忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




題名:新・冒険王(Kings of the Road 2002)
劇場:吉祥寺シアター
日時:2015年6月24日19:30-21:40
料金:4000円
座席:4列目なかほど
制作:青年団+第12言語演劇スタジオ(主宰:ソン・ギウン)
共同脚本・共同演出:平田オリザ、ソン・ギウン
出演:
 沢田はじめ(長く旅行している):太田宏 
 副島直人(学生で休学中):森山資邦 
 木下幸太(大学卒業後、ヨーロッパを旅行中):大竹直 
 金隆博(在日韓国人、一年ほど旅行している):佐藤誠 
 植木タケシ(ずっと寝ている):佐藤滋 
 前川さゆり(比較的長く旅行している):村井まどか
 坂本芳雄(比較的長く旅行している):河村竜也 
 矢島育美(ヨーロッパを旅行中、韓国人の彼氏がいる):木引優子
 キャッシー(アルメニア系アメリカ人):ブライアリー・ロング
 キム・スルギ(安宿の客引きをしている):マ・ドゥヨン
 プ・ヒギョン(キム・ミョンファンの母):チョン・ジョンハ
 キム・ミョンファン(ファニ)(兵役前の若い旅行者、日本人の彼女がいる):ペク・ジョンスン
 ユ・ソヨン(スペインに留学してぃたが、奨学金が切れて帰国):チョン・スジ
 キム・インフ(三~四年ほど旅行している):ソン・ミョンギュン
 チャン・ミンジェ(兵役の後、大学に戻る前に旅行している):カン・ヒジェ
 キム・ポミ(オタクの韓国人):パク・ミンジ
舞台美術:杉山至 
照明:三嶋聖子 
衣裳:正金彩

ストーリー:
2002年6月18日、イスタンブールの旧市街にある貧乏旅行者専用の安宿。
その安宿の一室で、日韓のバックパッカーたちが倦怠と喧噪の日々を過
ごしている。2001年の同時多発テロと、それに続くアメリカ軍のアフガ
ニスタン侵攻によって、アジアとヨーロッパを陸路でつなぐバスのルー
トが遮断され、多くのバックパッカーがイスタンブールで足止めを食ら
う結果となったのだ。
この日は、日韓ワールドカップのベスト16の試合日。すでに、この日の
午前中に、日本はトルコに1-0で敗れて、日本人たちは意気消沈している。
おりしも、韓国-イタリア戦が始まり、韓国人たちはテレビのあるロビー
で大騒ぎになっている。世界情勢とは無縁なように見える、両国の若者
たち。ただ、この部屋には、彼らの未来に対する漠然とした不安が漂っ
ている。試合終了は17時、イスタンブールの長い夕暮れが始まろうとし
ている。

日本語・韓国語・英語上演/日本語字幕付き




真ん中に丸テーブル、両側に二段ベッド、テーブルの手前にもベッド。正面が安宿の入り口。
字幕は上方にうつりました。
場所はイスタンブールの日本人中心の安宿、そこは2002年のワールドカップ、韓国ーイタリア戦
で盛り上がっている連中と盛り上がっていない連中をリアルタイムで描きます。
色々な話がそこここで普通に話されており、一度見ただけですべてを理解することははなはだ
困難。同じことを話しているはずなのに妙にずれる、日韓、日トルコ韓、韓国ー在日、
アルメリアートルコーイタリア、日米韓、似ているのに違う、違うのになんとなく同じ、
いろんなことが絡まりあって、知恵熱が出そうなくらい濃い脚本です。
「ドーハの悲劇」を韓国からみると「ドーハの奇跡」、日本とトルコは仲良し、韓国とトルコは
仲良し、でもアルメリアとトルコ、イタリアとトルコは嫌いあい、、アルメリアがはいった
せいでいろいろ相対化されていておもしろい。トルコがやったといわれているアルメリア人虐殺は確かに日本人にはあまり知られてませんよね。911や光州のはなしも。

平田オリザさんがかいたノートには
「日本はまだ、アジア唯一の先進国の地位から滑り落ちたことを受け入れられない。
韓国はまだ、先進国の仲間入りをしたことに慣れていない。
(略)
似ているようで決して同じではない二つの言語が、同時に奏でられ生まれる響きがまた共通点と接点が多いにもかかわらず、異国のつたない言語を通じてコミュニケーションすることで生じる様々な食い違いが、この上なく面白く、楽しいのです。」

ほんとにそのとおり、すごい作品でした。

拍手[0回]

