忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
題名:VORTEX
劇場:神奈川芸術劇場ホール
日時:2019年10月26日15:00-16:20
料金:招待
座席:1階15列20番
【振付】テロ・サーリネン
【音楽・演奏】Be-Being
【出演】韓国国立舞踊団
解説:
本公演で注目されるのは、伝統舞踊・音楽を専門としている韓国国立舞踊団にテロ・サーリネンが、コンテンポラリーダンスの手法で挑み、韓国舞踊の伝統を斬新な振付で現代に花開かせていること。そして韓国の伝統的音楽の固有の形式と素材を使いながら、従来の演奏方法から解放された、新しい形式と演奏技術を駆使する、チャン・ヨンギュ率いる音楽バンド「Be-Being」のライブ演奏です。
“渦動”を意味するタイトルの通り、『VORTEX』には瞬時に変化する敏捷な動きで舞台を構成する力強い振付けが施されており、ソロからデュエット、群舞へと変化していく多彩な踊りの“渦”が、観る者をスリリングに巻き込んでいきます。


劇場客席が1階と2階をつなぐ形に変形されていました。いつもより高いところから舞台を見る形。
四角いエリアを斜め上からみることで群舞をとてもみやすくしてましたね。
ダンスの舞台は黄色、その周りは漆黒。そして伝統楽器による生演奏と生歌。
オープニングはスモークと背景照明による光とシルエットのダンス。
半円形のゾーンの外側だけが後ろから光が当たっており、手がそこを超えると
びよーーんと長い影が踊るのです。
最初は素足によるバレエのような動き、それが大地を踏みしめる舞踊のような動きとなり、
最後は農楽とも思えるような祝祭的なエネルギーを放出してフィニッシュ。
一見単調に聞こえる音楽をきっかけに、非常に複雑な振付ができて一糸乱れぬ動きができる
ことに驚きました。まさに西洋のコンテンポラリー+アジアの伝統舞踊という形のひとつの
解なのでしょう。
生演奏と生歌もいいです。空席が見えるのがもったいない。

拍手[0回]

PR

題名:Co. 山田うん いきのね
劇場:神奈川芸術劇場ホール
日時:2019年2月17日13:00-
料金:5000円
座席:1階5列22番
【振付・演出】 山田うん
【音楽】 ヲノサトル
【出演】飯森沙百合 伊藤知奈美 川合ロン 河内優太郎
    木原浩太 小山まさし 酒井直之 城俊彦 西田祥子
    西山友貴 長谷川暢 広末知沙 三田瑶子 山口将太朗
    山崎眞結 山下彩子
解説:
700年以上の時を超えて愛知県奥三河に息づく重要無形民俗文化財
「花祭」をモチーフに、あいちトリエンナーレ2016にて創作初演した
「いきのね」改訂版が横浜へ

土間空間で繰り広げられる16名のダンサーによる大群舞。
舞台上には土が四角く固く敷き詰められていた。花祭が行われる庭の再現なのだそうな。
オープニングには薄暗い庭のまんなかに赤い怪獣が出現!
ゆっくりとした動きで福か呪いを撒いているよう。
このままずっと仮面劇?と思いましたが、仮面成分は小さかった。
その後今度は灯りを手にしたダンサーたちが出現。舞いながら祈っているようにも見えます。
わずかな灯りの中で激しく、またはたおやかに舞いました。
土を踏みかためて祓い清める、低重心というかより地面に近いところでの舞によって
何かが浄化されているかのごとく、、
これもコンテンポラリーダンスなのですよね。
なにか曰く言い難いものを感じました。
また見たい!ということでDVD予約しましたよ。

拍手[0回]



題名:森山開次『サーカス』
劇場:新国立劇場小劇場
日時:2015年6月28日15:30-16:50
料金:会員先行割引A席4860円
座席:C1列5番(2列目左側ブロック通路側)
演出・振付・アート・ディレクション:森山開次
音楽:川瀬浩介
美術・衣裳:ひびのこづえ
映像:ムーチョ村松
照明:櫛田晃代
音響:黒野 尚
舞台監督:柴崎 大
出演:森山開次、宮河愛一郎、竹田仁美、浅沼 圭
   引間文佳、水島晃太郎、谷口 界
URL:https://www.youtube.com/watch?v=pQFCSNTaY1I

<森山開次コメント>
幼い頃、ピエロの踊る姿に憧れた。
永遠の子どもたちの特別な場所がある。
未来の大人たちの秘密の場所がある。
息をひそめて覗き込み、胸をふくらませ飛び込んだ、そこはサーカス。
--

バレエをやっているのではないかと思われる小さな女の子が客席に多いのです。
チケットをバレエと組み合わせて売っている成果でしょうか。
頭上に風船が飾ってあり、傘、月、はしごも宙に浮いています。
カラフルな電飾、まるでこれから本当にサーカスがくるみたい。
つくつくぼーし、で前説が始まりました。
床にも映像、このプロジェクションとのからみが美しい。
各自ばらばらな形で床をごろごろ、ここがまたきれい。
ミラーボールダンサーがきらきらきらなピルエット!
頭上の風船を下ろして背中につけてのパフォーマンス、微妙な浮力があって
まるで鰯の群れを従えているみたい。
ニュートン!でボールが落ちてきて3ボールジャグリングのシーンあり。
新体操もありました。
とにかく映像が美しい。流れる映像とのコラボはよく作られてます。
また見てみたい。





拍手[0回]



題名:Tetsuya KumakawaK-BALLET COMPANY Climax of 15th Anniversary『海賊』
劇場:神奈川県民ホール
日時:2015年6月20日14:00-16:30(途中休憩あり)
料金:神奈川芸術文化財団賛助会員招待
座席:2階4列57番(2階右手張り出し先)
劇団:K-BALLET COMPANY
出演:
メドーラ:Nina Ananiashvili
コンラッド:遅沢佑介
アリ:井澤諒
グルナーラ:小林美奈
ランケデム:石橋奨也
ビルバント:Nikolay Viyurhanin
サイードパシャ:Stuart Cassidy
物乞い:荒蒔礼子、兼城将
管弦楽:シアター オーケストラ トーキョー 指揮:井田勝大




ひさびさに、N.アナニアシヴィリを拝見。少々ふくよかになってはいますが
優雅な動きは健在でした。
アリはすばしくって目を引きます。
奴隷商人はかっこよくて余裕たっぷりにジャンプ。
物乞い少女コミカルで楽しい。
なんどみても海賊は楽しい。



拍手[0回]



題名:BNJAZZFEST: SAVION GLOVER
劇場:Blue Note New York
日時:2015年6月3日22:40-23:50
料金:テーブル45USD+Web予約手数料5.5USD
座席:舞台向かって右側テーブル2つめ(AMEX GOLDによるVIP席確保)
出演:SAVION GLOVER

ストロボを使った撮影禁止、動画撮影禁止でした。
いつもなら歌手が立つであろう場所に板をおいてその上でのタップダンス。
最初はSavionのタップだけによるリズムが刻まれました。
あまりにそっとステップを踏んでいるので、まるで動かないのに音だけが滲み出ている
ような不思議な状況でしたよ。
その後はバックバンドがフォローしてがんがん!!



ほんとに、4mも離れてないところで見る Savion のタップダンスはすごい!!以外何も
感想が出てきません。見てて鳥肌、眼福としか言いようがありませんでしたね。
1時間余りの時間があっという間に過ぎました。
この距離でもう一度みることができたらなあ。



拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析