忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[1] [2] [3] [4] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



題名:スーパー歌舞伎II(セカンド)空ヲ刻ム者── 若き仏師の物語 ──
劇場:新橋演舞場
日時:2014年3月21日16:30-20:50(途中休憩2回あり)
料金:1等A席15000円
座席:1階 18列 17番
劇団:
作・演出:
出演:
十和  市川 猿之助
長邦  市川 門之助
双葉  市川 笑  也
菖蒲  市川 笑三郎
興隆  市川 寿  猿
喜市  市川 弘太郎
時子  市川 春  猿
吾平  市川 猿  弥
九龍  市川 右  近
伊吹  福士 誠  治
鳴子  浅野 和  之
一馬  佐々木蔵之介

解説:
四代目市川猿之助によるスーパー歌舞伎IIがついに始動!
ここにあらたな伝説が生まれる――
 2014年、四代目市川猿之助がかつてない演劇空間ぬ
を目指し、ついに始動! その名はスーパー歌舞伎II(セカンド)!!
 三代目市川猿之助(現猿翁)によって創造されたスーパー歌舞伎。
そのスピリットを継承した四代目市川猿之助が、現代の縁が機会を代
表する才能たちとともにまったく新しい舞台空間を創造します。
 共演はスーパー歌舞伎を彩った歌舞伎俳優とともに、佐々木蔵之介
をはじめとする現代劇俳優たち。そして作・演出は新進気鋭の劇作家・
前川知大。最高のキャスト、スタッフを得て、スーパー歌舞伎II は
あらたなる旅立ちを迎えます!

 舞台はいにしえの日本。
 ある山間の村に、十和(とわ 市川猿之助)という才能に恵まれた
若い仏師がいた。しかし彼は、村人たちの暮らしも病床の母親も救う
ことのできない仏教に苛立ちを募らせていた。
 十和の幼なじみの一馬(かずま 佐々木蔵之介)も不作に苦しむ村
人たちを憂い、彼らの暮らしをよくするため、都に出て官吏の道を選
ぶ。一方、母の死と都から来た役人との争いから十和も村を出なけれ
ばならなくなる。その後、牢に入れられ、盗賊と交わりながら成長す
る十和。かたや都に出たものの下級役人として無力感を募らせる一馬。
それぞれの思いを胸に別々の道を歩んだ十和と一馬。一度は分かれた
二人の道は、やがてまた交わる日を迎えるのだが…。


オープニングは裃を着て勢揃いでの口上。ワクワク感が高まります。
その中で浅野さんひとりだけまともに口上しない、、
口上が終わると浅野さんは舞台上に取り残され、場面転換の作業では
邪魔物扱いされるのでした。
真っ白な衣装でで光輝くばかりの十和、かっこいい。
幼馴染みの一馬は十和と違ってまともな発想で役人になる。。
ここまでは現代劇を見ているよう。
笑也さんあっという間に死んでしまってもったいない
二幕は都、盗賊になって仏像を壊しまくる十和と役人になって出世の
ため汚れ役をする一馬。蔵之介さんの烏帽子姿が凛々しい。
盗賊団見てるとなにやら新感線のような気がしてきます。
鳴子はずっと狂言回し、語りで物語がすすむ。。とちりも笑いに変え
てます。
一旦仏師を廃業した十和が仏師として復活!木を彫ったら全て木屑に
ばけた!ということで紙吹雪が客席までずずんととんできました。
素晴らしい迫力!
どうやって空を飛ぶかと思ったら、不動明王が生身ででてきてびっ
くり。そして後ろの模様が開く!
そしてタケコプターのかわりにどっこしょ、二人で手を繋いで宙乗り!
残る二人はえいっ!と唸って箒にのる?奈落へ消えていきましたよ。
クライマックスは、朱雀門ではでな立ち回り、大人数でエンターテイン
メントな活劇。
戸板をゆらゆら揺れる柱にのせてそれが潰れるのに対応して舞台へ
飛び移るとか、逆に戸板ですいっともちあがるとか工夫こらしてます。
2幕最後は皆で見栄、二人はらぶらぶ?
しかしなんで一馬は心変わりをするのか。。
この作品は主役が自分探しをする物語だったのですねえ。
これは見終わったら語らずにはおられない作品です。

拍手[0回]

