忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[364] [365] [360] [358] [341] [340] [339] [338] [337] [336] [335]


題名:Mouse Trap
日時:2009年2月10日15:00-17:10(途中休憩あり)
劇場:St Martins Theatre
料金:36GBP
座席:Stalls E15
出演:
Mollie Ralston: Vanessa Clarke
Giles Ralston: Simon Hepworth
Christopher Wren: Edward Grace
Mrs. Boyle: Bronwen Williams
Major Metcalf: Graeme Eton
Miss Casewell: Rebecca Reaney
Mr. Paravicini: Jim McMaus
DETECTIVE-SERGEANT TROTTER: Richard Brightiff

半世紀以上にわたるロングラン作品です。1952年11月25日が初演。
いつかはみるだろうと思ってずっと見てなかったのですが、さすがに今回見ないと
ともうみる機会がないかもと思って見てみました。
火曜日のマチネがある作品は少ないので客が集まるか?と思いきやそんなことは
ありませんでした。さすがに56年もロングランしてるだけのことはあります。
ロンドン中が見ていても驚きませんよ。
客席は1階が約1割の入り。私は劇場窓口で買ったのですが、1列3人しか座ってないのに
3人固まっているOrz 横方向へチャレンジングな方がすぐ隣だったので別の場所に逃げ
ました。開演直前には客席民族大移動、だってみんな端のチケットを持っているのです
もの。私はふたつさがって、通路後ろの足を伸ばせる席を確保G8番でした。
物語は原作がアガサクリスティ、半世紀もやっていたらロンドン中の人が一度は見たと
なっていてもおかしくありません。
舞台は大雪の中、ロンドン近くの山荘で始まります。居間に暖炉がありますが、だいぶ寒
そう。客は雪を払いながら三々五々きます。なんだかひとくせもふたくせもあるような
客ばかり。雪のおかげで交通が遮断され、そして電話線も切れてしまいます。
そこで殺人事件の調査に刑事がやってきて、、調査をするうちに新たな殺人が起きてし
まいます。調査のうちに複雑に絡み合った人間関係が明らかになってきて。。
舞台はずっと山荘の居間からかわりません。
良くできた原作なんでしょうが、英語が聞き取れない部分があるとかなりきびしいですね。
それでも結末にはびっくり、そうきたか!?という感じ。ミステリーなもので予習を
するというわけにもいかず。。
カーテンコールでは、「結末はあかさないでください」 えっと、ロンドン中の人が
皆結末を知っていたりしませんか?
それにしてもこの客の入りでよくロングランできてますね。夜だともっと入っているの
でしょうか?



拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析