忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]


題名:森山開次『サーカス』
劇場:新国立劇場小劇場
日時:2015年6月28日15:30-16:50
料金:会員先行割引A席4860円
座席:C1列5番(2列目左側ブロック通路側)
演出・振付・アート・ディレクション:森山開次
音楽:川瀬浩介
美術・衣裳:ひびのこづえ
映像:ムーチョ村松
照明:櫛田晃代
音響:黒野 尚
舞台監督:柴崎 大
出演:森山開次、宮河愛一郎、竹田仁美、浅沼 圭
   引間文佳、水島晃太郎、谷口 界
URL:https://www.youtube.com/watch?v=pQFCSNTaY1I

<森山開次コメント>
幼い頃、ピエロの踊る姿に憧れた。
永遠の子どもたちの特別な場所がある。
未来の大人たちの秘密の場所がある。
息をひそめて覗き込み、胸をふくらませ飛び込んだ、そこはサーカス。
--

バレエをやっているのではないかと思われる小さな女の子が客席に多いのです。
チケットをバレエと組み合わせて売っている成果でしょうか。
頭上に風船が飾ってあり、傘、月、はしごも宙に浮いています。
カラフルな電飾、まるでこれから本当にサーカスがくるみたい。
つくつくぼーし、で前説が始まりました。
床にも映像、このプロジェクションとのからみが美しい。
各自ばらばらな形で床をごろごろ、ここがまたきれい。
ミラーボールダンサーがきらきらきらなピルエット!
頭上の風船を下ろして背中につけてのパフォーマンス、微妙な浮力があって
まるで鰯の群れを従えているみたい。
ニュートン!でボールが落ちてきて3ボールジャグリングのシーンあり。
新体操もありました。
とにかく映像が美しい。流れる映像とのコラボはよく作られてます。
また見てみたい。





拍手[0回]

PR


題名:Tetsuya KumakawaK-BALLET COMPANY Climax of 15th Anniversary『海賊』
劇場:神奈川県民ホール
日時:2015年6月20日14:00-16:30(途中休憩あり)
料金:神奈川芸術文化財団賛助会員招待
座席:2階4列57番(2階右手張り出し先)
劇団:K-BALLET COMPANY
出演:
メドーラ:Nina Ananiashvili
コンラッド:遅沢佑介
アリ:井澤諒
グルナーラ:小林美奈
ランケデム:石橋奨也
ビルバント:Nikolay Viyurhanin
サイードパシャ:Stuart Cassidy
物乞い:荒蒔礼子、兼城将
管弦楽:シアター オーケストラ トーキョー 指揮:井田勝大




ひさびさに、N.アナニアシヴィリを拝見。少々ふくよかになってはいますが
優雅な動きは健在でした。
アリはすばしくって目を引きます。
奴隷商人はかっこよくて余裕たっぷりにジャンプ。
物乞い少女コミカルで楽しい。
なんどみても海賊は楽しい。



拍手[0回]



題名:BNJAZZFEST: SAVION GLOVER
劇場:Blue Note New York
日時:2015年6月3日22:40-23:50
料金:テーブル45USD+Web予約手数料5.5USD
座席:舞台向かって右側テーブル2つめ(AMEX GOLDによるVIP席確保)
出演:SAVION GLOVER

ストロボを使った撮影禁止、動画撮影禁止でした。
いつもなら歌手が立つであろう場所に板をおいてその上でのタップダンス。
最初はSavionのタップだけによるリズムが刻まれました。
あまりにそっとステップを踏んでいるので、まるで動かないのに音だけが滲み出ている
ような不思議な状況でしたよ。
その後はバックバンドがフォローしてがんがん!!



