忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
題名:小林賢太郎演劇作品『うるう』
劇場:神奈川芸術劇場
日時:2020年2月22日14:00-16:00
料金:S席7000円
座席:2階A1列20番(2階最前列ほぼセンター)
作・演出・出演:小林賢太郎
演 奏:徳澤青弦
主催:TBSラジオ
企画制作:スタジオコンテナ

ネタバレあり。

さすがです、2時間ひとりだけで話して全然飽きさせない。うるうおばけの物語。
一人芝居にチェロの演奏付き。
背景は木の大きな市松模様のボード、真ん中に扉、ときどきパペットが参加。
ボード上に画像や映像が投射されていました。
森の中で一人で暮らしている ヨイチ のところにたまたま
マジルが出くわします。最初は罠にかかって食べられる?、食べません。
というやりとりだけで笑わせてくれます。間がとても良い。
ヨイチの生い立ちは、いつもはみ出し者、二人三脚だと一人余る、から始まって
何をやってもひとり余る。
マジルもよく余る、でもそっちは司会者をしたり、オルガンをひいたり、めだつことばかり。
最初はマジルを追い返していたヨイチですが、じきにマジルが来るのを待つようになります。
こういう話をしているうちに本当にマジルがそこにいるように思えてきました。
さりげなく入るマイム(すごい精度)が非常に効果的に私の想像力をかきたててくれます。
仲間外れになるヨイチは、森は数えない、から森に棲んでいるということ。
サイドストーリーもあるのですが、その一人語りにも思わず引き込まれます。
マジルの友達がせめてくる?ときにうるうお化けの扮装をして追い返しちゃいます。
そしてなぜ森に住むのか、本当の理由が最後に明かされます。2月29日生まれのヨイチは
父親の実験の犠牲?になり4年に一度しか生物学的に歳をとらなくなっていたのです。
何年か経つと住んでいる土地を離れる必要があり、、とうとう人眼を避けて森にすみ着いて
いたのでした。ポーの一族状態ですね。
そして40年後、同い年になったマジルとヨイチが再開。。泣けました。
一人芝居ですが、音楽、映像、パペット、その他装置のすべてが組み合わさって
とても良い空間を醸し出していました。これ、うるう日に見たい。


拍手[0回]

PR
題名:三人でシェイクスピア
劇場:ゲーテ座
日時:2020年2月15日13:00-14:50(本編は90分強)
料金:前売3700円
座席:最前列中央
劇団:GSC(戯画シェークスピアカンパニー、劇団鳥獣戯画)
作・演出:
出演:ちねんまさふみ、石丸有里子、赤星昇一郎
ストーリー:
三名のクラウンはシェイクスピア全作品を見せる!と観客に宣言して演じ始めます が、そりゃあ、無理がある!ラップにしたり、青春スポーツドラマにしたり…漸く、すべて演じ終えたとホッとしたところで『ハムレット』をやってなかった事に、気づきます。ショックのあまり石丸は舞台を跳び出し、赤星が追いかけていく。ちねんの一人芸。やっと二人が戻って『ハムレット』が始まりますが‥…客席の助けを借りての大団円!
ーーーー

TPAMでゲーテ座(うちの近く)でやってたので17年ぶりに見にいきました
客席は20人ちょい、ゲーテ座はいったのもはじめて。
おお、と思ったのは、見た記憶がいろいろすり替わっていたこと。
1幕にたくさんやって2幕に1本客いじりあり、まで覚えていたのだが、
後半はロミジュリだと思ってた。そして池袋あたりでみたような。
ところが、後半はハムレット、前回みたのは正しくは新宿でした。
記憶って怪しいもの、、、

今回見た第一印象、皆元気だ!とくに赤星さんが若返っている気がした。
どこからこんなエネルギーがでてくるんでしょう。
18年も続けられるというところが信じられない。
シェイクスピアのクラウン芸、これからもずっと続けてほしい。
また17年後に見に行きます。

ちなみに17年前の2003年の感想はこちら。
http://kurose.world.coocan.jp/03review.html#25

ついでにThe Complete Works of William Shakespeare (Abridged)
http://kurose.world.coocan.jp/03reviewWE.html#17

            シェー    ・    クス     ・    ビア

拍手[0回]


