忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




題名:新・冒険王(Kings of the Road 2002)
劇場:吉祥寺シアター
日時:2015年6月24日19:30-21:40
料金:4000円
座席:4列目なかほど
制作:青年団+第12言語演劇スタジオ(主宰:ソン・ギウン)
共同脚本・共同演出:平田オリザ、ソン・ギウン
出演:
 沢田はじめ(長く旅行している):太田宏 
 副島直人(学生で休学中):森山資邦 
 木下幸太(大学卒業後、ヨーロッパを旅行中):大竹直 
 金隆博(在日韓国人、一年ほど旅行している):佐藤誠 
 植木タケシ(ずっと寝ている):佐藤滋 
 前川さゆり(比較的長く旅行している):村井まどか
 坂本芳雄(比較的長く旅行している):河村竜也 
 矢島育美(ヨーロッパを旅行中、韓国人の彼氏がいる):木引優子
 キャッシー(アルメニア系アメリカ人):ブライアリー・ロング
 キム・スルギ(安宿の客引きをしている):マ・ドゥヨン
 プ・ヒギョン(キム・ミョンファンの母):チョン・ジョンハ
 キム・ミョンファン(ファニ)(兵役前の若い旅行者、日本人の彼女がいる):ペク・ジョンスン
 ユ・ソヨン(スペインに留学してぃたが、奨学金が切れて帰国):チョン・スジ
 キム・インフ(三~四年ほど旅行している):ソン・ミョンギュン
 チャン・ミンジェ(兵役の後、大学に戻る前に旅行している):カン・ヒジェ
 キム・ポミ(オタクの韓国人):パク・ミンジ
舞台美術:杉山至 
照明:三嶋聖子 
衣裳:正金彩

ストーリー:
2002年6月18日、イスタンブールの旧市街にある貧乏旅行者専用の安宿。
その安宿の一室で、日韓のバックパッカーたちが倦怠と喧噪の日々を過
ごしている。2001年の同時多発テロと、それに続くアメリカ軍のアフガ
ニスタン侵攻によって、アジアとヨーロッパを陸路でつなぐバスのルー
トが遮断され、多くのバックパッカーがイスタンブールで足止めを食ら
う結果となったのだ。
この日は、日韓ワールドカップのベスト16の試合日。すでに、この日の
午前中に、日本はトルコに1-0で敗れて、日本人たちは意気消沈している。
おりしも、韓国-イタリア戦が始まり、韓国人たちはテレビのあるロビー
で大騒ぎになっている。世界情勢とは無縁なように見える、両国の若者
たち。ただ、この部屋には、彼らの未来に対する漠然とした不安が漂っ
ている。試合終了は17時、イスタンブールの長い夕暮れが始まろうとし
ている。

日本語・韓国語・英語上演/日本語字幕付き




真ん中に丸テーブル、両側に二段ベッド、テーブルの手前にもベッド。正面が安宿の入り口。
字幕は上方にうつりました。
場所はイスタンブールの日本人中心の安宿、そこは2002年のワールドカップ、韓国ーイタリア戦
で盛り上がっている連中と盛り上がっていない連中をリアルタイムで描きます。
色々な話がそこここで普通に話されており、一度見ただけですべてを理解することははなはだ
困難。同じことを話しているはずなのに妙にずれる、日韓、日トルコ韓、韓国ー在日、
アルメリアートルコーイタリア、日米韓、似ているのに違う、違うのになんとなく同じ、
いろんなことが絡まりあって、知恵熱が出そうなくらい濃い脚本です。
「ドーハの悲劇」を韓国からみると「ドーハの奇跡」、日本とトルコは仲良し、韓国とトルコは
仲良し、でもアルメリアとトルコ、イタリアとトルコは嫌いあい、、アルメリアがはいった
せいでいろいろ相対化されていておもしろい。トルコがやったといわれているアルメリア人虐殺は確かに日本人にはあまり知られてませんよね。911や光州のはなしも。

平田オリザさんがかいたノートには
「日本はまだ、アジア唯一の先進国の地位から滑り落ちたことを受け入れられない。
韓国はまだ、先進国の仲間入りをしたことに慣れていない。
(略)
似ているようで決して同じではない二つの言語が、同時に奏でられ生まれる響きがまた共通点と接点が多いにもかかわらず、異国のつたない言語を通じてコミュニケーションすることで生じる様々な食い違いが、この上なく面白く、楽しいのです。」

ほんとにそのとおり、すごい作品でした。

拍手[0回]

