忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[378] [364] [365] [360] [358] [341] [340] [339] [338] [337] [336]


題名:Rigoletto
日時:2009年2月10日19:30-22:30(途中休憩2回あり)
劇場:Royal Opera House, Main Auditorium
料金:195GBP
座席:STALL Left H15(1階8列目ほぼセンター)
指揮:Daniel Oren
演出:David McVicar
リバイバル演出:Daniel Dooner
装置:Michael Vale
衣装:Tanya McCallin
照明:Paule Constable
出演:
  Duke of Mantua:Francesco Meli
Matteo Borsa(a courtier):Daniel Norman
Count Ceprano(a courtier):Vuyani Mlinde
Countess Ceprano: Louise Armit
Rigoletto(court jester):Leo Nucci
Marullo(court poet):Changhan Lim
Count Monterone:lain Paterson
Sparafucile(a professional assassin): Kurt Rydl
Gilda(Rigoletto's daughter):Ekaterina Siurina
Giovanna(GIlda's nurse):Elizabeth Sikora
Page: Deborah Peake Jones
Court Usher: Nigel Cliffe
maddalena(Sparafucile's sister): Sara Fulgoni

はじめてROHにはいりました。これまでのロンドン旅行では全く縁がなかった、というか
これまではオペラにもバレエにも興味がなかったのですね。コベントガーデンの中心に
位置するこのオペラハウス、舞台ファンなら一度は入ってみてもいいのではないでしょ
うか。重厚さと新しさを兼ね備えるなかなかいい感じの劇場です。
さて、本日はSOLDOUT公演です。一週間前にすごく良い席が出てきたので思わず買ってし
まいました。これは有名な作品ですが、私は見るのは初めてです。
さすがにミュージカルよりずっと年輩の方が多いですね。男性は大部分がジャケット姿、
女性はさまざまです。タキシード姿はありません。ひとり和服のおばさまを発見しました。
劇場内にはレストランやバーがいくつもあります。どこも満員。Webでレストラン予約で
きたりします。




字幕は舞台の遙か上にありました。
私が座った位置はベストポジションともいうべきところで、歌声が一直線に私にぶつかっ
てきましたよ。



舞台の上には斜めに立てかけられたブリキ色の壁、気分は廃墟なんですが、そこが公爵の
館になりました。オープニングは大人数の乱痴気騒ぎ。剣で尻をたたいていたり、くんず
ほぐれつ、まぐわっていたり、最後は全裸の男女出現、なにも遮るものがなく見えてしま
います。18禁なんですか?>りごれっと
そこに公爵登場、女はみんな俺のもの?「あれかこれか」がかなりよい。えげつない歌詞
ですねえ(字幕読んでるだけですが)しみわたるテナーです。リゴレットは想像よりかな
り男前、しかも公爵より厚みのあるよい声です。
舞台が90度回り、ブリキ板を横から見る形になるとそこは街頭、殺し屋のセールスの場に
なっちゃいます。もう90度回って最初の裏側になると今度はリゴレットの自宅、これもぼ
ろぼろです。娘ジルダはきれいなソプラノ。身分を偽った公爵と恋仲になっちゃうのです
が、公爵の部下たちにリゴレットの女と勘違いされて拐かされてしまいます。ここで1幕
おしまい、30分休憩。
ブリキ板の後ろに照明があたるとそこは地下の穴蔵の風情。手下に娘を拐かされたとは知
らない公爵は殊勝にも安否を気遣う歌を歌います。これもかなりよい。リゴレットが公爵
のところにきて娘を返してほしいと歌う「悪魔め、鬼め」は感動的、オペラで泣けるとは!
ここで拍手が巻き起こってショーストップでしたよ。
この作品は大人数での合唱が意外なほど少ない。そのためなんとなくこじんまりとした雰
囲気を感じさせます。そのかわり2ー3人での重唱が大部分で物語を進めていました。
3幕は私ですら知っている有名な「女心の歌」ではじまります。いやー公爵が羨ましい。
そんな公爵を一途に思うジルダがなんちゅーか。。。最後は身代わりで死亡という一応悲
劇なんですが、ダメンズ(よりはだいぶましか)にひっかかってしまったおばかさんとい
うのが正しい評価でしょう。
カーテンコールでは、公爵、リゴレット、ジルダが床を鳴らしての拍手でした。特にジル
ダがスゴい反響だったのですが、私としてはリゴレットが一番かな。今回の旅行の最後を
 飾るにふさわしい舞台でした。



拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析