忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
題名:サザンオールスターズLIVE TOUR2019 「“キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!”だと!? ふざけるな!!」
劇場:東京ドーム
日時:2019年6月16日17:00-20:00(20:30までアンコール)
料金:9500円
座席:1階3塁側38通路29列309番(3塁側のまんなか付近)
セットリスト:
東京VICTORY
壮年JUMP
希望の轍
MC
闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて
SAUDAGE ~真冬の蜃気楼~
彩 ~Aja~
神の島遥か国
青春番外地
欲しくて欲しくてたまらない
Moon Light Lover
赤い炎の女
北鎌倉の思い出
メンバー紹介
古戦場で濡れん坊は昭和のHERO
JAPANEGGAE(ジャパネゲエ)
女神達の情歌(報道されないY型の彼方へ)
慕情
MC
愛はスローにちょっとずつ (新曲・仮題)
ゆけ!!力道山
CRY 哀 CRY
HAIR
当たって砕けろ
東京シャッフル
DJ・コービーの伝説
わすれじのレイド・バック
思い過ごしも恋のうち
はっぴいえんど
シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA
マチルダBABY
ミス・ブランニュー・デイ (MISS BRAND-NEW DAY)
イエローマン~星の王子様
マンピーのG★SPOT
アンコール
I AM YOUR SINGER
LOVE AFFAIR~秘密のデート~
栄光の男
勝手にシンドバッド
銀テープ
旅姿六人衆


久々のサザン公演を堪能しました。
外野の真ん中にステージ、両側に巨大スクリーン。
サザンは本当にエロに愛がある。
今回は知らない曲がたくさんあったので、これからまだまだサザンを
楽しめるのかと思うと嬉しくなりましたよ。
ダンスチームを見てるのも楽しい。

拍手[0回]

PR



題名:ALAN CUMMING SINGS SAPPY SONGS
劇場:CAFE CARLYLE
日時:2015年6月6日23:20-24:40(開演予定は22:45だが客入れで30分以上)
料金:(Cover 80USD + F&Bmin 25USD) +tax +tip (今回は合計130USD)
座席:入り口近くの壁の前に立ち席
解説:
Alan onstage with his long time collaborator and Emmy-winning musical director, Lance Horne, and cellist Eleanor Norton debuts his brand new concert Alan Cumming Sings Sappy Songs at the legendary Cafe Carlyle.

ベース、ピアノ、ドラムのバックバンドとともに1時間20分を熱唱。
至福のときでした。カフェカーライルはさほど大きい会場はないので(たぶん100くらい)
どこにいてもすぐちかくに見えます。
トークは、父親のこと、刺青のこと、TONYのこと少し、明日(今日か)の8時からリハ
だそうです。皆が座っている中で壁際ほぼ正面に立っていましたから、Alan までさえぎる
ものなく歌声とトークを満喫しました。もうこんな近くで聞くことはないだろうなあ。



拍手[0回]



題名:HIROMI: THE TRIO PROJECT ft. ANTHONY JACKSON & SIMON PHILLIPS
劇場:Blue Note New York
日時:2015年6月4日22:45-23:55
料金:テーブル55USD+Web予約手数料6.5USD
座席:ピアノの真横、通路を挟んだ奥のテーブル(AMEX GOLDによるVIP席確保)
出演:HIROMI, ANTHONY JACKSON, SIMON PHILLIPS

Savionがあまりによかったので、二日続けてBlue Note 通い。
今度は写真撮影一切禁止。
鍵盤がちょうど横から見える位置で超絶技巧を堪能。
Savion の時の床がキーボードに変わっただけですごさは同じレベル?
肘から先の筋肉のうねりがすごい、そして打鍵が見えません。
指が独立した命を持っているように思えてきます。
指を見てるだけで惚れました。これまたあっというまの1時間余。
もうこの距離で聞くことはないだろうなあ。

拍手[0回]



題名:サザンオールスターズ LIVE TOUR 2015 「おいしい葡萄の旅」
劇場:東京ドーム
日時:2015年5月23日18:00-21:30
料金:9000円
座席:アリーナD8ブロック 10列1番







サザン初体験。チケットは座席引換券で、入り口で座席券と交換。
なるほどこれならなかなか商売できませんよね。
ステージの奥に巨大画面が5つ。
「美味しい葡萄ライト」が配られてみんな手にはめる。
そしてあるタイミングになると突然光り始める!
色も変わる!!会場全体がそのライトの色に!!金かかってますねえ。
ダンサーも20人はいたでしょうか。巨大ステージに負けずと踊る。
そして3時間半歌いっぱなし!トークなんてない。
歌に物語が充満している、エロと社会がてんこ盛り!!
すごい経験でしたよ。また聞きたい。

