忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[1] [2] [3] [4]

題名:Grand Festival『DANCE OLYMPIA』-Welcome to 2020-
劇場:東京国際フォーラムC
日時:2020年1月11日15:00-17:25(途中休憩あり)
料金:S席9500円
座席:1階2列31番(2列目上手端近く)
劇団:宝塚歌劇花組
作・演出/稲葉 太地
主演
柚香 光、華 優希   
出演:
航琉 ひびき 美花 梨乃 舞月 なぎさ 華雅 りりか 水美 舞斗
柚香 光 優波 慧 更紗 那知 千幸 あき 永久輝 せあ
春妃 うらら 峰果 とわ 澄月 菜音 凛乃 しづか 高峰 潤
聖乃 あすか 泉 まいら 一之瀬 航季 華 優希 愛乃 一真
翼 杏寿 涼香 希南 鈴美梛 なつ紀 太凰 旬 三空 凜花
涼葉 まれ 海叶 あさひ 希波 らいと 颯美 汐紗 琴美 くらら
二葉 ゆゆ 都姫 ここ 美里 玲菜 星空 美咲 稀奈 ゆい
解説:
花組新トップスター・柚香光の魅力に迫るダンスコンサート。一幕ではギリシア神話の英雄が現代にタイムスリップして巻き起こす悲喜こもごもを描いたストーリー仕立てのショーを、二幕では世界の多彩なパフォーマンスが繰り広げられるエンターテインメントショーをお届け致します。2020年の幕開きを飾る、フレッシュでパワフルなダンスの祭典をお楽しみください。   

柚香光さんかっこいい、立ってるだけで絵になるとはこういうことか。立ち姿が美しいのですねえ。
1幕50分があっという間、ずっとダンスしまくり。
アキレウスが現代にタイムスリップしてストリートダンサーたちと出会ってのドタバタ、という筋書きで、
そしてずっとダンスでした。アキレウスの内心の声がはいって笑わせます。
コミカルなノリとキレキレのダンスがかなりいい感じでマッチしてます。
最後は夢オチ。このネタでもっとちゃんと物語やってくれてもよかったのに。
休憩が30分と全体時間からすると長めでしたが、それだけハードなステージなのでしょう。

2幕は、ダンスダンスダンス!
オープニングは全員で和太鼓、私の腹まで振動が伝わってきました。
すごい迫力。宝塚で太鼓の振動を感じられるとはびっくり。
そして記念タオルを使った観客参加型のダンス。
こりゃ物販売り上げ伸びるわけです。
なんどもキャストが客席に下りてきてくれて、通路で踊りました。そしてハイタッチ。
柚香 光さんもほんとに目の前で歌ってくれました。
それからダンスに次ぐダンス、ほんとに息つく暇もないくらい。
一番好きだったのはフラメンコのシーンでしたね。
柚香光さん、立ってるだけで存在感があり、動けばまたすごい、歌が相対的にちょっと
へっこんでいるようにも思えましたが、オーラとでもいうものをすでに纏っていて
ほんとにかっこいいトップさんでした。また見てみたい。


拍手[0回]

PR


題名:宝塚ミュージカル・ロマン『El Japón(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-』/ショー・トゥー・クール『アクアヴィーテ(aquavitae)!!』~生命の水~
劇場:東京宝塚劇場
日時:2020年1月8日13:30-16:30(途中休憩あり)
料金:S席9500円
座席:1階10列14番
劇団:宝塚歌劇宙組
El Japón: 作・演出/大野 拓史
アクアヴィーテ:作・演出/藤井 大介
出演:
蒲田治道 真風 涼帆
カタリナ 星風 まどか
アレハンドロ 芹香 斗亜
ドン・フェルディナンド 英真 なおき
支倉常長    寿 つかさ
王妃マルガレーテ 美風 舞良
ロベルタ    花音 舞
道化ニコラ   綾瀬 あきな
レルマ公爵   凛城 きら
内藤半十郎   松風 輝
フェリペ3世  星吹 彩翔
伊達政宗    美月 悠
バランシャ伯爵夫人 桜音 れい
ミゲル 星月 梨旺
王女マウリシア  愛咲 まりあ
ウセダ公爵 春瀬 央季
エリアス 桜木 みなと
ソテロ神父 実羚 淳
只野作十郎 七生 眞希
藤九郎  和希 そら
女官ビアンカ 瀬戸花 まり
内蔵丞 秋音 光
きく 里咲 しぐれ
久次 秋奈 るい
すて 花菱 りず
トレド大司教 水香 依千
道化セバスティアン 留依 蒔世
藤乃 遥羽 らら
とら 小春乃 さよ
用心棒ペドロ 穂稀 せり
西九郎 瑠風 輝
用心棒セリオ 若翔 りつ
用心棒パブロ 希峰 かなた
稗貫三郎 澄風 なぎ
とめ 天瀬 はつひ
主殿 優希 しおん
はる 天彩 峰里
金蔵 愛海 ひかる
九郎右衛門 鷹翔 千空
せつ 水音 志保
踊り子パメラ 花宮 沙羅
吉内 風色 日向
しず 夢白 あや

