忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[786] [785] [784] [782] [781] [780] [779] [777] [774] [773] [772]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



題名:Annie
劇場:Palace Theater
日時:2013年6月8日20:00-
料金:手数料込154.45USD
座席:ORCH, row A, seat 102
Production Credits:
James Lapine (Direction)
Andy Blankenbuehler (Choreography)
David Korins (Scenic Design)
Susan Hilferty (Costume Design)
Donald Holder (Lighting Design)
Brian Ronan (Sound Design)
Wendall K. Harrington (Projection Design)
Todd Ellison (Musical Direction)
Michael Starobin (Orchestrations)
Alex Lacamoire (Dance Music Arrangements)
Patrick Vaccariello (Music Coordination)
Lyrics by: Martin Charnin
Music by: Charles Strouse
Book by: Thomas Meehan
出演:
MISS HANNIGAN:JANE LYNCH
DADDY WARBUCKS:ANTHONY WARLOW
ANNIE:LILLA CRAWFORD
GRACE FARRELL:BRYNN O'MALLEY
ROOSTER HANNIGAN:CLARKE THORELL
LILY ST. REGIS:J. ELAINE MARCOS
JULY:MADI RAE DIPIETRO
TESSIE:JUNAH JANG
PEPPER:GEORGI JAMES
KATE:TYRAH SKYE ODOMS
DUFFY, U/S ANNIE:TAYLOR RICHARDSON
MOLLY:EMILY ROSENFELD
STANDBY FOR MOLLY, KATE, TESSIE, JULY, DUFFY:BROOKLYN SHUCK
STANDBY FOR ANNIE, TESSIE, DUFFY, JULY & PEPPER:SADIE SINK
STANDBY FOR ANNIE, PEPPER, DUFFY, JULY:JAIDYN YOUNG
ENSEMBLE:ASHLEY BLANCHET
ENSEMBLE:JANE BLASS
ENSEMBLE:MARY CALLANAN
BERT HEALY:JEREMY DAVIS
FDR:MERWIN FOARD
DRAKE, ENSEMBLE:JOEL HATCH
SWING:DANETTE HOLDEN
SWING:FRED INKLEY
ENSEMBLE:AMANDA LEA LAVERGNE
SWING:DESI OAKLEY
ENSEMBLE:KEVEN QUILLON
SWING:DAVID ROSSETTI
ENSEMBLE:SARAH SOLIE
ENSEMBLE:DENNIS STOWE
ENSEMBLE:RYAN VANDENBOOM
ENSEMBLE:MATT WALL
SANDY:SUNNY

客席には子供多し。でも日本みたいなステージ母娘の組み合わせ
は1割もいません。普通のミュージカルの客層よりちょっと子供が
多いかなという程度。母子で99%の日本とはビジネスモデルが違
うのでしょう。
開演前に犬の吠え声で前説。人語に翻訳するのでした。
オープニングではホームレスが多いという白黒報道映画。
孤児はアニーを含めて7人、一番小さい子は階段引出しの中に寝
てます。ミスハニガンの歌では子供が寝そべってひっぱられて床
磨き。ミスハニガン登場では拍手でショーストップ。
英語だと日本語に比べて歌がとてもよく感じられます。訳詞の問
題かもしれません?ミスハニガンの歌、トモローがとてもインパ
クトあり。大人チームも良い。ウォーバックスははりのある声。
ミスハニガンはやなやつですが、スー先生の方が一段上手なので、
なんとなく抑えた演技のような気が。。しかし、NYでも45丁目
分をクリスマスに歩くのね。クリスマスプレゼントの箱はティファ
ニーブルーでした。最後はプロポーズしてない!ほんわかとして
終わります。
日米で出来具合がまるで違います。方向性が違うと思った方が良
いかもしれません。まったく別物の舞台だと思った方が。。。
BWでは安心して見られる作品の1つといったところでしょうか。
日本で見たからといってこちらで見ないということがあるとすれ
ば惜しい。



拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析