忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




題名:2017-2018 カウントダウン寄席
劇場:横浜にぎわい座
日時:2017年12月31日 21:00-24:15(中入りあり)
料金:前売3700円
座席:2階つ列20番(3列目右端)
番組:
  立川志の太郎 素人鰻
  立川志の春  寿限無(英語版)
  ダメじゃん小出 マジック?
  立川晴の輔  動物園
  立川生志   茶の湯
  仲入
  立川志の八  花色木綿
  伝の会    三味線
  立川志の輔  宿屋の富





これもクライマックス寄席に続いて満員。しかし当日券が若干枚出ていたようです。
寿限無(英語版)は初めて聞きました。たしかにこの形式なら英語で聞いても
おかしさが伝わるかも。
ダメじゃんさんはマジック中心にぬるいディア・ハット、そしてテーブルクロス引き。
仲入りではいままでの落語不摂生をかえるべく心を入れ替えてかわら版買いました。
ついでに乾杯用のビールも調達。
志の八さんは初めて、最近落語聞いてないのをあらためて実感。真打昇進おめでとうございます。
伝の会の三味線はもうすこし聞いていたかった。
そして2017年最後の落語は志の輔師匠の「宿屋の冨」。富くじがあたって
右往左往するところが楽しい。もうちょいやってくれるかと思ったら年明けのタイミングを
気にして少しあっさり。
早く終わりすぎたようで師匠は後ほど、もうちょっとあたるところをやっておけば、、と
悔やんでおられました。

さて、カウントダウンからくすだまを割って新年!おめでとうございます!
めずらしいことにカウントダウンから先は写真撮影可となっていました。



その後、新年おめでとうの乾杯!客席ではビールで乾杯!



それからお年玉として噺家さんたちの手ぬぐいが客席に投げ入れられました。
二階席は前座さんがきて投げてました。



二階席の前座さんは私とは反対側にたっていたので、お年玉には全然縁がないだろうと思っていたら、なんと舞台から2階まで手ぬぐいが飛んできました!
志の八師匠ありがとうございました!これから贔屓にします!!





最後は三本締めで終わり。今年も良い年でありますように!!!!!

拍手[2回]

PR


題名:2017クライマックス寄席
劇場:横浜にぎわい座
日時:2017年12月31日17:30-20:00(中入りあり)
料金:前売り3700円
座席:1階さ列8番(後方左より)
番組:
  立川志の彦   (聞けませんでした)
  立川志のぼん   権助魚
  寒空はだか    漫談
  立川生志     看板のピン
  中入り
  松元ヒロ     漫談
  遠峰あこ     歌うアコーディオン弾き
  立川志の輔    三方一両損



青空はだかさんはほんとうにひさびさ。
中トロあてクイズがおもしろい。
歌の途中だけ歌ってその曲を当てさせようというもの。
たとえば「マンボ」 これは「君のひとみは1マンボると」
生志さんは枕で貴乃花をいじったら、客席からよく通る声で異論が。。
客席が冷える、というのを久々に味わいましたよ(^^;)
にぎわい座だと立川流寄席とは違う客層なんですね。
松元ヒロさんは政治ねたをぶっこんできましたが、客席で賛否がわかれる
ネタもうまく昇華。昔はもっと過激じゃありませんでした?
志の輔師匠の三方一両損は初めて聞きました。
噺の中で説明されていたのですが、これは何がおもしろいのかかなり微妙な噺。
でも左官と大工の喧嘩は面白い。
これが事実上の一部。次へと続きます。




拍手[0回]




題名:新・冒険王(Kings of the Road 2002)
劇場:吉祥寺シアター
日時:2015年6月24日19:30-21:40
料金:4000円
座席:4列目なかほど
制作:青年団+第12言語演劇スタジオ(主宰:ソン・ギウン)
共同脚本・共同演出:平田オリザ、ソン・ギウン
出演:
 沢田はじめ(長く旅行している):太田宏 
 副島直人(学生で休学中):森山資邦 
 木下幸太(大学卒業後、ヨーロッパを旅行中):大竹直 
 金隆博(在日韓国人、一年ほど旅行している):佐藤誠 
 植木タケシ(ずっと寝ている):佐藤滋 
 前川さゆり(比較的長く旅行している):村井まどか
 坂本芳雄(比較的長く旅行している):河村竜也 
 矢島育美(ヨーロッパを旅行中、韓国人の彼氏がいる):木引優子
 キャッシー(アルメニア系アメリカ人):ブライアリー・ロング
 キム・スルギ(安宿の客引きをしている):マ・ドゥヨン
 プ・ヒギョン(キム・ミョンファンの母):チョン・ジョンハ
 キム・ミョンファン(ファニ)(兵役前の若い旅行者、日本人の彼女がいる):ペク・ジョンスン
 ユ・ソヨン(スペインに留学してぃたが、奨学金が切れて帰国):チョン・スジ
 キム・インフ(三~四年ほど旅行している):ソン・ミョンギュン
 チャン・ミンジェ(兵役の後、大学に戻る前に旅行している):カン・ヒジェ
 キム・ポミ(オタクの韓国人):パク・ミンジ
舞台美術:杉山至 
照明:三嶋聖子 
衣裳:正金彩

