忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[1] [2] [3] [4]


題名:JJF2009 ゲストステージ
日時:2009年10月12日17:30-18:55
劇場:青葉の森公園芸術文化ホール(千葉)
料金:前売り2000円
座席:かなり後方センターブロック
出演:
   池田洋介(いけだようすけ)(パントマイム、MC)
   長畑伸作(ながはたしんさく)(棒術、ダンス)
   桔梗ブラザーズ(クラブなど)
   Lorenzo Mastropietro (ロレンツォ マストロピエトロ)(ハット イタリア)

池田さんが進行、その間に長畑さんと桔梗ブラザーズのパフォーマンス、
トリがLorenzoさんとなっておりました。
池田さんのネタはおもしろい。観客の感覚をすこしずつはずして、惑わせます。
狂言回しというか、曲芸やダンスの間に心をリセットさせる効果もあるようです。
箱をくるくる回して組み合わせると数字になるのはパズルみたいで驚かされました。
映像と音とのシンクロやマジックを活用して面白い場が形作られていました。
長畑さんはスタッフを操るシルエットが美しい。もっといろんな動きをみせてくれそうです。
桔梗兄弟はボールとクラブ、最多11本のパッシングまでありました。
トリは唯一の海外ゲストLorenzoさん、これがBGMなしの無音なのです。
音なしで客席全体を集中させてしまう、技の凄さは格別、BGMなしの無音なのにそれが
かえって心地よいテンションの高さでした。
ハットというと出来るパターンは限られているという印象を素人の私は持ってしまっていました
が、それをまったく覆すような技がいくつも炸裂。ハットを口にくわえておき、首を振ってハットを
投げ、首の後ろを通して、足先にひっかける、、文字にしてみるとそんなことが出来るとは
思えませんねw 足に引っ掛けた状態からハットを蹴り上げてピルエット!そして再度足に
ひっかける!5ハットマニピュレーションは、よくぞまあこんなに身体の上にハットを載せて
コントロールできるものだと感心。投げても凄い、さりげなくアルバートはでるし、5ハット
を美しく投げて終了、と思いきやなんと6ハット。片手に2個ずつもち、1個を頭、1個を口に
加えてのスタート。いやーすごいものを見ました。ハットをやってみたくなりましたよ。

拍手[0回]

PR


題名:EJC2008 Galashow
日時:2008年8月9日20:30-23:30(途中休憩あり)
劇場:the Brahmssaal in the Karlsruher Stadthalle(カールスルーエ、ドイツ)
料金:EJC2008通し料金120EURの中に含まれる
座席:劇場中央(たぶん12列目)

私のガラショーのチケットは8時半からのものです。
7時にはシャトルバスに乗ってガラショーの会場に到着!
会場は市の中央にある多目的ホールで、会場名は
the Brahmssaal in the Karlsruher Stadthalle
収容人数1700名という大きなホール。これを3回まわさないと
さばききれないのですから、EJCの規模がわかるというもの。
しかし見事な読みですね>3回
ガラショーの料金はEJC通し参加費用 120EURに含まれていました。
会場に着いても開場は7時45分、中にはいれません。扉の前で
座って待ちます。人々がたくさん集まってくると、じきに
誰かが膨らましたバルーンがそこここで飛んでました。
開場は結局8時、そこで客席までかけあがり、、、客席にはいる
扉の前でまた10分ほど待ちぼうけ、ようやくはいれたのは開演
20分前でした。皆ダッシュしている割には混乱はまったくなく、
客入れはすんなり。やっぱりなんとなくの仲間意識が利いてい
るのでしょうね。この劇場は全体が扇型になっており、真ん中
10列目程度までは客席の傾斜がなく平らです。11列目からは
なだらかな階段状、通路をはさんで奥は角度が急な階段状の
全体としてすり鉢を半分に割ったような客席です。椅子の背に
は引き出し型の机がありました。開演前には舞台に今回のEJCの
様子を写したスライドが次々と映し出されていました。本当に
皆楽しそう。



