忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



題名:An American In Paris
劇場:Palace Theatre
日時:2015年5月31日15:00-17:30(途中休憩込み)
料金:Ticket Master 手数料込 159.95USD
座席:Section ORCH, Row B, Seat 102(3列目センター)

Synopsis:
An American World War II vet turned painter settles in Paris and promptly falls in love. The new musical is inspired by the Academy Award-winning film and includes the Gershwin songs “I Got Rhythm,” “Liza,” “'S Wonderful,” “But Not for Me,” “Stairway to Paradise” and orchestral music including “Concerto in F,” “2nd Prelude,” “2nd Rhapsody,” “The Cuban Overture” and “An American In Paris.”

Cast List:
Jerry:Robert Fairchild(Drama Desk Awards Outstanding Actor in a Musical)
Lise:Leanne Cope
Madame Baurel:Veanne Cox
MILO:Jill Paice
Adam:Brandon Uranowitz
Henri:Max von Essen
Swing:Caitlin Abraham
Emsemble:Will Burton
Emsemble:Attila Joey Csiki
Emsemble:Michael Cusumano
Emsemble:Taeler Cyrus
Swing:Ashlee Dupre
Ensemble, Mme Dutois, Olga:Rebecca Eichenberger
u/s Lise:Sara Esty
Ensemble:Laura Feig
Swing:Jennie Ford
Swing, Dance Captain:Kurt Froman
Ensemble:Heather Lang
Ensemble:Dustin Layton
Ensemble:Nathan Madden
Ensemble:Gia Mongell
Ensemble:Candy Olsen
Ensemble:Rebecca Riker
Ensemble:Adam Rogers
Swing:Sam Rogers
Ensemble:Shannon Rugani
u/s JerryGaren Scribner
Swing:Sam Strasfeld
Ensemble:Sarrah Strimel
Ensemble:Charlie Sutton
Ensemble, Lise u/s, Asst. Dance Captain:Allison Walsh
Monsieur Baurel, Ensemble:Scott Willis
Ensemble, Mr. Z:Victor J. Wisehart

Production Credits:
Christopher Wheeldon (Direction and Choreography) TONY Awards(Best Choreography)
Bob Crowley (Set and Costume Design) TONY Awards(Best Scenic Design of a Musical)
Natasha Katz (Lighting Design) TONY Awards (Best Lighting Design of a Musical)
Jon Weston (Sound Design)
59 Productions (Projections) TONY Awards(Best Scenic Design of a Musical)
Rob Fisher (Musical Score Adaptation, Arrangement and Supervision)
Christopher Austin (Orchestrations) TONY Awards(Best Orchestrations)
Sam Davis (Dance Arrangements)
Todd Ellison (Musical Supervision)
Don Sebesky and Bill Elliott (Additional Orchestrations) TONY Awards(Best Orchestrations)


Other Credits:
Lyrics by: Ira Gershwin
Music by: George Gershwin
Book by Craig Lucas



舞台の真ん中にピアノが一台おかれている状態から始まります。
オープニングはバレエ成分が極めて濃い長いダンスシーン。大作感がひしひしと伝わってきます。
その直後のアイゴッタリズムで盛り上がり、'S Wonderful でもう一段テンション高くなって
しまいました。そしてヒロインがかわいくてかっこいい!ヒロイン婚約相手がいい人のようで
ちょっとかわいそう。パトロンのおばさんはいろいろありそうw
ダンスにつぐダンスで、なにやら抽象画を見ているみたい。
そして劇中劇(というか劇中ダンスですな)がこれまた素晴らしい。ダンスてんこもりの大迫力!
劇中劇終了時にフィナーレかと思いましたよ。この振付はかなり好きです。
後半の盛り上がりは素晴らしく、美人なヒロインにたくましいイケメンのカップル。
美男美女のボーイミーツガールという古き良きミュージカルの王道のような作品でした



拍手[0回]

