忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[680] [679] [678] [677] [676] [675] [672] [671] [670] [669] [668]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



題名;Voca People
日時:2012年6月1日20:00-21:30
劇場:New World Stages
料金:Broadway Box 割引 35USD+手数料7USD
座席:F108(6列センター)

G列より後ろに人がいません。4割程度のいり?F列はキャストと
目の高さがあってとてもみやすい席でした。
開演直前に私の前に小学校高学年らしき御嬢さんたちの団体が
きました。先生が引率?
Voca 星からきた宇宙人たちが登場、客の一人と手を合わせて
英語を学習するのです。音楽がエネルギーで、エネルギーをた
めてVoca星に帰ろうという筋書き。
人の進化の歴史から歌は始まります。ネアンデルタール人が足
を踏んでイテ!から音楽に、当然バナバボートw、ライオンは
寝ている、ハレルヤ、とか聞いたことある曲ばかりが次々にア
カペラで歌われていきます。
実際にその歌をまともに歌うシーンはさほど多くありません。
アカペラ演奏という
感じが正しいでしょうか。ところどころ替え歌もあり。
Voca星人は8人、バス、バリトン、テノール、ソプラノ、アルト、
メゾ、スクラッチ、ビート?リズムを刻むのが二人、その他が
メロディ。
CINEMA!の時間では007, ゴッドファーザー、ピンクパンサー、
MI,ロッキー、ET etc。形態模写含んで、とてもわかりやすい。
随所に客いじりがはいります。頭に手をあてて脳内の音楽を読ん
だり、舞台の上に客あげして一緒に踊ったり。子供たちの引率者
のおじさんを舞台にあげたときは、子供たちがわーわーきゃー
きゃー、すごい盛り上がりでしたよ。
クラシックからロックまで様々な曲をアカペラで演奏したり歌っ
たり、、途中でリズムの男性同士のスクラッチ対決もあり、観客
もふたつに分かれて参加!ヘリコプターの音は本当にヘリが飛ん
でいるかと思いましたよ。
一応英語は少しは話しているのですが、ほとんどノンバーバルに
近いノリ。
これなら英語がわからなくても楽しめると思います。
到着当日で疲れた頭にぴったりの作品でした。



拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析