忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
題名:どこまでも世界
劇場:神奈川芸術劇場大スタジオ  
日時:2020年3月1日17:00-18:20
料金:早期割引3000円
座席:3列目中ほど
劇団:カンパニーデラシネラ
演出 小野寺修二
出演 大庭裕介、崎山莉奈、藤田桃子、小野寺修二
照明 吉本有輝子(真昼)
音響 池田野歩
美術 杉山至
舞台監督 橋本加奈子、鈴木章友

久々のカンパニーデラシネラ、魔術的なマイムを期待して見に来ました。
オープニングは人が扉からはいっては出ていき、そしてまた入っては出ていき。。
マイムからダンスに寄り添うようになったのかな?という雰囲気で始まりました。
4人が様々な役どころを演じ、物語はなんとなくつながっているようなそうで
ないような。。
帽子と鞄のスティール?3人でくるくるいれかわり、
散髪屋で鏡の外と中、そして違う場所でハサミを使い始め、客がハサミに
併せて動いちゃうところ、レストランでの食事なのだけど給仕があらぬ方向に
サーブするのをおっかけるドタバタとか、期待したようなシーンも数々あったの
ですが、全般的にはマイム薄めのダンス濃いめだった雰囲気。

拍手[0回]

PR
題名:ジゼル
劇場:東京文化会館 大ホール
日時:2020年2月29日18:05-20:10(途中休憩あり)
料金:S席26000円
座席:1階14列7番
劇団:パリ・オペラ座バレエ団
台本:テオフィル・ゴーティエ、ジュール=アンリ・ヴェルノワ・ド・サン=ジョルジュ
音楽:アドルフ・アダン
振付:ジャン・コラーリ、ジュール・ペロー(1841)
改訂振付:マリウス・プティパ(1887)、パトリス・バール、ユージン・ポリャコフ(1991)
装置:アレクサンドル・ブノワ
装置製作:シルヴァノ・マッティ
衣裳:アレクサンドル・ブノワ
衣裳製作:クローディ・ガスティーヌ
演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
指揮:ベンジャミン・シュワルツ
出演:
ジゼル:ドロテ・ジルベール
アルブレヒト:マチュー・ガニオ
ヒラリオン:オドリック・ベザール
~第1幕~
ウィルフリード(アルブレヒトの従者):アドリアン・ボデ
ベルタ(ジゼルの母):ニノン・ロー
クールランド大公:ヤン・シャイユー
バチルド姫:エミリー・アスブン
ペザント・パ・ド・ドゥ:マリーヌ・ガニオ、フランチェスコ・ミュラ
ジゼルの友人:ナイス・デュボスク、エレオノール・ゲリノー、ビアンカ・スクダモア、ポリーヌ・ヴェルデュザン、
セリア・ドゥルーイ、アンブル・シアルコッソ、ジュリア・コーガン、アメリ・ジョアニデス
~第2幕~
ミルタ(ウィリの女王):オニール八菜
ドゥ・ウィリ:エレオノール・ゲリノー、ポリーヌ・ヴェルデュザン

第一印象は、みんなでかい、頭小さくて手足長くて同じ人間とは思えません。
その手足を縦横無尽に扱うのでとてもダイナミック。とくに30人近い群舞は圧巻。
1幕の群舞はどれを見ても楽しく、わくわくします。
ジゼルは素晴らしい。まるで氷の上を滑っているかのような滑らかな動き。
アルブレヒトはほんとに高貴、イケメンの二股野郎w
ヒラリオンは嫉妬に狂った残念な男を具現化。
男たちはみな高く軽やかにとんでくれます。空中でのピルエットもほんときれい。
とてもかわいく動いていたジゼルが、二股掛けられてたことがわかった後の
変わりようがすごい。立ってるだけなのに、それまでと全然違う放心状態。
本当にまるで別人。そこから狂っていく様が泣けました。

二幕は暗い、明るい背景の一幕とはうって変わって暗い場面。夜目だと
視力が劣悪になる私にはきびしい環境(涙)そして雰囲気もずんと暗い。
その中をポワントで滑るように出てくる女王、スモーク炊いていたのでほんとに
滑ってるように見えました。顔を隠して妖精たちが登場、隠していたショールが
ぱっと取れて顔がみえると、そこで妖精が突然出現したみたい。
白い衣装での30人近くの群舞は大迫力。それに対比してジゼルとアルブレヒトの
デュオはめちゃくちゃ儚げで寒気がしました。
宙を漂うようだが貫禄のある女王、そして本当に冥界のはざまを漂っているような
ジゼルの対比がおもしろい。アルブレヒトはとことん速い・高い。
ジゼルは最後は許した??バレエでは男は添え物だと強く感じる二幕でしたね。
とにかくみんなダイナミックでかっこいい!