PR




題名:Hand to God
劇場:Booth Theatre
日時:2015年6月7日15:00-17:00(途中休憩あり)
料金:TKTS 75.5USD+ TKTS手数料4.5USD
座席:ORCH BB104(1階2列目センター)
Cast List:
Steven Boyer - JASON/TYRONE
Geneva Carr - MARGERY
Marc Kudisch - PASTOR GREG
Sarah Stiles - JESSICA
Michael Oberholtzer - TIMMY

Production Credits:
Moritz von Stuelpnagel (Direction)
Beowulf Boritt (Scenic Design)
Sydney Maresca (Costume Design)
Jason Lyons (Lighting Design)
Jill BC Du Boff (Sound Design)
Marte Johanne Ekhougen (Puppet Design)

Other Credits:
Written by: Robert Askins

Synopsis:
The good children of Cypress, Texas are taught to obey the Bible in
order to evade Satan’s hand. But when students at the Christian Puppet
Ministry put those teachings into practice, one devout young man’s
puppet takes on a shocking personality that no one could have expected.

The uproarious and provocative HAND TO GOD centers on shy, inquisitive
student Jason, who finds an outlet for his burgeoning creativity at
the Christian Puppet Ministry in the devoutly religious, relatively
quiet small town of Cypress, Texas. Jason’s complicated relationships
with the town pastor, the school bully, the girl next door and—most
especially—his mother are thrown into further upheaval when Jason’s
hand puppet, Tyrone, takes on a shocking and dangerously irreverent
personality all its own. HAND TO GOD explores the startlingly fragile
nature of faith, morality and the ties that bind us. The New York Daily
News says, “HAND TO GOD is bound to leave you sore from laughing.
It can’t be outdone—and shouldn’t be missed.”





1階席ほぼ満員。TKTSで2列目センターが出てきました。20分並んだかな。
床が目のたかさなので多少見づらいですが、まあ問題なし。
舞台はどこかの教室のよう、懺悔室らしき場所あり。
Flying high for Jesus、The LORD is my Shepherd というポスターあり。
懺悔室の幕が開くと人形が前口上、これまたダークで笑いがでます、
そして日曜学校の人形劇の練習から物語が始まります。
主人公は気弱なんですが、左手のマペットを1日中つけており、それが
まるで生きているかのよう。別に腹話術をしているわけではないのですが、
独自の命があるようにみえてきます。
そのマペットが勝手に彼女に暴言はいておもわずたたきつけ、、、
そうこうするうちに母親は友人とできてしまい、そこのシーンがワイルドで凄い。
人形劇をするとよくないことが起きると主張しますが、母親によって続けるように
強制され、口から人形をやぶってしまいます。
まるでゾンビみたいな形になった人形にベッドの上で起こされ、そこからの一人芝居
*ひとりと一匹*が鬼気迫る演技。。
本当に左手が別に生きていて勝手に意識をもって、主人公の暗黒面が表面化したみたい、。
舞台はくるりと回って教会から外のブランコ、そして車中へと展開します。
母親と寝た友人の耳を、マペットが食いちぎってしまって1幕おわり。
どうなるかどきどき!壮絶な演技です。もうぐずぐずで壮絶、。
これ主演男優賞でもおかしくない。やっぱり笑いにはついていけないところあり。
2幕は別室で耳を縫い合わせるところから始まりました。
元の部屋に戻ると、そこは人形地獄? 人形が刺されたり血塗られたり、
怪しい記号がかかれていたり、いかにも悪魔憑きがやったよう。
悪魔祓いをしに来ますがもちろん返り討ちにあいかけ、、またまた閉じ込めたままで
別室でこれまたあれやこれやお母さん大奮闘、神経衰弱ギリギリの人たち、でもこちら
側にいるだけにより一層すごさが伝わってくるといった感じ。
窓から主人公が思いを寄せていた彼女がグラマラスな人形と一緒に侵入。
譜面台の上でくんずほぐれつ始めてしまいます。
譜面台の上では前戯から始まって体位を変えてと、すごくエネルギッシュに
やっているのに、パペットを扱っている人間のほうは本当につまらなそうに
やっているギャップがすごい。お子様には見せられないシーンです
とうとうパペットに反抗した主人公は乱闘の末、パペットを脱ぎ捨てることに成功、
しかし白い布を手にかけてふいていると、ふたたび手が襲ってきて、、、
それを止めるためにハンマーで自分の左手を強打、最後にはくぎ抜きのほうで
強打しようとしたところ母親が止めて代わりに母親の手を強打。
みんな血みどろになって幕。。。
かと思ったら、そこから大きなパペットが出てきて一人語りが始まりました。
かなーり怖い終わり方でした。万人にはすすめられませんが、よくできた後味悪い
芝居を見たいという方におすすめです!
TONYのどれかとってくれないかなーーと願ったのですがだめでしたね。
それにしてもキャスト全員がテンションすごく高くて、血管ブチ切れそうでしたよ。
ほんとにダークで濃密な空間でした。
2時間があっという間に過ぎてしまいました。






