忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




題名:Gigi
劇場:Neil Simon Theatre
日時:2015年6月4日19:00-21:30(途中休憩あり)
料金:BroadwayBox割引89USD
座席:ORCH F-111

Synopsis:
Set in the magical world of La Belle Epoque Paris, where fashion, glamour and passion prevail, Lerner and Loewe's celebrated musical is a romantic comedy about one young woman's journey to find her true self…and her true love. Featuring standards including "Thank Heaven for Little Girls" and "The Night They Invented Champagne.
"
Cast List:
Hannah Florence(Gigi) (Vanessa Hudgensの代役)
Victoria Clark(Mamita)
Dee Hoty(Aunt Alicia)
Corey Cott(Gaston Lachaille)
Howard McGillin(Honoré Lachaille)
Steffanie Leigh(Liane d'Exelmans)
Cameron Adams(Parisian)
Max Clayton(Martel, Parisian)
Madeleine Doherty(Parisian)
Ashley Blair Fitzgerald(Parisian)
Alison Jantzie(Parisian)(Hannah Florenceの代役)
Brian Ogilvie(Parisian)
James Patterson(Dufresne,Parisian)
Justin Prescott(Charles,Parisian)
Manny Stark(Bonfils,Parisian)
Amos Wolff(Sandomir, Parisian)
Ashley Yeater(Marie-Louise,Parisian)
Karla Puno Garcia(Parisian)
Kathryn Boswell(Swing)
Jeffrey C. Sousa(Swing)
Richard White(Swing)

Production Credits:
Eric Schaeffer (Direction)
Joshua Bergasse (Choreography)
Derek McLane (Scenic Design)
Catherine Zuber (Costume Design)
Natasha Katz (Lighting Design)
Kai Harada (Sound Design)
James Moore (Musical Direction)
John Miller (Music Coordinator)
August Eriksmoen (Orchestrations)
Matt Aument (Vocal and Incidental Music Arrangements)
Sam Davis (Dance Music Arrangements)

Other Credits:
Lyrics by: Alan Jay Lerner
Music by: Frederick Loewe
Book by Heidi Thomas





なんとーーーー Vanessa が休演ですと!!!
昨日のマシューに引き続き、主役の休演にぶちあたりました。
この時期に来て二日続けて主役休演は初めての経験です。もうがっかり。
この舞台で私は何をみればいいのー(涙)

舞台はもっさりしたダンスに、ストレートなボーイミーツガール.、まあ
育てゲー?、という物語。
パリの社交界へデビュー前の小娘を愛してしまった男の話ですね?
社交界のダンスと衣装賞ノミネートの華麗な衣装が目玉ですかね。とはいえ話
に起伏がなく、ダンスもいまひとつです。

Vanessaの代役の子は歌も演技も悪くない。でもVanessa見たかった。。
代役の子は目も口も大きくて舞台映えしそう。でも背が小さくてそういう顔で子供
体型なのでロリータを見てる気分。未成年にシャンパン飲ませちゃいけませんよ、
と思っちゃいました。
この子きっと伸びるだろうなあと思いつつ、そういう演技じゃなくて見世物的なも
のを期待していたからなあと、、、
女の子にどんどん惹かれていくグスタフが結構よかった。すれてない草食系おじさん
の風情がありました。ただお子様と草食系おじさんだから意外とぴったりきてるので
あって、これVanessaだったら女性上位になってしまうんじゃないかなあとも妄想
しちゃいましたよ。
案の定6月21日でクローズです。





拍手[0回]

