忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




題名:説経「愛護の若」より 「恋に狂ひて」
劇場:横浜ボートシアター
日時:2015年4月11日14:00-16:40(途中休憩あり)
料金:前売り4000円
座席:左側2列目
劇団:横浜ボートシアター
脚本・演出・人形・仮面:遠藤啄郎
節付け・弾き語り:説教節政太夫
演奏:松本利洋 村上洋司 リアルマッスル泉
出演:玉寄長政 吉岡紗矢 近藤春菜 綾香詳三 柿澤あゆみ 奥本聡
物語:
平安時代、嵯峨天皇の御世。公家二条蔵人清平の一人息子「愛護の若」
は、母の命と引き換えに授かった観音の申し子であった。しかし継母
「雲居の前」に懸想せられ、父親からもうとまれ、霧降の滝に入水自
殺してしまう。雲居の前も愛護の若の父に簀巻きにされ滝に入水。
後に龍の姿となり「愛護の若」の死骸を頭上に載せ現れる。そして、
愛護の若に関わった人々108人すべてが霧降の滝に身を投げ、果てるの
であった。

鋼鉄の船内に作られた金と黒の空間。
そこに登場する数々の動かない依り代としての人形達。
その人形に語りかけ、ともに踊り嘆く演者達。
船内に今浮かびあがる中世絵巻。
再演には新たに森田守恒の振付けが加わり、
より険しい山や森、風となる演者達の体。
又、音楽も初演にくらべ、より過去・現在・未来とが激しく交差し、
美しい十五才の少年の悲劇をうたいあげます。
進化し続ける横浜ボートシアターの舞台に是非お出掛け下さい。
心よりお待ちしております。



劇場の位置は内緒、ある駅前で集合した後20分ほど歩いて劇場まで
たどり着きました。そこは海の上、ボートの中!靴を脱いでボートに
はいって鑑賞です。トイレはボートの中にはなく、埠頭をずーーと
歩いていきます。トイレまで車での送迎もありました。
奥に長い舞台、後ろが一段高くなっていてバンド。右手に説教師、
左手にはドラムとかエレキがいるようだが私からは見えません。
前説では、説教はわからないではなく感じで聞き取ってください
説教は大道で語っていました、庶民が聞いていました
気にしないで聞いてください、体で感じてください。

動かない50cmの人形(背中に取ってつき)をもって語りはじめ
ました。厚紙で作った円錐形の胴体の人形です。見ていると船は
微妙にうねります。物語は息子に横恋慕した継母が逆恨みをする、
恋に狂った女のおかげで愛護の若は苦渋の旅を強いられる、
というもの。操る人も表情みせて演技しています。
宝比べから子比べにいって、クライマックスでは108人の身投げ!!
説教節とあいまってすごい世界です。

カーテンコールでは人形が並べられ、近寄ってみることができました
とても興味深い体験でした。

拍手[0回]

PR


題名:オールドリフレイン
劇場:座・高円寺2
日時:2014年10月5日14:00-
料金:賛助会員料金5000円
座席:E列17番 5列目右ブロック
劇団:結城座
脚本・演出:渡辺えり
人形美術:宇野亞喜良
舞台美術:伊藤雅子
照明:宮野和夫
音響:城戸智行
舞台監督:榎太郎
演出助手:石田恭子
人形美術助手:野村直子
出演:結城孫三郎、結城千恵、荒川せつ子、結城育子、結城数馬、岡泉名
   柴田恵、真野東洋、田中友紀、湯本アキ
客演:久野綾希子、菅野久夫、紺野相龍、立花弘行、鹿野真央(文学座)
特別出演:田中純

あらすじ:
原作は、再評価が高まる尾崎翠の「第七官界彷徨」です。
老女が一人、屋根裏部屋で歌を口ずさんでいる。彼女は「戀(こい)」を待ちながら、
人々に忘れ去られた作家である。周囲には骸骨が現れ、死へと誘う。やがて老女が眠り
につくと、トランクを抱えた男と大阪の少年がやってくる。男はトランクに戀を閉じ込
めていた。そして若き日の「私」小野町子は、人間の「第七官」に響く詩を書きたいと
兄たちと同居します。
その二人の兄は、患者に恋した精神科医 一助、苔の研究に没頭する 二助。さらには、
従兄弟の三五郎。町子は三五郎に心惹かれてしまいましたが、彼は林子に心奪われてい
ます。町子の恋の行方は、苔の研究に使うウンコ鍋の匂いと共に彼女の夢の中へ。そし
て兄たちも町子の夢の中へ巻き込まれます。彼らたちは、亡者と生者の世界を彷徨いな
がら三本足のワルツ、蚊男など、刺激的なメタファーとともに、時空を越え、ルーマニ
アまでぶっ飛びます。
一方、屋根裏部屋では、クライスラーの名曲を練習する楽士たちがいます。決して来る
ことのない明日の本番のために、寝ずに練習を続けています。
多重構造の世界で「第七官」に響く人形たちが、花粉が吹き荒れる屋根裏部屋で躍動し
ます。