題名:ニッポン放送開局65周年つかこうへい演劇祭 - 没後10年に祈る -「飛龍伝2020」
劇場:新国立劇場中劇場
日時:2020年2月12日13:00-15:35(本公演は15:10頃まで)
料金:9500円
作:つかこうへい
演出:岡村俊一
出演:菅井友香(欅坂46)
石田明/味方良介/細貝圭/小柳心/久保田創/小澤亮太/
須藤公一/大石敦士/吉田智則 ほか
ストーリー:
春、駿河台方向から聞こえてくるシュプレヒコールの中、一人の少女が進学のため愛と希望を胸にいだき上京した。
四国高松から上京した神林美智子(菅井友香)である。
しかし、時代は学生運動の真っ只中、やがて美智子は、全共闘作戦参謀の桂木純一郎(味方良介)に出会い、その理想と革命に燃える姿に憧れ、恋に落ちる…。
やがて、美智子は全共闘40万人を束ねる委員長に、まつり上げられてしまう。
11・26最終決戦を前に、作戦参謀部長の桂木の出した決断は、美智子を、女として機動隊員の部屋に潜入させる事であった…。そして、その機動隊員とは、四機の狂犬病の山崎こと、山崎一平(石田明)だった…。
革命の夢と現実と、美智子を愛する者達に翻弄されながら、11・26最終決戦の日は近づいてくる…。

ーーーーーーー



飛龍伝を見たのは久々、、と思って記録をたどったら、この前見たのは1994年の
石田ひかり版でした。26年前!ほんとう?間に見ているけど記録が失われているのかも。
比較的大きな舞台でヒリヒリするような群集劇。地声での芝居がんばってます。
委員長かわいい。眼鏡をとったらとっても美人。すっと立っているだけで存在感があって
この飛龍伝にはぴったり。
山崎役にお笑いの石田さん、線は少々細いのですが、活舌はさすがに良い。でも聞けば聞くほどこの役が筧さんの当て書っぽく見えてきました。あとで調べたら初演は筧さんの役だったのね。
大昔に私が見たバージョンも筧さんが山崎役だったことを思い出しました。でもこの山崎ー石田も違うテイストでいけます。そして、ヒロインの周りを固めるのはみな安心感のある役者ばかり。第四機動隊もみなキャラがたっていてかわいい。桂木もかっこつけているのに情けない男がばっちり。比較的広い舞台で大勢のキャストによる群像劇としても見ごたえがあります。
私は全共闘時代よりずっと後の世代ですが、それでもあの頃の雰囲気を思い出してしまいました。
最初のカーテンコール後に、つか作品予告編あり。
数人ずつ出てきて芝居の長台詞。みんなとてもきまってます。
広島に原爆を落とす日、幕末純情伝、熱海殺人事件、銀ちゃんが逝く。
この予告編のためだけにこのセリフを覚えたのだとおもうと、、、
それともこのセリフで出演?
できれば全部みたいけれど、どこまでいけるかなあ。

拍手[0回]


題名:ねじまき鳥クロニクル
劇場:東京芸術劇場プレイハウス
日時:2020年2月11日15:00-18:00(途中休憩あり)
料金:S席11000円
座席:1階E席24番
<演じる・歌う・踊る>
成河/渡辺大知:岡田トオル役
門脇麦:笠原メイ役
大貫勇輔:綿谷ノボル役 
徳永えり:加納クレタ/マルタ役
松岡広大:赤坂シナモン役 
成田亜佑美:岡田クミコ役 
さとうこうじ:牛河役
吹越満:間宮中尉役 
銀粉蝶:赤坂ナツメグ役

<特に踊る>
大宮大奨、加賀谷一肇、川合ロン、笹本龍史
東海林靖志、鈴木美奈子、西山友貴、皆川まゆむ (50音順)

<演奏>
大友良英、イトケン、江川良子
スタッフ
原作:村上春樹
演出・振付・美術:インバル・ピント
脚本・演出:アミール・クリガー
脚本・演出:藤田貴大
音楽:大友良英
照明:ヨアン・ティボリ
音響:井上正弘
ヘアメイク:宮内宏明
通訳:鈴木なお
美術助手:大島広子
振付助手:皆川まゆむ
演出助手:西祐子
舞台監督:足立充章

