忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




題名:『美しき生涯』 -石田三成 永遠(とわ)の愛と義- 『ルナロッサ』 -夜に惑う旅人-
劇場:東京宝塚劇場
日時:2011年7月24日11:00-14:00(途中休憩あり)
料金:S席8000円
座席:1階23列62番(最後列1列手前右端近く)
劇団:宝塚歌劇宙組
出演:
 石田三成 大空 祐飛
 茶々/淀 野々 すみ花
 疾風 凰稀 かなめ
 豊臣秀吉 未沙 のえる
 おね(北の政所)/高台院 美穂 圭子
 徳川家康 寿 つかさ
 加藤清正 悠未 ひろ
 福島正則 北翔 海莉
 加藤嘉明 十輝 いりす
 脇坂安治 春風 弥里
 平野長泰 鳳翔 大
 糟屋武則 蓮水 ゆうや
 片桐且元 凪七 瑠海
 さぎり 純矢 ちとせ
 市 妃宮 さくら
 たつの すみれ乃 麗

番組:
 宝塚グランドロマン
『美しき生涯』-石田三成 永遠(とわ)の愛と義-
 作/大石 静 演出/石田昌也

[解 説]
 戦国時代の武将であり、卓越した政治家でもあった石田三成を主人公に、秀吉の側近
 として豊臣家への忠義にその生涯を捧げた三成の武将としての生き様と、信長の姪で
 ある茶々姫を愛してしまったこと故の葛藤を描いた、歴史ロマン大作。宝塚歌劇とし
 ては初めて、脚本家の大石静氏、テーマ曲の作曲に大島ミチル氏を迎えた話題作でも
 あります。

 レヴュー・ロマン
 『ルナロッサ』-夜に惑う旅人-
 作・演出/稲葉太地

[解 説]
 “ルナロッサ”とは、紅い月のこと。紅い月の下で繰り広げられる様々なイメージを、
 東西文化の交じり合う中近東世界を舞台に展開する、エキゾチックで魅惑的なレヴュー
 作品。

節電体制になってから初めての宝塚です。
ここ東京宝塚劇場でも節電への取り組みがなされています。
ロビー・バックヤード等の60%の消灯(LED化も同時推進)、シャンデリア・広告看板電飾
の消灯、客席間接照明・天井照明の減灯、劇場外観ビル照明消灯、空調温度調整、開演・幕
間・終演時以外のエレベータ・エスカレータの停止、省エネタイプの舞台音響設備の導入、
自動販売機の省エネタイプへの切り替えと消灯や間引き、トイレ暖房便座とエアータオルの
停止、バックヤード・事務所内エレベータの原則使用禁止、事務所内各機器の使用電力の抑
制とコンセントなど電源管理徹底。

さて、ちょっと緩い冷房の中で開演!きらびやかな衣装、かっこいい武将。
でも兵站・資金調達などのバックオフィス機能を司っていた三成では当人の派手な立ち回り
はありません。三成は神々しいばかりに美しい。淀君も三成をひきつける魅力たっぷり。
その淀君を守る疾風も淀君を護るという一点のみを貫き通していて清々しい。疾風を主役と
して描いてもよかったかも。豊臣秀吉は三成を従えるえげつない男として描かれていて見事。
合戦シーンも大人数が出演する宝塚ならではの迫力でした。三成は非常に明晰な男として描
かれているのに、真っ直ぐすぎて肝心なところで理想と現実のギャップではまるのでした。

ショーは月の光のもとにルナティックな雰囲気で進行。ぴかぴか光るコスチュームでエネル
ギッシュなダンス!アラビアを彷彿させるエキゾチックなセットとメロディで楽しい舞台で
した。また見たいかも。

拍手[0回]

