忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



題名:On the Town
劇場:Lyric Theatre (formerly Foxwoods Theatre)
日時:2015年 2時間半
料金:Broadway BOX 割引 109USD
座席:ORCH H列センター

Synopsis:
Three sailors, on a 24-hour shore leave at the end of World War II, take New York by storm as they search for "Miss Turnstiles," a poster girl on a subway display card. They discover instead the sights of New York City and three nice young women. Includes "New York, New York (It's a Wonderful Town)" "Come Up to My Place" and "Lonely Town." Based on a concept by Jerome Robbins.

Casts:
Tony Yazbeck(Gabey)
Jay Armstrong Johnson(Chip)
Clyde Alves(Ozzie)
Megan Fairchild(Ivy Smith)
Elizabeth Stanley(Claire De Loone)
Alysha Umphress(Hildy)
Michael Rupert(Pitkin)
Allison Guinn(Lucy Schmeeler,Nun,Singer)
Phillip Boykin(Workman,Miss Turnstiles’ Announcer,Dream Coney Island Master of Ceremonies,Bimmy)
Stephen DeRosa(3rd Workman,Bill Poster,Figment,Actor,Nedick's Attendant,Diamond Eddie’s Master of Ceremonies,Conga Cabana Master of Ceremonies, Conductor)
Julie Halston(Maude P. Dilly,Little Old Lady,Diana Dream,Dolores Dolores)
Tanya Birl(High School Girl,Ensemble)
Angela Brydon(High School Girl,First Danc)
Julius Carter(Policeman, Ensemble)
Kristine Covillo(Lonely Town Girl,Ensemble)
Lori Ann Ferreri(Flossie's Friend,Ensemble)
Stephen Hanna(Lonely Town Sailor,Ensemble)
Brandon Leffler(Tom,Policeman,Ensemble)
Jess LeProtto(4th Workman, S. Uperman,Ensemble)
Cory Lingner(Musician,Ensemble)
Skye Mattox(Ensemble)
Michael Rosen(2nd Workman,Ensemble)
Samantha Sturm(Girl in Green,Ensemble)
Cody Williams(Andy,Musician,Waiter, Ensemble)
Mikey Winslow(Ensemble)
Eloise Kropp(Doll Girl)
Ricky Ubeda(Ensemble)
Eloise Kropp(Ensemble,High School Girl,Shawl Girl)
Chip Abbott(Swing)
Paloma Garcia-Lee(Swing)
Kevin Worley(Swing)
Kathryn Terza(Swing)
David Alvarez(Swing)

Production Credits:
John Rando (Direction)
Joshua Bergasse (Choreography)
Beowulf Boritt (Scenic Design)
Jess Goldstein (Costume Design)
Jason Lyons (Lighting Design
Kai Harada (Sound Design)
Leah Loukas (Hair Design)

Other Credits:
Lyrics by: Betty Comden and Adolph Green
Music by: Leonard Bernstein
Book by Betty Comden and Adolph Green

3人の水兵さんが24時間の休暇をもらってニューヨークに遊びに出るという物語です。
緞帳には米国国旗、開幕前には米国国家斉唱、全員起立です。
オープニングはニューヨークニューヨーク、これでもうなんだか血が猛りますねw
ダンスと歌で楽しませて後になにも残らない娯楽大作、どこかの娯楽作家が書いたような。。
バッテリーパーク、自然史博物館、カーネギーホール、タクシーwとニューヨーク名所をめぐっ
て24時間の前半で恋人をつくっちゃいます。太っちょタクシードライバーの彼女の迫力
たるやすさまじい。恐竜の骨が動いたのにもびっくり。
2幕は皆でデート。まあ24時間でいろいろあって船に帰っていくという、まるで男の夢の
ような物語。この作品も頭を空っぽにしてダンスと歌を楽しめる作品でした。





拍手[1回]

PR



題名:The Sleeping Beauty
劇場:Metropolitan Opera House
日時:2015年5月30日14:00-16:50(途中休憩2回あり)
料金:Side Parterre 95USD+手数料 6USD
座席:SECTION: Side Parterre ROW: 12 SEAT: 3
劇団:American Ballet Theatre
出演:
S. Lane
H. Cornejo
D. Teuscher
N. Raffa
S. Brandt
B. Hoven
S. Abrera

COMPOSER:Peter Ilyich Tchaikovsky
CHOREOGRAPHY:Marius Petipa
CHOREOGRAPHY:Alexei Ratmansky
SET DESIGN:Richard Hudson
COSTUME DESIGN:Richard Hudson
LIGHTING DESIGN:James F. Ingalls

