忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[80] [79] [77] [78] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

題名:十戒
日時:2005年3月4日19:00-21:30(途中休憩あり)
劇場:国立代々木競技場第一体育館
料金:招待券でみました(S席13500円)
座席:アリーナ席Pブロック9列目4番(アリーナ席左端最後列)
出演:
モーゼ:Sergio Moschetto
 ラムセス:Ahmed Mouici
 ネフェルタリ:Ginie Line
 ヨケベッド:Anne Warin
 ヨシュア:Pablo Villafranca
アロン:Fabian Richard
 セフォラ:Clarisse Lavanant
ビティア:Lidia Malgieri
 ミリアム:Anissa Stilli

TV局の招待券で見ました。受付にあった招待券のリストはすごく厚く、
少なくとも数百枚がでていたようです。本日東京初日。
私が座った席はアリーナ席の最後列の左端で舞台中央奥見切れでした。
でもS席。これをS席といって金出してたら怒るだろうなあ。
私たちが座ったところより2階のほうが見やすいと思います。

こんなミュージカルはじめて、字幕で物語が進みます。それもがんがん。
粗筋は全て字幕。ト書きですな。舞台では物語が進みません。
どうもミュージカルより筋書きがあるコンサートといった風情です。
もちろん物語に感動はありません。終わりのほうは筋が破綻してましたが、
えーとほんとの筋は脱走した奴隷をおっかけてエジプト軍がせめてくるのを
海割って逃げ切る、そいで海が戻ってエジプト軍沈没でしたね?
それがファラオとモーゼが抱き合ってしまい、それを軍と民が後からひっぱって
分かつというもの。
海が割れたのはいつのタイミングかよくわかりませんでした。
海はすごくたくさんのスモークで表現しておりました。
ダンサーとシンガーがしっかり分かれています。ダンサーはそれなりに
動けるのに、、すごくぬるい振付。そろってもいません。ただいちばん
バルクアップされている兄さんたちの筋肉はなかなかよかったので双眼鏡
で見てました。アクロバティックな動きの方がとくいなのかも。トランポリン
を使ってがんがん飛び跳ねていました。
シンガーは遠目からでは唄っているかどうかわかりません。双眼鏡でようやく
誰が口を開けているかわかる程度。皆口パクじゃないかなあ。ダンサーも
シンガーも美形。なんか流れていってしまう
曲ばかりで、お尻まで響く重低音が鳴ってるにも関わらず聞いていて眠く
なりました。キャストは50人くらいいるのにたくさん出ているという感じが
しません。大勢の乱闘シーンでも20−30人位しか舞台に出てません。
40m*12mの巨大な舞台とうたっていますが、でかくする必然性はほとんど
ありません。ちょっと演出かえるだけで普通の劇場で十分可能でしょう。

ミュージカルというよりコンサートを皆が良く知っている筋書きでやってる
と思った方がいいでしょう。聖書なんて読んだことない連中がほとんどの日本で
やるのは無理な内容かもしれません。
カーテンコールは無理やり立たせて舞台の前方に集めて1曲歌いました。最後に
日本人歌手がスペシャルゲストとして出てきて唄ったのがいちばんまともでした。
えーと誰だっけ?

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析