忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[845] [844] [843] [842] [841] [840] [839] [838] [837] [836] [835]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



題名:Hedwig & the Angry Inch
劇場:Belasco Theatre
日時:2014年6月1日19:00-20:48
料金:Telecharge 手数料込 163.25USD
座席:ORCHESTRA Row L, Seat 9
Michael Mayer (Direction)
Spencer Liff (Musical Staging)
Julian Crouch (Scenic Design)
Arianne Phillips (Costume Design)
Kevin Adams (Lighting Design)
Timothy O’Heir (Sound Design)
Ethan Popp (Music Supervision)
Lyrics by: Stephen Trask
Music by: Stephen Trask
Book by: John Cameron Mitchell
出演:
HEDWIG:NEIL PATRICK HARRIS
YITZHAK:LENA HALL
GUITAR, KEYBOARDS, VOCALS:JUSTIN CRAIG
BASS, GUITAR, KEYBOARD, VOCALS:MATT DUNCAN
GUITAR, VOCALS:TIM MISLOCK
DRUMS, VOCALS:PETER YANOWITZ



満員立ち見。
男性が多いかと思ったらそんなことはなくて年配のカップルが
多い雰囲気。でも女性もいましたね。
舞台の両側にバンド、まんなかには朽ちた自動車、後方空中
には自動車の壊れた部品、背景は廃墟の町。舞台の縁も壊
れた建造物、世紀末救世主伝説みたいw
すぐに背景ははずされてステージドアが見えます。
ヘドウィッグは当初は最初はデニムの上下、ホットパンツ。
オープニングはベラスコ劇場の歴史を語り始めました。
ボックス席あたりで怪人がでるんだってw
車のボンネットにはいって頭だけだしていたかとおもったら
キラキラ輝くまるで小林幸子のような扮装。頭からいっぱい
張り出してまるでライオンクイーン。
すぱっと脱いだら今度は黒のワンピース、
きらきらちかちか輝く光線ばかりがんがんもりあがっておりました
エンディングは廃車がぐぐぐっと上にもちあがって舞台上に
消えてしまう。。その後ろから裸のヘドウィグ登場。
いやあ良い体してます。
場内の盛り上がりはすごく、リバイバル賞受賞もうなずけます。
おねえさんは最後はサンバのような衣装。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析