忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

題名:鎌塚氏、舞い散る
劇場:本多劇場
日時:2019年12月4日14:00-16:10
料金:7000円
座席:O列10番
劇団:M&Oplays プロデュース
作・演出:倉持 裕
出演:三宅弘城、ともさかりえ、片桐仁、小柳友、広岡由里子、玉置孝匡、岡本あずさ、大空ゆうひ
ストーリー:
雪降り積もる山荘にて、
憂い顔の 女主人に仕える
「完璧なる執事」こと鎌塚アカシ。
あちらこちらに実らぬ恋。
漆黒のモーニングに
舞い散るパウダースノウ。
「ご覧ください奥様、雪崩でございます
・・・・・・では、わたくし、行ってまいります」

シリーズ作品なのですが、今回初めてこの作品を知ったので見にきてみました。
当日券にてチケット購入、販売開始30分前に並んで2番目、販売時に並んでいたひとは全員買えたようです。
主役のふたりはいろいろな作品を見てますが、他の方々はほとんど初見のはず。
回転床を使った舞台転換で屋敷内の三か所が物語の舞台です。後半にはご主人様を探しに外出して雪崩に遭遇するシーンがありました。
微妙に話がすれ違って噛み合わないウェルメイドのシナリオ、一癖も二癖もあるようなキャラクター、皆生き生きとしています。そして切ない(というよりはもどかしい)恋物語、最後は雪山で急展開!完璧と言われる執事も自身の恋が絡むと色々ガタがくるのがまた愛らしい。
コメディの王道を行っている作品ですね。さいごはほろっと。。
単発でも面白かったのですが、シリーズ通してみていたらもっとわくわくしたことでしょう。
次回も見てみたい。

拍手[0回]

PR
Q
題名:『Q』:A Night At The Kabuki
劇場:東京芸術劇場プレイハウス
日時:2019年11月16日14:00-17:00(途中休憩あり)
料金:S席12000円
座席:1階T席16番(後方中央)
劇団:野田地図
作・演出:野田秀樹
音楽:QUEEN
出演:
松たか子 上川隆也
広瀬すず 志尊淳
橋本さとし 小松和重 伊勢佳世 羽野晶紀
野田秀樹 竹中直人

秋山遊楽 石川詩織 浦彩恵子 織田圭祐 上村聡 川原田樹
木山廉彬 河内大和 末冨真由 鈴木悠華 谷村実紀 松本誠
的場祐太 モーガン茉愛羅 柳生拓哉 八幡みゆき 吉田朋弘 六川裕史
<STAFF>
美術 堀尾幸男 照明 服部基 衣裳 ひびのこづえ 美粧 柘植伊佐夫
サウンドデザイン 原摩利彦 音響 藤本純子 振付 井手茂太 舞台監督 瀬﨑将孝


平家物語+ロミジュリ+クイーン(+シベリア?)

第一幕はまさに三題噺。
ロミジュリのセリフが強すぎるせいか、日ごろの言葉遊びの野田節が全く影をひそめてしまった。
その分わかりやすく、話がとんとんと進んでます。
ロミジュリは大人チームと若者チームがコンビとなって影だったりサポート役だったり。
これ本当に野田さんが書いたのの?三谷さんがゴーストライターだったりしない?と思ったり。
そして1幕おわりでロミジュリが死んだはず、そして2幕で死ななかったことに!
2幕はずっとシベリア噺、あーこれは野田さんよね、と思ったのだけどひねりがなくて
いまひとつ面白くない。収容所にはいっているので動きも単調だし。
でもさすがに豪華な役者陣だけあって、場面場面はすべて魅せてくれます。
広瀬すずかわいい、顔小さい、めっちゃうまい。
もう名優オーラ全開、これで舞台初出演なんだから凄い。
びっくりしたのが 志尊淳、思いのほかうまい、そして顔小さい。
逆の方向でびっくりしたのは上川隆也、最初は誰だかわからなかった、もちろんめちゃうまい。
竹中直人は期待通りの怪演、橋本さとしは豪快。
動きもおもしろい、振付は井手さんなのね。