PR




題名:ミュージカル「バラの国の王子」/グラン・ファンタジー『ONE』ー私が愛したものはー
日時:2011年5月7日15:30-18:35(途中休憩あり)
料金:S席8500円
座席:1階5列21番(5列目左サイドブロック真ん中)
劇場:東京宝塚劇場
劇団:宝塚歌劇月組
出演:
  野獣(王子) 霧矢 大夢
  ベル 蒼乃 夕妃
  王様 龍 真咲
  家臣(虎) 明日海 りお
  *~*~*
  商人 越乃 リュウ
  清き仙女 花瀬 みずか
  家臣(ライオン) 一色 瑠加
  家臣(ジャガー) 研 ルイス
  家臣(モンキー) 桐生 園加
  アンリ 青樹 泉
  長女 星条 海斗
  次女 憧花 ゆりの
  家臣(野兎) 妃鳳 こころ
  家臣(リス) 美夢 ひまり
  家臣(山猫) 萌花 ゆりあ
  家臣(キツネ) 羽咲 まな
  家臣(シカ) 光月 るう
  家臣(ヒツジ) 夏月 都
  アオカケス 沢希 理寿
  キツツキ 響 れおな
  妹君 彩星 りおん
  家臣(チーター) 宇月 颯
  家臣(ビーバー) 琴音 和葉
  ヒバリ 紫門 ゆりや
  ヤマセミ 煌月 爽矢
  ヒレンジャク 輝城 みつる
  ハチドリ 珠城 りょう

こんなに舞台に近い席はほんとうに久しぶりです。
最近目が悪くなっているので顔がはっきり見えるのがうれしい。
たぶん満員、でもこのシリーズはまだ売り切れていないのですね。
物語は最初から黒服の大人数、大勢の歌い語りで物語がすすみます。
紙芝居をみているかのよう。王妃の妹が王妃を追い出して乗っ取った
という話でした?黒服全部で群舞の連続はかなりいいかんじ。
野獣はたてがみふさふさ。絢爛豪華でとてもかっこいい、鏡獅子できそう、
家臣たちはみんな獣になるのです。ティーポットさんがいない!
これってライオンキング?と思いきや手にお人形の頭をもってのダンス。うーん、
やっぱりかぶりものをしてほしい。
ガストンいないかわりに弟王がでてきて、突然ベルを妃にと求婚しちゃいます。
それから仙女と魔女の戦い?でもどうもすんなりきません。
もっとおもしろくなる題材だと思うのですが。。
どうしようもない姉ふたりは怪演、いやーいやな奴ですねえ。
この物語でカタルシスがいまいちなのは野獣がかっこよすぎるせいでしょう。
もっともエンディングで野獣だろうが王子だろうが関係なく愛していると
言っているようにそのまんまの姿ですしね。
もっと小さな話にしてかぶりものにしてくれればもっとおもしろくなるように
思えました。

さてレビューです。
舞台の上には「ONE」という巨大なセット。でもコーラスラインではない
のです。いろんなものの1をフューチャーしてます?1ドル銀貨で勝負かけて
とか世界一とか。とにかく大人数のレビューを間近にみると大迫力。
皆の表情が見て取れるのがうれしい。ロケットもこの距離だと周りを囲まれ
ているかのよう。キリヤンかっこいいですねえ。惚れました。
世界No1とかアナウンスして各種キャラクタがでてくるのはボードビルぽくっ
てよかった。
夢追い世界一!でキリヤンがでてきて、
私の夢は「JCBカードでキャトルレーブで思いっきりお買い物をすること」。
この回はJCB貸し切り公演だったのです。

最後の大階段、皆さんが小さな盾のようなもので明かりがつくアイテムを持っ
て降りてきたときに、ああ、ダジャドル、と思ってしまいましたよ。背中に
羽もあるし、、、
宝塚でライダーとか戦隊ものやってくれたら日参するのにねえ、きっと新しい
顧客も開拓できると思います。





拍手[0回]



題名:ロミオとジュリエット
日時:2011年3月12日16時ー19時
料金:A席5500円
座席:2階9列54番 右手入り口すぐひだり
劇団:宝塚歌劇雪組
原作:ウィリアム・シェイクスピア
作:ジェラール・プレスギュルヴィック
潤色・演出:小池修一郎
音楽監督・編曲:太田 健