PR



題名:靴みがきと背広の男
劇場:神楽坂セッションハウスガーデン
日時:2015年6月21日14:30-15:15
料金:前売りDM割引2300円
座席:左方客席最前列真ん中付近
劇団:CAVA
作・演出:丸山和彰
出演 
  靴みがき:黒田高秋 
  背広の男:丸山和彰
  迷い人:藤代博之 
  警官:身慎之介 
  女:田中優希子 
ものがたり:
靴みがきが空を見上げると、ビルの窓に背広の男の姿が見えた。
路地にしゃがみ、その日暮らしを楽しむ男。
自身のオフィスで、理想を目指す男。
高さの違う世界に棲みながら、二人は互いにどこかひかれていた。
ある日を境に世界は反転する。
雨の降る夜、背広の男はふいに不運な出来事に巻き込まれてしまい…


マイム公演で一番すきなCAVA.今回はとても小さな箱で堪能。
ただ悲しい結末なのがいまひとつ。すごいうまいこと不幸を表現してるんですけどねー

拍手[0回]



題名:Tetsuya KumakawaK-BALLET COMPANY Climax of 15th Anniversary『海賊』
劇場:神奈川県民ホール
日時:2015年6月20日14:00-16:30(途中休憩あり)
料金:神奈川芸術文化財団賛助会員招待
座席:2階4列57番(2階右手張り出し先)
劇団:K-BALLET COMPANY
出演:
メドーラ:Nina Ananiashvili
コンラッド:遅沢佑介
アリ:井澤諒
グルナーラ:小林美奈
ランケデム:石橋奨也
ビルバント:Nikolay Viyurhanin
サイードパシャ:Stuart Cassidy
物乞い:荒蒔礼子、兼城将
管弦楽:シアター オーケストラ トーキョー 指揮:井田勝大




ひさびさに、N.アナニアシヴィリを拝見。少々ふくよかになってはいますが
優雅な動きは健在でした。
アリはすばしくって目を引きます。
奴隷商人はかっこよくて余裕たっぷりにジャンプ。
物乞い少女コミカルで楽しい。
なんどみても海賊は楽しい。



拍手[0回]



今回見たものはだいたい上の写真に写ってます。
ストレートプレイはCurious Incident がさらっていきましたね。
ミュージカルは Fun Homeと King&Iの勝ち。
Hand to God と Something Rotten!にもっと取ってほしかったのだけれど
相手が悪かったというところでしょうか。
さて来年はどうなるかな?どうもお疲れ様でした。

Here is the tally of the winners:
Fun Home: 5
The Curious Incident of the Dog in the Night-Time: 5
An American in Paris: 4
The King and I: 4
The Audience: 2
Something Rotten!: 1
You Can't Take It With You: 1
Wolf Hall Parts 1 & 2: 1
Skylight: 1.

Complete nominations follow. Winners are marked with an asterisk (*):

Best Lighting Design of a Play

* Paule Constable, The Curious Incident of the Dog in the Night-Time
Paule Constable and David Plater, Wolf Hall Parts One & Two
Natasha Katz, Skylight
Japhy Weideman, Airline Highway

Best Lighting Design of a Musical

Donald Holder, The King and I
* Natasha Katz, An American in Paris
Ben Stanton, Fun Home
Japhy Weideman, The Visit


Best Performance by an Actress in a Leading Role in a Play

Geneva Carr, Hand to God
* Helen Mirren, The Audience
Elisabeth Moss, The Heidi Chronicles
Carey Mulligan, Skylight
Ruth Wilson, Constellations

Best Performance by an Actor in a Featured Role in a Play

Matthew Beard, Skylight
K. Todd Freeman, Airline Highway
* Richard McCabe, The Audience
Alessandro Nivola, The Elephant Man
Nathaniel Parker, Wolf Hall Parts One & Two
Micah Stock, It’s Only a Play


Best Book of a Musical

An American in Paris
Craig Lucas

* Fun Home
Lisa Kron

Something Rotten!
Karey Kirkpatrick and John O’Farrell

The Visit
Terrence McNally


Best Original Score (Music and/or Lyrics) Written for the Theatre

* Fun Home
Music: Jeanine Tesori
Lyrics: Lisa Kron

The Last Ship
Music & Lyrics: Sting

Something Rotten!
Music & Lyrics: Wayne Kirkpatrick and Karey Kirkpatrick

The Visit
Music: John Kander
Lyrics: Fred Ebb

Best Play

* The Curious Incident of the Dog in the Night-Time
Disgraced
Hand to God
Wolf Hall Parts One & Two

Best Musical

An American in Paris
* Fun Home
Something Rotten!
The Visit

Best Revival of a Play

The Elephant Man
* Skylight
This Is Our Youth
You Can’t Take It with You

Best Revival of a Musical

* The King and I
On the Town
On the Twentieth Century

Best Performance by an Actor in a Leading Role in a Play

Steven Boyer, Hand to God
Bradley Cooper, The Elephant Man
Ben Miles, Wolf Hall Parts One & Two
Bill Nighy, Skylight
* Alex Sharp, The Curious Incident of the Dog in the Night-Time