そして、全般的にどうもぴんとこなかった。
もう一度見るのでゆっくり確かめたいと思います。

拍手[0回]

題名:KOKAMI@network vol.17「地球防衛軍 苦情処理係」
劇場:紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
日時:2019年11月6日19:00-21:00
料金:8900円
座席:10列3番
劇団:KOKAMI@network
■作・演出  鴻上尚史 
■出演
中山優馬 原嘉孝(宇宙Six/ジャニーズJr.)駒井蓮 矢柴俊博 大高洋夫 他
■ストーリー
近未来。地球は異星人や怪獣の襲撃を受けていた。そして、人類を守るために地球規模で創設されたのが「地球防衛軍」だ。戦うエリート、人類希望の星。けれど、光あるところ、必ず、陰がある。地球防衛軍が怪獣と戦った結果、さまざまな場所で壊滅的な被害を受けた住民達が、抗議の声を上げた。
「私の家は、怪獣ではなく、地球防衛軍のミサイルでやられた。弁償してほしい」
「怪獣を私の家の方向に誘導したのは、地球防衛軍だ。許せない」
苦情処理係は、毎日、住民達のクレームの処理に追われていく。苦情処理係は悩む。
私達は人類を守ろうとしているのに、どうして、住民は文句を言うのだろう。私達は誰を守っているのだろう。住民は守られることが当然だと思っているのだろうか。数々の疑問を飲み込みながら、苦情処理係は、活動を続ける。それが人類のためになると信じて。人類の苦情を引き受け続ける。そんなある日、ハイパーマンが現れた。


なんだか懐かしいオープニング、無駄に?かっこいいダンスが何度も!
もうひとつの世界のウルトラセブンを見ているみたい。円谷プロにも協力していただいたそうですね。
「軍の苦情処理係」という設定からして大うけ。米軍や自衛隊にはないのかしら?
キレッキレのダンスが何度も!そして笑いの連続なのに、昔のオタクにノスタルジー
として響く設定、その上でSNSやコールセンター話や正義の話を放り込んできて、最後は
ラブロマンスで締める。おなか一杯の構成でした。コールセンターはリアルすぎてへこんだ。
映像と怪獣着ぐるみの共演も楽しい。ギガガランが新宿をどかちゃか壊していくのはご当地番組みたい。
日本が戦場になった時の賠償ルールがあるのかないのか確認したくなりました
戦争保険と同じレベルで「怪獣特約」があるのですね。でるのは渋そう。
「限定謝罪」は勉強になりました。
楽曲もよかった。ワタルくんもヒナちゃんもかわいすぎる。大高さん渋い。
地球人のために戦えば戦うほどヘイトが集まってきてしまうのはせつない。
頑張れハイパーマン!

拍手[0回]

題名:終わりのない
劇場:世田谷パブリックシアター
日時:2019年11月6日14:00-16:00
料金:S席7500円
座席:1階K列17番(ほぼセンター)
劇団:イキウメ
【脚本・演出】前川知大
【原典】ホメロス「オデュッセイア」
【監修】野村萬斎
【出演】
山田裕貴 安井順平 浜田信也 盛隆二 森下創 大窪人衛
奈緒 清水葉月 村岡希美 仲村トオル
あらすじ:
18歳の悠理は旅の途中で目的地を見失い、立ち止まっていた。自分はなぜここにいるのだろう。悠理は自分の人生を振り返ってみる。短いけれど、沢山の楽しいことや辛いことがあった。恋愛もした。死にかけたこともあった。尊敬できる両親に、いつも気にかけてくれる友達もいる。かつて僕は世界と一体で、完全だった。でも今は違う。ある日、悠里は両親と友達に、湖畔のキャンプに連れ出される。立ち止まったままの悠理には、時間だけが通り過ぎていくように思える。過去に思いを馳せていると、いつの間にか悠理の意識はキャンプ場を離れ、見知らぬところで目を覚ます。そこははるか未来の宇宙船の中。その船は人類の新たな故郷を目指して旅を続ける、巨大な入植船だった。32世紀のユーリとして目覚めた悠理は、自分が誰で、どこにいるのかも分からない。宇宙船から逃げ出した悠理の意識は、宇宙空間を漂い、地球によく似た見知らぬ惑星で目を覚ます。自分そっくりの肉体の中で。奇妙な旅を経て、悠理の意識は再びキャンプ場に戻ってくるが、その世界は自分の知っている世界とは少し違っていた。自分はなぜここにいるのだろう。帰りたい。悠理は自分の世界で、目的地を探そうとする。



