忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

題名:KAAT神奈川芸術劇場芸術監督トーク『SHIRAI's CAFE』 シライズカフェ Vol.8
劇場:神奈川芸術劇場1階アトリウム
日時:2019年11月9日17:00-18:10
料金:無料
座席:後方左寄り
出演:
白井晃(KAAT神奈川芸術劇場 芸術監督/演出家・俳優)
和田永(アーティスト/ミュージシャン)https://eiwada.com/
プロフィール:
和田永(わだ えい) (アーティスト/ミュージシャン)
1987年生まれ。物心ついた頃に、ブラウン管テレビが埋め込まれた巨大な蟹の足の塔がそびえ立っている場所で、音楽の祭典が待っていると確信する。しかしある時、地球にはそんな場所はないと友人に教えられ、自分でつくるしかないと今に至る。学生時代よりアーティスト/ミュージシャンとして音楽と美術の領域で活動を開始。2009年より年代物のオープンリール式テープレコーダーを演奏する音楽グループ『Open Reel Ensemble』を結成してライブ活動を展開する傍ら、ブラウン管テレビを楽器として演奏するパフォーマンス作品『Braun Tube Jazz Band』にて第13回文化庁メディア芸術祭アート部門優秀賞受賞。Ars ElectronicaやSonarを始め、各国でライブや展示活動を展開。2015年より役割を終えた電化製品を新たな電子楽器として蘇生させ、合奏する祭典を目指すプロジェクト『エレクトロニコス・ファンタスティコス!│ELECTRONICOS FANTASTICOS!』を2014年に始動させて取り組む。その成果により、第68回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。そんな場所はないと教えてくれた友人に偶然再会、まだそんなことやってるのかと驚嘆される。


アトリウムで行われた無料公演でした。映像・写真撮り放題!
「廃家電製品による音楽」のパフォーマンスとトークショー。
ブラウン管の静電気をスキャンしてそれで楽器にしてしまう!
電流を何かの手段で変化させることができるデバイスはなんでも楽器になるということ!
最初はオープンリールテープを叩きながら再生して音をだしたそうです。
パワポで見せてくれたコンセプトには「あらゆる人を巻き込みながら役割を獲得した電化製品を電子楽器として蘇生させ楽器化(妖怪化)させる」
電化製品の墓場が百鬼夜行に見えたそうです。捨てられたTVがガムランアンサンブルにみえたとか。ブラウン管テレビには音と映像の端子があり、同じ形状なので間違って挿せる。映像端子に音を入力すると縞模様がでる。逆に縞模様から音がでるのではないかと発想。
縞をうつしたときに出てくる静電気をひろって音を出す!ということはボーシャツを撮影しても音がでてくるんじゃないか?縞がふるえるとビブラートができる。というわけでボーダーシャツで喜びのうたの演奏がありました。客席からボーダーシャツの人を連れてきて音を鳴らせてみたり。私もボーダー着てくればよかった。ここからバーコードレスを制作し、ダンサーに着せてダンスをスキャンするというパフォーマンスを電磁舞踏と呼んでいるそうです。
最後は観客全員が丸く輪になって並んで手と手をつなぎ、全員に電気を流して音を出す!のはずが人数が多すぎて不発。全員で一斉に跳びあがってノイズを減らして音出し成功しました。一度ライブを見てみたい。
それにしてもKAATの音響さん勇者だ。映像信号をKAATの音響システムにつなぐのよく認めましたね。

拍手[0回]

PR

題名:世田谷アートタウン2019関連企画カンパニー ルーブリエ/ラファエル・ボワテル『When Angels Fall/地上の天使たち』
劇場:世田谷パブリックシアター
日時:2019年10月19日15:00-16:10
料金:4000円
座席:1階H列17番
劇団:カンパニー ルーブリエ/ラファエル・ボワテル
作・演出:
出演:
【演出・振付】ラファエル・ボワテル 
【照明・セットデザイン】トリスタン・ボドワン
【音楽】アルチュール・ビゾン
【出演】マリー・トリブイロイ ロイック・ルヴィエル
エミリー・ズーケルマン リルー・エラン トリスタン・ボドワン
ニコラ・ルーデル クラハ・アンリ
ストーリー:
本作で描かれるのは世界が崩壊した後の機械化されたディストピア。粉々になった世界の生存者が生きることに貪欲となる悲惨な世界を描きながらも、灰の中から立ち上がる人々が内に秘める強さを、オリジナルの装置をつかった迫力満点の空中パフォーマンスで表現します。
URL:https://www.youtube.com/watch?v=iB4Myuc3SoI