セットリスト:
1 Tarako
2 ミス・ブランニュー・デイ (MISS BRAND-NEW DAY)
3 青春番外地
4 ロックンロール・スーパーマン~Rock'n Roll Superman~
5 彼氏になりたくて
6 バラ色の人生
7 Missing Persons
8 平和の鐘が鳴る
9 イヤな事だらけの世の中で
10 はっぴいえんど
11 天井棧敷の怪人
12 ワイングラスに消えた恋
13 よどみ萎え、枯れて舞え
14 顔
15 Happy Birthday
16 死体置場でロマンスを
17 Computer Children
18 栞(しおり)のテーマ
19 あなただけを ~Summer Heartbreak~
20 真夏の果実
21 おいしいね~傑作物語
22 Soul Bomber(21世紀の精神爆破魔)
23 (The Return of)01MESSENGER ~電子狂の詩~
24 ブリブリボーダーライン
25 道
26 栄光の男
27 東京VICTORY
28 アロエ
29 マチルダBABY
30 エロティカ・セブン
31 ボディ・スペシャルII
32 マンピーのG★SPOT

アンコール
33 匂艶THE NIGHT CLUB
34 ピースとハイライト
35 みんなのうた
36 蛍







拍手[0回]


題名:Colm Wilkinson Broadway and Beyond Japan ~ コルム・ウィルキンソン 日本スペシャルコンサート ~
劇場:東急シアターオーブ
日時:2015年4月18日18:30-20:50(途中休憩あり)
料金:A席7000円
座席:3階1列29番(センターブロック右より)
出演:コルム・ウィルキンソン、アール・カーペンター、スーザン・ギルモア、則松亜海
曲目
1、Music of the Night(from"The Phantom of the Opera") By Colm Wilkinson
2、All I ask of you (from"The Phantom of the Opera") By Earl Carpenter & Ami Norimatsu
3、Tennessee Waltz - By Colm Wilkinson
4、Folsom Prison Blues - By Colm Wilkinson
5、I Dreamed a Dream(from"Les Misérables") - By Susan Gilmour
6、Bui Doi (from"Miss Saigon") By Earl Carpenter
7、アルゼンチンよ、泣かないで(Don't Cry for Me Argentina,from "Evita") By Ami Norimatsu
8、House Of The Rising Sun - By Colm Wilkinson, with chorus Earl Carpenter & Susan Gilmour
9、Danny Boy - By Colm Wilkinson
10、This is the Moment (from"Jekyll and Hyde")- By Colm Wilkinson
Intermission
11、Man of La Mancha (from "Man of La Mancha") - By Colm Wilkinson
12、The Impossible Dream (from "Man of La Mancha") - By Colm Wilkinson
13、Anthem(from "Chess") - By Colm Wilkinson,with chorus Earl Carpenter & Susan Gilmour
14、The Winner Takes It All - By Susan Gilmour
15、Stars (from"Les Misérables") - By Earl Carpenter
16、Let it Go (from "Frozen") - By Ami Norimatsu
17、Hallelujah - By Colm Wilkinson,with chorus Earl Carpenter & Susan Gilmour
18、Mama Don't Allow - By Colm Wilkinson
19、Get Back - By Colm Wilkinson,with chorus Earl Carpenter & Susan Gilmour
20、(Twitter上にて教えていただきました。おそらくビートルズ"She's Leaving Home”。) By Colm Wilkinson
21、Hey Jude - By Colm Wilkinson,with chorus Earl Carpenter & Susan Gilmour
22、Imagine - By Colm Wilkinson
~Sprcial Encorl ~
23、Bring Him Home (from"Les Misérables") - By Colm Wilkinson

満員、でも当日券は多少でているようです。
声を堪能するだけなので3階席で十分。
バンドが7人、歌手が4人。
コルムは最初にでてきてMusic of Night で観客をひきずりこみました。
カントリー、ダニーボーイ、朝日の当たるいえ、最後はThis is the moment!
後ろに映像スクリーン、トークの翻訳とか曲の題名とか。
最初はシャンデリアがうつりました。もちろん冒頭はファントム!

ファントムに見えるし、変身するかとおもうし。この人にあてがきしてあるかのよう。
初演キャスト多数なのでほんとにあてがきしてあるのかもしれません。

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析