Best Performance by an Actress in a Leading Role in a Musical

Kristin Chenoweth, On the Twentieth Century
Leanne Cope, An American in Paris
Beth Malone, Fun Home
* Kelli O’Hara, The King and I
Chita Rivera, The Visit

Best Performance by an Actor in a Leading Role in a Musical

* Michael Cerveris, Fun Home
Robert Fairchild, An American in Paris
Brian d’Arcy James, Something Rotten!
Ken Watanabe, The King and I
Tony Yazbeck, On the Town


Best Performance by an Actress in a Featured Role in a Play

* Annaleigh Ashford, You Can’t Take It with You
Patricia Clarkson, The Elephant Man
Lydia Leonard, Wolf Hall Parts One & Two
Sarah Stiles, Hand to God
Julie White, Airline Highway


Best Performance by an Actor in a Featured Role in a Musical

* Christian Borle, Something Rotten!
Andy Karl, On the Twentieth Century
Brad Oscar, Something Rotten!
Brandon Uranowitz, An American in Paris
Max von Essen, An American in Paris

Best Performance by an Actress in a Featured Role in a Musical

Victoria Clark, Gigi
Judy Kuhn, Fun Home
Sydney Lucas, Fun Home
* Ruthie Ann Miles, The King and I
Emily Skeggs, Fun Home

Best Scenic Design of a Play

* Bunny Christie and Finn Ross, The Curious Incident of the Dog in the Night-Time
Bob Crowley, Skylight
Christopher Oram, Wolf Hall Parts One & Two
David Rockwell, You Can’t Take It with You

Best Scenic Design of a Musical

* Bob Crowley and 59 Productions, An American in Paris
David Rockwell, On the Twentieth Century
Michael Yeargan, The King and I
David Zinn, Fun Home

Best Costume Design of a Play

Bob Crowley, The Audience
Jane Greenwood, You Can’t Take It with You
* Christopher Oram, Wolf Hall Parts One & Two
David Zinn, Airline Highway

Best Costume Design of a Musical

Gregg Barnes, Something Rotten!
Bob Crowley, An American in Paris
William Ivey Long, On the Twentieth Century
* Catherine Zuber, The King and I

Best Direction of a Play

Stephen Daldry, Skylight
* Marianne Elliott, The Curious Incident of the Dog in the Night-Time
Scott Ellis, You Can’t Take It with You
Jeremy Herrin, Wolf Hall Parts One & Two
Moritz von Stuelpnagel, Hand to God


Best Direction of a Musical

* Sam Gold, Fun Home
Casey Nicholaw, Something Rotten!
John Rando, On the Town
Bartlett Sher, The King and I
Christopher Wheeldon, An American in Paris


Best Choreography

Joshua Bergasse, On the Town
Christopher Gattelli, The King and I
Scott Graham & Steven Hoggett for Frantic Assembly, The Curious Incident of the Dog in the Night-Time
Casey Nicholaw, Something Rotten!
* Christopher Wheeldon, An American in Paris


Best Orchestrations

* Christopher Austin, Don Sebesky, Bill Elliott, An American in Paris
John Clancy, Fun Home
Larry Hochman, Something Rotten!
Rob Mathes, The Last Ship

Recipients of Awards and Honors in Non-competitive Categories

Special Tony Award for Lifetime Achievement in the Theatre
Tommy Tune

Special Tony Award
John Cameron Mitchell

Regional Theatre Tony Award
Cleveland Play House, Cleveland, Ohio

Isabelle Stevenson Tony Award
Stephen Schwartz

Tony Honors for Excellence in the Theatre
Arnold Abramson
Adrian Bryan-Brown
Gene O’Donovan

Excellence in Theatre Education Award
Corey Mitchell


Tony Nominations by Production

An American in Paris - 12
Fun Home - 12
Something Rotten! - 10
The King and I - 9
Wolf Hall Parts One & Two - 8
Skylight - 7
The Curious Incident of the Dog in the Night-Time - 6
Hand to God - 5
On the Twentieth Century - 5
The Visit - 5
You Can’t Take It with You - 5
Airline Highway - 4
The Elephant Man - 4
On the Town - 4
The Audience - 3
The Last Ship - 2
Constellations - 1
Disgraced - 1
Gigi - 1
The Heidi Chronicles - 1
It’s Only a Play - 1
This Is Our Youth - 1

(http://www.playbill.com/news/article/fun-home-curious-incident-kelli-ohara-helen-mirren-michael-cerveris-alex-sharp-top-69th-annual-tony-awards-350681 からの引用)

拍手[0回]





題名:Hand to God
劇場:Booth Theatre
日時:2015年6月7日15:00-17:00(途中休憩あり)
料金:TKTS 75.5USD+ TKTS手数料4.5USD
座席:ORCH BB104(1階2列目センター)
Cast List:
Steven Boyer - JASON/TYRONE
Geneva Carr - MARGERY
Marc Kudisch - PASTOR GREG
Sarah Stiles - JESSICA
Michael Oberholtzer - TIMMY

