忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[842] [841] [840] [839] [838] [837] [836] [835] [834] [833] [832]


題名:Coppélia
劇場:The Metropolitan Opera
日時:2014年5月31日14:00-16:20(途中休憩あり)
料金:200USD+Web手数料6USD
座席: Center Parterre, Box 26, Seat 1(センターよりちょっと右より最前列)
劇団:American Ballet Theatre
Conductor: Ormsby Wilkins
Swanilda: Sarah Lane
Franz: Daniil Simkin
THE PRODUCTION TEAM
Composer: Léo Delibes
Choreography: Frederic Franklin
Set Design: Tony Straiges
Costume Design: Patricia Zipprodt
Lighting Design: Brad Fields


満員、この作品は初見。全編コミカルで楽しい。
シムキンとヒロインと両方がかわいい。ヒロインとコッペリアの間で
おろおろする姿に客席から笑い出てます。コッペリアのスタチュー
も見事です。2階席は群舞がとてもみやすいですね。毎回2階席
で見たいが高い。ただ目が悪くなりすぎて、裸眼ではひとりひとり
の細部が見えない。Orz.
2幕目はコッペリウスの工房のなか。怖いもの見たさでドキドキし
ながら見ているダンサーたちがこれまたかわいい。人形のスタチュー
さと人形ぶりがみていておもしろい。
そしてコッペリアになりすましたヒロインとコッペリウスのからみが
これまたたのしい。しかしコッペリウスはあっというまに金で転ぶ
んですね。しかし最後にばらすのかあ。
楽しさパワーアップの2幕でした。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析