忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



題名:It Shoulda Been You
劇場:Brooks Atkinson Theatre
日時:2015年6月6日20:00-21:40
料金:Ticket Master 手数料込み $154.95
座席:Section ORCC, Row E, Seat 104

Synopsis:
Wedding bells aren’t ringing, they’re clanging at the union of a Jewish
bride and Catholic groom! The Steinberg and Howard families couldn’t have
less in common…aside from the fact that their children are about to tie the knot.

Cast List:
Tyne Daly(Judy Steinberg)
Harriet Harris(Georgette Howard)
Lisa Howard(Jenny Steinberg)
Sierra Boggess(Rebecca Steinberg)
Montego Glover(Annie Shepard)
David Burtka(Brian Howard)
Chip Zien(Murray Steinberg)
Josh Grisetti(Marty Kaufman)
Adam Heller(Walt,Uncle Morty)
Michael X. Martin(George Howard)
Anne L. Nathan(Mimsy,Aunt Sheila)
Nick Spangler(Greg Madison)
Edward Hibbert(Albert)

Production Credits:
David Hyde Pierce (Direction)
Anna Louizos (Scenic Design)
William Ivey Long (Costume Design)
Ken Billington (Lighting Design)
Nevin Steinberg (Sound Design)

Other Credits:
Lyrics by: Brian Hargrove; additional lyrics by Jill Abramovitz, Carla Rose Fisher, Michael Cooper, Ernie Lijoi and Will Randall
Music by: Barbara Anselmi
Book by Brian Hargrove; conceived by Barbara Anselmi



1幕もの、カソリックとユダヤ教の家族をもつカップルが結婚するにあたってのどたばた、
そこに花嫁の元彼があらわれて話がよりややこしくなり、、いろんなことが起きて
秘密があばかれて大ピンチ!でも最後は大団円!というもうコメディお約束のストーリー
という感じ。ヒロインの座長公演という感じで、XX新喜劇をミュージカルでやったら
こんなのになるだろうなあという雰囲気でしたね。芸達者なキャストばかりで喜劇と
してはきまっているのですが、ブロードウェイミュージカルに期待するショーとしては
ちょっと軽めという感じでしょうか。




拍手[0回]

PR





題名:Something Rotten!
劇場:St. James Theatre
日時:2015年6月6日 14:00-16:30(途中休憩あり)
料金:152USD, Telecharge 手数料込み 164.25USD
座席:CENTER ORCHESTRA Row B, Seat 104,

Synopsis:
The time is the '90s ? the 1590s. Brothers Nick and Nigel Bottom are
desperate to write a hit play but are stuck in the shadow of that
Renaissance rockstar known as The Bard. When a local soothsayer foretells
that the future of theatre involves singing, dancing and acting at the
same time, Nick and Nigel set out to write the world’s very first
musical!

Cast List:
Brian d'Arcy James(Nick Bottom)
John Cariani(Nigel Bottom)
Christian Borle(Shakespeare) TONY Awards(Best Performance by an Actor in a Featured Role in a Musical)
Heidi Blickenstaff(Bea)
Brad Oscar(Nostradamus)
Kate Reinders(Portia)
Brooks Ashmanskas(Brother Jeremiah)
Peter Bartlett(Lord Clapham,Master of the Justice)
Gerry Vichi(Shylock)
Michael James Scott(Minstrel,Ensemble)
Linda Griffin(Ensemble)
David Hibbard(Ensemble)
Jenny Hill(Ensemble)
Stacey Todd Holt(Ensemble)
Aaron Kaburick(Ensemble)
Austin Lesch(Ensemble)
Beth Johnson Nicely(Ensemble)
Aleks Pevec(Ensemble)
Angie L. Schworer(Ensemble)
Eric Sciotto(Ensemble)
Brian Shepard(Ensemble)
Chelsea Morgan Stock(Ensemble)
Ryan VanDenBoom(Ensemble)
Marisha Wallace(Ensemble)
Bud Weber(Ensemble)
Elizabeth Earley(Swing)
Eric Giancola(Swing)
Courtney Iventosch(Swing)
Matt Wall(Swing)