PR


題名:Ever After
劇場:Paper Mill Playhouse(NJ)
日時:2015年6月4日13:30-16:10(途中休憩あり)
料金:111USD
座席:ORCH H103
Christine Ebersole (Baroness Rodmilla de Ghent)
Margo Seibert (Danielle de Barbarac)
James Snyder (Prince Henry)
Charl Brown (Captain Laurent)
Mara Davi (Marguerite de Ghent)
Annie Funke (Jacqueline de Ghent)
Julie Halston (Queen Marie)
Andrew Keenan-Bolger (Gustave)
Charles Shaughnessy (King Francis)
Tony Sheldon (Leonardo da Vinci)
Zina Goldrich (Composer),
Marcy Heisler (Book and Lyrics)
Kathleen Marshall (Director and Choreographer)
Mary-Mitchell Campbell (Music Supervisor)
David Gardos (Music Director)
Rick Sordelet (Fight Director)
Derek McLane (Scenic Design)
Jess Goldstein (Costume Design)
Peter Kaczorowski (Lighting Design)
Nevin Steinberg (Sound Design)
Leah Loukas (Hair & Wig Design)
Telsey + Company (Casting)

Synopsis:
The world premiere of a brilliant new musical based on the 1998 film starring
Drew Barrymore and Anjelica Huston. This is no fairy tale. Ever After sets
the record straight on the fable of Cinderella. It was never about fairy
godmothers, talking mice, or magic pumpkins. Her name was Danielle and it was
always about her wit, her smarts, her strength, and her good friend Leonardo
da Vinci. She makes her own dreams come true. Warm and romantic, funny and
smart, this is the musical you’ve been waiting for.



数年ぶりのPaper Mill Playhouse, Millburn のレストランはいくつかかわっているよ
うで。昔よく食べたモンゴリアンバーベキューのお店はなくなっていました。
いつもは老人でいっぱいのこの劇場ですが、今回は子供たちの団体鑑賞もたくさんいま
した。やはり演目がわかりやすいせいでしょうか。
この劇場はA-D列までが水平で、その後ろからだんだんと傾斜がついています。A列だと
頭の高さが床という感じですね。今回たまたまH列センターが出たので買ったのですが、
かなり良い高さです。
舞台中央には石造りの井戸、左右には木製の階段とテラスといった風情の2階。

物語は一人娘がいる親父が継母をつれてきたと思ったら急死、そして時はあっという間
に経って、召使い扱いされているヒロインのダニエル。
王子はスペイン王女との気のすすまない結婚から逃げ出そうとして、ダニエルとばったり。
もひとつばったりあったのがレオナルド・ダ・ビンチ、モナリザの微笑を運んでいると
ころでした。継母はいろんな物を売り払って贅沢、とうとう召使いまで売っちゃいます。
それを貴族に扮して買い戻そうとするダニエル、王子さまがうっかり通りかかり、うま
いぐあいに。図書館にいってらぶらぶに。森で迷うとジプシーに襲われますが、彼らは
勘違いさんたちで、ダニエルが怪力示したらジプシークイーンの再来だと思われ。。
このジプシーダンスが楽しい。そして1幕最後は王子とキス。いやあ、逞しいダニエル、
自力で運命切り開いています。そんなに意地悪されないので抑圧されたものがひっくり
かえる快感はないのですが、庶民から自力で夢をつかんでいく感がいいですね。
これで幕でもおかしくないおわり>1幕
ダニエルいいかんじです。あとポッチャリの次女も悪くない。

2幕は亡き母の形見のドレスをあわしているマルガリートにパンチをくらわすダニエル、
いけいけーと思いましたよw その報復に本を暖炉に投げ込むマルガリート、本を焼く
奴は極刑でいいですよねっ
王妃とのお茶の際に王子の思い人の名を言われてぴんと気づくロドミラ、
もちろん嘘ついてもどって幽閉ね!それを解き放つダビンチ!もうべたな展開は
たまりませんw
そして羽をしょって舞踏会に登場するダニエル、これ宝塚の羽ならもっとよかったのに。。
でもダニエルが召使いであることをロドミラが告げて万事休す。。
そしてロドミラによって商人に売られてしまうダニエル、でもそこへ心を入れ替えた
王子が助けにきた、、のは時遅しですでにダニエルは自力で商人を倒してしまってい
たのでした。めでたしめでたしw
とても楽しく、見ていてわくわくする出来でした。
剣劇がかなりまだまだこれから!という感じだったのですが、それをのぞけば
歌とかダンスとかかなりいい感じに仕上がっていました。これはオンにあがるかなー。