ほんとに、4mも離れてないところで見る Savion のタップダンスはすごい!!以外何も
感想が出てきません。見てて鳥肌、眼福としか言いようがありませんでしたね。
1時間余りの時間があっという間に過ぎました。
この距離でもう一度みることができたらなあ。



拍手[0回]




題名:The Sleeping Beauty
劇場:Metropolitan Opera House
日時:2015年5月30日14:00-16:50(途中休憩2回あり)
料金:Side Parterre 95USD+手数料 6USD
座席:SECTION: Side Parterre ROW: 12 SEAT: 3
劇団:American Ballet Theatre
出演:
S. Lane
H. Cornejo
D. Teuscher
N. Raffa
S. Brandt
B. Hoven
S. Abrera

COMPOSER:Peter Ilyich Tchaikovsky
CHOREOGRAPHY:Marius Petipa
CHOREOGRAPHY:Alexei Ratmansky
SET DESIGN:Richard Hudson
COSTUME DESIGN:Richard Hudson
LIGHTING DESIGN:James F. Ingalls

ABT初演版。
1幕は誕生祝いパーティからはじまります。群舞もさることながら妖精のソロが楽しい、黄色いのは小鳥が
モチーフ?遅れて登場する黒い妖精はたしかに暗黒面の迫力、お供にネズミどもを引き連れてそこだけ黒く
なってました。足先がきれいですねえ、今回は2階席なので足元までばっちり。
オーロラ姫が大きくなったのちのパーティでようやく姫が登場、まわりより一段と重力を無視している感
あり、宙を飛んでいるかのようです。
これまた静止がぴたりと絵になる。アラベスクした状態で男にてを引かれてぐるりと回る(なんていうん
ですか?)パターンでは微動だにせずぐるぐるぐるぐる、終了時に場内大拍手!
そしてどこからともなく出る糸車で倒れる姫、巻き沿い食ってみんな眠るのっていい迷惑だよなあ、とい
うところで1幕終了、いやあ時差ぼけの2日目昼はダンスがとてもいい感じです。ぼーっとみていて楽しい。

2幕は姫が目覚めるまで。
狩りをしていた王子が妖精に誘導されてずぶずぶと森の中へ。皆が眠っている姿は照明とスモークで見事
に死んだようにみえてました。そしてベッドの上の姫とキス、このシーンが右端で行われたため、なんと
見切れ!(涙)みんなみるみるよみがえって大団円、しかしわたしはフラストレーションw

三幕はお伽噺の主人公たちがたくさん登場、シンデレラ、青い鳥、赤ずきん、猫[白と茶色)
7人の小人に怖いかぶりもの?しかし赤ずきんと狼が一緒に踊るってのはどうなんでしょうw
シンデレラは靴を片方だけしかはかないで登場、青い鳥のジャンプ力はすごかった。
最後は王子とオーロラ姫でしめ、姫は優雅、王子は非常に素早く手足が動きます。足が余分に見える
くらい。しかし最後はワケわからんカオスな楽しい舞踏会でしたね。





拍手[0回]



題名:Legong Dance
日時:2015年2月9日19:30-20:50
劇場:Ubud Palace(Ubud, Bali)
料金:80000インドネシアルピー(1円=103ルピー)
座席:舞台正面前方真ん中付近カーペット上
劇団:Sadha Budaya Troupe
番組:
1.Kebyar Dining Instrumental
2.Gabor/Welcome Dance
3. Baris/Warrior Dance
4.Legong Kraton Dance
5.Kindama Instrumental
6. Taruna Jaya Dance
7. Oleg Tambulilingan/Bumblebee Dance
8. Topeng Tua/Mask Dance
9. Closing Instrumental music



開演前の様子です。すでに満員、そこらじゅうに人だかり、椅子以外に座り込んでいる人
が発生したのは開演5分前。
後ろの椅子に座っていた私もみんなにつられて前方へダッシュ!でもカーペット上に座っ
ているのはおしりが痛い。。
最初は歓迎のダンス。



3番目のBarisが非常に切れがよい動きで面白かった。見得を切りまくりって感じでしょうか。



そしてレゴンクラトン、かわいい、キャストのからみも楽しい。実はけっこう好きな振り付けだったりします。





Taruna Jaya は扇の使い方がおもしろい。





最後の仮面ダンスも能を見ているようで老いが感じられてしんみり。



いやーさすがに老舗ダンスグループです。見るとおなかいっぱい。

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析