-----------------

満員です。
多少前方に傾いた舞台。真ん中に肘掛けつき椅子。
両サイドにもいすがあるが、蜘蛛の巣がかかっている。後ろは襖ととびら、それに紙を
ぺたぺたはりつけた壁、壁には大穴、その後方には段ボールで作ったような木。左側には階段。
戯曲は渡辺えりこさんがかかれたもの。渡辺えりこグッズが販売されていました。
物語は悪夢を見ているような雰囲気、くるくる回る人形、骸骨が出て、鏡にいって、うんこが。。
ルーマニアまで飛んでいって、、もう凄かったです。これを人形劇でやるんだからどんだけ
シュールなんだ!って感じです。
別世界に飛ばされた気分でした。
劇場に作者の渡辺えりこさんがこられていて、カーテンコールで挨拶されていました。

拍手[0回]



題名:注文の多い料理店
劇場:全労済ホール スペース・ゼロ
日時:2014年3月22日14:00-15:30(途中休憩あり)
料金:前売り大人4000円
座席:3列目13番(3列目センター)
劇団:結城座
原作:宮沢賢治
台本・演出:山元清多
写し絵・画 人形美術:寺門孝之
音楽:寺嶋陸也
照明:齋藤茂男
音響:島猛
装置:池田ともゆき
舞台監督:吉木均
宣伝美術:熊谷智子
写真:石川純 森眞一 坂田真理子
出演:結城孫三郎、結城千恵、荒川せつ子、結城育子
解説:
 光と影で描く妖しの「写し絵」と人形たちの共演のはじまり!!
舞台はレストラント「山猫軒」
ちょっと怖くて楽しい
幻想的な結城座版賢治ワールドが炸裂します
第一部「賢さんのトランク」では、宮沢賢治の人となりを
芝居仕立てで紹介しながら「ひのきとひなげし」
「祭りの晩」を、
第二部では賢治の代表作「注文の多い料理店」を上演します。
人気画家寺門孝之の描き下ろしによる何百枚もの絵が、劇場中を
ダイナミックに駆け巡ります。
暗闇から極彩色のガラス絵が色鮮やかに映し出される
結城座ならではの幻想的な世界は、2006年の初演以来
人気演目として全国各地で上演され、東京では久しぶりの上演
となります。

---

山猫から写し絵の招待状をもらった少年が歩いていくとトランクに出会う
そのなかには多数の原稿、その原稿を読むと宮沢賢治のプロフィールを
スライドと語りで紹介。
雨にも負けず、、も登場。その間に写し絵で物語が語られるのでした
舞台の真ん中にトランク登場。
後方は黒い幕。そこに後程写し絵が投影されるのです。
開襟シャツとシャツとネクタイのキャスト登場、
そこで山男の話、祭りの晩、ひのきとひなげしのはなし
その間にシャツ姿の少年と、コート姿のおじさんが
狂言回しとしてぼけとつっこみしながら物語がすすんでいきます
後半はずっと注文の多い料理店、
人形と写し絵が交互になります。写し絵がとても美しい。
プロジェクターを持ったキャストが幕の前にも出てきて登場。
人形と写し絵がコラボした意欲的な演出、写し絵に風情があって
なんとも言えない情感をかもし出していました。
ただ、スペースゼロはそれなりに大きいので、最後列付近から
小さい人形の動きがちゃんと見えるのか心配になりましたよ。
こんな風な風変わりな演出の作品はもっと出てきてほしいものです。



拍手[0回]





題名:『「同胞」神聖の言葉』と銘打った水上人形劇
劇場:タンロン水上人形劇場
日時:2013年1月1日15:35-16:25
料金:1万ドン(約450円)
座席:G-7(劇場真ん中)
制作:Hoang Tuan, Dang TIen
監督:Hoang Tuan
人形の造形と設計:Chu Luong
作曲:Dang Huu Phuc
舞踊振付:Khanh Toan
番組:
  1.民族楽器の合唱
  2.演目「同胞」・ベトナム人の始まりに関する伝説のひとつによりますと、龍の王様 Lac Long Quan は山の女王 Au Co と結婚して、100人の息子をもうけました。
  3.労働、農業生産、戦争(魚釣り、トラとの戦い、野良仕事)
  4.横笛を吹きながら踊る
    横笛と菅笠はベトナム北部山岳地帯にある各少数民族の精神生活にとって欠かせないものです。特に定期市場や村の祭りなどに、男女は横笛と菅笠を使って愛の言葉を交わします
  5.扇子踊り
  6.宮廷舞踊(Luc cung hoa dang)
    もともと仏教の舞踊ですが仁愛がしみこまれ日常生活と近いものです。この舞踊はインドから生まれベトナムに取り入れられてから、グェン王朝時代(19世紀のミンマン王)に改編され、宮廷舞踊となりました
  7.テーグェン(Tay Nguyen)の舞踊
    テーグェンは中具高原地帯にある各省を呼ぶ名前です。テーグェン地方のドラ演奏はユネスコ国連教育科学期間により世界無形文化遺産として認定されました
  8。チャム族の舞踊
    チャム族の文化はベトナムに取り入れられたインド文化が地方化されることを示しています。
  9.「国の祭日」という踊り
  10.各民族の大団結