拍手[0回]





題名:Curious Incident of the Dog in the Night-Time, The
劇場:Ethel Barrymore Theatre
日時:2015年6月3日14:05-16:40(途中休憩あり)
料金:Broadway Box割引 99USD
座席:ORCH BB107(最前列センター)

Cast Lists:
Alex Sharp(Christopher) TONY Awards(Best Performance by an Actor in a Leading Role in a Play)
Taylor Trensch(Christopher [at certain performances])
Francesca Faridany(Siobhan)
Ian Barford(Ed)
Enid Graham(Judy)
Helen Carey(Mrs. Alexander/Posh Woman/Voice Six)
Mercedes Herrero(Mrs. Shears/Mrs. Gascoyne/Woman on Train/Shopkeeper/Voice One)
Richard Hollis(Roger Shears/Duty Sergeant/Mr. Wise/Man behind Counter/Drunk One/Voice Two)
Ben Horner(Mr. Thompson/Policeman 1/Drunk Two/Man with Socks/London Policeman/Voice Three)
Jocelyn Bioh(No. 37/Lady in Street/Information/Punk Girl/Voice Five)
David Manis(Reverend Peters/Uncle Terry/Station Policeman/Station Guard/Voice Four)
Keren Dukes(Ensemble)
Stephanie Roth Haberle(Ensemble)
Tom Patrick Stephens(Ensemble)
Tim Wright(Ensemble)

Production Credits:
Marianne Elliott (Direction) TONY Awards(Best Direction of a Play)
Bunny Christie (Scenic and Costume Design) TONY Awards(Best Scenic Design of a Play)
Paule Constable (Lighting Design) TONY Awards(Best Lighting Design of a Play)
Ian Dickinson for Autograph (Sound Design)
Finn Ross (Video Design) TONY Awards(Best Scenic Design of a Play)
Scott Graham and Steven Hoggett (Choreography)
Adrian Sutton (Music)

Other Credits:
Written by: Adapted by Simon Stephens from the novel by Mark Haddon

Synopsis:
The play tells the story of Christopher, who becomes a suspect when a neighbor's dog is speared with a garden fork.
He embarks on a mission to discover the truth about the dog’s untimely death, recording everything in a notebook
— even though his father has forbidden it.

Drama Desk Awards 各賞受賞
Outstanding Play,Outstanding Actor in a Play(Alex Sharp), Outstanding Director of a Play(Marianne Elliott),
Outstanding Lighting Design(Paule Constable),Outstanding Projection Design(Finn Ross),
Outstanding Sound Design in a Play(an Dickinson (for Autograph))




TONY賞プレイ作品賞受賞。

舞台はさほど高くないので、最前列でも見切れありません。
四角形で罫線がはいっている舞台。キャストはその片隅にすわり、必要な時に立ち
上がって演技をし、そして時としてマイム等で舞台装置となるのです。そのためか、
ひさかたぶりにプレイから振付賞のノミネートとなりました。ある意味ミニマムな舞台。
壁の罫線がいくつか扉となっており、小道具の鉄道模型の部品がでてきました。
プロジェクションの使い方もシンプルで印象的。

犬の死体があるところから舞台開始、そこから主人公が探偵となります。
主人公が厳密に物事を語るところでもう泣けてきました。
実は私も主人公と多少なりともあいつうじるところがあり、、主人公が世の中の矛盾?に
ぶつかるたびに主人公と同じにもどかしくつらくなってしまいます。お父さんは不器用だ
けどいいやつでこれまた感情移入してしまいました。みんないい人だけどそれだけでは
この複雑な世の中をわたれないんですね。
鉄道線路と駅舎、人のミニチュアがおかれて、勝手に電車が動き始めて一幕終了。
1幕見終わった段階で主演男優賞を確信しましたよ。それくらいにはまり役でした。