さて開演、MCはなんと「手」、右手さんと左手さんが舞台の上に
あわられて会話を始めました。その後番組のあいだにギャグを
とばしたり、影絵で登場したりと大活躍でしたよ>「手」
最初はチリからきたクラブパッシング2人組、一人がかなり
遠距離からキックアップしたクラブをもう一人がキャッチして
始める5クラブ、5クラブの丸ごと背中への投げわたし、1カウント
の鉞?私はクラブパッシングをあまり見慣れていないので、
初めて見るパターンが多かったので楽しめました。
次はロシアからきたボール使い、5ボールのマルチ、3ボール高速、
最後は両手に4個づつもって1個キックアップしての9ボール
フラッシュ(だよね)でした。
その次はピアノ+ディアボロ、トレスパスです。グランドピアノ
が舞台中央に設置され、弾き始められました。ピアノの中から
出てくるディアボロ(^^;) 弾き手とは別に、雰囲気のある男女が
グランドピアノの「上」で1個のディアボロを使って演技を始めます。
生音と相まって、曲芸を見ていると言うよりダンス鑑賞をしている
気分。これはこれで素晴らしい。後半は二人で2個または3個の
ディアボロを使っての激しい演技、グランドピアノ上という狭い
空間でよくも見事にぶつからずに技を繰り出せるものだと感心
するばかりです。難易度はかなりのものでしょう。それを優雅に
見せるのですから素晴らしい。これはまた見たい。。
次はまたロシアから来た足芸のおねえさん。まず寝転がって、
両足をぐにゃっと絡ませます。まるで関節が余分にあるみたい。
4リングを両手両足でジャグる姿が印象的、巨大なリング(でも
さほど幅はない)を色々な方向に回転させるのがきれい、これは
昔の日本でも樽でやってた芸なんだろうなあと思いましたよ。
最後は細長い円筒を縦方向に蹴ってまわす芸で拍手!
次はUSのクラブ・リング。すごく確実な芸です。
それからトレスパス再登場、今度はディアボロがピアノの上で
回ってます。軸に仕掛けがしてあって、曲独楽のように回り
続けるのです。色んなところに立てたり、糸渡りをしたりまさしく
曲独楽!
1幕の最後はスイスからきた3人組による曲にあわせた無言どた
ばたコメディショー。かなり身軽なのですが、アクロバットを
するわけではなく、形態模写やどつきのタイミングで笑わせて
いました。わからないネタがいくつもあったのはちょっと残念。
客席にはとても受けていたので地元民向け番組なんでしょうか。

さて15分の幕間、客席ではクラブパスやってる人たちもいます。
でも誰も気にしません、いやーいい雰囲気だなあ。
1幕間の後がすごかった。原始人のようなかっこうの3人組
がでてきて、クラブを2本もってリズムを取り始めます。場内も
あわせて手拍子、そして、、トランポリンを使って、真ん中で
飛び跳ねながらパッシングや手渡し!空中回転してパスした時
は見てて目が点になりましたよ。飛び跳ねた下をパスや、人の
高速回転、跳んでいるメンバーを含んだパスパターンなどもあり、
本当に体を張った曲芸を見ているんだなあとしみじみ感心しま
した。私はこの番組が今回の芸の中で一番好きです。この番組
なら日本に呼んでもかなり受けるでしょうね。
次はドイツ地元のトーマスディーツ、サラリーマンからスーパー
マンへ変身して、ばりばり投げます。7ボールからピルエット
はすごい、そしてdb97531を2度目で成功!ボールが空中できれ
いに並ぶのですねえ。
次はスイスから来たハット使い。ハットを使ってトス系の技を
かなりきれいに行っていました。最大5ハット。
次はカナダからきた、組体操のペア、掌の上での人間スピンが
きれい。
さあこのあたりになるともうおなか一杯で何がなにやらという
感じになってきました(汗)
次はカンフーというか義経と牛若丸を模した?シューズ強盗と
取られまいとする男の対決。クラブ2本ずつ持って、まるで殺陣を
見ているような動きでのパス、本当に素晴らしいタイミングで
流れるように動いてパスを繰り出します。これは絵になります。
次はロシアのリング使い。リングってあらゆる方向に回転させ
られるのね、ということを認識させられる芸でした。この人は
体育館の練習においても遠くからでもはっきりとわかる違いを
見せ付けてましたよ。
最後は台湾からきたディアボロで締め!
幕間含めての3時間はあっという間だったような気もしました。
あまりに詰め込みすぎて消化までに時間がかかりそうです。



番組内容は後でボードに張られました。

拍手[0回]