オープニング、上から落ちてくる人。
背後の照明とスモークによる影絵のような動きに幻惑されました。
ワイヤーでジャケットが吊るされてその中にはまる(落ちる?)人の顔。
もちあげられて客席方向にスイングはびっくり。
ワイヤーアクションがどれもとても良いです。
舞台の空中真ん中に鎮座する梯子、ぐるぐる回ったり、シーソーのように揺れたり、
その上や下でのエアリアル、よくもまあ地上の人とぶつからないものだと思ったり。
ゆらゆら揺れるポールを使ったポールダンスも圧巻。
最後は梯子が縦になって天使が昇っていってしまう。
四方から自在に伸びるアームライトがかわいく、そしてかっこいい。
空中のエアリアルも地上の群舞も見ごたえがありました。もう一度ゆっくり全体を見たい。

拍手[0回]


題名:JJF2019 ゲストステージ
劇場:国立オリンピック記念青少年総合センターカルチャー棟大ホール
日時:2019年10月13日19:00-20:10
料金:2900円
座席:G列29番(客席まんなか右より)
団体:Jonglissimo

背景には巨大な白い段ボール箱が多数。この段ボールをスクリーンとして映像を
投影するのでした。右側にはピアノ。短い間ですが生演奏もあり。物語は段ボー
ルを動かしたり、ねじ回し?したり、なにやらオフィスや工場といった風景から
始まります。どうやら1日が始まるようです。
そしてオフィスワーカーの生態をジャグリングクラブで実現!残念ながら段ボー
ルジャグは無し。オフィスのジャグリング作品かと思ってわくわくしていると、
清掃係のお姉さんが眠ったとたんに妄想の世界へワープしちゃいます。
夢の中では七色に光るクラブが暗闇の中でバンバン投げられます。ものすごく正
確に投げられているので色の変化が美しく見えるのでしょう。様々なビジュアル
エフェクトも出てきて、おもちゃ箱をひっくり返したみたいに面白い。
映像の中と生身のリングジャグリング対決が笑いを誘いました。
クラブを投げた軌跡が時系列で右側に投影されていくというのはかなり絵的にお
もしろかった。後ろの投影がわけがわからない状態になっているかと思えば、前
でやってるパッシングも何がなんだか頭がついていかないようになっているのも
とてもカオスでよかった。
最後は夢落ちで元のオフィス?工場に戻ってエンド。オフィス部分がもうちょっ
と長いともっと良かったのですが。
客席の反応がやっぱり面白くて、演出ばっちりやってるところは静かなのですが、
ガツンガツン投げているところはどよめきの連続。みんながつがつが見たいのね。
高度なジャグリングと映像美の融合でおなかいっぱいの公演でしたよ。

拍手[0回]


題名:せたがやこどもプロジェクト2019《ステージ編》 コンドルズ『Don't Stop Me Now』
劇場:世田谷パブリックシアター
日時:2019年8月25日14:00-15:50
料金:S席5000円
座席:一階G列27番
劇団:コンドルズ
【構成・映像・振付】近藤良平
【出演】石渕聡 オクダサトシ 勝山康晴 香取直登 鎌倉道彦 ぎたろー(新人) 古賀剛 小林顕作(声の出演) ジントク スズキ拓朗 田中たつろう 橋爪利博 平原慎太郎(映像出演) 藤田善宏 安田有吾 山本光二郎 近藤良平

とても楽しいバラエティショー。
今までで一番楽しかったかも。
ダンスとコントと人形劇とその他よくわからなもののごった煮で
ひっくり返ったおもちゃ箱みたい。
子どもたちを含む大人数のダンスもよかったし、若手もひかってた。
またみたい。

拍手[0回]



題名:エノーマスルーム
劇場:神奈川県立地球市民かながわプラザ2階プラザホール
日時:2019年3月3日14:00-15:20(16時までポストトークあり)
料金:3500円
座席:中央なかほど
劇団:ストップギャップダンスカンパニー
作・演出:
【アーティスティックディレクション】ルーシー・ベネット
【出演】デーヴィッド・トゥール ハンナ・サンプソン ナデン・ポアン ほか
予告編:https://www.youtube.com/watch?v=eHbqV6Ty80U
解説:
「“人と違うこと―それは私たちの存在理由であり、私たちの生き方そのものだから”」を旗印に、障害の有無にかかわらず、それぞれのダンサーが自身の可能性、個性を生かしたユニークで芸術性の高いステージを魅せてきたストップギャップ。
パフォーミングアーツの新たな可能性を感じさせ国内外で高い評価を得てきた彼らが、この度ついに日本初の公演として、カンパニー最新作『エノーマスルーム』を世田谷パブリックシアターで上演いたします
『エノーマスルーム』=「果てしのない部屋」。
リビングルームを舞台に、大切な人の死への悲しみと喪失感が生み出す空想と現実が交差し観客を迷宮へと誘います。心揺さぶるダンスはもちろんのこと、演劇的なシーンやどこか温かみのある印象的な美術、幻想的な曲調からロックまで様々な音楽が舞台を彩る本作。パフォーミングアーツの無限の可能性を、ぜひ劇場で体験してください。
シノプシス:
妻ジャッキーの突然の訃報に悲しみに暮れるデイヴ。娘のサムもまた、亡くなった母との日々を回想します。いつしか二人の思い出は幻となり、ついにそれぞれが思い描くジャッキー(たち)が目の前に同時に現れます。そこに、妄想と現実、二つの世界を結ぶ案内人チョックが登場、物語は思わぬ方向へと動きだします・・・
ーーーー

