なくてはならない、普段の落語より縛りがきつい。
原作をなるべく自分の体にいれておこう。変に外にはでないだろう
自分でも思いもよらぬせりふいうことがある。いいときと収拾がつかないことがあるが。。

やりこんでいくとどんどんかわっていくであろう。
次どこでやるんだろう?つぎやるときは全く違うかもしれない。今回のが原作に
一番ちかい、伝えたかった世界がちょっとでも伝わっていればなあ。
この博打みたいな会、お金をはらってきていただいて物が投げられることもなく。。

芸能というのはうまくいかないこともある。実験的な催しがつよい
今回はものがうまれたところをみてもらった。落語は我々とお客様で育てていくもの。
落語という形式の芸能ととらえていただいたときに、こういうことができるのだなという
発見があった。



拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析