PR






題名:Sunday in the Park with Clowns
日時:2015年5月31日13:00-14:40(途中休憩あり)
劇場:Studio Theatre(Theater Row)
料金:21.25USD
座席:2列目中央
劇団:Circus Bicuspid
出演: Bruce (Dr. Molar Magic), Matthew (Phineas), and Jessica (Pupperdoodle) Lish.
解説:
Magic, juggling, hula hooping, comedy, music, and laughter! From the minds that brought
you Circus Bicuspid: Almost on Broadway comes an incredible show with award-winning acts.
Sunday in the Park with Clowns will explain why strait-jackets and marshmallows are not art,
as Dr. Molar Magic and Phineas take on some of their criticisms of not being "avant garde.
" Watch in awe as award-winning hula hoop artist Pupperdoodle hula hoops upside down on her
feet. See Phineas explain how easy juggling can be with the help of a few simple graduate
level physics and mathematics concepts. Witness Dr. Molar Magic battle an apple as he tries
to photograph a still life. Sunday in the Park with Clowns is 90 minutes of non-stop comedy
and stupidity … and popcorn. Lots of popcorn.
URL:
https://www.facebook.com/events/942344862463923/
https://www.youtube.com/watch?v=D8bDHhLVW70



ここはPlaywrights Horizons と同じ通りですぐそばです。
看板がぜんぜん見えないので劇場がどこにあるのか迷った。
でもgooglemapの言うとおりにビルに入ってみたらそこにBOXofficeがありましたよ。
googlemap 偉大なり。

最初は飛行機の機内での出発時のアナウンスをパロディにしたもの。
そして、ポップコーン飛ばすマシーンを組み立てて、、ポップコーン飛びませんでした。。
登場人物は3人で、マジシャン、ジャグラー、フーパーと役割分担。

マジックはダンボールをかぶって、上からカードを突っ込んでいって
お目当てのカードが口から出てくる(なんかうまくいえません)。かなりびっくり。
そして品玉、ロープ切断マジック、いずれもとても鮮やか。

ジャグリングは、ボール、クラブ、シガー、ディアボロ、典型的な技。
そしてフリップを使って薀蓄!ジャグリング定理、万有引力の法則、運動方程式。。
ここでシャノンがでますかー、観客の中で理解できているのは私ひとりだったかも。。
3ボールカスケードのトリックの分解も解説してましたよ。
薀蓄ジャグリング私もやってみたい。



このネタでもしゃべっていたはずなのですが、なんと語っていたか聞き逃して
しまいました。無重量状態でのジャグリングはいかに?
(日本には偉大なるセバさんの水平カスケードがあるわけですが、、、)



フープはちょっとふくよかなおねえさんが、とても俊敏な動きを魅せてくれました。
暗闇のフープ、光物きれいいですねえ。このお嬢さんどこかで見たことがあるよう
な気がするのですが、思い出せません。
ちょっとぽっちゃりしていてあまり動けなさそうなのに機敏に動くギャップが良い



これはローラーボーラーしながら本を読むのと、両手をかぎかけられた状態から
抜け出すのとどっちが早くできるか?の勝負だったかな。



ミュージックのこぎりもありました。かなりいい音色。



それ以外で面白かったのが、日常雑貨の商品名をいれてのサーカスの説明、その雑貨を
取り出しながら語るのです。
おもちゃのピアノ連弾もなかなかの迫力。
フィナーレ近くではサンデーインザパークのコント、ふたりでピクニックの準備で張り合い、
一人は携帯で新しいアイテムを発注してグレードアップw たわいもないコントなのに
かなりおかしい。



そして最後はパイのぶつけ合い!リアルパイ投げは久々に見ました。


  

最前列で小さな女の子がハイになってずっとげらげら笑ってました。
これがまたいい雰囲気作ってました。
いろんなネタを3人で繰り返し展開するというもので最後まで飽きさせませんでした。
これが1日だけの公演というのはちょっともったいない気がしましたよ。

拍手[0回]



題名:On the Town
劇場:Lyric Theatre (formerly Foxwoods Theatre)
日時:2015年 2時間半
料金:Broadway BOX 割引 109USD
座席:ORCH H列センター

Synopsis:
Three sailors, on a 24-hour shore leave at the end of World War II, take New York by storm as they search for "Miss Turnstiles," a poster girl on a subway display card. They discover instead the sights of New York City and three nice young women. Includes "New York, New York (It's a Wonderful Town)" "Come Up to My Place" and "Lonely Town." Based on a concept by Jerome Robbins.