Production Credits:
Casey Nicholaw (Direction and Choreography)
Gregg Barnes (Costume Design)
Natasha Katz (Lighting Design)
Peter Hylenski (Sound Design)
Phil Reno (Music Direction/Conductor)
Glen Kelly (Musical Arrangements)
Larry Hochman (Orchestrations)

Other Credits:
Lyrics by: Wayne Kirkpatrick and Karey Kirkpatrick
Music by: Wayne Kirkpatrick and Karey Kirkpatrick
Book by Karey Kirkpatrick and John O'Farrell

時は90年代、といっても16世紀!
ヒット作にめぐまれずシェイクスピアにおされ気味になっている主人公たちは、
占い師にシェイクスピアが将来書く作品を予知してもらい、それを盗んじゃおうと
します。そして降りてきた作品名が「Omulet」。まあ予知なんてそんなもの♪
そして歌とダンスと芝居を同時に楽しめる作品が未来の劇場を制覇すると占われて
史上初のみゅーーーじかるを作ろうとします。もちろんタイトルは「Omulet」

いやあばかばかしくておかしい。ミュージカルマニアのためのミュージカルです。
いたるところでどっかんどっかん受けてました。今年度ショーストップのナンバーが
あったのはこのショーだけ!涙流しながら笑って拍手してましたよ。
本歌取りが多数、曲にダンスに台詞、タイトルもいれこんで、いったいいくつネタ
を投下すれば気が済むのだといわんばかりのてんこもり。それをまたシェイクスピア
が偵察に来て、、、
最後は裁判で偽判事w、シェイクスピアが援軍に出てきて米国島流しで手打ち。
fobidden broadway をオンで堂々とやったらこうなりましたという感じでしょうか。
カーテンコールはもちろん、全員総立ち。
すっごく楽しくて劇場を出たとたんに全部忘れてしまう、という娯楽作品を王道で行く
ようなショーでした。もう一度見たかったのだけれど、最終日の日曜が休演で涙。。









拍手[0回]



題名:The King and I
劇場:Lincoln Center Theater-Vivian Beaumont
日時:2015年6月5日20:00- 2時間55分
料金:Telecharge 手数料込み 173.25USD
座席:Row C, Seat 307,
予告:http://www.lct.org/explore/blog/king-and-i-video-montage/
DIRECTED BY Bartlett Sher
Cast List:
Anna Lenowens:Kelli O'Hara TONY Awards(Best Performance by an Actress in a Leading Role in a Musical)
King of Siam:Ken Watanabe
Lady Thiang:Ruthie Ann Miles TONY Awards(Best Performance by an Actress in a Featured Role in a Musical)
Lun Tha:Conrad Ricamora
Tuptim:Ashley Park
Sir Edward Ramsey:Edward Baker-Duly
Prince Chulalongkorn:Jon Viktor Corpuz
Captain Orton:Murphy Guyer
Louis:Jake Lucas
Kralahome:Paul Nakauchi
Phra Alack:Marc Oka
Ensemble:Aaron Albano
Ensemble:Adriana Braganza
Ensemble:Amaya Braganza
Ensemble:Billy Bustamante
Ensemble:Lamae Caparas
Ensemble:Hsin-Ping Chang
Ensemble:Andrew Cheng
Ensemble:Lynn Masako Cheng
Ensemble:Olivia Chun
Ensemble:Ali Ewoldt
Ensemble:Ethan Halford Holder
Ensemble:Cole Horibe
Ensemble:Maryann Hu
Ensemble:James Ignacio
Ensemble:Misa Iwama
Ensemble:Christie Kim
Ensemble:Kelvin Moon Loh
Ensemble:Sumie Maeda
Ensemble:Paul Heesang Miller
Ensemble:Rommel Pierre O'Choa
Ensemble:Kristen Faith Oei
Ensemble:Autumn Ogawa
Ensemble:Yuki Ozeki
Ensemble:Stephanie Jae Park
Ensemble:Diane Phelan
Ensemble:Sam Poon
Ensemble:William Poon
Ensemble:Brian Rivera
Ensemble:Bennyroyce Royon
Ensemble:Lainie Sakakura
Ensemble:Ann Sanders
Ensemble:Ian Saraceni
Ensemble:Atsuhisa Shinomiya
Ensemble:Michiko Takemasa
Ensemble:Kei Tsuruharatani
Ensemble:Christopher Vo
Ensemble:Rocco Wu
Ensemble:Timothy Yang
Ensemble:XiaoChuan Xie