題名:堀の外のジャグリング第参回公演
日時:2008年6月28日14:00-16:00
劇場:深川江戸資料館小劇場(東京都江東区)
料金:事前予約2800円
座席:3列目センターブロック左端
出演:
小林智裕/SOBUKI/サリバン&NoB(ミスサリバン NoB)/
ながめくらしつ(目黒陽介 松田昇 池部淳 小春)/
on-sa(chie ハードパンチャーしんのすけ)
ゲスト: 舞丸(司会・口上)(極楽興行社)
照明:寺田重男
音響:石井幸恵
舞台監督:浅井美保
制作:奥村優子
企画:ハードパンチャーしんのすけ
主催:有限会社にぢゅうまる企画
協賛:ナランハロゴジャグリングショップ ナランハ
後援:特定非営利活動法人 日本ジャグリング協会
番組:
   トランク Vol2 予告編上映
  鶴丸       フクスケ口上と見世物
  SOBUKI      「遊」
  サリバン&NoB 「満ち足りた夢」
  小林智裕     「LOOP」
  ながめくらしつ  「ながめくらしつ」
  on-sa    「summetric echo 」

9割程度の入り。この劇場の定員は300ですから、なかなかよい入りではないでしょうか。
普通の舞台より観客の平均年齢が低いですねえ。大半が大学生かそれ以下のように見えます。
まずはビデオによるトランクVol2の予告編。見にいきたいけれどいけるかなー。
開幕は舞台袖に出現したフクスケ人形(後ろに黒子)の口上で見世物小屋の気分に。
オオイタチ、カッパ、ベナ、と3連発。最後のは中国産で牛でも、豚でも、鳥でも溶かしてしまう
という、、中華なべをひっくりかえしたものでした。私はこの手の脱力系見世物も好きだったり
するのでOKなのですが、普通の人はどう感じたのか興味あるところです。
各々の番組前にフクスケによる演者紹介が行われました。物語の語りの途中からその人の紹介に
なっているというパターンもあり。番組間にはフクスケの後ろから黒子が飛び出して、蛸女、
お手玉練習中の女の子、二口女の芸がはさまりました。ジャグリングだけではなく、こういう色物
がはさまるのは舞台構成としてはとても良いと思いますよ。いつもはジャグリングが色物なんです
けどね。
さて、光る物体を操る男、とフクスケから紹介されたSOBUKIさんがトップバッター。最初は暗闇で
光るディアボロを操りました。ディアボロの軌跡が残像として残ってきれい。ただ、演者が見えない
のでエレベータとかはもったいないような気が。それより軌道で何か絵を書いてほしかったですね。
明かりがついた後は、ステージから大道芸の雰囲気にスイッチして、初めての人相手に技の紹介。
マニア向けとして、ディアボロを頭上に投げ上げ、後ろに落としバウンズして股間から前方に戻っ
てキャッチ!というオリジナル技を見事に一回で成功させました。長い芯のディアボロを使って独
楽のように回転させた後、芯を上から磁石でキャッチw。欲を言えば、SOBUKIさんが自ら喋るの
ではなく、フクスケ口上芸とのコラボで演じてほしかったです。そうすればディアボロまで見世物
小屋の雰囲気になったでしょう。
次はサリバンさん、舞台にはクラブが5本、1本からの演技です。NoBさんはギタリスト、生演奏が
