忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[535] [534] [533] [526] [525] [524] [523] [521] [520] [519] [516]


題名:All-Ashton Repertory (American Ballet Theatre)
日時:2010年6月10日19:30-21:40(途中休憩あり)
劇場:Metropolitan Opera House(NY)
料金:Center Parterre 175USD+手数料5.5USD
座席: Section:PARTERRE Box:22 Seats:6 (2階席センターボックス席後方)
Choreography by: Sir Frederick Ashton
Music by: Alexander Glazunov
Costumes by: Andre Levasseur
Lighting by: Steven Shelley

番組:
Birthday Offering
Entree:
Renata Pavam, Gemma Bond, Hee Seo, Simone Messmer,
Stella Abrera, Christine Shevchenko, Irina Dvorovenko
Mazurka
Gray Davis, Carlos Lopez, Thomas Forster, Blaine Hoven
Jared Matthews, Daniel Mantei, Maxim Beloserkovsky

Thaïs Pas de Deux
Maria Riccetto, Jared Matthews(代役)

Awakening Pas de Deux
Veronika Part, David Hallberg

The Dream
Titania: Xiomara Reyes
Oberon: Cory Stearns
Puck:Daniil Simkin
Bottom: Alexei Agoudine
Helena: Karin Ellis-Wentz
Hermia: Kristi Boone
Demetrius: Roman Zhurbin
Lysander: Gennadi Saveliev

2階席は舞台全体が良く見えるのですが、やはり遠い。ダンサーの筋肉は良く見えません。
1幕はながして踊ってる感じに見えます。見せ場があるわけではなく、群舞がそろっている
わけではなく、物語性があるわけではない。元々全体的に地味なのですね。
2幕は男性ダンサーのリフトが非常に自然で見ごたえがありました。きれいな筋肉だ。
最終幕は「真夏の夜の夢」、いわずと知れたシェイクスピアの喜劇です。なんとコーラス
団がオーケストラピットに出現しました。
パックは身軽で愛らしい、ひょいひょいステージを飛び回ります。妖精のダンスもかわいい。
全体としてかなりコミカルな振り付けです。凄さを感じさせる場面はあまりないのですが、
わかりやすくけっこう楽しかったのです。




拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析