忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[780] [779] [777] [774] [773] [772] [771] [770] [769] [768] [767]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





題名:Kinky Boots
劇場:Al Hirschfeld Theatre
日時:2013年6月4日19:00-21:20(途中休憩あり)
料金:手数料込148.25USD
座席:RIGHT ORCHESTRA Row B, Seat 10
Jerry Mitchell (Direction and Choreography)
David Rockwell (Scenic Design)
Gregg Barnes (Costume Design)
Kenneth Posner (Lighting Design)
John Shivers (Sound Design)
Stephen Oremus (Musical Supervision, Arrangements and Orchestrations)
Lyrics by: Cyndi Lauper
Music by: Cyndi Lauper
Book by: Harvey Fierstein
出演:
STARK SANDS (Charlie Price)
BILLY PORTER (Lola)
ANNALEIGH ASHFORD (Lauren)
CELINA CARVAJAL (Nicola)
DANIEL STEWART SHERMAN (Don)
MARCUS NEVILLE (George)
PAUL CANAAN (Angel/Ensemble/Asst. Dance Captain)
KEVIN SMITH KIRKWOOD (Angel/Ensemble)
KYLE TAYLOR PARKER (Angel/Ensemble)
KYLE POST (Angel/Ensemble)
CHARLIE SUTTON (Angel/Ensemble)
JOEY TARANTO (Angel/Ensemble)
ANDY KELSO (Harry/Ensemble)
TORY ROSS (Pat/Ensemble)
JENNIFER PERRY (Trish/Ensemble)
SEBASTIAN HEDGES THOMAS (Young Charlie)
MARQUISE NEAL (Young Lola)
ADINAH ALEXANDER (SM/Ensemble)
ERIC ANDERSON (Ensemble)
EUGENE BARRY-HILL (Simon Sr./Ensemble)
STEPHEN BERGER (Mr. Price/Ensemble)
CAROLINE BOWMAN (Ensemble)
COLE BULLOCK (Young Lola Standby)
STEPHEN CARRASCO (Swing)
SANDRA DENISE (Swing)
JONAH HALPERIN (Young Charlie Standby)
ERIC LEVITON (Ensemble)
ELLYN MARIE MARSH (Ensemble)
JOHN JEFFREY MARTIN (Richard Bailey/Ensemble)
NATHAN PECK (Dance Captain/Swing)
ROBERT PENDILLA (Swing)
LUCIA SPINA (Swing)





シンディローパーが作詞作曲、そしてドラッグクイーン
の物語と聞いて楽しみにしていました。
満員です。客層は白髪の人が多く、かなり年齢がたかそ
うです。私の席でぎりぎりみきれなし、右隣はみきれ、
でもそこはジェネラルラッシュで当日販売しているとか。
1席ずれてがつんと価格がかわるのがわかっていても、
100USD違う。。

開演時には工場の外壁が舞台の上に鎮座していました。
そこにはいろうとした男のポケットにある携帯がなり、、
いまショーの最中だから話せないから、
写真もダメだし、、前説になっているのでした。
外壁が開くとそこは主人公の子供時代の工場、子供た
ちはすみやかにおとなになり、でも父親が死んでむり
やりに工場をつぐはめに。だが返品に次ぐ返品で工場
は倒産の危機。その時に出会ったドラッグクイーンの
ブーツがとても安物なのに高価だと聞き、ニッチなマー
ケットに目覚めるのでした。レッドのブーツ!と言っ
て作ったのはワイン色のまるで長靴。
色とヒール形状でダメだし!!彼?彼女をデザイナー
として雇って二人三脚で進みます。
ドラッグクイーンたちのダンスを間近でみるのはとて
も迫力、なんといってもたくましい。さほど大きなプ
ロダクションではないので、脇からみているような席
ですがさほど違和感はないのです。でもスピーカーが
頭上にあるのは定位の面で違和感が。。。
あらすじはまったく問題ないのですが。、どっかん受
けているギャグがわからない。。Orz
1幕の最後は靴を作っている工場のベルトコンベアを
活用してのダンス、新製品できたの唄ですな。モノづ
くりにかける青春!日本だったらプロジェクトXにな
りそう。日本でやるときはシンディ・ローパーの代わ
りに是非中島みゆきで。
なんだか舞台と客席にすごいエネルギーが渦巻いてい
るような気がしましたよ。男性専用のはずが、メイン
ストリームの女性用として売ってしまおうと中途半端
なポジショニングでおおはまり。最後は皆の助けを得
て全員がブーツをはいてファッションショー!
マイノリティに対する想い、ポップな楽曲、クライマッ
クスでのカタルシスと、なかなか見事に出来上がった
作品です。トニー賞をいっぱいとりましたね。







拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析