つくのっていいですよね、演技に応じて調節しながら伴奏していたようです。クラブ1本ではクラブ
マニピュレーション付のダンス、2本はクラブスウィンギングとマニピュレーションといった風情
なのですが、いやあきれいです。きれいな人がきれいに動くとほんとに美しい。3本ではマニアック
なマニピュレーションとトス、そして最後には5カスケードまでいきました。私は2本の動きが
一番気にいりました。
LOOPは床におかれたリングとそれにあたる丸いスポットライトの周りを回り始めるところから
始まりました。リングが7枚→1枚→7枚、そして最後はオープニングと同じ形で終了。
いつもながら完成度の高い見事な動きです。
ながめくらしつは総勢4人、金管によるもの悲しい響きとともに舞台がはじまり。演技者3人で絵
になる舞台をめざしているように見えます。いたるところでなんとなーく独立に何かが起きている
という状態になっていました。さすがにここに鶴丸さんがはいるのはきびしいか。
途中から伴奏はアコーディオンに変わって、バウンズするボールと音ぴたになっていたりします。
机上に登っての5バウンズ。照明を暗くしてぴんすぽを使い、舞台の端には金属製のあやしいオブジェ、
傘をさしてその上からボールをばら撒いたり、床にボールを転がしたり、単に投げたり、雰囲気を
醸し出すつくり?池部さんが頭と手にクリスタルボールを持って傘をさして舞台の下手から上手まで
歩いたり。松田さんは足の裏にボールを載せたままでんぐり返り、スタチューでいろんな場所に
ボールを載せる、、すごい身体能力ですね。またトスとバウンズを交えてのジャグリングはすごく
安定感があります。ふたり並んで5バウンズと5トスの切り替え、5バウンズのパスでシンクロと
アシンクロ、合計7個で3人でめまぐるしく位置を変えてのパスは非常に見ごたえがありました。
空中にあるボールはたいてい1個なので、人間が動く自由度がかなり高いのですね。
最後は4人が並んで、3人が7個でボックス(人の間のボールは交互にキャッチして投げる)ボール
見て首ふり、最後は演奏者まで首振り。一回失敗して、二度目で成功、楽しい一瞬です。
on-saの舞台には四角い金属枠がひとつ、枠の両側に立ったので鏡と見立ててミラーをするかと
思いきや、枠を押し合いしてます(^^;) 枠から乗り出してのテイクアウト、枠の上の超えるパス
が見事。一人の手が空の状態から、ハンドスティック、センタースティック、ハンドスティック
とパスしてしまうのは初めてみたのでびっくり、なかなかきれいなパターンです。
上下に並んでのパッシング、上へパスして上が2本使い、左右でパスして片方がデュアルプロペラ、
など技としても見ごたえ十分。途中でのChieさんのマイクパフォーマンスもメリハリがついて
おもしろい。欲を言えばトリなんだからフクスケと絡んでほしかったなーと。
いやーおなかいっぱいになりました。感覚的には1時間半程度?だったのですが、気がついたら2
時間経っていたのですね。濃い内容で時間が気にならなかった舞台でしたよ。
来年も続くことを期待してます。次回はもっと大きな団体をみたいなー。