Production Credits:
Bartlett Sher (Direction)
Jerome Robbins (Choreography)
Christopher Gattelli (Musical Staging)
Michael Yeargan (Scenic Design)
Catherine Zuber (Costume Design) TONY Awards(Best Costume Design of a Musical)
Donald Holder (Lighting Design)
Scott Lehrer (Sound Design)
Robert Russell Bennett (Orchestrations)
Ted Sperling (Musical Direction)
Lyrics by: Oscar Hammerstein II
Music by: Richard Rodgers
Book by Oscar Hammerstein II

2015 Tony Award Nominations:
Best Revival of a Musical
Bartlett Sher, Best Director of a Musical
Kelli O'Hara, Best Leading Actress in a Musical
Ken Watanabe, Best Leading Actor in a Musical
Ruthie Ann Miles, Best Featured Actress in a Musical
Michael Yeargan, Best Set Design of a Musical
Catherine Zuber, Best Costume Design of a Musical
Donald Holder, Best Lighting Design of a Musical
Christopher Gattelli, Best Choreography of a Musical

TONY賞リバイバルミュージカル作品賞受賞!
客席に日本人観客が異様に多い。10年前に戻ったみたい。
私はセンターブロックの最前列に座りました。
いつもは舞台のところがオケピとなっており、オーケストラが
見えていました。その人数がなんと30名(数えましたw)
私のすぐ近くに指揮者の顔。舞台が思ったより遠い(とその時は思った)
前奏曲は音楽が直接私の体にあたってくる感じでとても新鮮。
体の芯まで響いてきます。前奏曲が終わるとオケ全員が
立ち上がってお辞儀。
そうするとスモークとともに舞台がせり出してくる!
船がオケピの上まで!オケピをほとんど蓋するように舞台が
出てきたのですね。オープニングはいかにも貧しそうな港の光景。
そして船のあとは柱が上からおりてくる!
そして王宮に行くと王様登場!かっこいいい!!もう煌びやかで
オーラをまとってます。立っているだけで絵姿になるというのは
日本人俳優として珍しいのではないでしょうか。
ひとつひとつの台詞にとても雰囲気がでていて、偉大な俳優
なんだなあとしみじみ思いましたよ。王様はラップで歌っている
感じで、それが王様自身をうまく表現しています。キャストの
大半がアジア人キャスト、タイ語もところどころ使われており、
エキゾチズムにあふれています。キャストの人数もとても多い。
どんだけ大規模なプロダクションなんでしょう。大規模な群舞も
かっこいい。Lady Thiangも迫力満点。助演女優とりましたね。
Anna はもちろん美声、いやーすばらしい、聞きほれちゃいます。
ただあまりに王様がかっこよくてAnnaが美声なもので、
ストレートプレイとオペラを同時進行しているように見えてました。
そして、野蛮人といわれないために西洋化する段階からどんどん
差別の感じが強まっていって、最後はとうとう王様が破壊されて
しまうという悲劇。「悪辣な英国人家庭教師に破壊されたかわい
そうなシャム王国の王」 というサブタイトルをつけたい気分に
なりましたよ。たったひとりのテロリストに国の中枢破壊されちゃ
うんだからなあ。涙なくしては見れない結末でした。









拍手[0回]




題名:Gigi
劇場:Neil Simon Theatre
日時:2015年6月4日19:00-21:30(途中休憩あり)
料金:BroadwayBox割引89USD
座席:ORCH F-111