拍手[0回]


題名:むくめく む
劇場:シアタートラム
日時:2020年2月28日15:00-16:10
料金:プレビュー公演2800円
座席:右手2列目
【演出・振付】関かおり 
【振付助手】後藤ゆう
【出演】内海正考 後藤ゆう 酒井和哉 清水駿 杉本音音 髙宮梢 ほか
解説:
【むくめく】:蠢くの古語、蠢動。
【むく】:剥く。捲る。
【めく】:そのような状態になる。それに似たようす。
【め】:芽、始まり。
【む】:むす(産む)、自然に発生するに通ずる。神代語で生命の始まり。


地面は砂、それにすこし毛皮みたいななにか、どこかの禅寺の庭園みたい。
キャストはのっぺりしたコスチュームに一部毛皮っぽいものをつけています。
開幕のシーンは、博物館の原始人の展示かと思いましたよ。
様々な姿でで固まっているキャストが砂の上に立ったり、寝たりしています。
そして緩やかに動いていく。それも複雑に絡み合いながらゆっくり。
音楽らしい音楽もかからず、ほとんどが無音。そして時々雨などの環境音
みたいなもの。文字通り不思議な踊りを見ている気分。
まるでサンダーバードのような歩き方で出てきたり、逆立ちしたり、転がったり。
動く枯山水というのがあったらこんなものかも?と思ってみてました。
ひょっとして彼らは蟲??ということに思い当たったのは公演が始まって
だいぶたったころでした。これから先何が起きるんだろう?と思わせる。
いろんなものが不思議に絡み合う不思議な世界でした。

拍手[0回]


題名:絢爛豪華 祝祭音楽劇「天保十二年のシェイクスピア」
劇場:日生劇場
日時:2020年2月24日12:30-16:05(途中休憩あり)
料金:S席13500円
座席:1階L列31番(1階真ん中上手)
作:井上ひさし
音楽・音楽監督:宮川彬良
演出:藤田俊太郎
振付:新海絵理子
STORY:
 江戸の末期、天保年間。下総国清滝村の旅籠を取り仕切る鰤の十兵衛は、老境に入った自分の跡継ぎを決めるにあたり、三人の娘に対して父への孝養を一人ずつ問う。腹黒い長女・お文と次女・お里は美辞麗句を並べ立てて父親に取り入ろうとするが、父を真心から愛する三女・お光だけは、おべっかの言葉が出てこない。十兵衛の怒りにふれたお光は家を追い出されてしまう。
 月日は流れ、天保十二年。跡を継いだお文とお里が欲のままに骨肉の争いを繰り広げている中、醜い顔と身体、歪んだ心を持つ佐渡の三世次が現れる。謎の老婆のお告げに焚き付けられた三世次は、言葉巧みに人を操り、清滝村を手に入れる野望を抱くようになる。そこにお文の息子 ・きじるしの王次が父の死を知り、無念を晴らすために村に帰ってくる―。
出演:
佐渡の三世次:高橋一生
きじるしの王次:浦井健治
お光/おさち:唯月ふうか
鰤の十兵衛:辻萬長
お文:樹里咲穂
お里:土井ケイト
よだれ牛の紋太/蝮の九郎治:阿部 裕
小見川の花平:玉置孝匡
尾瀬の幕兵衛:章平
佐吉:木内健人
浮舟太夫/お冬:熊谷彩春
清滝の老婆/飯炊きのおこま婆:梅沢昌代
隊長:木場勝己
新川將人 妹尾正文
田川景一 丹宗立峰 出口雅敏 山野靖博
可知寛子 白木美貴子 鈴木結加里 般若愛実 福田えり 武者真由 森 加織