ストーリー:
2002年6月18日、イスタンブールの旧市街にある貧乏旅行者専用の安宿。
その安宿の一室で、日韓のバックパッカーたちが倦怠と喧噪の日々を過
ごしている。2001年の同時多発テロと、それに続くアメリカ軍のアフガ
ニスタン侵攻によって、アジアとヨーロッパを陸路でつなぐバスのルー
トが遮断され、多くのバックパッカーがイスタンブールで足止めを食ら
う結果となったのだ。
この日は、日韓ワールドカップのベスト16の試合日。すでに、この日の
午前中に、日本はトルコに1-0で敗れて、日本人たちは意気消沈している。
おりしも、韓国-イタリア戦が始まり、韓国人たちはテレビのあるロビー
で大騒ぎになっている。世界情勢とは無縁なように見える、両国の若者
たち。ただ、この部屋には、彼らの未来に対する漠然とした不安が漂っ
ている。試合終了は17時、イスタンブールの長い夕暮れが始まろうとし
ている。

日本語・韓国語・英語上演/日本語字幕付き




真ん中に丸テーブル、両側に二段ベッド、テーブルの手前にもベッド。正面が安宿の入り口。
字幕は上方にうつりました。
場所はイスタンブールの日本人中心の安宿、そこは2002年のワールドカップ、韓国ーイタリア戦
で盛り上がっている連中と盛り上がっていない連中をリアルタイムで描きます。
色々な話がそこここで普通に話されており、一度見ただけですべてを理解することははなはだ
困難。同じことを話しているはずなのに妙にずれる、日韓、日トルコ韓、韓国ー在日、
アルメリアートルコーイタリア、日米韓、似ているのに違う、違うのになんとなく同じ、
いろんなことが絡まりあって、知恵熱が出そうなくらい濃い脚本です。
「ドーハの悲劇」を韓国からみると「ドーハの奇跡」、日本とトルコは仲良し、韓国とトルコは
仲良し、でもアルメリアとトルコ、イタリアとトルコは嫌いあい、、アルメリアがはいった
せいでいろいろ相対化されていておもしろい。トルコがやったといわれているアルメリア人虐殺は確かに日本人にはあまり知られてませんよね。911や光州のはなしも。

平田オリザさんがかいたノートには
「日本はまだ、アジア唯一の先進国の地位から滑り落ちたことを受け入れられない。
韓国はまだ、先進国の仲間入りをしたことに慣れていない。
(略)
似ているようで決して同じではない二つの言語が、同時に奏でられ生まれる響きがまた共通点と接点が多いにもかかわらず、異国のつたない言語を通じてコミュニケーションすることで生じる様々な食い違いが、この上なく面白く、楽しいのです。」

ほんとにそのとおり、すごい作品でした。

拍手[0回]




題名:靴みがきと背広の男
劇場:神楽坂セッションハウスガーデン
日時:2015年6月21日14:30-15:15
料金:前売りDM割引2300円
座席:左方客席最前列真ん中付近
劇団:CAVA
作・演出:丸山和彰
出演 
  靴みがき:黒田高秋 
  背広の男:丸山和彰
  迷い人:藤代博之 
  警官:身慎之介 
  女:田中優希子 
ものがたり:
靴みがきが空を見上げると、ビルの窓に背広の男の姿が見えた。
路地にしゃがみ、その日暮らしを楽しむ男。
自身のオフィスで、理想を目指す男。
高さの違う世界に棲みながら、二人は互いにどこかひかれていた。
ある日を境に世界は反転する。
雨の降る夜、背広の男はふいに不運な出来事に巻き込まれてしまい…


マイム公演で一番すきなCAVA.今回はとても小さな箱で堪能。
ただ悲しい結末なのがいまひとつ。すごいうまいこと不幸を表現してるんですけどねー

拍手[0回]



題名:Tetsuya KumakawaK-BALLET COMPANY Climax of 15th Anniversary『海賊』
劇場:神奈川県民ホール
日時:2015年6月20日14:00-16:30(途中休憩あり)
料金:神奈川芸術文化財団賛助会員招待
座席:2階4列57番(2階右手張り出し先)
劇団:K-BALLET COMPANY
出演:
メドーラ:Nina Ananiashvili
コンラッド:遅沢佑介
アリ:井澤諒
グルナーラ:小林美奈
ランケデム:石橋奨也
ビルバント:Nikolay Viyurhanin
サイードパシャ:Stuart Cassidy
物乞い:荒蒔礼子、兼城将
管弦楽:シアター オーケストラ トーキョー 指揮:井田勝大




ひさびさに、N.アナニアシヴィリを拝見。少々ふくよかになってはいますが
優雅な動きは健在でした。
アリはすばしくって目を引きます。
奴隷商人はかっこよくて余裕たっぷりにジャンプ。
物乞い少女コミカルで楽しい。
なんどみても海賊は楽しい。



拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析