Synopsis:
Set in the magical world of La Belle Epoque Paris, where fashion, glamour and passion prevail, Lerner and Loewe's celebrated musical is a romantic comedy about one young woman's journey to find her true self…and her true love. Featuring standards including "Thank Heaven for Little Girls" and "The Night They Invented Champagne.
"
Cast List:
Hannah Florence(Gigi) (Vanessa Hudgensの代役)
Victoria Clark(Mamita)
Dee Hoty(Aunt Alicia)
Corey Cott(Gaston Lachaille)
Howard McGillin(Honoré Lachaille)
Steffanie Leigh(Liane d'Exelmans)
Cameron Adams(Parisian)
Max Clayton(Martel, Parisian)
Madeleine Doherty(Parisian)
Ashley Blair Fitzgerald(Parisian)
Alison Jantzie(Parisian)(Hannah Florenceの代役)
Brian Ogilvie(Parisian)
James Patterson(Dufresne,Parisian)
Justin Prescott(Charles,Parisian)
Manny Stark(Bonfils,Parisian)
Amos Wolff(Sandomir, Parisian)
Ashley Yeater(Marie-Louise,Parisian)
Karla Puno Garcia(Parisian)
Kathryn Boswell(Swing)
Jeffrey C. Sousa(Swing)
Richard White(Swing)

Production Credits:
Eric Schaeffer (Direction)
Joshua Bergasse (Choreography)
Derek McLane (Scenic Design)
Catherine Zuber (Costume Design)
Natasha Katz (Lighting Design)
Kai Harada (Sound Design)
James Moore (Musical Direction)
John Miller (Music Coordinator)
August Eriksmoen (Orchestrations)
Matt Aument (Vocal and Incidental Music Arrangements)
Sam Davis (Dance Music Arrangements)

Other Credits:
Lyrics by: Alan Jay Lerner
Music by: Frederick Loewe
Book by Heidi Thomas





なんとーーーー Vanessa が休演ですと!!!
昨日のマシューに引き続き、主役の休演にぶちあたりました。
この時期に来て二日続けて主役休演は初めての経験です。もうがっかり。
この舞台で私は何をみればいいのー(涙)

舞台はもっさりしたダンスに、ストレートなボーイミーツガール.、まあ
育てゲー?、という物語。
パリの社交界へデビュー前の小娘を愛してしまった男の話ですね?
社交界のダンスと衣装賞ノミネートの華麗な衣装が目玉ですかね。とはいえ話
に起伏がなく、ダンスもいまひとつです。

Vanessaの代役の子は歌も演技も悪くない。でもVanessa見たかった。。
代役の子は目も口も大きくて舞台映えしそう。でも背が小さくてそういう顔で子供
体型なのでロリータを見てる気分。未成年にシャンパン飲ませちゃいけませんよ、
と思っちゃいました。
この子きっと伸びるだろうなあと思いつつ、そういう演技じゃなくて見世物的なも
のを期待していたからなあと、、、
女の子にどんどん惹かれていくグスタフが結構よかった。すれてない草食系おじさん
の風情がありました。ただお子様と草食系おじさんだから意外とぴったりきてるので
あって、これVanessaだったら女性上位になってしまうんじゃないかなあとも妄想
しちゃいましたよ。
案の定6月21日でクローズです。





拍手[0回]



題名:Ever After
劇場:Paper Mill Playhouse(NJ)
日時:2015年6月4日13:30-16:10(途中休憩あり)
料金:111USD
座席:ORCH H103
Christine Ebersole (Baroness Rodmilla de Ghent)
Margo Seibert (Danielle de Barbarac)
James Snyder (Prince Henry)
Charl Brown (Captain Laurent)
Mara Davi (Marguerite de Ghent)
Annie Funke (Jacqueline de Ghent)
Julie Halston (Queen Marie)
Andrew Keenan-Bolger (Gustave)
Charles Shaughnessy (King Francis)
Tony Sheldon (Leonardo da Vinci)
Zina Goldrich (Composer),
Marcy Heisler (Book and Lyrics)
Kathleen Marshall (Director and Choreographer)
Mary-Mitchell Campbell (Music Supervisor)
David Gardos (Music Director)
Rick Sordelet (Fight Director)
Derek McLane (Scenic Design)
Jess Goldstein (Costume Design)
Peter Kaczorowski (Lighting Design)
Nevin Steinberg (Sound Design)
Leah Loukas (Hair & Wig Design)
Telsey + Company (Casting)