Casts:
Tony Yazbeck(Gabey)
Jay Armstrong Johnson(Chip)
Clyde Alves(Ozzie)
Megan Fairchild(Ivy Smith)
Elizabeth Stanley(Claire De Loone)
Alysha Umphress(Hildy)
Michael Rupert(Pitkin)
Allison Guinn(Lucy Schmeeler,Nun,Singer)
Phillip Boykin(Workman,Miss Turnstiles’ Announcer,Dream Coney Island Master of Ceremonies,Bimmy)
Stephen DeRosa(3rd Workman,Bill Poster,Figment,Actor,Nedick's Attendant,Diamond Eddie’s Master of Ceremonies,Conga Cabana Master of Ceremonies, Conductor)
Julie Halston(Maude P. Dilly,Little Old Lady,Diana Dream,Dolores Dolores)
Tanya Birl(High School Girl,Ensemble)
Angela Brydon(High School Girl,First Danc)
Julius Carter(Policeman, Ensemble)
Kristine Covillo(Lonely Town Girl,Ensemble)
Lori Ann Ferreri(Flossie's Friend,Ensemble)
Stephen Hanna(Lonely Town Sailor,Ensemble)
Brandon Leffler(Tom,Policeman,Ensemble)
Jess LeProtto(4th Workman, S. Uperman,Ensemble)
Cory Lingner(Musician,Ensemble)
Skye Mattox(Ensemble)
Michael Rosen(2nd Workman,Ensemble)
Samantha Sturm(Girl in Green,Ensemble)
Cody Williams(Andy,Musician,Waiter, Ensemble)
Mikey Winslow(Ensemble)
Eloise Kropp(Doll Girl)
Ricky Ubeda(Ensemble)
Eloise Kropp(Ensemble,High School Girl,Shawl Girl)
Chip Abbott(Swing)
Paloma Garcia-Lee(Swing)
Kevin Worley(Swing)
Kathryn Terza(Swing)
David Alvarez(Swing)

Production Credits:
John Rando (Direction)
Joshua Bergasse (Choreography)
Beowulf Boritt (Scenic Design)
Jess Goldstein (Costume Design)
Jason Lyons (Lighting Design
Kai Harada (Sound Design)
Leah Loukas (Hair Design)

Other Credits:
Lyrics by: Betty Comden and Adolph Green
Music by: Leonard Bernstein
Book by Betty Comden and Adolph Green

3人の水兵さんが24時間の休暇をもらってニューヨークに遊びに出るという物語です。
緞帳には米国国旗、開幕前には米国国家斉唱、全員起立です。
オープニングはニューヨークニューヨーク、これでもうなんだか血が猛りますねw
ダンスと歌で楽しませて後になにも残らない娯楽大作、どこかの娯楽作家が書いたような。。
バッテリーパーク、自然史博物館、カーネギーホール、タクシーwとニューヨーク名所をめぐっ
て24時間の前半で恋人をつくっちゃいます。太っちょタクシードライバーの彼女の迫力
たるやすさまじい。恐竜の骨が動いたのにもびっくり。
2幕は皆でデート。まあ24時間でいろいろあって船に帰っていくという、まるで男の夢の
ような物語。この作品も頭を空っぽにしてダンスと歌を楽しめる作品でした。





拍手[1回]




題名:The Sleeping Beauty
劇場:Metropolitan Opera House
日時:2015年5月30日14:00-16:50(途中休憩2回あり)
料金:Side Parterre 95USD+手数料 6USD
座席:SECTION: Side Parterre ROW: 12 SEAT: 3
劇団:American Ballet Theatre
出演:
S. Lane
H. Cornejo
D. Teuscher
N. Raffa
S. Brandt
B. Hoven
S. Abrera

COMPOSER:Peter Ilyich Tchaikovsky
CHOREOGRAPHY:Marius Petipa
CHOREOGRAPHY:Alexei Ratmansky
SET DESIGN:Richard Hudson
COSTUME DESIGN:Richard Hudson
LIGHTING DESIGN:James F. Ingalls

ABT初演版。
1幕は誕生祝いパーティからはじまります。群舞もさることながら妖精のソロが楽しい、黄色いのは小鳥が
モチーフ?遅れて登場する黒い妖精はたしかに暗黒面の迫力、お供にネズミどもを引き連れてそこだけ黒く
なってました。足先がきれいですねえ、今回は2階席なので足元までばっちり。
オーロラ姫が大きくなったのちのパーティでようやく姫が登場、まわりより一段と重力を無視している感
あり、宙を飛んでいるかのようです。
これまた静止がぴたりと絵になる。アラベスクした状態で男にてを引かれてぐるりと回る(なんていうん
ですか?)パターンでは微動だにせずぐるぐるぐるぐる、終了時に場内大拍手!
そしてどこからともなく出る糸車で倒れる姫、巻き沿い食ってみんな眠るのっていい迷惑だよなあ、とい
うところで1幕終了、いやあ時差ぼけの2日目昼はダンスがとてもいい感じです。ぼーっとみていて楽しい。