障害者アートかと思っていたら、ダンスとして普通に面白いのでびっくり。
障害者と健常者が一体となって一つの空間を作り上げている。
異なる身体言語をもつひとたちのぶつかりあいが新しい味わいになっている。


☆ポストトーク

・カンパニーの紹介
1997年イギリスで設立
障害のあるなしをこえて共にに舞台創造に取り組む
ルーシーは2003年に振付家として参加
多様なダンサーとの作品創作するなかで2012年に芸術監督に就任
現在はアーツカウンシルから活動資金の支援を受けている国内外のツアーを行なっている

・創作のプロセス、コンセプトなど紹介してほしい
ダンサーから言葉を使った演技をやってみたいということでいれてみた
イギリスではコンテンポラリーダンスはわかりにくいと思われている
最初のシーンはわかりやすくする。
次にダンス、動きだけでなくて形やストーリーというものを表現していった
デイブの妻、サムの母、愛する人を失った喪失感を元にダンス作品を作り上げていった

・日本ではこのように多様なメンバーで構成されるプロダンスカンパニーはない。どうしたらこのように多様なメンバーをあつめて作品を作れるのか
トレーニングプログラムとして才能を開発することに力をいれている
障害者ダンサー養成のためにワークショップなど力をいれている
1対1のトレーニング、見習いとしてこちらにはいってもらってプロデビュー

・2012年のロンドンパラリンピックショーの出演者であるが、これまでのキャリアはどのようにつくられてきてきたのか
26年ダンサーをしている。ほかのカンパニー作品で舞台に出た
ロンドンのパラリンピックパフォーマンスは奇妙だった。
何万人の観客kの上空を飛び回る
99年はキャンドークカンパニーとして出演。二度目の来日

・ぽあんさん、アジアンですね、これまでのキャリアを教えてほしい
カンボジアのインクルーシブダンスカンパニーにいた。UKで公演した。
そのさいにこのカンパニーのワークショップに参加。
カンボジアでエピックアーツ カンパニー、2010年でイギリスツアー
サマースクールに参加することができた
なかなか自分が思うようなダンス、伝統舞踊中心のダンスは向かないと思っていた
UKに行きたいとおもっていたところ2013にストップギャップのサポートを受けて
SG2に2年半参加して、オーディションをうけた。

イギリスではダンスを学べる場、スキルアップをするトレーニングの機会がある
どのような身体的状況でも。。
一般のダンススクールで障害者受け入れているところは少ないが
障害者ダンサー育成をある程度やっているところはある。
数はあまりないがいけるところはある。
育成組織を組んでコミュニティのひとたちをスキルアップするのはSGが一番優れている

・実現がなぜできているか
アーツカウンシルから長期的な経費をもらっていて金銭面のサポートがあったということがおおきい

・普通のダンサーがインクルーシブダンスに参加する動機ときっかけ、創作上での面白い点は?
長い間ダンスやっていたが、何か違うと幻滅を感じていたところでオーディション受けた。
やっていくうちに革新的なこと、発見をさせてくれること、これがやりがい。
ダンス界は競争が激しい、sgにはいるとダンサーとしてサポートしてくれる
これが素晴らしい、ダンサー思いのカンパニー。
新しいダンス言語を学ぶ機会をあたえられる
障害のあるダンサーもないダンサーも新しい発券。
自分から提案をしてダンスをつくっていくことがやれる。
ひとりひとりの力

・これからカンパニーとしてどのように活動されるか、ビジョン
クロスジャンル、具体的には映像をとりいれたい
大きな舞台で上演するときに、観客との距離を映像で橋渡しをする
マルティメディアパフォーマンスをめざす

・ワークショップ?
障害者と一緒にダンスする手段
ダンスを教えるひとのためのトレーニング
インクルーシブダンスで楽しいというのも大切だが、技術的なことをプッシュする
スキルアップのひとたちも満足するようなかたちをとる

・演じられた中で多様なひとがえんじることで伝わることがあると思う、多様性があるメンバーやることで伝わることはなにを求めているのか
ダンスがそれだけ発明していかねばならない。
ダンスの語彙を増やしてプッシュしていくそれが重要
ストーリーも違う視点、をとりいれる

・はなさんはバレエの基礎をされて、すごく上手だった。リフトのタイミングを練習してできるようになるもの?
SGのトレーニングでダンスを学んできた
楽しみながらやる、ダンス映画をみてきっかけにしてふりをつくっている
大切にしているのは自分はどういうふうに感じるのか
はなはバレエやってきたが、この先はないよと スクールからダメがでた
このカンパニーがあるからこそはなのキャリアがある

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析