忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[813] [812] [811] [809] [810] [808] [804] [803] [807] [806] [802]


題名:新国立劇場ダンス 2013/2014シーズン『ある女の家』-A Woman’s House-
劇場:新国立劇場 中劇場
日時:2014年1月23日19:00-20:20
料金:A席5250円
座席:1階 1階5扉 11列 57番
構成・振付:小野寺修二
出演:浅野和之 河内大和 竹内英明 藤田桃子 小野寺修二
照明:磯野眞也  美術:松岡泉
衣装:堂本教子  舞台監督:矢島健
アーティスティック・コンサルタント:デヴィッド・ビントレー

2011/2012シーズンにダンス公演『カラマーゾフの兄弟』を新国立劇場(小劇場)
にて新作上演し、高い評価と観客の圧倒的な支持を得た小野寺修二 カンパニー
デラシネラ。
今回は、カンパニーの新境地を開くきっかけとなった08年の作品『ある女の家』
を中劇場の空間で改訂再演します。空間を自在に操るようなスピーディで刺激的
な演出・振付に「セリフ」が加わり、誰も見たことの無いしかも目を離すことの
できない魅力的な世界が創造されることでしょう。
※出演を予定していた梶原暁子は怪我のため出演が出来なくなりました

「空白に落ちた男」を物凄く気にいっていました。その作品と、演出・美術が
同じコンビであるということで楽しみにして見にいきました。
新国立のジャンルではダンスに分類されているのですが、どちらかというと
パントマイムに近い作品。台詞はほとんどなし。アナウンサーが語る場面は
あります。
なんとなく繋がっている物語がキャストの動きによって描かれます。
「ある女の家」での物語なのですが、ベッド、ドア、箪笥、斜めのソファー
などがうずたかく積み上げられ、その上に部屋があるという形状。そこらじゅうに
物干しロープ、ドアや窓や箪笥のとびらなどから人が出入りするのです。
へんな場所でのへんな動きで、片時も目を離せません。
あっという間に1時間20分がたってしまいました。また見たい。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析