劇団:
作・演出:
出演:
ストーリー:
岡田トオルは妻のクミコとともに平穏な日々を過ごしていたが、猫の失踪や謎の女からの電話をきっかけに、奇妙な出来事に巻き込まれ、思いもよらない戦いの当事者となっていく――。
トオルは、姿を消した猫を探しにいった近所の空き地で、女子高生の笠原メイと出会う。トオルを“ねじまき鳥さん”と呼ぶ少女と主人公の間には不思議な絆が生まれていく。
そんな最中、トオルの妻のクミコが忽然と姿を消してしまう。クミコの兄・綿谷ノボルから連絡があり、クミコと離婚するよう一方的に告げられる。クミコに戻る意思はないと。
だが自らを“水の霊媒師”と称する加納マルタ、その妹クレタとの出会いによって、クミコ失踪の影にはノボルが関わっているという疑念は確信に変わる。そしてトオルは、もっと大きな何かに巻き込まれていることにも気づきはじめる。
何かに導かれるようにトオルは隣家の枯れた井戸にもぐり、クミコの意識に手をのばそうとする。クミコを取り戻す戦いは、いつしか、時代や場所を超越して、“悪”と対峙してきた“ねじまき鳥”たちの戦いとシンクロする。暴力とエロスの予感が世界をつつみ、探索の年代記が始まる。

“ねじまき鳥”はねじを巻き、世界のゆがみを正すことができるのか? トオルはクミコをとり戻すことができるのか―――。

初日、生バンド付き。当日券ありですが、だいたい席は埋まっていました。
幕開けは、舞台の真ん中に穴、そして上に家。
男と少女の出会い、そして歌とダンス、物語は断片的、登場人物はさほどいません。
物語を包み込むようにダンス、大人数で環境を作るような雰囲気。
ひとりの人間の動きを描くように複数の人間が動くことも。主役と同じコスチューム
で様々な動きをするので、可能な時間線をすべて見せているように見えるときもありました。
主役のトオルは二人一役、交互に出たり、同時に出たり、変幻自在、同じコスチュームの
ダンサー多数のところもあり、万華鏡の世界。
トオルが二人ででて交互に独り言を言いながら組体操!あわせてひとりなのね。
そして時々歌。歌でこれまた場面がかわります。
間宮中尉の中国で、日本兵として蒙古に潜入した時の一人語りは、聞いているだけで
情景が浮かんでくるようだった。そして中尉を持ち上げていじりまわすダンスがこれまたすごい。
1幕最後では綿谷が客で加納が娼婦のシーン、このダンスがものすごくエロい。
綿谷はとことんヒールになってます。かっこいい。
2幕は井戸に潜って、この世ではない世界でいろんなことがおきる。
ホテルカウンターが出てきたとたんに現実感あふれたのは銀粉蝶さんの凄さでしたね。
さまざまな場面が交差し、それを形作るダンスがこれでもかというくらいにあらわれます。
ダンサーが集合体として連携して蠢くときはアメーバのよう。そしてメイが時々かわいい。
ほんとにコンテンポラリーダンス凄かった。歌とストーリーでダンスを魅せているといっても
過言ではないでしょう。
もう一回見たい。

拍手[0回]


題名:リアルファイティング「はじめの一歩」 The Glorious Stage!!
劇場:品川プリンスホテル ステラボール
日時:2020年2月8日13:00-15:50(途中休憩あり、16:10までトークショー)
料金:8000円
座席:1階Eブロック1列12番(客席右側リングサイド右端近く)
原作:森川ジョージ「はじめの一歩」(講談社「週刊少年マガジン」連載)
作・演出:喜安浩平
音楽: 和田俊輔
振付: HIDALI
ファイトコーデイネイト:冨田昌則
美術: 長田佳代子
照明: 斎藤真一郎
音響: 水越佳一
映像: 荒川ヒロキ
衣裳: 小林菜摘(ダダグラム)
ヘアメイク: 馮 啓孝/松下よし子(アトリエレオパード)
ボクシング指導: 松土 翼
演出助手: 溝端理恵子
舞台監督: 田中 翼(capital inc.)
宣伝美術: 清水みちる(礼泉堂)
宣伝写真: 設楽光徳
票券協力: サンライズプロモーション東京
制作: ネルケプランニング
プロデューサー: 藤井一佑希
エグゼクティブプロデューサー: 野上祥子
出演:
幕之内一歩:後藤恭路
宮田一郎:滝澤諒
千堂武士:松田凌
鷹村守:滝川広大
伊達英二:松本寛也
間柴了:岡本悠紀
青木勝:塩田康平
木村達也:高橋奎仁
速水龍一:橋本真一
冴木卓麻:山口大地
ヴォルグ・ザンギエフ:才川コージ
梅沢正彦:神坂優心
間柴久美:未来
幕之内寛子:久下恵美
鴨川源二:高木渉