主な配役 出演者 新人公演
ロミオ 音月 桂
ジュリエット 夢華 あみ
*~*~*
キャピュレット卿 一樹 千尋
モンタギュー卿 飛鳥 裕
モンタギュー夫人 麻樹 ゆめみ
ベンヴォーリオ 未涼 亜希
ロレンス神父 奏乃 はると
パリス 彩那 音
ティボルト 緒月 遠麻
マーキューシオ 早霧 せいな
キャピュレット夫人 晴華 みどり
乳母 沙央 くらま
ヴェローナ大公 大凪 真生
愛 大湖 せしる
ピーター 詩風翠
ジョン 央雅 光希
死 彩風 咲奈




オープニングは色彩豊かな群舞。若さがはちきれる感じてつかみはOK
冒頭は男女ペアによるダンスがかなりしっかり。
色がわかれると、、赤と青(緑)で対立する一族になっていくのですね。
フラストレーションがたまって爆発寸前なのが自然に描かれています
ロミオとジュリエットはふたりともオクテないいひと、ロミオかっこ
いいなあ。
いろいろある群舞はどれもはじけてなかなかよい。楽曲も聞きやすく
耳にすっとはいってきます。そしてこれだけロミオがかっこよくて
ジュリエットがかわいければ舞台は成功したも同然でしょう。
宝塚歌劇のレパートリーの中でキャストの雰囲気がかなりしっくり
きているほうだと思うのはやはり若者中心の物語と言うことでしょうか。
そしてその若者の物語を、乳母さんと太閤が締めていました。。
最後までテンポよく駆け抜けた感があります。
カーテンコールではなんとこの作品の作者(シェイクスピアにあらず)
が舞台を見にきているというアナウンスがありました。場内大拍手。
かなりよくできたプロダクションだと思います。
これは男女でやっても受けるでしょう。

ところで、黒天使みたいなのが出現したのだけれど死神?
片割れは愛の女神?


拍手[0回]



題名:ジプシー男爵 -Der Zigeuner Baron-』 -ヨハン・シュトラウスII世 喜歌劇「ジプシー男爵」より-、『Rhapsodic Moon(ラプソディック・ムーン)』
日時:2010年11月7日11:30-14:30(途中休憩あり)
料金:S席8000円
座席:1階9列目センター
劇団:宝塚歌劇
出演:
  シュテルク・バリンカイ 霧矢 大夢
  ザッフィ 蒼乃 夕妃
  パリ 龍 真咲
  オトカー 明日海 りお
  ジュパン 汝鳥 伶
  カルネロ伯爵 越乃 リュウ
  マリア・テレジア 花瀬 みずか
  侍従長 一色 瑠加
  船頭 研 ルイス
  トボル 桐生 園加
  ツィプラ 美鳳 あや
  ホモナイ伯爵 青樹 泉
  ヨランダ 天野 ほたる
  イシュトバン 星条 海斗
  フローリカ 憧花 ゆりの
  クニグンダ 妃鳳 こころ
  ミレーラ 美夢 ひまり
  ナディア 萌花 ゆりあ
  ディガ 綾月 せり
  シムザ 羽咲 まな
  ヨシュカ 光月 るう
  マルギット 夏月 都
  アルゼナ 彩星 りおん
  タラフ 宇月 颯
  ツィンカ 琴音 和葉
  ビハリ 紫門 ゆりや
  カイ 煌月 爽矢
  ロミカ 花陽 みら
  ヒスニ 珠城 りょう
  ヴィオルカ 愛希 れいか

シャンテ前にはさばきが多数でていました。
オープニングはペアダンス、後半のレビューが始まったのかと思いましたよ。
能天気な明るいストーリー、ジプシーと軍服と民族衣装の歌とダンスなのですね。
トップさんを光らせるための筋書きで、座長公演とでもいうべき風情。
この位置から見ると本当に輝いて見えましたよ。近くで見れるのはうれしい。
史実とフィクションの間を狙った筋書きでしょうか、20数年定住していたジプシー
というのはさすがにひっかかりましたが。
最後も明るく決めて、大人数の舞台の楽しさ、輝けるトップの素晴らしさを堪能。
レビューもしょっぱなからキャスト総出演?での群舞、その後もこれでもかという
くらい大人数のシーン続出でおなかいっぱい。いずれも明るくわーっと楽しめる感じ。
こういうのが不況の時に求められるのですよねえ。なかでも私はスーツ姿好きなのかも、
ハウトゥーサクシードを思い出してました。
楽しく見られて後に尾を引かない、娯楽の王道のようなステージでした。


