忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[781] [780] [779] [777] [775] [774] [773] [772] [771] [770] [769]


題名:Le Corsaire(ABT)
劇場:Metropolitan Opera House(NYC)
日時:2013年6月5日19:30-
料金:Orchestra Prime 120USD
座席:Orchestra Prime ROW: C SEAT: 108
Composers: Adolphe Adam, Cesare Pugni, Leo Delibes,
Riccardo Drigo, Prince Oldenbourg
Choreography: Marius Petipa, Konstantin Sergeyev
Set Design: Christian Prego
Costume Design: Aníbal Lápiz
Conductor: David LaMarche
出演:
Medora: Xiomara Reyes
Conrad: Herman Cornejo
Lankendem: Daniil Simkin
The Slave: Ivan Vasiliev
Gulnare: Sarah Lane

満員です。私の座席は1階最前列センターで指揮者の真後に
あたりました。しかし指揮者はさほど気になりません。
指揮棒が右手なのも大きいかも。SEAT109は要注意ですね。

オープニング、船が難破しません。こういうバージョンも
あるんですね。
奴隷市場ではまるで天使のように踊る奴隷商人、のびやか
に美しく、つけ髭もとってつけたよう、宙を浮く感じ。
アリの筋肉は美しい。アリはあたかも空中浮遊をしている
かのよう。ソロのシーンでは拍手でショーストップになり
ました。目が釘付け!もっと見続けていたい!
コンラッドは力強くてたくましい。メドーラは非常に美し
くしかも速く回ります。コンラッドとの組み合わせはとて
も安心感あり。しかしこの作品の筋書きは、荒唐無稽とい
うか辻褄あってます?まあ辻褄なんてどうでも良くなる位
のダンスの迫力でした。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析