Synopsis:
The world premiere of a brilliant new musical based on the 1998 film starring
Drew Barrymore and Anjelica Huston. This is no fairy tale. Ever After sets
the record straight on the fable of Cinderella. It was never about fairy
godmothers, talking mice, or magic pumpkins. Her name was Danielle and it was
always about her wit, her smarts, her strength, and her good friend Leonardo
da Vinci. She makes her own dreams come true. Warm and romantic, funny and
smart, this is the musical you’ve been waiting for.



数年ぶりのPaper Mill Playhouse, Millburn のレストランはいくつかかわっているよ
うで。昔よく食べたモンゴリアンバーベキューのお店はなくなっていました。
いつもは老人でいっぱいのこの劇場ですが、今回は子供たちの団体鑑賞もたくさんいま
した。やはり演目がわかりやすいせいでしょうか。
この劇場はA-D列までが水平で、その後ろからだんだんと傾斜がついています。A列だと
頭の高さが床という感じですね。今回たまたまH列センターが出たので買ったのですが、
かなり良い高さです。
舞台中央には石造りの井戸、左右には木製の階段とテラスといった風情の2階。

物語は一人娘がいる親父が継母をつれてきたと思ったら急死、そして時はあっという間
に経って、召使い扱いされているヒロインのダニエル。
王子はスペイン王女との気のすすまない結婚から逃げ出そうとして、ダニエルとばったり。
もひとつばったりあったのがレオナルド・ダ・ビンチ、モナリザの微笑を運んでいると
ころでした。継母はいろんな物を売り払って贅沢、とうとう召使いまで売っちゃいます。
それを貴族に扮して買い戻そうとするダニエル、王子さまがうっかり通りかかり、うま
いぐあいに。図書館にいってらぶらぶに。森で迷うとジプシーに襲われますが、彼らは
勘違いさんたちで、ダニエルが怪力示したらジプシークイーンの再来だと思われ。。
このジプシーダンスが楽しい。そして1幕最後は王子とキス。いやあ、逞しいダニエル、
自力で運命切り開いています。そんなに意地悪されないので抑圧されたものがひっくり
かえる快感はないのですが、庶民から自力で夢をつかんでいく感がいいですね。
これで幕でもおかしくないおわり>1幕
ダニエルいいかんじです。あとポッチャリの次女も悪くない。

2幕は亡き母の形見のドレスをあわしているマルガリートにパンチをくらわすダニエル、
いけいけーと思いましたよw その報復に本を暖炉に投げ込むマルガリート、本を焼く
奴は極刑でいいですよねっ
王妃とのお茶の際に王子の思い人の名を言われてぴんと気づくロドミラ、
もちろん嘘ついてもどって幽閉ね!それを解き放つダビンチ!もうべたな展開は
たまりませんw
そして羽をしょって舞踏会に登場するダニエル、これ宝塚の羽ならもっとよかったのに。。
でもダニエルが召使いであることをロドミラが告げて万事休す。。
そしてロドミラによって商人に売られてしまうダニエル、でもそこへ心を入れ替えた
王子が助けにきた、、のは時遅しですでにダニエルは自力で商人を倒してしまってい
たのでした。めでたしめでたしw
とても楽しく、見ていてわくわくする出来でした。
剣劇がかなりまだまだこれから!という感じだったのですが、それをのぞけば
歌とかダンスとかかなりいい感じに仕上がっていました。これはオンにあがるかなー。




拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析