PR


題名:歌舞伎座新開場柿葺落吉例顔見世大歌舞伎仮名手本忠臣蔵
劇場:歌舞伎座
日時:2013年11月18日16:30-20:50(途中休憩2回あり〉
料金:3階A席 6,000円
座席:

通し狂言 仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)

 五段目 山崎街道鉄砲渡しの場
     同   二つ玉の場
 六段目 与市兵衛内勘平腹切の場
   
早野勘平 菊五郎
女房おかる 時 蔵
母おかや 東 蔵
斧定九郎 松 緑
判人源六 團 蔵
千崎弥五郎 又五郎
一文字屋お才 魁 春
不破数右衛門 左團次

 七段目 祇園一力茶屋の場
   
大星由良之助 吉右衛門
遊女おかる 福 助
富森助右衛門 松 江
大星力弥 鷹之資
鷺坂伴内 松之助
斧九太夫 橘三郎
竹森喜多八 歌 昇
赤垣源蔵 権十郎
寺岡平右衛門 梅 玉 ※

十一段目 高家表門討入りの場
     同 奥庭泉水の場
     同 炭部屋本懐の場
   
大星由良之助 吉右衛門
小林平八郎 錦之助
竹森喜多八 歌 昇
小汐田又之丞 種之助
大鷲文吾 米 吉
倉橋伝助 廣 松
磯貝十郎左衛門 隼 人
大星力弥 鷹之資
勝田新左衛門 桂 三
村松三太夫 由次郎
原郷右衛門 歌 六
※片岡仁左衛門休演につき、配役を変更しております

みどころ
五段目
◇歌舞伎ならではの様式美と洗練された演出
 猟師となった勘平は、山崎街道で同志の千崎弥五郎に出会い、
仇討ちの資金調達を約束します。一方、おかるの父与市兵衛は
夜道で斧定九郎に襲われて殺され、懐の五十両を奪われます。
それは、勘平の仇討ち資金を用立てるため、おかるを身売りし
た前金。しかし定九郎は、猪を狙って発砲した勘平の銃弾
であえなく絶命。誤って人を撃った勘平は、慌てながらもそ
の五十両を抜き取り、その場から逃げ去ります。

六段目
◇卓越した心理描写で勘平の悲劇を描く
 おかるを引き取りにきた祇園一文字屋のお才の言葉から、
昨晩撃ち殺したのが舅の与市兵衛と思い込む勘平。そこへ現れ
た不破数右衛門と千崎弥五郎、姑のおかやに詰問された勘平は、
罪を吐露して腹を切りますが、真犯人が定九郎であったことが
判明します。疑いの晴れた勘平は、仇討ちの連判に名を連
ねることを許されると、安堵して息絶えるのでした。

七段目
◇遊里情緒あふれる華やかな一幕
 祇園で遊興に耽(ふけ)る大星由良之助のもとへ、おかるの
兄の寺岡平右衛門が訪れ、仇討ちに加わりたいと願い出ますが、
相手にされません。息子の力弥が届けにきた密書を、遊女おか
ると、師直と内通する斧九太夫に盗み読みされたことに気付い
た由良之助は、おかるを殺そうとします。それを察し平右衛門
は、自ら妹を手にかける覚悟を決めますが、由良之助に止めら
れます。事情を知った由良之助は、おかるに九太夫を殺させて
勘平の仇を討たせると、平右衛門を連判に加えます。

十一段目
◇爽快感に満ちた大団円
 由良之助率いる塩冶の浪士たちは、主君判官の仇を討つべく、
師直の屋敷に討入ります。家臣らとの激闘の後、炭部屋に隠れ
ていた師直を追い詰めた浪士たちは、遂に本懐を遂げるのでし
た。

ーーーーーーー
仁左衛門いないのがとても痛い。見たかった。。
鉄砲渡しはどうもみるたびに悲劇というより喜劇を見ている気
になってしまう。
祇園は派手で楽しいです。
そして戦隊ショーのような(というかこっちが本家か)大団円、
爽快に決めてくれました。







拍手[0回]