El Japón(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-
予想以上に良かった。痛快娯楽時代劇になってる。悪はとことん悪く、
主人公はずっと耐え忍んで、最後に力を解き放って快刀乱麻!
そしてそこかしこにギャグがちりばめられていて、緩急がうまい。
そのうえ、筋書きが予想通りとんとんとすすんでストレスなく観られます。
楽しくって後に残らないうまい作り。

アクアヴィーテ
タイトル通り酒を主題にしたレビュー。
きらきらしていて楽しくあっという間の1時間。ダレ場がないのかしら。
あるシーンでは無限に人が湧いて出てくるのかとも思ったり。
キャストが客席に下りてきて観客と乾杯するのですが、
そのためにカップ(というか飲料)が売れるというのはうまい。
オープニングシーンが一番好き。

二幕とも見て、両方とも決して悪くないのに、チケットの売れ行きがさほどではないのは謎。
これは宝塚未見の人に勧めるのに良い作品かもしれない。チケット比較的取りやすいし、
楽しく終われるのでつまらないと言われる可能性は低いと思う。

拍手[0回]

題名:日本オーストリア友好150周年記念UCCミュージカル『I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-』
劇場:東京宝塚劇場
日時:2019年11月29日15:30-18:30(途中休憩あり)
料金:S席9500円
座席:1階12列64番(上手より中ほど)
劇団:宝塚歌劇月組
出演:
Music and Lyrics: Rainhard Fendrich
Book: Titus Hoffmann & Christian Struppeck
Original Production by Vereinigte Buhnen Wien
作曲・作詞/ラインハルト・フェンドリッヒ
脚本/ティトゥス・ホフマン、クリスティアン・シュトゥルペック
オリジナル・プロダクション/ウィーン劇場協会
潤色・演出/齋藤 吉正
ストーリー:
舞台はウィーンにある老舗ホテル・エードラー。跡継ぎであるジョージは、伝統を重んじる両親に対し若者らしい革新的な改革を掲げ、悲願である“五つ星”獲得を目指し積極的に経営に参加していた。そこへ、オペラ座舞踏会に出席する為に久々に帰国したオーストリア出身の人気ハリウッド女優エマ・カーターがお忍びでやってくる。しかし従業員の一人が彼女の来訪をツイートした為、マスコミが押し寄せホテルは大混乱に陥ってしまう。ホテル側の不手際を詫びに、ジョージがエマの部屋へ訪ねると、ふとしたことから二人は意気投合するが……。
ホテルの御曹司として自らのなすべき事を模索するジョージ、世界的なスターでありながら自らを失うエマ、各々は惹かれあい、オーストリアの美しい街並みや自然の中で、自分の居場所を見つけていく。
出演:
ジョージ・エードラー[ホテル・エードラーの一人息子]珠城 りょう
エマ・カーター[ハリウッド女優]美園 さくら
リチャード・ラッティンガー[エマのマネージャー] 月城 かなと
ヴォルフガング・エードラー[ジョージの父] 鳳月 杏
ロミー・エードラー[ジョージの母 ホテルの社長] 海乃 美月
パブロ・ガルシア[アルゼンチン代表のサッカー選手] 暁 千星
エルフィー・シュラット[ホテルのコンシェルジュ]光月 るう
ヘルタ・ヴァルトフォーゲル[エマの母]夏月 都
デニス[警官] 紫門 ゆりや
ミス・ツヴィックル[旅行会社の社員]白雪 さち花
ホルガー[ホームレス]千海 華蘭
カミラ[ホームレス]香咲 蘭
ライナー・ベルガー[ゴシップ記者]輝月 ゆうま
ヨハンナ[パパラッチ]楓 ゆき
ナディヤ[警官]晴音 アキ 夏風 季々
マーチン[ホテルのクリーニング部]春海 ゆう
ヴァルター[ホテルのフロント係]夢奈 瑠音
アンナ[ホテルのフロント係]叶羽 時
エラ[パパラッチ]桜奈 あい
ダニエル[パパラッチ]颯希 有翔


ウィーンで2年間のロングラン公演をした作品の日本初上陸です。
ジュークボックスミュージカルのようですね。
タイトルとなっている I am from Austlia はオーストリアでは二番目の国家といわれるくらい
超有名な楽曲なのだそうです。
ウィーンのホテルを舞台にした、ホテル一人息子とお忍び帰国したハリウッド女優との物語です。
舞踏会へ出席するために帰国した彼女の情報がホテル従業員からリークされてしまい、逃避行へ。
ローマの休日+ノッティングヒルの恋人+地元へ帰ろう、って感じでしょうか。
オープニングでキャスト紹介が映像で出てきてびっくり、長いこと宝塚見に来てなかったのねー
そのままオーストラリアの風景映像になって、気持ちもオーストリアへ飛びました。

