忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[234] [232] [231] [230] [237] [238] [240] [229] [259] [241] [245]


題名:Monty Python's SPAMALOT
劇場:The Grail Theater(ラスベガス)
日時:2007年7月30日20:00-21:35
料金:S席108USD(定価98USDにBOX OFFICE手数料)
座席:Q列103


ちょっと仕事が早く終わったのでラスベガスのTKTS(名前はちがいますが)
へかけこんで Le Reve はないか聞きました。
するといまは dark お休みだとのこと。じゃあといってオペラ座の怪人は
どうよ?と聞いたらSOLDOUT!では Le Reve と同じホテルで
やってるSpamalot はどうかと聞いたらこれまたdark とのこたえ。
では半額が売り切れでも定価ならあるだろうとオペラ座の怪人まで
痛む足をひきずって走っていったら、なんとオペラ座の怪人までdark!
売り切れじゃないじゃないですかあ。
泊まっているシーザーズホテルの中のエルトンジョンでもとおもったら
これまたdark. セリーヌディオンもdark !
世界中は闇なんかい!と思って部屋に戻って念のため、Le Reve と
すぱまろっとを見てみると、、Le Reve はたしかにおやすみなんだけど
すぱまろっとはやっている! 念のためコンシェルジュで確認して
もらって、あわててタクシーに乗ってボックスオフィスにたどり着いたら
開演3分前!無事にみることができました。

98USDのはずがボックスオフィスで買っても手数料取られます。かなしい。
劇場は傾斜が急で非常にコンパクトにみえます。実際Qなのに
舞台がだいぶ近くに見えて持っていった双眼鏡使いませんでした。
キャメロットはラスベガスまんまですな。
ブロードウェイにいくのだーといいながら、オチは
「ブロードウェイには2年前についている、今はラスベガスだ!」
確かブロードウェイでは電飾ありましたよね。ラスベガスではなし。
巨大足とか指差しとか凶悪なウサギなどはもちろん健在。
牛も飛んできました。
主演男優も女優もかなり歌えます。女優はちょっとハスキーですが
出番がないのを嘆く歌は熱唱。ただ美貌ではアンサンブルに負ける。
男優は有名人らしいですね、出たら拍手でした。
全般的に悪くないプロダクションなのですが、いまひとつテンションが
あがりきらないというか、こじんまりとなっている気がします。
舞台装置とか実際に小さくなっているかも。
しかし2回目だとこれほど英語の理解力が違うのかというのを
ほとほと感じましたよ。難しいことほとんどいってないじゃん。
もっともブロードウェイはユダヤ人じゃなくちゃとか、1回目の観劇後
に仕入れた知識が役に立っていることも否定できません。
修道僧と尼僧が踊るシーン、ユダヤ人ネタ、キャメロット、聖杯を
探しにくぞの歌、などで客席は沸いていました。でもブロードウェイ
初年度の時の馬鹿受けまではだいぶ遠い感じでした。
やっぱりあの時は客席が異常でしたね。
まあまあ満足して帰りましたよ。

実はLe Reve とSpamalotは劇場が隣同士でボックスオフィスを共有
しています。帰りにふらふらとボックスオフィスによったら、電話予約で
2ndstageを25%引きします!というメッセージが目にとまりました。
てっきり1日の2回目が割引になるのかと思って聞いてみたら、
そうではなくてSpamalot を見て次に Le Reve のチケットを買うときに
25%引きになるのだそうです。
さっそく25%引きにしてdarkからあけた初日(ここしかみれない)
のチケットを99USDで買ってきました。
しかし119USD定価が手数料のって130USDになり、そこから
25%引きで99USDになる計算式がわからない。。。










拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析