探偵物語の1幕と違って2幕はロンドンの母までの冒険譚。
気が付くと後ろの壁に取っ手ができていて、それをよじ登ったかと思うと、今度は階段が
できていてそれを歩いて降りてくる。そしてそれはエスカレータに見立てられています。
いろんなギミックがあるなあと感心してたら、後ろの壁全体が前へ迫ってくる!
そして前方に溝が開いて地下鉄のホームに!人が多くて怖くてしかたない主人公の気持ち
が伝わってきましたよ。
そしてネズミが逃げてホームから線路に飛び込む!文字通り目の前で右往左往するひとたち。
ひかれるかと思ってドキドキした。
ロンドンにきた父ちゃんの台詞に泣かされました。
さすがにこれでいったん戻って数学の試験を受けたいと言うのはわがままだw
俺様規則があるんでしょうね。
最初からぴりぴりしたテンションのまま最後まで突っ走った舞台でしたよ。
カーテンコールになると、主人公の表情ががらりと変わって、普通の明るい笑顔になる
のが印象的でしたよ。もうここでTONY作品賞も確信しました。
プロジェクションや人を土台に使った壁歩きなどの振付もありなかなかうまくまとまった
舞台だと思いましたよ。

カーテンコールが終わってみなが帰りかけた、、ところで主人公登場。
そして持ち時間4分で試験に出ていた数学の問題の証明をしてくれました。
実際にかかったのは2分でした。三辺の長さが、 n^2-1, n^2+1, 2n の三角形は正三角形
になることの証明です。そして最後は天井から紙ふぶき!

素数の席には特別なシートカバーあり。しかし、私の席107も素数のはずだと、真剣に
割り算してしまいました。。









拍手[0回]



題名:十二夜
劇場:日生劇場
日時:2015年3月21日12:00-
料金:割引7500円
座席:1階L列7番
出演:
ヴァイオラ/セバスチャン:音月桂
オーシーノ:小西遼生
オリヴィア:中嶋朋子
マルヴォーリオ:橋本さとし
フェイビアン:青山達三
サー・アンドルー:石川禅
サー・トービー:壤晴彦
フェステ:成河
マライア:西牟田恵
船長:宮川浩
アントーニオ:山口馬木也
解説:
双子の兄妹セバスチャンとヴァイオラ(音月桂・二役)の乗る船が、
見知らぬ土地イリリアの沖で遭難した。岸にたどり着いたものの、兄
は溺れたと信じて絶望するヴァイオラは、護身のために兄の服に身を
包んでシザーリオと名乗り、オーシーノ公爵(小西遼生)に仕えるこ
とにする。
そのオーシーノが恋をしているのは、父と兄の喪に服している伯爵家
の若きオリヴィア(中嶋朋子)。彼を拒み続けるオリヴィアに想いを
伝えてもらおうと、 オーシーノはシザーリオを使いにやる。オーシー
ノに恋心を抱くヴァイオラは切ない気持ちを抱えオリヴィアの元へ向
かうが―。
オリヴィアはシザーリオを本当の男性だと信じて恋に落ちてしまう。
一方で、ヴァイオラの双子の兄セバスチャンが現れる。
奇跡的に助かった彼は妹と同様にイリリアの街に着き、そこで偶然に
もオリヴィアと出会い……。
そしてオリヴィアに密かに恋する執事マルヴォーリオ(橋本さとし)
に仕掛けられた悪戯が、物語をさらなる狂騒へと駆り立ててゆく。



ヴァイオラとセバスチャンの演じわけがすばらしい。
ヴィオラとセバスチャンの切り替わりも見事、だまされました。
脇役もみんな芸達者、オーシノーは大変なイケメン役、道化もとても
雰囲気が出てます。アントーニオはとても献身的。
オリヴィア役の中嶋朋子がまるで大竹しのぶにみえました。
なんだか雰囲気がそっくり!
かなりよくできたプロダクションでした。この面子ならまた見たいかも。

拍手[0回]