拍手[0回]



題名:BNJAZZFEST: SAVION GLOVER
劇場:Blue Note New York
日時:2015年6月3日22:40-23:50
料金:テーブル45USD+Web予約手数料5.5USD
座席:舞台向かって右側テーブル2つめ(AMEX GOLDによるVIP席確保)
出演:SAVION GLOVER

ストロボを使った撮影禁止、動画撮影禁止でした。
いつもなら歌手が立つであろう場所に板をおいてその上でのタップダンス。
最初はSavionのタップだけによるリズムが刻まれました。
あまりにそっとステップを踏んでいるので、まるで動かないのに音だけが滲み出ている
ような不思議な状況でしたよ。
その後はバックバンドがフォローしてがんがん!!



ほんとに、4mも離れてないところで見る Savion のタップダンスはすごい!!以外何も
感想が出てきません。見てて鳥肌、眼福としか言いようがありませんでしたね。
1時間余りの時間があっという間に過ぎました。
この距離でもう一度みることができたらなあ。



拍手[0回]




題名:Finding Neverland
劇場:Lunt-Fontanne Theatre
日時:2015年6月3日19:35-22:10(途中休憩あり)
料金:Ticket Master 手数料込み 149.95USD
座席:Section ORCH, Row B, Seat 107

Synopsis:
When a faltering playwright meets a widow and her four boys in Kensington
Gardens, he embarks on a friendship that inspires one of the most beloved
stories of all time. Based on the Miramax film written by David Magee,
Finding Neverland follows the real-life relationship between the Llewelyn
Davies family and James Matthew Barrie as he writes the revolutionary 1904
play Peter Pan, or The Boy Who Wouldn’t Grow Up.

出演:
J.M. Barrie: Kevin Kern  (MATTHEW MORRISONの代役)
Sylvia Llewelyn Davies:LAURA MICHELLE KELLY
Charles Frohman/Captain James Hook:KELSEY GRAMMER
Mrs. du Maurier:CAROLEE CARMELLO
Mary Barrie:TEAL WICKS
Michael, Jack:ALEX DREIER
Peter:AIDAN GEMME
Swing:JACKSON DEMOTT HILL
Michael:NOAH HINSDALE
George:SAWYER NUNES
Jack:CHRISTOPHER PAUL RICHARDS
Michael:NOAH HINSDALE
Ensemble:COURTNEY BALAN
Ensemble:DANA COSTELLO
Ensemble:COLIN CUNLIFFE
Ensemble:RORY DONOVAN
Ensemble:CHRIS DWAN
Ensemble:JOSH LAMON
Ensemble:MELANIE MOORE
Ensemble:MARY PAGE NANCE
Swing:FRED ODGAARD
Ensemble:EMMA PFAEFFLE
Ensemble:JONATHAN RITTER
Ensemble:TYLEY ROSS
Ensemble/Asst. Dance Captain:JULIUS ANTHONY RUBIO
Ensemble:PAUL SLADE SMITH
Ensemble:RON TODOROWSKI
Swing/Dance Captain/Assistant Choreographer:JAMIE VERAZIN
Ensemble:JESSICA VOSK

Creative Team:
Book:JAMES GRAHAM
Music & Lyrics:GARY BARLOW
Music & Lyrics:ELIOT KENNEDY
Director:DIANE PAULUS
Choreographer:MIA MICHAELS
Music Supervision/Dance and Incidental Music Arrangements:DAVID CHASE
Orchestrator:SIMON HALE
Scenic Design:SCOTT PASK
Costume Design:SUTTIRAT ANNE LARLARB
Lighting Design:KENNETH POSNER
Sound Design:JONATHAN DEANS
Projection Design:JON DRISCOLL
Hair/Makeup Design:RICHARD MAWBEY
Illusions:PAUL KIEVE
Air Sculptor:DANIEL WURTZEL
Music Director:MARY-MITCHELL CAMPBELL
Producer:HARVEY WEINSTEIN
Executive Producers:BARRY AND FRAN WEISSLER
Executive Producer:ALECIA PARKER
Writer, 'The Man Who Was Peter Pan':ALLAN KNEE






