忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[849] [848] [847] [846] [845] [844] [843] [842] [841] [840] [839]


題名:Manon
劇場:The Metropolitan Opera
日時:2014年6月3日19:30-22:05(途中休憩あり)
料金:110USD+Web手数料6USD
座席: Side Parterre, Box 11, Seat 4
劇団:American Ballet Theatre
THE PRODUCTION TEAM
Composer: Jules Massenet
Choreography: Kenneth MacMillan
Orchestrated and Arranged by: Martin Yates
Set Design: Peter Farmer
Costume Design: Peter Farmer
Lighting Design: Christina Giannelli
Conductor: Ormsby Wilkins
出演:
Manon: Diana Vishneva
Des Grieux: Marcelo Gomes
Lescaut's Mistress: Misty Copeland
Lescaut: Herman Cornejo

1階、2階は満席。
Diana Vishneva と Marcelo Gomes の主演がすごすぎる。
床の上なのに、空中浮遊か水上歩行かと思わせます。
本当に特撮かアニメかと思うくらい重力を感じさせない。
床を滑るように動く。しかも超美人>Diana 。
これなら男なら誰でもひっかかるという納得感満載の舞台です。
男たちの頭上に立っていたかと思うと、ダイビングのように頭
から下にに落ちていき、また上へと持ち上がる。。なんだか
きらきらしたままで踊ってます男を惑わす悪女なんですかねえ。
天真爛漫で悪気はなくて好き放題しているのに、男たちが振り
回されている感じに見えます。道化師役の女の子もかわいい。
3幕は二人とも囚人となってぼろぼろになります。2幕までと
の落差がとても激しい。看守に手籠めにされそうになり、男が
看守を刺し、、後は悪夢ですか?どろどろになっておわります
物語の途中でいかさま賭博が出てくるのですが、カードは普通
のじゃないみたい。どうやってイカサマばれるんですか?
カーテンコールは本当に鳴り響く、割れんばかりの拍手でした。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析