忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[850] [849] [848] [847] [846] [845] [844] [843] [842] [841] [840]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



題名:If/Then
劇場:Richard Rodgers Theatre
日時:2014年6月4日14:00-16:40(途中休憩あり)
料金:割引 Telecharge手数料込 109.45USD
座席:Section FMEZZ, Row A, Seat 6
Michael Greif (Direction)
Larry Keigwin (Choreography)
Mark Wendland (Scenic Design)
Emily Rebholz (Costume Design)
Kenneth Posner (Lighting Design)
Brian Ronana (Sound Design)
Carmel Dean (Musical Direction)
Tom Kitt and Michael Starobin (Orchestrations)

Other Credits:
Lyrics by: Brian Yorkey
Music by: Tom Kitt
Book by: Brian Yorkey
Synopsis:
The musical follows two distinct storylines in the life of Elizabeth, a city planner who moves back to New York to restart her life in this city of infinite possibilities. When her carefully designed plans collide with the whims of fate, Elizabeth’s life splits into two parallel paths. If/Then follows both stories simultaneously as this modern woman faces the intersection of choice and chance.

出演:

Elizabeth:IDINA MENZEL
Kate:LACHANZE
Lucas:ANTHONY RAPP
Josh:JAMES SNYDER
Stephen:JERRY DIXON
Anne:JENN COLELLA
David:JASON TAM
Elena, U/S Kate:TAMIKA LAWRENCE
Elizabeth Standby:JACKIE BURNS
Ensemble, U/S Lucas, Stephen:JOE CASSIDY
Ensemble, U/S David:MIGUEL CERVANTES
Ensemble, U/S Lucas:CURTIS HOLBROOK
Ensemble, U/S Anne, Elena:STEPHANIE KLEMONS
Ensemble, U/S Josh:TYLER MCGEE
Ensemble:RYANN REDMOND
Ensemble, U/S Stephen:JOE AARON REID
Ensemble, U/S Anne:ANN SANDERS
IF/THEN Broadway Marc Delacruz Photo
MARC DELACRUZ
Swing, U/S David
IF/THEN Broadway Charles Hagerty Photo
CHARLES HAGERTY
Swing, U/S Josh
IF/THEN Broadway Janet Krupin Photo
JANET KRUPIN
Swing, U/S Elena
IF/THEN Broadway Pearl Sun Photo
PEARL SUN
U/S Kate



この劇場、こんなに2階が高かったのか。想定以上に
舞台までの距離がありました。うーん、我ながら怪しい
記憶力でした。1階の後ろが通常の中二階くらいの高さ
まで上がっています。2階席も勾配が急で最後列はもの
すごく高い位置となります。客席の間隔が狭く手すりが
低いのでうっかりすると1階に落ちるかも。。
舞台は鉄骨で組んだセット。2階にはキャットウォーク、
そこからまた上がる階段が左右にひとつずつ。
全部で4階、3階あたりでようやくこちらの高さ。
セットの天井になっていた部分の下はなんと鏡になって
いたのでした。片方が持ち上がると45度に傾いて
床をうつしていました。
そして床には地下鉄の路線図や、星空が。
大道具は四角いわく、椅子、それにキャットウォーク程度。
物語はたんたんと進む、バイが何人もいるのでどんな組み
合わせでもカップルが成立。40前の女性がNYにもどって
きて、仕事や恋や妊娠で色々あったという物語。
この物語が If then ~ else ~ と最初から分岐して
パラレルに進んでいきます。ヒロインの名前がエリザベス
で、片方の時間線ではリズと呼ばれ、もう片方ではベス
と呼ばれています。周りの登場人物はほぼ同じなのですが
異なる物語が進むという。混ぜて見てしまうと、単にもて
もてで優柔不断なくせに色んな事がとんとん拍子で進むと
いう風に見えちゃいますw 眼鏡をかけている間がリズ、
眼鏡をはずすとベス、だったのね。それがわかるまでちょっ
と混乱しました。
後半ははっきりと人生がわかれていきます。最後に二つの
人生を統合?するようなどんでんがえしが少し。
しかし地味な事件ばかりですのような、それで?って言い
たくなる結末に見えちゃいました。
それにしてもヒロイン、エリザベスの歌唱力はすごい。
聞き惚れまてしまいます。アフリカ系キャストの歌唱力も
負けず劣らず素晴らしい。
楽曲もキャストも良くて、朗々と歌い上げているのにこの
筋書きはちょっともったいなく感じられました。
ただ私は途中まで混乱していたので、最初からちゃんと筋が
見えていれば見方は変わったかもしれません。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析