5分遅れではじまりました。
なんと主役のマシューがでない!
開演前のアナウンスで、それが知らされたとき、呻き声多数。
まあPlaybill に代役の紙が挟んであったのですが。。。
気がつくと私の頭上付近に妖精の輝きがぐるぐる、舞台幕の間に消えて幕が開きました。
マシューの代役さんが出てきたときは拍手はまばら。そつなくこなしている感があるの
ですが、どうも地味。まあ映画の上では派手な役ではないのですがそうはいってもこれが
マシューだったらと妄想せずにはいられません。オープニングではピーターパンと主人公
が光の妖精をとりあっています。
それからは映画の進行の通り、駄作を作ってしまった主役は公園でぶらぶら、、そして
晩餐会での妄想シーン、晩餐の大人たちだけが固まって、飯使いと主役と子供でテーブル
の上で歌い踊るのですがこれが結構よい、地味な日常と違ってはじけてます。
妄想力の世界に行ったときにいい感じになるみたい。
1幕終わりのメリーゴーランドから海賊船への移り変わりもかなり楽しい、このままこ
の調子で続けてくれないかと思うくらい。キャプテンクックも登場、主役がかっこよく見
栄を切って幕。楽しいじゃないですか、あああましゅーだったらと思ってしまうのでした。

後半は半ばバックステージもの、子供たちとの交流とか公園とかあまりないのです。
おばあさまにはじめて反抗する印象的なシーンもとってつけたみたい。とにかく楽しい場面
をとってつけた感あり。ダンス自体は楽しいのですが。楽屋がおおいなー。
クライマックスはキャストがおうちへ引っ越し公演、でもあの映画の感動が、、リハして
る感じなんです。
なんか後半がちょっとテイストがよじれている感じがして、作品賞にノミネートされなかっ
たのもわかるような気がしました。でもマシューだったら違ったのかもかも。。





拍手[0回]





題名:Curious Incident of the Dog in the Night-Time, The
劇場:Ethel Barrymore Theatre
日時:2015年6月3日14:05-16:40(途中休憩あり)
料金:Broadway Box割引 99USD
座席:ORCH BB107(最前列センター)

Cast Lists:
Alex Sharp(Christopher) TONY Awards(Best Performance by an Actor in a Leading Role in a Play)
Taylor Trensch(Christopher [at certain performances])
Francesca Faridany(Siobhan)
Ian Barford(Ed)
Enid Graham(Judy)
Helen Carey(Mrs. Alexander/Posh Woman/Voice Six)
Mercedes Herrero(Mrs. Shears/Mrs. Gascoyne/Woman on Train/Shopkeeper/Voice One)
Richard Hollis(Roger Shears/Duty Sergeant/Mr. Wise/Man behind Counter/Drunk One/Voice Two)
Ben Horner(Mr. Thompson/Policeman 1/Drunk Two/Man with Socks/London Policeman/Voice Three)
Jocelyn Bioh(No. 37/Lady in Street/Information/Punk Girl/Voice Five)
David Manis(Reverend Peters/Uncle Terry/Station Policeman/Station Guard/Voice Four)
Keren Dukes(Ensemble)
Stephanie Roth Haberle(Ensemble)
Tom Patrick Stephens(Ensemble)
Tim Wright(Ensemble)