----------------
両側に縦に字幕。
場面ごとのタイトルが出ているようです。
装置は二階建ての木造、二つに分かれてぐるぐりまわります。

まずは「前口上」狂言回しがでてきて釈台の上で口上、というか前説。
シェイクスピア+天保水滸伝(講釈)を組み合わせてできた物語だとのこと。
舞台の後方にバンド、オープニングシーンは「シェイクスピアがいなかったら」
これってミュージカルですよね?
まずはわかりやすい、リア王ならぬ鰤の十兵衛が三人の娘に質問するシーンから。
美辞麗句が飛び交う中、内心を客に向かって語らせてわかりやすい。
老婆がでてきて王になる予言はするわ、息子の王子ならぬ王次がでてきて
尼寺へ行けと語るわ、随所にシェイクスピアがちりばめられてます。
惚れ薬使うのは真夏の夜の夢?十兵衛の長女と次女の抗争がロミジュリで、
三女は捨て子で実は双子、ということは間違いの喜劇?
こういうドタバタ劇が昭和歌謡風の歌でつづられるのです。
そして「賭場の場のボサノバ」、という歌が妙に耳に残ってます。
主演の三世次は色んな役どころの主演を引き受けて大忙し!お光/おさちは歌い
始めるとひかりますねえ。ひとり二役で早変わりががんがんでてきます。
最初から死ぬまで能天気で派手なのが王次。他のキャストとテンションが違いすぎます。
それにしても人が死ぬ死ぬ。2幕目は冒頭から死にっぱなし。それを
花見の席でやるのですから明るく死んでいきます。
舌先三寸を武器に人が死ぬたびに出世する三世次。よくぞまあいろんなものを
組み合わせて物語にしたものです。
エンディングは再度「シェイクスピアがいなかったら」、ミュージカルですよね、これ?
これはシェイクスピア全部入りの脚本だそうで、とても全部はわかりませんでした。
マクベス、オセロー、ロミジュリ、リア王、間違いの喜劇はわかりやすいのですが、
他はなかなか難しいということで井上ひさしの解説本を予約しました。



拍手[0回]

題名:小林賢太郎演劇作品『うるう』
劇場:神奈川芸術劇場
日時:2020年2月22日14:00-16:00
料金:S席7000円
座席:2階A1列20番(2階最前列ほぼセンター)
作・演出・出演:小林賢太郎
演 奏:徳澤青弦
主催:TBSラジオ
企画制作:スタジオコンテナ

ネタバレあり。

さすがです、2時間ひとりだけで話して全然飽きさせない。うるうおばけの物語。
一人芝居にチェロの演奏付き。
背景は木の大きな市松模様のボード、真ん中に扉、ときどきパペットが参加。
ボード上に画像や映像が投射されていました。
森の中で一人で暮らしている ヨイチ のところにたまたま
マジルが出くわします。最初は罠にかかって食べられる?、食べません。
というやりとりだけで笑わせてくれます。間がとても良い。
ヨイチの生い立ちは、いつもはみ出し者、二人三脚だと一人余る、から始まって
何をやってもひとり余る。
マジルもよく余る、でもそっちは司会者をしたり、オルガンをひいたり、めだつことばかり。
最初はマジルを追い返していたヨイチですが、じきにマジルが来るのを待つようになります。
こういう話をしているうちに本当にマジルがそこにいるように思えてきました。
さりげなく入るマイム(すごい精度)が非常に効果的に私の想像力をかきたててくれます。
仲間外れになるヨイチは、森は数えない、から森に棲んでいるということ。
サイドストーリーもあるのですが、その一人語りにも思わず引き込まれます。
マジルの友達がせめてくる?ときにうるうお化けの扮装をして追い返しちゃいます。
そしてなぜ森に住むのか、本当の理由が最後に明かされます。2月29日生まれのヨイチは
父親の実験の犠牲?になり4年に一度しか生物学的に歳をとらなくなっていたのです。
何年か経つと住んでいる土地を離れる必要があり、、とうとう人眼を避けて森にすみ着いて
いたのでした。ポーの一族状態ですね。
そして40年後、同い年になったマジルとヨイチが再開。。泣けました。
一人芝居ですが、音楽、映像、パペット、その他装置のすべてが組み合わさって
とても良い空間を醸し出していました。これ、うるう日に見たい。


拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析