大人数が舞台狭しと踊り回るシーンはいつでも圧巻。楽曲もポップですごくノリが良い。
全般的にダンスが良い、振付がかなりいいかんじ。これは2階席からも見てみたい。
SNSやセカンドハーベストといった流行りものをいれてますね。
筋書きやキャラ設定にはなかなかうまくはいりこめなかったのですが、
ショーの場面がめっちゃくちゃ楽しいのでそれを補ってあまりある面白さです。
一番盛り上がったのは2幕のエアロビックダンスで客席降りもあり、劇場全体で
ハッピーを共有してました。
その直後のシーンではヘリコプター搭乗になり、客席頭上までヘリがでてきてびっくり。
終盤の舞踏会シーンでは参加者がすごく多様なドレスを着ていたのは過去作品へのオマージュ?
映像+豪華なセット+うまい振付+ポップな音楽でおなかいっぱいといったところでしょうか。
そして「まるでミュージカルみたいなハッピーエンド、ミュージカルですもの」と台詞が
あるくらいのハッピーエンド。とにかくハッピーな勢いで最後まで走り抜けてくれました。
キャストで目についたのはパブロ、2幕は良いひと感あふれまくり。そしてエルフィ、
肝っ玉母さんでしたね。
シシィの時代から女が強いとか、我が子フランツとかエリザベートネタも多数。
幕間では着飾ざった外国人らしき客多数と遭遇、初日だからオーストリア関係者でしょうか?と
思っていたら、初日のトップ舞台挨拶の中で客席オーストリア要人紹介がありました。
筋書きはまあおいといて、歌とダンスを楽しめる典型的なジュークボックスミュージカルの
良い作品に仕上がっていると思います。

拍手[0回]




題名:『美しき生涯』 -石田三成 永遠(とわ)の愛と義- 『ルナロッサ』 -夜に惑う旅人-
劇場:東京宝塚劇場
日時:2011年7月24日11:00-14:00(途中休憩あり)
料金:S席8000円
座席:1階23列62番(最後列1列手前右端近く)
劇団:宝塚歌劇宙組
出演:
 石田三成 大空 祐飛
 茶々/淀 野々 すみ花
 疾風 凰稀 かなめ
 豊臣秀吉 未沙 のえる
 おね(北の政所)/高台院 美穂 圭子
 徳川家康 寿 つかさ
 加藤清正 悠未 ひろ
 福島正則 北翔 海莉
 加藤嘉明 十輝 いりす
 脇坂安治 春風 弥里
 平野長泰 鳳翔 大
 糟屋武則 蓮水 ゆうや
 片桐且元 凪七 瑠海
 さぎり 純矢 ちとせ
 市 妃宮 さくら
 たつの すみれ乃 麗

番組:
 宝塚グランドロマン
『美しき生涯』-石田三成 永遠(とわ)の愛と義-
 作/大石 静 演出/石田昌也

[解 説]
 戦国時代の武将であり、卓越した政治家でもあった石田三成を主人公に、秀吉の側近
 として豊臣家への忠義にその生涯を捧げた三成の武将としての生き様と、信長の姪で
 ある茶々姫を愛してしまったこと故の葛藤を描いた、歴史ロマン大作。宝塚歌劇とし
 ては初めて、脚本家の大石静氏、テーマ曲の作曲に大島ミチル氏を迎えた話題作でも
 あります。

 レヴュー・ロマン
 『ルナロッサ』-夜に惑う旅人-
 作・演出/稲葉太地

[解 説]
 “ルナロッサ”とは、紅い月のこと。紅い月の下で繰り広げられる様々なイメージを、
 東西文化の交じり合う中近東世界を舞台に展開する、エキゾチックで魅惑的なレヴュー
 作品。

節電体制になってから初めての宝塚です。
ここ東京宝塚劇場でも節電への取り組みがなされています。
ロビー・バックヤード等の60%の消灯(LED化も同時推進)、シャンデリア・広告看板電飾
の消灯、客席間接照明・天井照明の減灯、劇場外観ビル照明消灯、空調温度調整、開演・幕
間・終演時以外のエレベータ・エスカレータの停止、省エネタイプの舞台音響設備の導入、
自動販売機の省エネタイプへの切り替えと消灯や間引き、トイレ暖房便座とエアータオルの
停止、バックヤード・事務所内エレベータの原則使用禁止、事務所内各機器の使用電力の抑
制とコンセントなど電源管理徹底。