Production Credits:
Marianne Elliott (Direction) TONY Awards(Best Direction of a Play)
Bunny Christie (Scenic and Costume Design) TONY Awards(Best Scenic Design of a Play)
Paule Constable (Lighting Design) TONY Awards(Best Lighting Design of a Play)
Ian Dickinson for Autograph (Sound Design)
Finn Ross (Video Design) TONY Awards(Best Scenic Design of a Play)
Scott Graham and Steven Hoggett (Choreography)
Adrian Sutton (Music)

Other Credits:
Written by: Adapted by Simon Stephens from the novel by Mark Haddon

Synopsis:
The play tells the story of Christopher, who becomes a suspect when a neighbor's dog is speared with a garden fork.
He embarks on a mission to discover the truth about the dog’s untimely death, recording everything in a notebook
— even though his father has forbidden it.

Drama Desk Awards 各賞受賞
Outstanding Play,Outstanding Actor in a Play(Alex Sharp), Outstanding Director of a Play(Marianne Elliott),
Outstanding Lighting Design(Paule Constable),Outstanding Projection Design(Finn Ross),
Outstanding Sound Design in a Play(an Dickinson (for Autograph))




TONY賞プレイ作品賞受賞。

舞台はさほど高くないので、最前列でも見切れありません。
四角形で罫線がはいっている舞台。キャストはその片隅にすわり、必要な時に立ち
上がって演技をし、そして時としてマイム等で舞台装置となるのです。そのためか、
ひさかたぶりにプレイから振付賞のノミネートとなりました。ある意味ミニマムな舞台。
壁の罫線がいくつか扉となっており、小道具の鉄道模型の部品がでてきました。
プロジェクションの使い方もシンプルで印象的。

犬の死体があるところから舞台開始、そこから主人公が探偵となります。
主人公が厳密に物事を語るところでもう泣けてきました。
実は私も主人公と多少なりともあいつうじるところがあり、、主人公が世の中の矛盾?に
ぶつかるたびに主人公と同じにもどかしくつらくなってしまいます。お父さんは不器用だ
けどいいやつでこれまた感情移入してしまいました。みんないい人だけどそれだけでは
この複雑な世の中をわたれないんですね。
鉄道線路と駅舎、人のミニチュアがおかれて、勝手に電車が動き始めて一幕終了。
1幕見終わった段階で主演男優賞を確信しましたよ。それくらいにはまり役でした。

探偵物語の1幕と違って2幕はロンドンの母までの冒険譚。
気が付くと後ろの壁に取っ手ができていて、それをよじ登ったかと思うと、今度は階段が
できていてそれを歩いて降りてくる。そしてそれはエスカレータに見立てられています。
いろんなギミックがあるなあと感心してたら、後ろの壁全体が前へ迫ってくる!
そして前方に溝が開いて地下鉄のホームに!人が多くて怖くてしかたない主人公の気持ち
が伝わってきましたよ。
そしてネズミが逃げてホームから線路に飛び込む!文字通り目の前で右往左往するひとたち。
ひかれるかと思ってドキドキした。
ロンドンにきた父ちゃんの台詞に泣かされました。
さすがにこれでいったん戻って数学の試験を受けたいと言うのはわがままだw
俺様規則があるんでしょうね。
最初からぴりぴりしたテンションのまま最後まで突っ走った舞台でしたよ。
カーテンコールになると、主人公の表情ががらりと変わって、普通の明るい笑顔になる
のが印象的でしたよ。もうここでTONY作品賞も確信しました。
プロジェクションや人を土台に使った壁歩きなどの振付もありなかなかうまくまとまった
舞台だと思いましたよ。

カーテンコールが終わってみなが帰りかけた、、ところで主人公登場。
そして持ち時間4分で試験に出ていた数学の問題の証明をしてくれました。
実際にかかったのは2分でした。三辺の長さが、 n^2-1, n^2+1, 2n の三角形は正三角形
になることの証明です。そして最後は天井から紙ふぶき!

素数の席には特別なシートカバーあり。しかし、私の席107も素数のはずだと、真剣に
割り算してしまいました。。









拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析