忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[278] [277] [276] [275] [274] [273] [272] [271] [416] [415] [414]


題名:Twyla Tharp World Premiere
日時:2008年6月7日20:00-22:01(途中休憩あり)
劇場:Metropolitan Opera House
料金:106USD+MET手数料5.5USD
座席:Grand Tier A22(3階席最右側ブロック最前列なかほど)
劇団:ABT

Synopsis:
Etudes
Harald Lander's Etudes is an affectionate and exhilarating tribute to
the very art form of classical dance, set to music by Carl Czerny. Often
hailed for its choreographic fireworks, Etudes is the quintessential fusion
of art and technique.


Tharp World Premiere
Synopsis:
Twyla Tharp has choreographed more than one hundred thirty-five dances,
five Hollywood movies, several Broadway shows, and has received accolades
around the world. Celebrating her over twenty-year relationship with ABT,
this esteemed choreographer creates a thrilling World Premiere this spring,
inspired by an ABT-commissioned score from renowned Hollywood film composer
Danny Elfman (Edward Scissorhands, Batman Returns, Spider-Man).
The Tharp World Premiere was co-commissioned by the Orange County Performing Artscenter.

出演:
 Etudes
   X. Reyes
   S. Radetsky
   M. Ilyin

 Rabbit and Rogue (New Tharp Work)
   H. Cornejo
   E. Stiefel
   P. Herrera
   G. Saveliev
   G. Murphy
   D. Hallberg

クラシック公演が隣の劇場で行われており、その前にはチケットをさばく人が多数。
リンカーンセンターではじめてみるなあ、と思っていたら、バレエのチケットを
さばこうとしている人もMETの前にいました。うーむ人気ないのね。
案の定私が座った三階席は左右両翼の後ろ半分は空席です。4階席も同じ感じ。
3階席のサイドはほとんど空席、1階席は9割がた埋まっていました。
このA22という席の目の前にはシャンデリア、開演の少し前に天井まで登っていきました。
右側の舞台おくがほんのちょっと見切れのようですが、ほとんど気になりません。
でもこれより右だときびしいかも。3階席は意外と?みやすいですね。思ったほど
遠くないし、ほとんど双眼鏡を使いませんでした。エチュードのように足元まで見たい
場合は1階席よりよいかも。

一つ目はエチュード、いやあすばらしい。下手な振付バレエや物語バレエなんかより
ずっと心に訴えかけてきます。最初は子供たちが5人舞台の真ん中に立ち、1番から
5番までのプリエ。かわいい!
それから大人たちのバーレッスン、いくつものバーを使ってシンプルな動きでも本当に
きれいに魅せます。練習の基本形を忠実にやってみせているのでしょう。どこかで見た
ことあるような動きばかり。でもそれでもピシッとやると美になるんだあと感心。
でも多少そろってなかったりするのが個性になるの?センターレッスンになって、手と
足の数々のパターンの組み合わせ。ジャンプの基本、ピルエットの基本、足の上げ方、
センターレッスンの途中から男性参加、男性って本当に刺身のツマよねえ。
そしてだんだんバレエに近づいていきます。
男性ダンサーは回る回る、本当に回る、色々な回り方でずっと回り続けます。
女性ダンサーと一緒に足をつかずに30回転以上したときは場内大拍手。
もちろんその前にも回り続けていたのでした。軸がぶれないピルエットを見ていると
本当に気持ちが良い。最後まで複雑な振付を避け、シンプルな動きの美しさに徹した
舞台は見ていてたいへん爽やかです。
舞台を暗くして二本の交差する光線を描き、その上を走りながらジャンプ!
バレエの根源的な美しさを見せ付けられた気分です。
久々にまた見たくなった番組でした。
でもこれは今日が千秋楽、、ああ昼に見ておけば夜にまた見れたものをOrz

さて期待の新作Tharp World Premiereです。、
真っ暗な舞台にピンスポットが中心に照らされて幕が開きます。その中で踊るのは
黒装束の男。スポットが広がっていってその中を男が回り始めます。
兎と盗賊の物語?はて?舞台を見ているだけでは物語は伝わってきません。
舞台の後ろを黒幕で区切って小さく、その上照明をより小さく照らして
狭くしてその中でダンスが進みます。アンサンブルも皆黒い。ビキニでラメの
衣装もあり。モダンぽいとでもいいましょうか。
振り付けにはソーシャルダンスのステップや、ブロードウェイミュージカル
のどこかで見たような動きも混ざってます。カンフーもばっちりはいってます。
カメハメ波をプリンシパルがうつとはねえw
色々な振り付けへのオマージュというか本歌取りがなされているようです。
これってフォアビドンブロードウェイバレエ版なんですか?
途中で白いコスチュームの集団登場、ひょっとしてスターウォーズだったりして?
私には見慣れていない変な動き満載で、見ていて楽しいのですが、
派手なピルエットもなければ舞台装置も衣装もないし、どうも今ひとつ地味。
舞台は全体として暗いまま、最後に後ろの幕が取り払われて広いところで
群舞で幕。。。え?もう終わり?ABTというと1公演3時間という感覚が
私にあったのですが、終了は22時。なんか番組ひとつ削減された気分です。うーむ。
いや悪いわけではないのですが、これってどうなのかなあ。再演あるんだろうか?

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析