さて、ちょっと緩い冷房の中で開演!きらびやかな衣装、かっこいい武将。
でも兵站・資金調達などのバックオフィス機能を司っていた三成では当人の派手な立ち回り
はありません。三成は神々しいばかりに美しい。淀君も三成をひきつける魅力たっぷり。
その淀君を守る疾風も淀君を護るという一点のみを貫き通していて清々しい。疾風を主役と
して描いてもよかったかも。豊臣秀吉は三成を従えるえげつない男として描かれていて見事。
合戦シーンも大人数が出演する宝塚ならではの迫力でした。三成は非常に明晰な男として描
かれているのに、真っ直ぐすぎて肝心なところで理想と現実のギャップではまるのでした。

ショーは月の光のもとにルナティックな雰囲気で進行。ぴかぴか光るコスチュームでエネル
ギッシュなダンス!アラビアを彷彿させるエキゾチックなセットとメロディで楽しい舞台で
した。また見たいかも。

拍手[0回]





題名:ミュージカル「バラの国の王子」/グラン・ファンタジー『ONE』ー私が愛したものはー
日時:2011年5月7日15:30-18:35(途中休憩あり)
料金:S席8500円
座席:1階5列21番(5列目左サイドブロック真ん中)
劇場:東京宝塚劇場
劇団:宝塚歌劇月組
出演:
  野獣(王子) 霧矢 大夢
  ベル 蒼乃 夕妃
  王様 龍 真咲
  家臣(虎) 明日海 りお
  *~*~*
  商人 越乃 リュウ
  清き仙女 花瀬 みずか
  家臣(ライオン) 一色 瑠加
  家臣(ジャガー) 研 ルイス
  家臣(モンキー) 桐生 園加
  アンリ 青樹 泉
  長女 星条 海斗
  次女 憧花 ゆりの
  家臣(野兎) 妃鳳 こころ
  家臣(リス) 美夢 ひまり
  家臣(山猫) 萌花 ゆりあ
  家臣(キツネ) 羽咲 まな
  家臣(シカ) 光月 るう
  家臣(ヒツジ) 夏月 都
  アオカケス 沢希 理寿
  キツツキ 響 れおな
  妹君 彩星 りおん
  家臣(チーター) 宇月 颯
  家臣(ビーバー) 琴音 和葉
  ヒバリ 紫門 ゆりや
  ヤマセミ 煌月 爽矢
  ヒレンジャク 輝城 みつる
  ハチドリ 珠城 りょう

こんなに舞台に近い席はほんとうに久しぶりです。
最近目が悪くなっているので顔がはっきり見えるのがうれしい。
たぶん満員、でもこのシリーズはまだ売り切れていないのですね。
物語は最初から黒服の大人数、大勢の歌い語りで物語がすすみます。
紙芝居をみているかのよう。王妃の妹が王妃を追い出して乗っ取った
という話でした?黒服全部で群舞の連続はかなりいいかんじ。
野獣はたてがみふさふさ。絢爛豪華でとてもかっこいい、鏡獅子できそう、
家臣たちはみんな獣になるのです。ティーポットさんがいない!
これってライオンキング?と思いきや手にお人形の頭をもってのダンス。うーん、
やっぱりかぶりものをしてほしい。
ガストンいないかわりに弟王がでてきて、突然ベルを妃にと求婚しちゃいます。
それから仙女と魔女の戦い?でもどうもすんなりきません。
もっとおもしろくなる題材だと思うのですが。。
どうしようもない姉ふたりは怪演、いやーいやな奴ですねえ。
この物語でカタルシスがいまいちなのは野獣がかっこよすぎるせいでしょう。
もっともエンディングで野獣だろうが王子だろうが関係なく愛していると
言っているようにそのまんまの姿ですしね。
もっと小さな話にしてかぶりものにしてくれればもっとおもしろくなるように
思えました。

さてレビューです。
舞台の上には「ONE」という巨大なセット。でもコーラスラインではない
のです。いろんなものの1をフューチャーしてます?1ドル銀貨で勝負かけて
とか世界一とか。とにかく大人数のレビューを間近にみると大迫力。
皆の表情が見て取れるのがうれしい。ロケットもこの距離だと周りを囲まれ
ているかのよう。キリヤンかっこいいですねえ。惚れました。
世界No1とかアナウンスして各種キャラクタがでてくるのはボードビルぽくっ
てよかった。
夢追い世界一!でキリヤンがでてきて、
私の夢は「JCBカードでキャトルレーブで思いっきりお買い物をすること」。
この回はJCB貸し切り公演だったのです。

最後の大階段、皆さんが小さな盾のようなもので明かりがつくアイテムを持っ
て降りてきたときに、ああ、ダジャドル、と思ってしまいましたよ。背中に
羽もあるし、、、
宝塚でライダーとか戦隊ものやってくれたら日参するのにねえ、きっと新しい
顧客も開拓できると思います。





拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析