忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[854] [853] [851] [850] [849] [848] [847] [846] [845] [844] [843]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



題名:Beautiful — The Carole King Musical
劇場:Stephen Sondheim Theatre
日時:2014年6月5日14:00-16:25(途中休憩あり)
料金:Broadway Offer割引 120.25USD
座席:Right Orchestra Row N, Seat 12(一階席右方ブロック)
Marc Bruni (Direction)
Josh Prince (Choreography)
Derek McLane (Scenic Design)
Alejo Vietti (Costume Design)
Peter Kaczorowski (Lighting Design)
Brian Ronan (Sound Design)
Steve Sidwell (Orchestrations and Music Arrangements)
Jason Howland (Music Supervision)
John Miller (Music Coordination)
Lyrics by: Carole King, Gerry Goffin, Barry Mann, Cynthia Weil
Music by: Carole King, Gerry Goffin, Barry Mann, Cynthia Weil
Book by: Douglas McGrath

Synopsis:
Long before she was Carole King, chart-topping music legend, she was Carol Klein, a Brooklyn girl with passion and chutzpah. She fought her way into the record business as a teenager and, by the time she reached her twenties, had the husband of her dreams and a flourishing career writing hits for the biggest acts in rock ‘n’ roll. But it wasn’t until her personal life began to crack that she finally managed to find her true voice.

出演:
Carole King:JESSIE MUELLER
Gerry Goffin:JAKE EPSTEIN
Cynthia Weil:ANIKA LARSEN
Barry Mann:JARROD SPECTOR
Don Kirshner:JEB BROWN
Genie Klein:LIZ LARSEN
Ensemble: ASHLEY BLANCHET
Ensemble: E. CLAYTON CORNELIUS
Ensemble: JOSH DAVIS
Ensemble ALYSHA DESLORIEUX
Ensemble KEVIN DUDA
Ensemble JAMES HARKNESS
Ensemble CARLY HUGHES
Ensemble SARA KING
Ensemble REBECCA LACHANCE
Ensemble DOUGLAS LYONS
Swing CHRIS PELUSO
Swing GABRIELLE REID
Ensemble ALAN WIGGINS
Ensemble RASHIDRA SCOTT
Swing DANIEL TORRES
Swing YASMEEN SULIEMAN
Swing MELVIN TUNSTALL

満員で、キャンセレーションの待ち行列も長いものでした。

この劇場は客席になだらかな傾斜があるのでみやすい。
木曜マチネという変則的な時間のせいか、お年寄りばかり。
客席は銀髪の海、、まるでpapermil みたい。
セットはシンプルなもので、背景は2階建て、上部には録音
機材や楽器が飾られていますが、たぶん使われていません。
開演時、舞台には1台のピアノ、ヒロインがブルックリン
生まれというところで場内沸きました。若くして飛び級で
大学へはいり、早熟で子供ができて若くして結婚し、その
うえレコードデビュー、じゃ明日までね♪という無茶な
要求もすいすいこなしてガンガン曲を書いていきます。
ロコモーションとか知っている曲がいくつか。
劇中で客席が一緒にハモり出した曲があったのですがお約束?
私はキャロル・キングにはちょっと間に合わない世代なので
いくつか知っている曲がある程度なのですが、隣に座った
年配の方は 幕間で I love it! と感嘆していました。
物語後半には離婚を経験し、立ち直っていきます
最後は題名にあてられた Beautiful をピアノ弾き語りで終了
カーテンコールの反応もよく、キャロル・キングで青春時代を
過ごした人たちのためのミュージカルなのでしょう。
ただし、物語が淡々と進んでいくのでいまひとつ盛り上がりに
かける面もないわけではないと。。
Tony Awards ではキャロルキング本人と主演女優のデュエット
があったのですが、声がとてもよく似ていました。これは
盛り上がるわけです。

それにしても劇場が寒い、トレーナー着てそのうえにウイン
ドブレーカーはおっていても冷気が体まで染み渡ってきました。
普通の服装なら凍死してもおかしくない。でも半袖短パンの
ひともいるんだよなあ。私は凍死するかと思いましたよ。



拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析