忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[1] [2] [3]

題名:アナと雪の女王2(字幕)
劇場:新宿バルト9 スクリーン9
日時:2019年11月22日19:00-20:55
料金:シニア割引1200円
座席:M21

アナ雪好きすぎて封切日に映画館へ突撃!
松たか子さんの吹き替えも気になるが、まずはイディーナのエルザを聞かんと字幕版へ。
前作と比べてキャラが一層自然によく動くようになってます。魔法や自然などのスペクタクル
シーンも満載。歌も前作より多いような気が、、でもいまひとつ心に残るものがないのです。
そして筋書きに納得いかないところがいくつか。水に記憶がある、というところは減点ですね。
オラフの前作のまとめと本作のまとめは受けた。きっとこれからネタとして語り継がれるにちがいない。物語としてすとんとおちるかどうかもいちど見に行くかな。今度は吹き替え版で。
劇場入り口でカードもらいました。

拍手[0回]

PR

題名:空の青さを知る人よ
劇場:グランドシネマサンシャイン シアター8
日時:2019年11月20日15:20‐
料金:シニア割引1200円
座席:E-7

超平和バスターズの作品ということで見にきました。
あの花、ほどではないのですがじんわりと泣けます。
過去と現在の対比がファンタジー成分を通してうまく描かれています。
高校生のしんのやあおいに感情移入してみてたんだけど、それは私が一回り
しちゃったせいだろうなあ。30代なんてまだまだこれからだし。
秩父市が聖地なんですね。あいみょんの歌も良い!
グランドシネマサンシャインにくるのははじめて、すごく立派な館内。

拍手[0回]


題名:グリーンブック
劇場:TOHO CINEMAS 六本木
日時:2019年3月10日12:25-
料金:シニア割1100円
座席:G-31
ストーリー:
時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。ある日、トニーは、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。彼の名前はドクター・シャーリー、カーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが─。

オスカー作品賞受賞。
実話をベースにした物語。反発するふたりが周りの環境などによりじわじわと仲を
深めていくところがじんわりきます。
そもそもが重い課題なのですが、苦しすぎるほどではなく、見終わった後は多少爽快。
でもまだまだこんなかんじで分断されているかと思うと、もやもやします。

拍手[0回]


題名:メリーポピンズ リターンズ
劇場:TOHO CINEMA 日比谷 スクリーン5
日時:2019年2月2日18:30-
料金:シニア割1100円
座席:H-21

前作から20年後のバンクス家。マイケルちょっとダメ男。
そこで男前なメリーポピンズが登場して奇跡を起こす!
前作が好きすぎたせいか、いまひとつ。
記憶に残る曲もダンスもなし。
環境設定がより不幸で、それをなんとかするための
ご都合主義が目に付いてどうもいまひとつ。。
ディックバンダイクの登場ではそれだけで泣けましたよ。

拍手[0回]


題名:Search
劇場:ギンレイホール
日時:2019年2月1日18:30-
料金:映画サービスデー割1000円
座席:まんなか付近

PC画面のみで進行するミステリー。
SNSなど現代の世相を見事に組み入れています。
しかもエンターテインメント性も高い。
見事な作品です。

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析