拍手[0回]



題名:宝塚月組公演スカーレットピンパーネル「The Scarlet Pimpernel」
日時:2010年6月27日11:00-14:00
劇場:東京宝塚劇場
料金:S席8500円
座席:1階24列55番(最後列右ブロック)
潤色・演出:小池修一郎
出 演:
  主な配役 出演者
パーシー・ブレイクニー 霧矢 大夢
マルグリット・サン・ジュスト 蒼乃 夕妃
ショーヴラン 明日海りお(6/12~18、6/26~7/4)
*~*~*
ロベスピエール 越乃 リュウ
ドゥ・トゥルネー伯爵夫人 花瀬 みずか
ドゥ・トゥルネー伯爵 一色 瑠加
サン・シール侯爵 研 ルイス
プリンス・オブ・ウェールズ 桐生 園加
ジャンヌ 美鳳 あや
アントニー・デュハースト 青樹 泉
ルネ 天野 ほたる
アンドリュー・フォークス 星条 海斗
マリー・グロショルツ 憧花 ゆりの
アンヌ 妃鳳 こころ
アルマン・サン・ジュスト 龍 真咲(6/12~18、6/26~7/4)
アン 美夢 ひまり
ペギー 萌花 ゆりあ
ピポー軍曹 綾月 せり
ジュリー 羽咲 まな
オジー 光月 るう
ケイト 夏月 都
ジェサップ 彩央 寿音
シモン 華央 あみり
座長 鼓 英夏
メルシエ 美翔 かずき
イザベル 沢希 理寿
クーポー 響 れおな
シュザンヌ 彩星りおん
エルトン 宇月 颯
サリー 琴音 和葉
ポリー 玲実 くれあ
ファーレイ 紫門 ゆりや
ベン 煌月 爽矢
ハル 珠城 りょう
ルイ・シャルル 愛希 れいか
『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』
THE SCARLET PIMPERNEL
Book and Lyrics by Nan Knighton Music by Frank Wildhorn
Based on the Novel “The Scarlet Pimpernel” by Baroness Orczy
With Pierre Cossette, Bill Haber, Hallmark Entertainment and Kathleen Raitt
[解 説]
 2008年に、フランク・ワイルドホーンの大ヒット作であるブロードウェイ・ミュージカル
「THE SCARLET PIMPERNEL」に宝塚バージョンのオリジナルを加え上演した『ス
カーレット・ピンパーネル』は、冒険活劇としての面白さ、すれ違う夫婦の心理描写
を描き出し、上質のエンターテイメントとして高く評価され、第16回読売演劇大賞優
秀作品賞、第34回菊田一夫演劇大賞を受賞しました。以来、再演の呼び声の高い
この大作が早くも再演の運びとなりました。歌唱力に定評のある月組新トップスター・
霧矢大夢、その相手役となる蒼乃夕妃を中心とした新生月組のお披露目公演に相
応しいミュージカル作品です。


--

宝塚を見るのは久々です。この作品ははブロードウェイと前回の宝塚公演 を見ています。
筋書きはおばかさんでつっこみどころが多いのだけれど、それは問題なし。
オープニングの群衆シーンは宝塚独特の大人数キャストがインパクトを与えています。
パーシーはやはりかっこいい。初トップさんがきらびやかに物語を引っ張っていきます。
新しい仲間を集めて、船に乗って見得を切るのは、劇団新感線みたいでこれまた絵
になってます。
この舞台ってあまり感想書くことないんですね。「楽しくって見たらなにも残らない。」
という娯楽作品の王道を行く出来です。
幕間ではこの公演限定のお菓子「リドル」を食べました。スカーレットピンパーネル
にちなんで作られているそうです。380円。これはけっこういけました。



拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析