忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

題名:夏休みの友だち
劇場:萬劇場
日時:2019年8月30日14:00-15:35
料金:当日3800円
座席:T字舞台の前方右側
劇団:ハグハグ共和国
作・演出:
出演:月野原りん、宇田奈央子、中村和之、戸塚まるか、窪田悠紀子、生粋万鈴、小松聖矢、ちあき、鈴木啓子

萬劇場はひさびさ。ネタバレあり。
舞台はT字型、Tの先が通路につながっていて真ん中に花道がある形です。
最初にびっくりしたこと。まず人物が多い!小さな舞台に20人以上が登場!そして年齢差がかなり
ありますよね。皆が出ているオープニングは圧巻。なんかぎゅっと詰められたかんじ。
開演前に「まだ始まってません」といいながらキャストが物販かねて歌、かなり聞かせます。C
舞台は林間学校、高台みたいなところと山小屋。
そこにアマチュア無線で呼ばれた50代のおじさんおばさんが訪れるところから物語が始まりました。
彼らは町の小学校の同級生で、この山小屋での林間学校に参加していたのです。でもその頃の記憶がみんな曖昧。
当時の情景と現在が交差する形で物語が進みます。おじさんおばさんに対応する子供たちが舞台上に出現し、
林間学校らしい活動が繰り広げられます。そして、火山の噴火に皆が巻き込まれ、、、町の子供たちだけ
からくも生き残ったことから当時の記憶を失ったらしいことがわかります。
昔の記憶と現在と、そして何かを取り戻す、どれが現実でどれが夢でどれが記憶なのかよくわからない状態
で幕となります。火山噴火による死者と生き残った者との交流とでもいいましょうか、赤い鳥逃げたを思い
出してしまった。最後のところ、実際はどうなったのかとてもわかりにくいのですが、それも作者の意図のようです。
帰りに物販で演出ノートを買いました。やはりエンディングはわざとごたまぜの曖昧にしているようです。



拍手[1回]

PR

題名:王様と私
劇場:東急シアターオーブ
日時:2019年7月14日17:00-19:55(途中休憩あり)
料金:SS席19000円
座席:1階1列20番(最前列センター)
URL: http://thekingandi2019.jp/
出演:
   アンナ:ケリー・オハラ
   王様:渡辺謙
   チャン夫人:ルーシー・アン・マイルズ
   首相:大沢たかお

ケリーと謙の素晴らしいコンビを堪能。
来日公演として最高レベルに近い作品の出来。もう一度みたい。
チャン夫人の歌と立ち居振る舞いもとても迫力があった。さすがTONY助演女優賞。
首相も場になじんでいてかなりよかった。大沢王様も見てみたかった。
照明も衣装もすばらしく、異世界を舞台の上に形作っていました。
船のでかいセットはブロードウェイとほぼ同じ?
でも舞台奥行きの使い方は日本のほうがちょっとせまいような。
演出はきっと昔とだいぶ違っていて今様になっているのでしょうが、
やっぱり王様がだめになっていくストーリーに見えてしまいました。

拍手[0回]



題名:かなっく寄席3「ひな祭り小朝の会」
劇場:かなっくホール
日時:2018年3月3日13:00-
料金:4000円
座席:あ列4番
番組:
   春風亭一花  たらちね
   春風亭ぴっかり 権助提灯
   林家あずみ  三味線漫談
   春風亭小朝  抜け雀


目の前で小朝師匠の人情噺を堪能しました。
  

拍手[0回]



題名:新宿末広亭正月初席第二部
日時:2018年1月3日14:30-17:30(14:45ごろからききました)
劇場:新宿末広亭
料金:3500円
座席:前半右後方立ち見、仲入り後G8(中央)
番組
第二部
(14時30分~17時30分)
落語 桂 翔丸
落語 三遊亭 遊馬
紙切 林家今丸
ーーここから聞きましたーー
講談 神田 紅  黒田節
落語 三遊亭春馬 
コント チャ-リ-カンパニ-
落語 三笑亭 可楽 漫談
中継前説 桂 翔丸
ーNHK中継開始ー
漫才 ナイツ   将棋尽くし?
奇術 山上兄弟  ロープマジック等
落語 春風亭昇太 看板のピン
ーNHK中継終了ー
落語 三遊亭 小遊三 髪結い床
-お仲入り-
落語 三笑亭 夢花 漫談(放送おして持ち時間が2分)
落語 桂 歌助 お父さんは出張中+踊り(奴さん、姉さん)
落語 桂 幸丸 年賀状漫談
落語 桂 米助  ねこと金魚
奇術 松旭斎小天華  マジック
落語 桂 竹丸 西郷どんの物語

TVの生中継いりでした。大入り満員。
TVの時間厳守ということでさくさくとすすみました。
翔丸さんは拍手のしかた解説。
ナイツは将棋ねた、めっちゃ短い。これがTVサイズ?
山上兄弟はイケメンコンビのマジシャン、これもさくさくとすすみます。
昇太師匠はめちゃテンション高い看板のピン、やはり派手なものがTV受けするんでしょうか。
TV中継がおわるとうってかわってゆっくりした流れに。でも時間はおしていたのでしたw
仲入り後のほうが雰囲気としてはよかったですね。のんびり流れる時間でぼーっと見てるのが好き。
ちょっと残念だったのはトリが代演、予定の歌丸師匠は今日から休演となりました。
でも竹丸師匠の噺はけっこうおもしろく、お正月の寄席らしい雰囲気にひたれましたね。






拍手[0回]




題名:2017-2018 カウントダウン寄席
劇場:横浜にぎわい座
日時:2017年12月31日 21:00-24:15(中入りあり)
料金:前売3700円
座席:2階つ列20番(3列目右端)
番組:
  立川志の太郎 素人鰻
  立川志の春  寿限無(英語版)
  ダメじゃん小出 マジック?
  立川晴の輔  動物園
  立川生志   茶の湯
  仲入
  立川志の八  花色木綿
  伝の会    三味線
  立川志の輔  宿屋の富





これもクライマックス寄席に続いて満員。しかし当日券が若干枚出ていたようです。
寿限無(英語版)は初めて聞きました。たしかにこの形式なら英語で聞いても
おかしさが伝わるかも。
ダメじゃんさんはマジック中心にぬるいディア・ハット、そしてテーブルクロス引き。
仲入りではいままでの落語不摂生をかえるべく心を入れ替えてかわら版買いました。
ついでに乾杯用のビールも調達。
志の八さんは初めて、最近落語聞いてないのをあらためて実感。真打昇進おめでとうございます。
伝の会の三味線はもうすこし聞いていたかった。
そして2017年最後の落語は志の輔師匠の「宿屋の冨」。富くじがあたって
右往左往するところが楽しい。もうちょいやってくれるかと思ったら年明けのタイミングを
気にして少しあっさり。
早く終わりすぎたようで師匠は後ほど、もうちょっとあたるところをやっておけば、、と
悔やんでおられました。

さて、カウントダウンからくすだまを割って新年!おめでとうございます!
めずらしいことにカウントダウンから先は写真撮影可となっていました。



その後、新年おめでとうの乾杯!客席ではビールで乾杯!



それからお年玉として噺家さんたちの手ぬぐいが客席に投げ入れられました。
二階席は前座さんがきて投げてました。



二階席の前座さんは私とは反対側にたっていたので、お年玉には全然縁がないだろうと思っていたら、なんと舞台から2階まで手ぬぐいが飛んできました!
志の八師匠ありがとうございました!これから贔屓にします!!





最後は三本締めで終わり。今年も良い年でありますように!!!!!

拍手[2回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析