ABT初演版。
1幕は誕生祝いパーティからはじまります。群舞もさることながら妖精のソロが楽しい、黄色いのは小鳥が
モチーフ?遅れて登場する黒い妖精はたしかに暗黒面の迫力、お供にネズミどもを引き連れてそこだけ黒く
なってました。足先がきれいですねえ、今回は2階席なので足元までばっちり。
オーロラ姫が大きくなったのちのパーティでようやく姫が登場、まわりより一段と重力を無視している感
あり、宙を飛んでいるかのようです。
これまた静止がぴたりと絵になる。アラベスクした状態で男にてを引かれてぐるりと回る(なんていうん
ですか?)パターンでは微動だにせずぐるぐるぐるぐる、終了時に場内大拍手!
そしてどこからともなく出る糸車で倒れる姫、巻き沿い食ってみんな眠るのっていい迷惑だよなあ、とい
うところで1幕終了、いやあ時差ぼけの2日目昼はダンスがとてもいい感じです。ぼーっとみていて楽しい。

2幕は姫が目覚めるまで。
狩りをしていた王子が妖精に誘導されてずぶずぶと森の中へ。皆が眠っている姿は照明とスモークで見事
に死んだようにみえてました。そしてベッドの上の姫とキス、このシーンが右端で行われたため、なんと
見切れ!(涙)みんなみるみるよみがえって大団円、しかしわたしはフラストレーションw

三幕はお伽噺の主人公たちがたくさん登場、シンデレラ、青い鳥、赤ずきん、猫[白と茶色)
7人の小人に怖いかぶりもの?しかし赤ずきんと狼が一緒に踊るってのはどうなんでしょうw
シンデレラは靴を片方だけしかはかないで登場、青い鳥のジャンプ力はすごかった。
最後は王子とオーロラ姫でしめ、姫は優雅、王子は非常に素早く手足が動きます。足が余分に見える
くらい。しかし最後はワケわからんカオスな楽しい舞踏会でしたね。





拍手[0回]



題名:The Visit
劇場:Lyceum Theatre
日時:2015年5月29日20:00-21:40
料金:BroadwayBox 割引79USD
座席:ORCH L-5

Cast List:
Chita Rivera(Claire Zachanassian) TONY賞 Best Performance by an Actress in a Leading Role in a Musical ノミネート
Tom Neilis(Anton Schell)(代役)
Jason Danieley(Frederich Kuhn)
David Garrison(Peter Dummermut)
Mary Beth Peil(Matilde Schell)
George Abud(Karl Schell)
Matthew Deming(Louis Perch)
Diana DiMarzio(Annie Dummermut)
Rick Holmes(Father Josef)
Ken Krugman((Rudi)(代役)
Chris Newcomer(Jacob Chicken)
Aaron Ramey(Otto Hahnke)
John Riddle(Young Anton)
Elena Shaddow(Ottilie Schell)
Timothy Shew(Hans Nusselin)
Michelle Veintimilla(Young Claire)

Production Credits:
John Doyle (Direction)
Graciela Daniele (Choreography)
Scott Pask (Scenic Design)
Ann Hould-Ward (Costume Design)
Japhy Weideman (Lighting Design) TONY賞 Best Lighting Design of a Musicalノミネート
Dan Moses Schreier (Sound Design)
Larry Hochman (Orchestrations)
David Loud (Music Direction and Arrangements)
Terrence McNally(Book) TONY賞 Best Book of a Musical ノミネート

Other Credits: Best Original Score (Music and/or Lyrics) Written for the Theatre ノミネート
Lyrics by: Fred Ebb
Music by: John Kander
Book by Terrence McNally, based on the play by Friedrich Duerrenmatt


TONY賞 Best Musical ノミネート。
集客率はよくないというデータを見ていたのですが、1階席は満席、私よりも年上の観客ばかり。
なんだかぼろぼろの建物の中に貧乏な人たちが登場、災害によって困窮している町だそうです。
そしてそこに文字通り光り輝くヒロイン登場。この中の人が80歳越えているとは信じられません。
ヒロイン出ただけで場内拍手喝采。
再婚を重ねて大金持ちになったヒロインが、自分を捨てた最初の男に復讐するという話なのですが、
その手段が、市民全員を買収して法を買ってしまう、というもの。暗殺すればきっと1/10000くらいの
コストで済んでしまうでしょうw
貧乏な街のひとたちと富豪のヒロインの対比が著しい。ライティングもその差を増幅しています。
ライティングがノミネートされたのはわかる気がしました。もう話はとにかく荒唐無稽、それに
かなり美しい楽曲とヒロインの力、チタリベラ座長芝居で、チタリベラが神々しければあとは
なんでもよい!という意思がさわやかなくらい出ている舞台でした。最後は復讐を果たして棺桶に
入れて幕。
カーテンコールはチタリベラが出ると全員スタンディングオベーションとなりました。
なんか変な方向にすごい作品です。
これは日本キャストで上演は無理だろうなあ。杉村春子とか森光子でもいれば別でしょうが。。。





拍手[1回]



題名:サザンオールスターズ LIVE TOUR 2015 「おいしい葡萄の旅」
劇場:東京ドーム
日時:2015年5月23日18:00-21:30
料金:9000円
座席:アリーナD8ブロック 10列1番