タンロン水上劇場は池袋芸術劇場での引っ越し公演を見たことがあり、
今回は本拠地での鑑賞となりました。
元日の午前中に窓口に行ってチケットを購入しました。
クレジットカード使えず。10万ドン=5USDというレートでUSDが使えましたよ。
3時半の回に来たときは本日は21時の回以外はすべてSOLDOUT
翌日以降もかなりSOLDOUTになっていました。さすが正月!
劇場はさほど大きくなく、うっかりすると見逃してしまいそう。
観客は中国人、ロシア人、日本人という感じでしょうか、顔つきだけでは
なかなか区別がつかないもので。。。
オープニングは5分押しで始まりました。
きれいなおねえさんが前面に立って合奏です。かわいい!と思っていたら
次以降はおばさんが前にたっての解説でした。まるで看板のピンのような。。
劇場舞台はもちろんプール。そして人形が出るオープニングシーンは上から
本水がざあざあ流れて龍と鳥との大スペクタクル、そこで大きな卵が割れて
ベトナム人が多数でてきたのでした。
今回は扇の踊りやテーグェンの踊りとか、池袋やホーチミンで見ることができ
なかったパターンがいろいろ見れてなかなか興味深かった。
番組が変わるたびにベトナム語で解説が入り、その後ろに英語でテロップが
はいりました。インドとのつながりを強調していたように見えたのはなかなかお
もしろいというか、タイの方が近いのでは?というものもインドとなってましたね。
本場のハノイで見れたのはうれしいステージでした。
これDVD売っていたら買うのになあ。パンフと人形しか売ってませんでした
人形は壊れそうでさすがに。。。





拍手[0回]





題名:怪談 牡丹燈籠
劇場:紀伊国屋ホール
日時:2012年8月24日15:00-17:10(途中休憩あり)
料金:6300円
座席:D列11番(3列目中央)
劇団:人形劇団プーク
原作:三遊亭円朝
脚色:川尻泰司
潤色・演出/井上幸子  人形美術/若林由美子  装置/朝倉 摂
音楽/マリオネット(湯淺 隆・吉田剛士)  照明/山内晴雄
音響効果/吉川安志  舞台監督/栗原弘昌  制作/清水治信
宣伝美術/百鬼丸  所作指導/八光亭春輔
出演:
佐藤達雄、安尾芳明、大橋友子、滝本妃呂美、柴崎喜彦、
市橋亜矢子、栗原弘昌、野田史図希、山越美和、井上彩香、有田智也

最前列をつぶして舞台としており、舞台奥は客席に向かう形の
斜面になっています。
人形の頭は人の頭より大きく、4頭身程度のデフォルメされた形で、
基本的には一人で1体を操って行きます。走るシーンなどは足役と
体役の二人一役。人間は全て黒子で、黒子が台詞を喋っています。
このような人形を見るのは初めてだと思います。
今回のは全てが人形というバージョン。
以前は噺家役は人間が演じていたそうですね。
最初に狂言回しの円朝と主要な女性の登場人物が出てきて紹介、
みんな色っぽい。

結ばれるシーンはシルエットで人形のマグワイが。。
父親が巨人で出てきたのはびっくり。そして切られて首が宙を
飛ぶ!人形ならではの演出。なんだか新八犬伝見てる気分。
そして出てくる亡霊の人形は足がない。
リアル人形は外を歩くときは履物を履いていて、うちにあがる
ときはちゃんと脱ぎます。履き物脱ぎサポート黒子もいました。
顔が微妙にくずれていてなにやら壮絶な色気あり、
明るくかわいいメイクと幽霊になった後の青一色の鋭いメイク
の対照さが印象的でした。

2幕の初めはお札はがしの交渉から。
おみねのたくましさと庶民伴蔵の情けなさがとてもよく出てる。
お札をはがすと、格子が1本とれた所からするするっとはいり
こんでとり殺し!!ここで顔が変われば本当に八犬伝かも、
と思ってしまいましたよ。
もうこのあたりから普通の演劇を見ている気分。
完全に人形に感情移入してみてました。引っ越した後はおみね
が不憫ですねえ。殺したら幽霊となってお礼参りにくるのが必
然ということもわからない伴蔵の抜けさ加減といいましょうか。
ほんのちょっと顔を傾けただけで、表情が変わってみえるのは
能や獅子舞に通じるものがあるのでしょう。

全般的に台詞に説得力があるのです。
これは初演のリアル噺家さんとのコラボを見たかった。
違う世界を垣間見た気分でしたよ。















拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析