拍手[0回]


題名:Cercles, Transparences and Contrepoint (サークル+透明+コントルポワン)
日時:2007年1月21日15:00-16:30
劇場:BankART Studio NYK/NYKホール
料金:一般3000円
座席:3列目ベンチシート中央
劇団:Les Objets Volants
出演:Denis Paumier, Sylvain Garnavault
番組:
   Cercles
リングとボールを用いた芸
   Transparences
透明な板・筒と、ボールを用いた芸
   Contrepoint
二人が左右や前後に並んでのパッシング各種

劇場は倉庫の一角を区切って作られていました。100人くらいはいって超満員。
入場受付も前説も見たような顔が並んでましたが、まー気のせいでしょう(笑)
ベンチシートとその前のゴザでは膝送りが行われました。ああ、懐かしい。
1幕目はリングを主体とした演技。最初は同心円が三つ紐?でつながっているものを
まわすところから始まりました。大きさが異なる3つのリングでのジャグリングでは
大きいリングの内側を小さなリングが潜り抜けるというパターンがおもしろい。
同じサイズのリング3個でのジャグリングはまあ普通に美しい。リング2個とボール1個、
ボールはリングを潜り抜けるとやはり風変わりなテイストがでます。
ボールを頭でバウンズさせてその間にリングを首にはめていくのはびっくり。
お次は大中小3つのサイズのボール、一番大きなボールはサッカーボールくらいありま
した。そのボールでカスケード、リバース、ボストンメス、ボックス、シャワーなど
見ていてわかりやすい技を連発。普通は地味なボストンメスですが、ボールの大きさ
が異なると見ていて絵になりますね。
2幕目は透明な板や筒を中心とした演技。オープニングでは長さの違う紙の筒を4つ
持ってきて投げ始めました。紙が手にあたると長さによって異なる音色が出て
おもしろい。53を投げて音の順番を変えたり、アシンクロからシンクロに推移
して和音を奏でたり、これだけでずっとやっても舞台になるのではないかと思われる
面白さ。これなら道具を工夫すれば自分でもできるかも?次は透明なチューブ5本
使ったコンタクト?最後は投げもしました。透明な板とボール、透明な筒とボール
の組み合わせもあり。透明な板ではバウンズと板の上の転がしをうまく組み合わせて
板をひっくり返してはまた転がしなどとうまく技がつながっていました。
透明な筒を縦に立てて、ボールに回転をかけて筒にいれると、、、ボールが地面に
つくことなく、8の字を描いて上ってくる!理屈は頭でわかっていても、目の当たり
にすると神秘の動きに見えます。太い筒を通して上に投げ上げ、筒のもう片方の端で
キャッチするという花籠鞠でもあるトリックもありました。筒の中をボールを回転
させておいて筒自体を体の上下左右を通すというのも見ていておもしろい。花籠だと
口径が小さいのでそっち方向に回すには無理がありますね。もうちょい大きなものを
作ればおもしろいパターンが作れる?>花籠
最後はまっすぐな棒の先が円になっているまるで知恵の輪のようなスティック5本に
よる芸、最初は1本でコンタクトを行い、次に何本か組み合わせてコンタクト、最後
には投げていました。おもしろい道具だと思うのですが、労力の割りにお客さんへの
受けはどうなのかなあ。
3幕目は舞台にスクリーンが登場し、そこに三次元ジャグルマスターみたいな動画が
投影されました。その横で二人が横に並んでのコンビ芸。最初は二人で3つのボール、
これでを間延びした感じがしない(手が空いている感じがない)のはすごい。自由度
が高いので縦横無尽なボール捌きができます。それから4つ、ボールが空間に詰まっ
てきて一番いい感じ。ふたり並んで同時にボールを投げ上げて斜めに一直線に並んだ
のはお見事。6個、7個とボールが増えると難易度があがり、ボール密度が高くなるの
ですが、どうしてもパターンのバリエーションに限界あるように思われます。トスだ
けでなく、バウンズもはいるのでパターン自体は豊富なんですが。
ときどきスクリーンに見入るふたり、三次元ジャグルマスターくんは画面の
中を縦横無尽に走り回りながらじゃぐります。ジャグルマスターくんの手が突然伸び
たり、突然分身したり、高速移動したり、超高速ピルエットとか現実にはありえない
ような芸を次々と見せてくれました。
5ボールのトスからバウンズの切り替えとか、二人並んで7ボールのバウンズとか
最後はたくさんのボールを使ってフィニッシュ。二人サイトスワップの妙技を堪能
しました。このひとたちってひょっとしてSiteSwapsのDVDに出てます?なんだか
似たような光景をみたような気が。。
3000円でジャグリングを十分に堪能して帰りました。しかしこの公演を一般観客が
見たらどう思うのか気になりました。
どうなんでしょう?

拍手[0回]

題名:精品雑技晩会
日時:2005年9月28日19:15-20:35(途中休憩あり)
場所:天地劇場(北京)
料金:最前列ブロック100人民元
座席:3列3番(4列目センター付近)
URL:http://www.cncircus.com
番組:(名前は私が適当につけてます)
   大きな輪がくるくる回る
   子供の軟体
   メテオ
   傘のジャグリング
   輪抜け
   帽子ジャグリング
   綱渡り
   ディアボロ
   片手逆立ち軟体
   2本ポール登り降り


