忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[789] [788] [787] [786] [785] [784] [782] [781] [780] [779] [777]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



題名:風月主~美しきファランの禁断の愛
劇場:六本木アミューズミュージカルシアター
日時:2013年6月22日12:00-(途中休憩あり)
料金:招待券でみました(SS7800円 S6800円)
座席:前方右側
演出:イ・ジェジュン
台本:チョン・ミナ
作曲:パク・ギホン
音楽監督:ク・ソヨン
出演:
イ・ジュガン(ヨル役)
キム・ジェボム(サダム役)
<ストーリー>
古代新羅、男性妓生たちが身分の高い女性たちに喜びを与えて接待をする
“ウンル”という場所が存在した。それぞれの事情を抱え、ウンルに集まっ
た男たち。それらを、人々は風と月の主(あるじ)、“風月主”と呼んだ。
お客様を満足させなければ、その場で殺されることもある存在の“風月主”。
ウンルで最も人気の高い風月主である “ヨル(熱)”は血の改革をしてい
る残酷な女王、“真善”の絶対的な愛情を受けているが、彼の心はウンル
の同僚であり長年の友人である“サダム”に向かっている。 “真善”は、
“ヨル”に権力と天下を約束して入宮を命じるが、“ヨル”は“サダム”
から決して離れはしないと拒絶する。これを知った“真善”は、“サダム”
を脅迫し、遠ざけようとする。 決してかなうことはない思いを抱きながら
お互いを愛するヨルとサダム、そして真善。 相手のために、自分のため
に、彼らが選んだ運命とは…。



舞台を左右から詰めて狭くして使っていました。
キャストも少なく小劇場ミュージカルの典型でしょう。
舞台は妓楼、この世界では妓楼に男がおり、客は女。
貴族と女王、子作りに成功して、狙いの男を婿にして王宮につれていこう
とするが、男には好きな男があり、王宮入りを断ってしまいます、
恋人の方を脅迫する女王、彼らは手に手を取って、、、
コミックで男女が入れ替わった「大奥」がありましたが、その朝鮮版とで
もいう内容。BLの薫りもあり、イケメンキャストを楽しむための舞台
と言えるでしょう。



拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析