題名:歌舞伎座新開場葺落四月大歌舞伎第二部
日時:2013年4月6日14:40-17:25 (途中休憩2回あり)
劇場:歌舞伎座
料金:一等席2万円
座席:1階席中央ちょっと後方
番組:
弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)
  浜松屋見世先の場より
  滑川土橋の場まで
          弁天小僧菊之助  菊五郎
             南郷力丸  左團次
            赤星十三郎  時 蔵
             忠信利平  三津五郎
             岩渕三次  錦之助
           浜松屋宗之助  菊之助
             関戸吾助  松 江
            狼の悪次郎  市 蔵
            木下川八郎  團 蔵
            伊皿子七郎  友右衛門
           浜松屋幸兵衛  彦三郎
          青砥左衛門藤綱  梅 玉
             鳶頭清次  幸四郎
           日本駄右衛門  吉右衛門
二、忍夜恋曲者(しのびよるこいはくせもの)
  将門
       傾城如月実は滝夜叉姫  玉三郎
           大宅太郎光圀  松 緑

見どころ:
弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)
◆「知らざぁ言って聞かせやしょう」でおなじみの黙阿弥の名作
 浜松屋に美しい武家の娘と供侍が婚礼の品を選びにやって来ますが、そこで娘は万引きをしたとの疑いをかけられ打ち据えられます。誤りだったと供侍の求めに応じて浜松屋幸兵衛は百両の金を渡します。立ち去ろうとする二人を玉島逸当という侍が呼び止め、娘が男であると見破ります。実はこの二人は盗賊の弁天小僧菊之助、南郷力丸という盗賊の二人組。そして逸当こそ盗賊の首領、日本駄右衛門で、全ては浜松屋の金を奪い取ろうとする企みでした。追手を逃れ、稲瀬川に勢揃いした白浪五人男は、名乗りをあげます。やがて弁天小僧は、極楽寺の屋根の上で立腹を斬って果てます。一方、山門に身を潜む駄右衛門を見つけた青砥左衛門藤綱でしたが...。
 河竹黙阿弥の七五調の名台詞に彩られた人気演目を上演します。

二、忍夜恋曲者 (しのびよるこいはくせもの) 将門
◆妖しい耽美な世界が展開する見どころあふれる舞踊劇
 朝廷に反旗を翻し、滅んでいった平将門。将門がかつて御殿としていた古御所に蝦蟇の妖術を使う妖怪が棲むと聞き、大宅太郎光圀がただ一人で征伐にやって来ます。ところが光圀の前に現れたのは、島原の傾城如月と名乗る妖艶な美女。怪しい女だと悟られ、如月はゆおくわかっている実は平将門
の遺児滝夜叉姫と本性を顕し、大蝦蟇を従えて光圀に抵抗します。しかし光圀に追い詰められた滝夜叉姫は妖術で姿を消すのでした。
 常磐津の名曲による舞踊劇をお楽しみください。


--------------
リニューアルして初めての歌舞伎座。何もかもが新しい!
なんと、、、エスカレーターがある!!!
今まで階段を上るしかなかったことを考えるととても
楽になりましたね。
今回座ったのは1階ですが、2階や3階にもあがってみました。
2階はそれなりに近くに見えます。3階は以前より見やすい気が
します。3階でちょっと後ろでも花道の七三が見えます。
以前は最前列あたりに座らないとみえなかったような。。
三階の廊下にはお店が並んでスイーツの試食がいろいろ。
地下にも降りてみました。地下1階はトイレとコインロッカー。
チケット売り場は地下2階、お店もいっぱいあります。そして
地下鉄東銀座駅へ通じる地下通路がありました。これで地下鉄
から上がりおりする混雑が緩和されるのでしょう。
幕間にちょっと遅い昼食をナイルレストランで食べたのですが
最近はとても人出が多いのだそうです。見物客がひきもきらず
というところでしょうか。

さて舞台ですw とにかく派手派手派手。啖呵がカッコイイ
屋根から落ちる姿はまるでシアターGロッソに来ているみたい。
桜の花の中できれいに決まる見得は新生歌舞伎座お披露目に
ぴったりの姿でしたね。



















拍手[0回]



題名:中村勘太郎改め六代目中村勘九郎襲名披露平成中村座 三月大歌舞伎
日時:2012年3月11日11:00-14:35(2回休憩あり)
劇場:平成中村座
座席:1階右1列10番
料金:竹席17000円
出演:
一、歌舞伎十八番の内 暫(しばらく)