バスで団体観光客がたくさんきていました。
当日劇場窓口で購入。座席表を見せてもらうとセンターブロックしか値段がついて
いません。前方から100、150、200、300(VIP席)となっていました。舞台に近いほ
どうれしい私はためらわず100元の席を購入。舞台の高さは最前列に座って目の高
さあたりで、舞台の先端に観葉植物らしき鉢植えがびっしりとならんでいます。最
前列だと葉が邪魔になって見にくいだろうなあ。VIP席はそこだけ黄色い下地に大き
くVIP文字のカバーがかけられてました。他のシートは赤いカバーです。DVD80元、
スーパーで映画のDVDが20元で売られているのを考えると超高いのですが、まあ背に
腹は代えられません。両サイドのブロックはどうやら団体さん用のようです。
外国人観光客も少人数の団体でガイドに連れられてきています。
最初は輪の中に人がはいって転がりまくる演技、これは比較的良く見るのですが、
なんという名前のものなのでしょうか?大人数で迫力満点。
2番目は男女ふたりずつによる子供の軟体、小学1年生くらいでしょう。かわいい&
なんだか不思議。人文字にもなってるような気がするんですが、どうなんだろう?
次は女性4人によるメテオ、最初の場面ではスタッフを回しているものだと思ってし
まいました。ピンと一直線に回されており、基本となる回転が美しいのが印象的です。
仰向けに寝た状態から蹴り上げパッシング、投げてトンボを二回きってのキャッチとか、
投げ上げ技が多い。メテオを片手で回しながら床上位置が変わらない後転の繰り返し
にはびっくりしました。
傘のジャグリングは舞踊的な要素を多少入れて傘自体を投げたり回したりする曲芸
でした。最初はピンスポットで照らされた男女のペアがきらびやかに金箔を貼った傘
を持って踊り始めます。傘を持った女性を男性がリフティングし、男性の首の後ろで
背中合わせになったかと思うと、女性は開いた傘骨の先を足で蹴って回転させはじめ
ました。客席に柄を向けた状態の傘が柄を中心に回っていきます。次は傘を縦回転、
柄と傘の先を交互に蹴ることでくるくるくる。傘の骨の先を片足で持ったかと思うと
こんどは右足から左足へ、左足から右足へ、足で投げて縦に一回転して足でキャッチ!
傘をひっくり返したかとおもうと傘の面を蹴って水平に回しはじめました。次は傘が
ふたつ、片足は柄を下にバランス・片足は傘の面を蹴って水平回転、お次は両足とも
水平回転、その状態から蹴り上げて左右の傘の交換。最後は女性が男性の背中に仰向
けに寝て、片足は正立させた傘の上に傘を倒立させて載せ下の傘の柄を足に乗せてバ
ランスし、もう片足では傘を水平に回転させ、開いている両手では傘を倒立させて
水平に回転させていました。これ読むとくどいですが、見ているともっとくどいです(^^;)
輪抜けは輪を舞台の真ん中にいくつか積んで、左右からがんがんすり抜けるという
最後は輪が5つまで積み重なっていました。
帽子ジャグリングは野原で遊んでいるという見立てでしょうか。移動式の叢が登場
して草に隠れたりでたり、帽子はつばの小さい麦わら帽だと思います。
最初は人間ピラミッドを作って帽子3つ持って両手と頭を使ったジャグリング。
次は一人が円を描いて走り回って帽子4つのシャワー、これは帽子の種類を変えて
ました。次に4人並んで帽子のハーフシャワー、5人がくっついて並んで隣の頭から
帽子を取り、手では逆方向にフィードするというループになる動き。もちろん一個
を投げ上げておいて体術の限りをつくすというのもあり、というかこれが大部分かな。
最後は3人が縦に立って積み重なって、一番上で4つの帽子のジャグリング。
一旦暗転して綱が張られました。綱渡りというとピンと張ったロープを想像しますが、
垂れ下がったロープの真ん中で演技をしていました。びっくりしたのはロープ上での
頭での逆立ち、次は両手でロープを握って逆立ちして移動、そしてロープの上に金
属製の梯子を斜めに置いてその上に載ってのバランス。いったい何がどうなって
いるのやら。フィニッシュはロープ上で一輪車回してました。
ディアボロは小学生程度の女の子たちの演技、基本的には1個を投げておいて体の
さばきで魅せるというもの。ハイトスの正確さはすばらしい。投げておいて
2回とんぼ切ったところにちゃんと落ちてきます。投げ上げたところに後ろから
走りこんできて背中に駆け上がってキャッチ!そしてまた投げ上げてとんぼを
切って降りてキャッチ!投げ上げておいて縄跳び4回とか脈動感に溢れていました。
次のバーの上に片手で体をささえて(つまりずっと片手逆立ちし続ける)
おいての軟体でした。冒頭の軟体がかわいい子たちだったのと対照的にこちらは
妙齢のおねいさん。
最後の演目は高いポールがふたつ舞台の上に立ち、そのポールに登って見得を切っ
たり、ポール間を飛び移ったりするものでした。腕をポールに垂直にした状態で登
るのにはびっくり、手以外の体がポールから離れた状態で登っていくのです。
大人が逆立ちした状態でポールに昇り、片膝を曲げておいて、その上に子供が手を
離して座り込むという瞬間芸もありました。フィナーレは、最上部から片足だけ
命綱をはめて下向きになり片手に紐をつけてその紐に人がぶら下がりくるくる
回転するというものでした。ポールでは各種飛び移りの芸があるのですが、下で
待機する人数にばらつきがありました。同じような背格好なので体重に差もない
ようだし見かけ以上に技によって危険度に差があるんでしょうかねえ。
インターミッションを除いて実質1時間10分の公演ですが、見終わるともうおなか
いっぱいになりました。

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析