忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[741] [740] [739] [738] [737] [736] [735] [734] [733] [732] [731]


ハノイに常設のサーカスがあると聞きつけ、見てみたいと思った。
そこでWebサイトを検索し住所まで突き止めた。日航ホテルの目前で、公園の中!
しかしスケジュールがわからない。宿泊したホテルのコンセルジュにお願いして
何度か電話をかけれど全然繋がらない Orz
そこでとにかく現地に行ってみることにした。冒頭の写真は昼のサーカス劇場の様子。
劇場入り口らしき外側には次のようなイラストもあった。



劇場敷地内には次の彫刻が飾られていた。
人民芸術家 Ta Duy Hien 像らしい。



Ta Duy Hien さんはベトナムサーカスの祖なのね。
http://vi.wikipedia.org/wiki/T%E1%BA%A1_Duy_Hi%E1%BB%83n

だが劇場は生きている風情も見られない。劇場併設らしきレストランだけ営業されて
いたのだが、そこらへんのスタッフにはなしかけてもどうもうまく話が通じない。
まあ私がベトナム語話せないのがいけないのですが。。

ホテルに戻ってダメもとでWebサイトのはしっこに見つけたメールアドレスにメールしてみたら
返事が返ってきた!

--------------------
Dear Sir and Madam,
Thank you so much for your interest in our Circus programme.
We have every night show. it starts at 20pm on the Third, the Fourth, and The Fifth January.

The price is 150.000VND for each person
120.000 VND for each person.
The children under 3 is free.
I hope you will have a good time in Hanoi.
All the best to you and your dear.
Sincerely

Director's assistant
------------------

どうもありがとう!ということで3日の夜にGO!
この夜は劇場生きてました!
劇場手前のチケットブースでチケットを購入、ひとり15万ドン。
チケットブースは向かって左側の小さな小屋。




どうやら座席指定らしい。記号をついたチケットをゲット。
劇場入り口に入ると両側がサーカスの写真。



昨年にこちらで開催されたサーカスフェスティバルの際の写真のようだ。



そして客席入口からはいると、、



開演20分前なのにまだ何やら準備をしているのです。大丈夫?
客入れに何かをするという発想はないみたい。



この日はビデオ撮影かTV中継があるようで、たくさんのカメラがはいっておりました。





予定時刻から15分おして暗くなって開演!客はだいたい4割程度かなあ。
ちょっとさびしい、でも子供たちの声は大きい。



題名:Hanoi Central Circus
劇場:Hanoi Central Circus(67 Tran Nhan Tong, Hai Bà Trưng, Hanoi)
日時:2013年1月3日20:15-22:30
料金:15万ドン(約700円)
座席:D列6番(4列目、正面から3席右)
Web:http://www.vietnamcircus.com/default.aspx

番組:
  オープニング
  ティッシュー(男女ペア)
  Hand to Hand (男3人組)
  ボールジャグリング
  クラウン(水入り茶碗演奏とタップ)
  ロシアンバー
  犬の曲芸
  軟体
  綱渡り(男女ペア)
  熊の曲芸
  チャイニーズポール
  クラウン(演奏すると犬が楽譜をくわえて、、)
  くわえばち
  フープ
  梯子バランス(男女ペア)
  猿の曲芸


開演30分前にはほとんど人がいません。
物販はポップコーンとソーダなど食べ物のみ。
プログラムとかDVDとか道具とか売ればいいのにー。
この劇場は公園に隣接(公園内?)している常設のもので、
入口をはいってまっすぐいくと劇場客席となります。
オープニングは出演者全員の顔見世、なんだか楽しくなりそう。





番組の最初は男女ペアによるティッシュー。
ほとんどすべての番組が5-6分程度の短いものとなっており、
子供たちを飽きさせないようにしているみたい。



二つ目のHand to Hand は小さなテーブル上での男3人組。
当初はなんだかぬるい振付だなーと思っていたら、二人を同時に
抱え上げる技がいくつも、、これでみんな同じような体の大きさ
だから凄い。すごいのかぬるいのか悩んじゃうような演技でしたよ。





ボールジャグリングは3つから7つまで、ドラリオンの音楽を使い
ビクトルキーさんを彷彿とさせる演技。



クラウンは笑いを取るというより、真向からの芸、タップダンスと
茶碗によるメロディでした。これがかなり上手。



ロシアンバーは棒1本でジャンパーひとり、きれいなおねえさんが
くるくると飛んでは見得を切る!



犬の曲芸は定番のような出し物ですがやっぱりかわいい。



軟体のおねえさん、一見ふつうのスタイルなのにぐねぐねと。
最後は口で全身を支えて、逆エビで足の指で弓を引いて
バルーンを射抜きました。かっこいいです!



そこで暗転して綱渡りの装置を設置、男女ペアで飛んだりはねたり。
しかしなぜアメリカインディアンの演出?一つの綱の上に二人が
並んで同時に綱渡りをするのは初めて見ました。地味だけど難易度高そう。



次は熊の曲芸。この熊、いつも曲芸で見る熊とは種類が違うようです。
マレー熊??見事にバランスや自転車乗りなどの曲芸を決めていました。






チャイニーズポールは6人で、ポール間の飛び移りを含めてぴしっと決めてました。



次のクラウンは今度は笑いを取るパターン、バイオリンを演奏しよ
うとすると犬が楽譜をくわえて後ろへダッシュ!それを繰り返し、
犬が見事。そしてバイオリンの演奏が始まるとバイオリンがふたつ
に割れて中から砂が。。。

次はくわえ撥、くわえ撥と書いてしまいましたが、くわえていたのはナイフ、
その先でいろんなものをバランスするのです。
この番組が今回のショーの中で一番すごかった。
まずは五階茶碗のようなグラスの積み重ね。



次は大きな瓶を蹴り上げてキャッチ、まるで土瓶の曲のよう。



そして梯子を使って頭上のブランコに上ると、ブランコから足でぶら下がる形
にしてそれでもナイフの上でバランス!






そして最後はナイフの上でバランスしながら、ブランコを大きく揺らしていくのでした。
いやーびっくりです。



フープのおねえさん美人!



梯子バランスは梯子をバランスして上に載ってそこでの曲芸、男の上で女がまたバランス。



最後は頭の上に立ってリングのファウンテン。



トリは猿回し、竹馬や自転車、重量挙げを見事に乗りこなしていました。







ベトナムで常設劇場ということで、場末感あふれるステージを
期待していったのですが、動物の曲芸にアクロバットにジャグリング
ときわめて真っ当な出来でびっくりしました。これで700円は安い!
週末のみの上演のようなので、ハノイに来られる方でスケジュール
があう方は是非ご覧ください!

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析