忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[268] [264] [263] [262] [266] [292] [261] [260] [329] [256] [257]

題名:ライト・イン・ザ・ピアッツァ
日時:2007年12月10日18:30-(途中休憩あり)
劇場:ルテアトル銀座
料金:招待券でみせていただきました
座席:21列4番

招待券もらっていきました。ありがたいことです。
オープニング、右側からしか音が聞こえてこない。
てっきり左のスピーカーが故障したのかと。
でもたまたま知人が同じ回を見ていて、そんなことはなかった、
と言っていたので劇場の構造的な問題なのかもしれません。
ぼーっとみているとやはり声が人の立っている位置より右側から
聞こえてくるかんじ。うーむ。
それにしても翻訳へんじゃないですか?なんだかどうも違和感がある。
どことは言えないのですが。。。
楽曲はきれいにまとまってはいるのですが、力強さが足りない気が
しました。BWでは大迫力だったのに。
筋書きはもともとがひどい話なわけで、まあそれをまんまやっている
のですが、お母様の本来のきゃらがより優柔不断なほうになってる気
がしました。
舞台装置も違和感、口の字になった舞台でまんなかにオーケストラ。
周りは遺跡の雰囲気漂わせるもの。大戸雄具はなんかちょっとぶさいく。
ライティングの妙がなくなっていることもあって。。。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析