               鎌倉権五郎       海老蔵
             那須九郎妹照葉       七之助
              鹿島入道震斎       猿 弥
                 桂の前       吉 弥
                成田五郎       男女蔵
                加茂次郎       進之介
                清原武衡       我 當


二、一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)
  檜垣  
  奥殿
              一條大蔵長成  勘太郎改め勘九郎
                常盤御前       扇 雀
               八剣勘解由       亀 蔵
    鳴瀬       小山三
             鬼次郎女房お京       七之助
               吉岡鬼次郎       仁左衛門


三、舞鶴雪月花(ぶかくせつげっか)
  <上の巻> さくら
                 桜の精       七之助
  <中の巻> 松 虫
                  松虫       仁左衛門
                   同       千之助
  <下の巻> 雪達磨
                 雪達磨       勘三郎

見どころ

 昼の部には、歌舞伎十八番のひとつで荒事の魅力溢れる『暫』、大蔵卿の作り阿呆と颯爽とした正気の演じ分けが眼目、義太夫狂言の名作『一條大蔵譚』、先代勘三郎の俳名「舞鶴」を冠した由縁ある舞踊『舞鶴雪月花』を上演。
 夜の部には、夫婦の絆と命を懸けて起した奇跡が胸を打つ近松門左衛門の名作『傾城反魂香』、新勘九郎の誕生を祝う『口上』、見どころ聞きどころ満載、江戸の粋な魅力漂う河竹黙阿弥の名作『曽我綉侠御所染』より「御所五郎蔵」、春の華やいだ雰囲気に心浮き立つ長唄舞踊『元禄花見踊』を上演いたします。どうぞご期待ください!


------

満員です。
入り口には桜が飾ってあって春だなあと思いました。
小屋の向こうには完成したスカイツリーが見えます。
座った座席は花道を見やすい位置でした。

「暫」
まずは暫!海老蔵かっこいい。
これが様式美というものでしょう。まったくの絵空事なのだけれど
まさしくそれが絵になっています。
ただもうちょっと滑舌が聞き取りやすければ。。。

「一條大蔵譚」
勘九郎さんのバカ殿が堂に入っていました。なんだかかわいい。
そして能天気な阿呆からの変身がすごい。
武士と公家と阿呆をいったりきたりというのがナイス。
貴族のダーツ遊びが実は呪詛、それを聴いた乗っ取りをはかる
家臣が注進へと。。そこをばっさり、めっちゃ凛々しい。
阿呆が良いゆえに、阿呆から覚めたのちの麗しさが
光っていました。まるで戦隊物を見ているような変身です。

「舞鶴雪月花」
冒頭はコケティッシュで艶やかな桜の精。素晴らしい早変わり。
次は親子を親子を祖父・孫での演技。子供かわいくできてます。
次は勘三郎さんの雪だるま!手がでてきて、凄くコミカルな
感じ。夜があけて溶けてくるところがとても滑稽。
最後は背景が開いて雪景色とあがる朝日、それにスカイツリー、、
のはずがスカイツリーは全然見えない位置でした、残念!

この日は大震災から一周年、終演後に花道にて能楽大鼓と
小鼓の追悼演奏がありました。これが素晴らしい演奏。
そして震災のあった時刻に場内の全員で黙祷を行いました。



拍手[0回]



題名:中村勘太郎改め六代目中村勘九郎襲名披露二月大歌舞伎
日時:2012年2月19日11:00-15:50(途中休憩2階あり)
劇場:新橋演舞場
料金:1等A席18000円
座席:1階2列32番(センターブロック右より)
出演:
一、歌舞伎十八番の内 鳴神(なるかみ)

                鳴神上人       橋之助
               所化白雲坊       亀 蔵
               所化黒雲坊       男女蔵
               雲の絶間姫       七之助


二、新古演劇十種の内 土蜘(つちぐも)

           僧智籌実は土蜘の精  勘太郎改め勘九郎
                 源頼光       三津五郎
                侍女胡蝶       福 助
                平井保昌       橋之助
                 渡辺綱       松 江
                坂田公時       巳之助
                碓井貞光       児太郎
                ト部季武       国 生
               太刀持音若       宜 生
                 巫子榊       芝 雀
                番卒藤内       勘三郎
                番卒次郎       仁左衛門
                番卒太郎       吉右衛門


  天衣紛上野初花
三、河内山(こうちやま)