Production Credits:
Moritz von Stuelpnagel (Direction)
Beowulf Boritt (Scenic Design)
Sydney Maresca (Costume Design)
Jason Lyons (Lighting Design)
Jill BC Du Boff (Sound Design)
Marte Johanne Ekhougen (Puppet Design)

Other Credits:
Written by: Robert Askins

Synopsis:
The good children of Cypress, Texas are taught to obey the Bible in
order to evade Satan’s hand. But when students at the Christian Puppet
Ministry put those teachings into practice, one devout young man’s
puppet takes on a shocking personality that no one could have expected.

The uproarious and provocative HAND TO GOD centers on shy, inquisitive
student Jason, who finds an outlet for his burgeoning creativity at
the Christian Puppet Ministry in the devoutly religious, relatively
quiet small town of Cypress, Texas. Jason’s complicated relationships
with the town pastor, the school bully, the girl next door and—most
especially—his mother are thrown into further upheaval when Jason’s
hand puppet, Tyrone, takes on a shocking and dangerously irreverent
personality all its own. HAND TO GOD explores the startlingly fragile
nature of faith, morality and the ties that bind us. The New York Daily
News says, “HAND TO GOD is bound to leave you sore from laughing.
It can’t be outdone—and shouldn’t be missed.”





1階席ほぼ満員。TKTSで2列目センターが出てきました。20分並んだかな。
床が目のたかさなので多少見づらいですが、まあ問題なし。
舞台はどこかの教室のよう、懺悔室らしき場所あり。
Flying high for Jesus、The LORD is my Shepherd というポスターあり。
懺悔室の幕が開くと人形が前口上、これまたダークで笑いがでます、
そして日曜学校の人形劇の練習から物語が始まります。
主人公は気弱なんですが、左手のマペットを1日中つけており、それが
まるで生きているかのよう。別に腹話術をしているわけではないのですが、
独自の命があるようにみえてきます。
そのマペットが勝手に彼女に暴言はいておもわずたたきつけ、、、
そうこうするうちに母親は友人とできてしまい、そこのシーンがワイルドで凄い。
人形劇をするとよくないことが起きると主張しますが、母親によって続けるように
強制され、口から人形をやぶってしまいます。
まるでゾンビみたいな形になった人形にベッドの上で起こされ、そこからの一人芝居
*ひとりと一匹*が鬼気迫る演技。。
本当に左手が別に生きていて勝手に意識をもって、主人公の暗黒面が表面化したみたい、。
舞台はくるりと回って教会から外のブランコ、そして車中へと展開します。
母親と寝た友人の耳を、マペットが食いちぎってしまって1幕おわり。
どうなるかどきどき!壮絶な演技です。もうぐずぐずで壮絶、。
これ主演男優賞でもおかしくない。やっぱり笑いにはついていけないところあり。
2幕は別室で耳を縫い合わせるところから始まりました。
元の部屋に戻ると、そこは人形地獄? 人形が刺されたり血塗られたり、
怪しい記号がかかれていたり、いかにも悪魔憑きがやったよう。
悪魔祓いをしに来ますがもちろん返り討ちにあいかけ、、またまた閉じ込めたままで
別室でこれまたあれやこれやお母さん大奮闘、神経衰弱ギリギリの人たち、でもこちら
側にいるだけにより一層すごさが伝わってくるといった感じ。
窓から主人公が思いを寄せていた彼女がグラマラスな人形と一緒に侵入。
譜面台の上でくんずほぐれつ始めてしまいます。
譜面台の上では前戯から始まって体位を変えてと、すごくエネルギッシュに
やっているのに、パペットを扱っている人間のほうは本当につまらなそうに
やっているギャップがすごい。お子様には見せられないシーンです
とうとうパペットに反抗した主人公は乱闘の末、パペットを脱ぎ捨てることに成功、
しかし白い布を手にかけてふいていると、ふたたび手が襲ってきて、、、
それを止めるためにハンマーで自分の左手を強打、最後にはくぎ抜きのほうで
強打しようとしたところ母親が止めて代わりに母親の手を強打。
みんな血みどろになって幕。。。
かと思ったら、そこから大きなパペットが出てきて一人語りが始まりました。
かなーり怖い終わり方でした。万人にはすすめられませんが、よくできた後味悪い
芝居を見たいという方におすすめです!
TONYのどれかとってくれないかなーーと願ったのですがだめでしたね。
それにしてもキャスト全員がテンションすごく高くて、血管ブチ切れそうでしたよ。
ほんとにダークで濃密な空間でした。
2時間があっという間に過ぎてしまいました。






拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析