キャストトークショー登壇者:松本寛也、橋本真一、山口大地、才川コージ

舞台は特設、いつもは舞台となっているところの前にリングを設置し、
その外側三方が客席となっています。私は右側リングサイド。
リングと言っても視界を遮るロープはなく、四隅のポールも2本だけ。
そしてリングがぐるぐる回転するのです。試合をしている最中にまわる
ことで雰囲気を作ると同時にいろんな方向から見えやすくしているのでしょう。
ただオープニングのキャスト紹介やダンスは前方固定でした。残念。
はじめの一歩の原作の最初からしっかり描いているようです。
私は少年マガジンをずっと読み続けていますので、最初を読んだのは30年前、
もうあらすじレベルでも忘却の彼方でした。
登場人物はほとんど男性、みんな腹筋割れてます。最初どんくさくみえた一歩は
原作の雰囲気をよくだしてました。ほんとに漫画から出てきたようなのが鷹村。
見かけといい、動きといいそのまんま。間柴もかなり似てましたね。
進行を加速するため、ボクシングシーンをはしょるために登場するお人形もかわいい。
実際のボクシングシーンも実際に近接して打ち合っているところと、離れあって
様式美?で打ち合っているように見せる場面が混在、リングサイドにいたので皆の
汗が飛び散るのを間近に見れました。実際に殴り合ってなくてもすごい運動量でしょう。
これを昼夜公演やるのですから、キャストの方々の体力は計り知れません。
後ほどのトークで、背中をつけてダウンしたところは、汗でスリップするので大変!
と言っていましたが、ほんとに水浸しになっていることでしょう。
原作の雰囲気をうまく生かした、男臭くて暑苦しい2.5次元の世界を堪能しました。
明日が千秋楽、終演後のリピーターチケット購入に行列できてました。


キャストトークショー
  速水ガールズの回。速水ガールズとは速水選手の後ろで応援するチアガールズのこと。
  皆さん男性が扮していたわけです。
  橋本さん曰く「速水のこと大好きで応援してくれてるはずなのだけど後ろ見てると
  誰も俺の事みてない。皆おもしろやろうとやってる。お客さんみても俺見てないもん」
  とにかくはじけてくれということでどこまでやったら怒られるかな?と突き進んで
  いるのだけど、一向に怒られないため
  応援しようという意識でどこまでやったら怒られるかな、一向に怒られないためだいぶ
  遠くまできてしまったそうです。
  最後速水が倒れて女性たちが泣き、速水が手を挙げるシーンの芝居がめちゃくちゃ変わった
  そうで、稽古場の時のと、今のバージョンをやり比べてくれました。確かに違う!
  いまの方がヒーローショーっぽくなっているそうです。ステップがかわいいし、派手!
  客席の反応具合も初日と今では全然違うそうです。リピーターも多いようですね。
  初めて見る人!と客席で手を挙げさせたらさほどいなかったのにはびっくり。
  才川さんは尊敬している尊敬している俳優はなかやまきんに君と武井壮さんだそうで、
  がんがんトンボを切ってみせてました。
  最後の皆さんのコメントは次の通り。
   

  松本
だんだん熱量があがってくるなか、舞台がおわってしまう
散りゆく桜が美しい、明日はまだ舞台あります

  橋本
   日々熱量があがっている、客席側からの熱量もあがっている
   明日千秋楽どんな景色がみえるのか楽しみになっている
   この作品を最後まで盛り上げていい作品にできたらいいな
   
  才川
   僕たちが筋肉で皆さんがタンパク質。タンパク質がないと筋肉が育たない。
   相互関係、太陽と月。
   関係性を大切にするので、きてください、タンパク質たち

  山口
   日を追うごとにリングの熱もあがってきている
   見にきたという感じと。演劇を披露するというのが当然なのだが
   お客様のコールがお互いの熱をあげていった
   初日はコールなかった。皆さんとの熱のわたしあいとか、新しい演劇の形だな
   一緒に作品をつくっているのだなと思っている。
   皆さんにとって何か次の一歩につながるといいなと思っています
   


拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析