忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[165] [163] [162] [161] [217] [160] [159] [158] [157] [156] [154]


題名:Jacques Brel is Alive and Well...
日時:2006年6月4日19:10-21:00(途中休憩あり)
劇場:The Zipper Theatre
料金:TKTS 65/2+TKTS手数料3 = 35.5USD
座席:C111(3列目中央)
演出:Gordon Greenberg
振付:Mark Dendy
装置:Rob Bissinger
照明:Jeff Croiter
衣装:Mattie Ullrich
作詞作曲:Jacques Brel
訳詞(英語):Eric Blau and Mort Shuman
出演:Robert Cuccioli, Natascia Diaz, Rodney Hicks, Gay Marshall

TKTSで18時ごろ購入。TKTS前ディスプレイには35% OFF となっていたのですが、
5割引料金でした。なぜでしょう?TKTSから歩くと遠いZipper Theatre、
タクシー使えばよかった。
客席は5割程度の入り、開演前に劇場スタッフが端に座っているひとたちを
真ん中よりの席に誘導していました。あの人たちいくらでチケット買った
のかなあ。バックバンドは舞台の左奥にピアノとアコーディオン。
一旦暗転して舞台が始まりました。照明がついても薄暗い(^^;;) その
中でタバコの煙がたなびきます。Cuccioli氏目当てで行ってそれは
それで満足したのですが、それより良かったのが二人の女性、年配のXX 
は年輪を感じさせるし若いXXXは生身の人間ではないみたい。
全編を通して優雅さとけだるさが充満した舞台は、最近日本で見た同名の
舞台とまったく別物でした。訳詞が英語と日本語の違いからくるので
しょうか、日本の場合ははラップを歌っているように感じとられました。
もっとも英語で歌われると半分程度しかわかりません(^^;)
後半部分になるとようやく聞き取れるようになってきて、Cuccioli氏の
YYYで人生の切なさを感じて涙してしまいました。
ぼおっと聴いているのがとても合う舞台でした。
幕間に後ろのおばさんたちがこの作品のオリジナルについて話をしていました。
曰く「私はフランス語でみた、3倍はドラマチックだ」うーむ、日本語から
英語に変わるだけでも2倍はドラマチックに感じたのですから、原語ならば
さぞかし凄いのでしょうね。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析