サザン初体験。チケットは座席引換券で、入り口で座席券と交換。
なるほどこれならなかなか商売できませんよね。
ステージの奥に巨大画面が5つ。
「美味しい葡萄ライト」が配られてみんな手にはめる。
そしてあるタイミングになると突然光り始める!
色も変わる!!会場全体がそのライトの色に!!金かかってますねえ。
ダンサーも20人はいたでしょうか。巨大ステージに負けずと踊る。
そして3時間半歌いっぱなし!トークなんてない。
歌に物語が充満している、エロと社会がてんこ盛り!!
すごい経験でしたよ。また聞きたい。

セットリスト:
1 Tarako
2 ミス・ブランニュー・デイ (MISS BRAND-NEW DAY)
3 青春番外地
4 ロックンロール・スーパーマン~Rock'n Roll Superman~
5 彼氏になりたくて
6 バラ色の人生
7 Missing Persons
8 平和の鐘が鳴る
9 イヤな事だらけの世の中で
10 はっぴいえんど
11 天井棧敷の怪人
12 ワイングラスに消えた恋
13 よどみ萎え、枯れて舞え
14 顔
15 Happy Birthday
16 死体置場でロマンスを
17 Computer Children
18 栞(しおり)のテーマ
19 あなただけを ~Summer Heartbreak~
20 真夏の果実
21 おいしいね~傑作物語
22 Soul Bomber(21世紀の精神爆破魔)
23 (The Return of)01MESSENGER ~電子狂の詩~
24 ブリブリボーダーライン
25 道
26 栄光の男
27 東京VICTORY
28 アロエ
29 マチルダBABY
30 エロティカ・セブン
31 ボディ・スペシャルII
32 マンピーのG★SPOT

アンコール
33 匂艶THE NIGHT CLUB
34 ピースとハイライト
35 みんなのうた
36 蛍







拍手[0回]





題名:Smile of Angkor
劇場:Smile  of Angkor Grand Theatre(シェムリアップの街中から車で15分程度)
日時:2015年5月4日19:30-20:45
料金:Web直接予約割引25USD(定価40USD, 旅行代理店を通せばディスカウントあり)
座席:10列19番(客席中央付近)
URL:http://www.smileofangkor.info/
Smile of Angkor tells the story of the Khmer empire and its wonder Angkor Vat.
Travel through time and see Cambodia as it was a thousand years ago, from its legendary origins to the building of the temple of Angkor Vat.
Smile of Angkor is an evocation of life in the majestic city of Angkor at the time of Suryavarman II. The show is 70 minutes long and is divided into six chapters: “Dialogue with God”, “Glorious Kingdom”, “Resurrection of the Gods”, “Churning the Sea of Milk”, “Prayer for Life and “Smile of Angkor”.
Dialogue with God
A child full of questions comes to Angkor and talks with God. The child travels through time, leading us on a journey to seek the mysterious Angkor Civilization.
smile-of-angkor-26
jayavarman-7Glorious Kingdom
Over one thousand years ago, a great Kingdom established its capital in the forest, creating a heavenly life for both men and gods.
GO UP
Churning the Sea of Milk
This dance describes the legend of a war between the gods (devas) and the demons (asuras) fighting for Amrita, the Elixir of Life.
smile-of-angkor-07smile-of-angkor-28Resurrection of God
This is one of the most beautiful and mysterious relief sculptures and statues of Angkor Vat. Stories depicted in the embossments are revived and extended through the Shiva Dance and the Apsara Dance.
GO UP
Prayer of Life
In this beautiful world, the forest looks like heaven and the peacocks dance gracefully. Lotus is blossoming? holy praying of peace echoes in the world…
smile-of-angkor-10smile-of-angkor-27Smile of Angkor
By smiling,  people  bring  happiness to  each  other  and  become  closer to the Gods. This is the message  of the eternal “smile” of Angkor.
シェムリアップのちょっと郊外にある劇場です。
なにもないところに忽然とあらわれる光り輝く建物!
もうまぶしい!大型バスががんがんのりつけてました。



ロビーでは記念撮影用スポットが!一緒に撮影するのは有料です。



スタッフもアンコールワット風。
ブッフェもあるのですが私は使いませんでした。たぶん中国風。







キャストの大部分が中国人らしい



横長の舞台もまぶしい。最初はがらがらだったのですが開演前にはほぼ満席に!
客のほとんどが中国人団体観光客らしかったです。




中身はアンコールワットの歴史をレーザー光線と中国雑技、それにアプスラダンス
で魅せる、といった感じでしょうか。
とにかくひかりものがまぶしい。
坊さんの大人数での詠唱、石像のかぶりものがシーン的に面白かった。
本水もつかってます。最後には水スクリーンに映像描写も。
まあシェムリアップにいてすることがなくて困ったら見に行ってもいいかもしれません。


拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析