忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[238] [240] [229] [259] [241] [245] [246] [357] [356] [355] [354]

題名:DuendeⅡ(ドゥエンデⅡ)
日時:2007年6月26日19:00-21:00(途中休憩あり)
劇場:博品館劇場
料金:7000円(招待券で見ました)
座席:Q列13番(後ろから3列目センター)
演出・脚本・振付:上田遙
出演:
 夕顔/サロメ:川井郁子
 光の君/ヨカナーン:西島千博
 女御(六条御息所のイメージ)/コロス:古賀豊
 侍女/コロス:上田はる美
 コロス:横洲良平
 ヘロデ王:上田遙
番組:
 第一部 「夕顔 As if in a dream」
 第二部「サロメ Kiss to a red lip」
概要:(博品館Webページより)
ヴァイオリニスト・川井郁子とバレエダンサー・西島千博のコラボレートステージ。
音楽にそなわっている一つの神秘、“Duende”――麻薬のように人を幻惑させる力――に焦点を当て、新たな表現を創り出す。

バレエとバイオリンのコラボってどうやるんだろう?
ということで見に行ってみました。
確かにビジュアルは強烈ですね。美男美女のコラボ、
客が集まるのがわかるような気がします。
2幕ではヨナカン役の西島さんはパンツ1枚で熱演。
大腿から脹脛のシルエットがとてもきれい。
サロメが脱がないのが不満でしたがw、まあ仕方ないでしょう、
ロビーにはガラスのバイオリンが飾ってありました。
2幕の最初で演奏されたのですが、確かに不思議な
雰囲気を醸し出していました。
しかし、、音響がひどすぎ。バイオリンの音とは思えない音が聞こえて
くるのでほんとに弾いているのか思わず疑ってしまたほど。
録音とバイオリンの重なり方も微妙でどこまで弾いているのか
ぼーっと聞いているとよくわからない。
1幕はいつみても同じ場面、時々うつらうつらしてしまってはっと
眼を覚ますと前と同じ場面。真ん中でたってバイオリンを弾く
ヒロインと、棒立ちで時々くるくる回る源氏がいるという光景。
ピルエットはきれいなんだが、ジャンプに迫力はないし
リフトは遠慮がち。顔はずっと張り付いた笑顔、エアロビクスの
インストラクターならわかる表情なんですが。。。
1幕でまともに演技していたのは悪霊だけね。
というわけで1幕で帰ろうかと一瞬思ったのですが、
2幕で裸体が見えるということを聞いていたので我慢!
2幕はダンサーの裸体で勝負!でも背筋が見えないOrz
下半身と三頭筋から肩あたりはまともなんですが。。
でも1幕に比べて曲と振付にメリハリがあったのでずっとまし。
結局芝居をしたかったのかコンサートをしたかったのか
ダンスをしたかったのか立ち位置がはっきりしませんでしたね。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析