忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[49] [48] [47] [46] [45] [43] [44] [42] [41] [39] [40]
題名:ミスサイゴン
日時:2004年9月25日12:30-3:20(途中休憩あり)
劇場:帝国劇場
料金:VISA 貸切S席12500円
座席:1階3列23番(1階客席中央ブロック通路際)
出演:
エンジニア: 別所哲也
キム: 松たか子
クリス: 石井一孝
ジョン: 今井清隆
エレン: 高橋由美子
トゥイ: tekkan
ジジ: 杵鞭麻衣
アンサンブル:
愛田芽久、浅野実奈子、荒木里佳、樺島麻美、香山ゆき、坂本法子、
史桜、中川菜緒子、藍澤幸頼、饗庭大輔、阿部よしつぐ、乾あきお、
織田和馬、小原和彦、KAZZ、小鈴まさ記、小西のりゆき、齋藤健二、
櫻井太郎、清水隆伍、神宮崇、杉山有大、清野秀美、附田政信、
中澤真太朗、日比野啓一、松村曜生、萬谷法英、村上幸央、森隆二

補助席は空席ありました。肉声が聞こえる位置で幸せ。
ミスサイゴンは、10年くらい前の日本版、これは本田美奈子のキムがとても
印象に残っています。そして数年前のブロードウェイ、これはレアサロンガの
キムが極めて強く印象に残っています。両方ともキムがポイントでしょうか(^^;;)

さて、松キムですが、予想していたのよりずっと唄えてました。高音はちょっと
つらいような気がしますが、迫力は満点。ただ逞しすぎて誰かに頼る必要などなさそう
に思われます。市村エンジニアはいやらしい、でもちょっと線が細い感じでしょうか。
ジョンはたくましくてぴったり。トゥイは神経症的な感じでこれまたぴったり?
ほえるような歌もよし。クリスはのびのびと唄っています。でもクリスはつくづく
ひどいやつですねえ。そりゃあ重婚してればうなされるわ。娼婦を買うよりひどいよね

ブイドイは泣けます。まあ実際にひどいことがあったんだろうなあ。
エレンはこれまた逞しい。しっかりと聞かせてもくれます。キムに対抗する悪役と
してこれまたぴたりの迫力。これならクリスは良いようにあつかわれちゃうだろうなあ

エレンとキムの出会いのシーンはまるでゴジラ対キングギドラのような迫力でした。
ドラゴンダンサーの振付が物足りなく感じたのは前日に東方歌舞団公演みたせいでしょ
うね。

この舞台を見ると、ミスサイゴンとは、
「戦争の悪夢で所謂男の自分勝手を自己憐憫する男(クリス)と
 戦争を食い物にしようとして失敗する男(エンジニア)の悲喜劇」
であるというイメージがわきました。
クリスとキムば結婚しようとしてしなかった、でいいのか?重婚ではない?
クリスはキムを妻と呼んでいるのですね。事実婚であったとしてもさしつかえ
ないでしょう。単なる婚約不履行と認知の問題ではないと思われます。
子供をバンコクにおいて養育すればよし?アメリカ市民権は?エンディングに
疑問はつきません。


拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析