忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[869] [868] [867] [866] [865] [864] [863] [862] [861] [860] [859]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




題名:Finding Neverland
劇場:Lunt-Fontanne Theatre
日時:2015年6月3日19:35-22:10(途中休憩あり)
料金:Ticket Master 手数料込み 149.95USD
座席:Section ORCH, Row B, Seat 107

Synopsis:
When a faltering playwright meets a widow and her four boys in Kensington
Gardens, he embarks on a friendship that inspires one of the most beloved
stories of all time. Based on the Miramax film written by David Magee,
Finding Neverland follows the real-life relationship between the Llewelyn
Davies family and James Matthew Barrie as he writes the revolutionary 1904
play Peter Pan, or The Boy Who Wouldn’t Grow Up.

出演:
J.M. Barrie: Kevin Kern  (MATTHEW MORRISONの代役)
Sylvia Llewelyn Davies:LAURA MICHELLE KELLY
Charles Frohman/Captain James Hook:KELSEY GRAMMER
Mrs. du Maurier:CAROLEE CARMELLO
Mary Barrie:TEAL WICKS
Michael, Jack:ALEX DREIER
Peter:AIDAN GEMME
Swing:JACKSON DEMOTT HILL
Michael:NOAH HINSDALE
George:SAWYER NUNES
Jack:CHRISTOPHER PAUL RICHARDS
Michael:NOAH HINSDALE
Ensemble:COURTNEY BALAN
Ensemble:DANA COSTELLO
Ensemble:COLIN CUNLIFFE
Ensemble:RORY DONOVAN
Ensemble:CHRIS DWAN
Ensemble:JOSH LAMON
Ensemble:MELANIE MOORE
Ensemble:MARY PAGE NANCE
Swing:FRED ODGAARD
Ensemble:EMMA PFAEFFLE
Ensemble:JONATHAN RITTER
Ensemble:TYLEY ROSS
Ensemble/Asst. Dance Captain:JULIUS ANTHONY RUBIO
Ensemble:PAUL SLADE SMITH
Ensemble:RON TODOROWSKI
Swing/Dance Captain/Assistant Choreographer:JAMIE VERAZIN
Ensemble:JESSICA VOSK

Creative Team:
Book:JAMES GRAHAM
Music & Lyrics:GARY BARLOW
Music & Lyrics:ELIOT KENNEDY
Director:DIANE PAULUS
Choreographer:MIA MICHAELS
Music Supervision/Dance and Incidental Music Arrangements:DAVID CHASE
Orchestrator:SIMON HALE
Scenic Design:SCOTT PASK
Costume Design:SUTTIRAT ANNE LARLARB
Lighting Design:KENNETH POSNER
Sound Design:JONATHAN DEANS
Projection Design:JON DRISCOLL
Hair/Makeup Design:RICHARD MAWBEY
Illusions:PAUL KIEVE
Air Sculptor:DANIEL WURTZEL
Music Director:MARY-MITCHELL CAMPBELL
Producer:HARVEY WEINSTEIN
Executive Producers:BARRY AND FRAN WEISSLER
Executive Producer:ALECIA PARKER
Writer, 'The Man Who Was Peter Pan':ALLAN KNEE






5分遅れではじまりました。
なんと主役のマシューがでない!
開演前のアナウンスで、それが知らされたとき、呻き声多数。
まあPlaybill に代役の紙が挟んであったのですが。。。
気がつくと私の頭上付近に妖精の輝きがぐるぐる、舞台幕の間に消えて幕が開きました。
マシューの代役さんが出てきたときは拍手はまばら。そつなくこなしている感があるの
ですが、どうも地味。まあ映画の上では派手な役ではないのですがそうはいってもこれが
マシューだったらと妄想せずにはいられません。オープニングではピーターパンと主人公
が光の妖精をとりあっています。
それからは映画の進行の通り、駄作を作ってしまった主役は公園でぶらぶら、、そして
晩餐会での妄想シーン、晩餐の大人たちだけが固まって、飯使いと主役と子供でテーブル
の上で歌い踊るのですがこれが結構よい、地味な日常と違ってはじけてます。
妄想力の世界に行ったときにいい感じになるみたい。
1幕終わりのメリーゴーランドから海賊船への移り変わりもかなり楽しい、このままこ
の調子で続けてくれないかと思うくらい。キャプテンクックも登場、主役がかっこよく見
栄を切って幕。楽しいじゃないですか、あああましゅーだったらと思ってしまうのでした。

後半は半ばバックステージもの、子供たちとの交流とか公園とかあまりないのです。
おばあさまにはじめて反抗する印象的なシーンもとってつけたみたい。とにかく楽しい場面
をとってつけた感あり。ダンス自体は楽しいのですが。楽屋がおおいなー。
クライマックスはキャストがおうちへ引っ越し公演、でもあの映画の感動が、、リハして
る感じなんです。
なんか後半がちょっとテイストがよじれている感じがして、作品賞にノミネートされなかっ
たのもわかるような気がしました。でもマシューだったら違ったのかもかも。。





拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析