題名:鼬
劇場:世田谷パブリックシアター
日時:2014年12月14日14:00-16:20(途中休憩あり)
料金:S席8500円
座席:1階K列20番
作 : 真船 豊
演出 : 長塚圭史
美術 : 島 次郎
照明 : 佐藤 啓
衣装 : 宮本宣子
音響 : 加藤 温
ヘアメイク : 宮内 宏明
舞台監督 : 大垣敏朗
プロデューサー : 北村明子
提携 : 公益財団法人せたがや文化財団
: 世田谷パブリックシアター
後援 : 世田谷区
企画・製作 : シス・カンパニー
解説:
昭和初期の東北の寒村を舞台に、土地の言葉で生き生きと力強く描かれた『鼬いたち』は、日本の
近代戯曲の中でも、屈指の名作と謳われた戯曲です。ここに登場するのは、ある旧家をめぐって繰
り広げられる骨肉の争いの中でうごめく人間たち。 出てくる人間たちはすべて、腹の底に何らか
のドス黒い思惑を抱き、業と欲にかられた姿を隠そうともせず、それを描く作者の筆致は、徹底的
にリアルで赤裸々です。
 あらすじだけを聞けば、「人々の欲と思惑が交錯する陰惨な話」に響くかもしれませんが、彼ら
の言動が、そんな欲や思惑にまみれたものであったとしても、すべてに一本筋道が通っていて力強
く、その目的は実に明快でアッパレなほど!その中でも、鈴木京香演じる「おとり」は、劇中で明
かされる過去の悪事の数々も「超規格外」で、この登場人物の中でも、一番強欲な思惑を胸に故郷
に戻ってきます。しかし、本人の語り口は極めて率直で、たとえそれが悪行であったとしても自ら
の力で人生を切り開いてきた自信と力強さにあふれ、常に自分が希求する人生の方向へグイグイと
船首を向けて漕ぎ出していく彼女の実行力には、思わず"喝采"を送りたくなる説得力があります。
そんな彼女を突き動かしているのは、故郷への愛情からなのか、もしくは、<泥棒鼬!>と蔑まれ
た程度ではビクともしない図太い女の本性なのか・・・。この物語には、その真意を探るスリリン
グな要素もあり、これが80年前に描かれた戯曲だということを忘れさせるようなスピード感にも
驚かされてしまいます。

 その「おとり」に憎しみをぶつける彼女の義姉「おかじ」を演じるのは、演劇界の至宝・白石加
代子です。
白石と言えば、先日、22年に渡りライフワークとして手がけてきた「百物語」シリーズが、遂に大
フィナーレを迎えたばかり。その圧倒的な集中力と屈指の表現力が、義妹への煮えたぎる憎悪と、
母親としての苦悩をどのように描いていくのか必見の舞台です。また、映像でも大人気の高橋克実、
江口のりこ、山本龍二、峯村リエ、佐藤直子、塚本幸男、そして、赤堀雅秋 という演劇ファンを
唸らせる面々が演じる登場人物たちも、一筋縄ではいかない泥臭い人物ばかり。この物語を骨太で
リアリティに溢れたものにしている存在です。この実力派キャスト陣がタッグを組み、全編東北の
言葉(設定は、福島のある地域の方言)で綴られた戯曲がもつ独特の世界観をどのように創り上げ
ていくのか、期待感も大きく膨らみます。

ストーリー(オフィシャルWeb)
昭和の初め。東北の街道筋の旧家「だるま屋」の当主である萬三郎(高橋克実)は、明治このかた
落ちぶれた 家の借金に苦しんだあげく、老母おかじ(白石加代子)を残し、南洋へ出稼ぎに出て、
もう三年も戻ってこない。
そんな中、すでに抵当に入った家屋敷の処分が始まり、同じ村の債権者である村人たちが集まって
きて、 互いの欲をむき出しにして、だるま屋の古畳までも争って剥ぎ取るありさまである。おかじ
もいよいよ、家を追われ、馬小屋へ寝るはめに陷るところへ、おとり(鈴木京香)という、この家
の先代の娘であり、おかじには義理の妹にあたる女が、虚飾に満ちた風情で現れた。若い頃のおと
りは、村の人々に不義理を重ねたあげく出奔したのだが、悪智惠と度胸を資本に各地をわたりある
き、今では羽振り良く暮らしをしているらしい。おとりを蔑んでいた村の人々も、 その出世
を知って態度を変えはじめるが、十年前に相続争いで騒ぎを引き起こしたことを深い恨みとする義
姉のおかじは、義妹を「泥棒鼬」と罵り、今度はどんなたくらみで戻ってきたのか、と怒り狂うの
だが、当のおとりは、「生まれ故郷ほど せいせいすっとこは ねえなあ」と全く悪びれた気配は
ない。
おかじの怒りを冷笑しながら、おとりは、じつの甥であり、この家の当主である萬三郎が、まもな
く南洋から帰国すると話し出した。
母親である自分も知らぬことを、なぜ、おとりが知っているのか・・・・。
果たして、おとりの狙いは何のか?!

---

客の年齢はかなり高そう。
凄い力量のキャストばかり、場面場面はとても絵になっているんだけど、悪者か馬鹿
しか登場してこないのが見ていてちょっとつらい。凄く長く感じた割には2時間20分。。
田舎のどろどろしたところを見せ付けられた気分。
鼬で鶏をとられたからこのタイトル?鈴木京香いろっぽい。
筋はどうでもよくて役者のうまさを見る芝居なのかも。







拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析