  質見世より玄関先まで

               河内山宗俊       仁左衛門
               松江出雲守  勘太郎改め勘九郎
                宮﨑数馬       錦之助
                腰元浪路       隼 人
                北村大膳       由次郎
              高木小左衛門       東 蔵
               後家おまき       秀太郎
              和泉屋清兵衛       我 當





一、歌舞伎十八番の内 鳴神(なるかみ)
 陽成帝の御世。朝廷に恨みを抱く鳴神上人は、北山の岩窟に籠り、
自らの行法で世界の竜神を滝壺に封じ込めます。そのため雨が降ら
ず、民衆は旱魃に苦しんでいました。朝廷では絶世の美女、雲の絶
間姫を上人のもとに遣わし、その色香で上人を堕落させようとしま
す。はじめは警戒する上人でしたが、絶間姫の色気に抗しきれず破
戒し、泥酔している間に、姫が注連縄を切って竜神を解放したのを
知ると、生きながらに怒れる雷となって姫の後を追うのでした。
 古風なおおらかさと歌舞伎十八番ならではの豪快な荒事の魅力を
盛り込んだ舞台を存分にお楽しみ下さい。


二、新古演劇十種の内 土蜘(つちぐも)
 重病の床に伏す源頼光のもとへ、主人の病気を気遣う家臣の平井
保昌が見舞い、侍女の胡蝶は慰みにと紅葉の名所の様子を踊り聞か
せます。夜も更け、頼光が再び病に苦しむところ、比叡山の僧智籌
が現れて、病平癒の祈祷を申し出ます。しかし、智籌の火影を見て、
異形の者と悟った頼光が智籌に一太刀浴びせると、土蜘の精の本性
を顕わし、消え失せます。そして、館の庭では、番卒の太郎、次郎、
藤内が土蜘退治を祈願して、巫子榊に諌めの舞を舞わせます。一方、
土蜘退治を命じられた保昌が、四天王とともに智籌の血潮を辿って
行くと...。
 源頼光による葛城山の土蜘蛛退治伝説を題材にした荘重な舞踊劇。
千筋の糸を繰り出す歌舞伎の様式美に溢れた華麗な立廻りに、新勘
九郎が挑みます。


  天衣紛上野初花
三、河内山(こうちやま)
 悪巧みに長けたお数寄屋坊主の河内山宗俊は、腰元勤めに出てい
る上州屋の娘浪路が、奉公先の松江出雲守の屋敷に幽閉されている
事を聞きつけ、お金欲しさに娘の奪還を請け負います。松江邸に赴
いた河内山は、上野寛永寺の使僧と偽り、威風堂々と出雲守をやり
こめて娘を救い出します。役目を終えた河内山が帰ろうとしたとこ
ろ、玄関先で家臣北村大膳に素性を見破られてしまいますが、開き
直って啖呵を切り、悠々とその場を引き上げるのでした。
 大胆不敵で憎めない悪ぶりが魅力的な主人公が繰り広げる爽快な
河竹黙阿弥の人気作をご覧に入れます。




六代目中村勘九郎の雄姿を見にきました。たまたま松竹のサイトで
かなり前方の席が出ていたのでおもわずぽちっと。
全ての番組が初見です。

鳴神はかわいそうな男の話。天皇に裏切られて、政界でまけて
勅命の色仕掛けでまたやられる。もう踏んだり蹴ったりといっ
ても過言ではない状態ですね。おなごに触れて破戒、破戒僧に
なると仏壇が燃える?お床入りするまえに酔いつぶれて結界を
切られてそれっきり。鳴神上人に思いっきり感情移入して見て
しまいました。

土蜘蛛は最初はなんだか眠い展開、でも番卒三人の踊りでばっ
ちり目が醒めました。襲名披露興行ならではの豪華な顔ぶれ。
コミカルな踊りとかっこいい踊りが両方見れて満足。
最後は蜘蛛の糸をぶわっと投げて、後見ががりがりっと巻き
とっていました。

河内山宗俊は巻き上げるのが大好きな悪い奴だが、実は小心者、
その上偉いものが大嫌い。まるでスパイ大作戦のような筋書き
でわくわくしました。勘九郎の馬鹿殿、暴走したところは見事
にはまっていたのですが、これが襲名披露でいいんですか?
それにしても河内山宗俊の仁左衛門はかっこ良すぎ!


拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析