2幕は姫が目覚めるまで。
狩りをしていた王子が妖精に誘導されてずぶずぶと森の中へ。皆が眠っている姿は照明とスモークで見事
に死んだようにみえてました。そしてベッドの上の姫とキス、このシーンが右端で行われたため、なんと
見切れ!(涙)みんなみるみるよみがえって大団円、しかしわたしはフラストレーションw

三幕はお伽噺の主人公たちがたくさん登場、シンデレラ、青い鳥、赤ずきん、猫[白と茶色)
7人の小人に怖いかぶりもの?しかし赤ずきんと狼が一緒に踊るってのはどうなんでしょうw
シンデレラは靴を片方だけしかはかないで登場、青い鳥のジャンプ力はすごかった。
最後は王子とオーロラ姫でしめ、姫は優雅、王子は非常に素早く手足が動きます。足が余分に見える
くらい。しかし最後はワケわからんカオスな楽しい舞踏会でしたね。





拍手[0回]



題名:The Visit
劇場:Lyceum Theatre
日時:2015年5月29日20:00-21:40
料金:BroadwayBox 割引79USD
座席:ORCH L-5

Cast List:
Chita Rivera(Claire Zachanassian) TONY賞 Best Performance by an Actress in a Leading Role in a Musical ノミネート
Tom Neilis(Anton Schell)(代役)
Jason Danieley(Frederich Kuhn)
David Garrison(Peter Dummermut)
Mary Beth Peil(Matilde Schell)
George Abud(Karl Schell)
Matthew Deming(Louis Perch)
Diana DiMarzio(Annie Dummermut)
Rick Holmes(Father Josef)
Ken Krugman((Rudi)(代役)
Chris Newcomer(Jacob Chicken)
Aaron Ramey(Otto Hahnke)
John Riddle(Young Anton)
Elena Shaddow(Ottilie Schell)
Timothy Shew(Hans Nusselin)
Michelle Veintimilla(Young Claire)

Production Credits:
John Doyle (Direction)
Graciela Daniele (Choreography)
Scott Pask (Scenic Design)
Ann Hould-Ward (Costume Design)
Japhy Weideman (Lighting Design) TONY賞 Best Lighting Design of a Musicalノミネート
Dan Moses Schreier (Sound Design)
Larry Hochman (Orchestrations)
David Loud (Music Direction and Arrangements)
Terrence McNally(Book) TONY賞 Best Book of a Musical ノミネート

Other Credits: Best Original Score (Music and/or Lyrics) Written for the Theatre ノミネート
Lyrics by: Fred Ebb
Music by: John Kander
Book by Terrence McNally, based on the play by Friedrich Duerrenmatt


TONY賞 Best Musical ノミネート。
集客率はよくないというデータを見ていたのですが、1階席は満席、私よりも年上の観客ばかり。
なんだかぼろぼろの建物の中に貧乏な人たちが登場、災害によって困窮している町だそうです。
そしてそこに文字通り光り輝くヒロイン登場。この中の人が80歳越えているとは信じられません。
ヒロイン出ただけで場内拍手喝采。
再婚を重ねて大金持ちになったヒロインが、自分を捨てた最初の男に復讐するという話なのですが、
その手段が、市民全員を買収して法を買ってしまう、というもの。暗殺すればきっと1/10000くらいの
コストで済んでしまうでしょうw
貧乏な街のひとたちと富豪のヒロインの対比が著しい。ライティングもその差を増幅しています。
ライティングがノミネートされたのはわかる気がしました。もう話はとにかく荒唐無稽、それに
かなり美しい楽曲とヒロインの力、チタリベラ座長芝居で、チタリベラが神々しければあとは
なんでもよい!という意思がさわやかなくらい出ている舞台でした。最後は復讐を果たして棺桶に
入れて幕。
カーテンコールはチタリベラが出ると全員スタンディングオベーションとなりました。
なんか変な方向にすごい作品です。
これは日本キャストで上演は無理だろうなあ。杉村春子とか森光子でもいれば別でしょうが。。。





拍手[1回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析