ミステリーでSFで多重世界解釈で自分探しで家族愛でタイムトラベルで環境問題で量子力学で
アイデンティティーの問題でクローンでタイムトラベルで泣けました。
オープニングは湖畔のキャンプ、そこで両親は主人公へ離婚の報告、キャンプで時間が淡々と過ぎて行って一体何の話なのだろう?と思っていたところ、悠理が湖で溺死してから大きく動き始めました。
目が覚めた場所は宇宙船、地球が環境破壊で滅亡しており、居住する場所を探しての旅、そこで管理しているアンドロイドのダンがかっこいい。クローン再生の失敗によって変な意識がインストールされてしまったと判断されて宇宙船の外へ廃棄。
次に気がつくと別の惑星の上。。意識だけが並行世界を含む「悠理の体」にはいっているのでした。時間をさかのぼってはちょっとずつ異なる時間と物語を経験、状況は良かったり悪かったり
様々です。家族とのかかわりあいも並行宇宙で試行錯誤している気分になれます。
時間と場所がぐるぐる回ってすこしずつ立ち位置がずれ、そして少しずついろんなことがわかってきて、、、
ものすごくでかい話をしているのに、きっちり舞台の上に収まっているところもすごい。
日常世界から量子力学と多元宇宙まですいっとつながる見事な作品です。

拍手[0回]


題名:ヨーロッパ企画第39回公演「ギョエー! 旧校舎の77不思議」
劇場:関内ホール
日時:2019年9月28日13:00-15:30(途中休憩あり)
料金:前売5000円
座席:1階18列17番(客席後方ほぼセンター)
劇団:ヨーロッパ企画
作・演出=上田誠 音楽=青木慶則
出演=石田剛太 酒井善史 角田貴志 諏訪雅 土佐和成 中川晴樹 永野宗典 本多力
/ 祷キララ 金丸慎太郎 亀島一徳 日下七海 納谷真

オカルト青春コメディー。
前説は先生が学生団体鑑賞への注意をする形で行われました。
マクベスを殺すは剣よりスマホなり、物販買うまでが観劇です!には笑いました。

さて、舞台は旧校舎、新校舎のトラブルにより落ちこぼれ組だけが旧校舎で授業を
受けることに。そこでは怪奇現象が巻き起こるのですが、ほかに場所がないので
オカルトと共存する形で授業を受けます。
ポルターダイストだったり、亡霊でてきたり、モノが動いたり、壁から手が出たり。
落ち武者、日本兵、学生と教師の亡霊、そして水道シンクからはスイマー。
骸骨は踊るし、人体模型は走るし、コンパスは歩くし、黒板消しはおちてきます。

77ネタは出現するたびに舞台後方に掲示とカウント。
言葉の中だけで舞台には表れない怪異や、それって怪異なの?というのもありますが、
一つのステージの中に77もネタを突っ込んだのはさすが。ネタにあたりはずれはあっ
てもいくつかは必ず笑えます。
オチはパラレルワールドもの、私にはアウターリミッツかと思いましたよ。
オカルトでも落ちこぼれでも若いってすばらしい。
それにしても関内ホールでかい。1階だけで800席以上。それを満員にしてしまう
集客力もすばらしいですが、ヨーロッパ企画を遠くからみるのはちょっと辛い。
次は本多劇場で!

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析