忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[886] [885] [884] [883] [882] [881] [880] [977] [879] [878] [877]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



題名:Theatre de Yuhi Vol.1「La Vie - 彼女が描く、絵の世界」
劇場:天王洲劇場
日時:2014年8月2日16:00-18:00(休憩あり)
料金:9800円
座席:1階H 列5番
出演:大空祐飛 
《パントマイム》 いいむろなおき
《ダンサー》 珠洲春希、月央和沙、那須幸蔵、岡崎大樹、
《コーラス》 池谷京子、真瀬はるか、新良エツ子
《バンド》
 白井アキト(ピアノ)、岩永真奈(ベース)、坂本暁良(ドラム)、
 伊藤友馬(バイオリン)、江畑コーヘー(ギター)、菅家隆介(トランペット)
<スタッフ>
企画プロデュース:大空祐飛
脚本・演出:児玉明子

解説:
1920~30年代。二つの大きな大戦の狭間、芸術の華開くパリとアメリカを中心に、
彗星の如く現れた伝説の美人画家、タマラ・ド・レンピッカ。
その人生を基に、彼女が描く絵の世界を、音楽を中心に綴る、Liveパフォーマンス。
歌、芝居、ダンス、パントマイム・・・。
大空祐飛が舞台で表現することに飽くなき探求を続ける、
Theatre de Yuhi(テアトル・ド・祐飛)の第1弾。


最初に車イスの女性が登場。
主人公が自分の一生を懐古してインタビューに答えるという形式。
台詞があるのはヒロインだけ。残りはダンサーとマイマー。
マイマーがはいると雰囲気がかわりますね。
舞台の後ろにバンド、その画家の絵が背景となります
美貌で押し出しがよく美声で動きも美しい。、
さすが宝塚の元トップです。
スタイリッシュな演出、主人公によくあってます。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析