忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[35] [33] [34] [32] [31] [30] [29] [28] [15] [27] [25]
題名:The Musical of Musicals日時:2004年6月5日14:30-16:15(途中休憩あり)
劇場:Theatre at St. Peter's(NY)
料金:TKTS 半額27.5 + TKTS手数料3.5USD?
座席:ORCH J8
作詞:Joanne Bogart
作曲:Eric Rockwell
脚本:Rockwell and Bogart
演出・振付:Pamela Hunt
番組・出演:
CORN(Rogers and Hammerstein スタイル)
Big Wily...Craig Fols
June...Lovette George
Jidder...Eric Rockwell
Mother Abby...Joanne Bogart

A LITTLE COMPLEX(Stephen Sondheimスタイル)
Jitter...Eric Rockwell
Jeune...Lovette George
Billy...Craig Fols
Abby...Joanne Bogart

DEAR ABBY(Jerry Hermanスタイル)
AunAbby...Joanne Bogart
Jitter...Eric Rockwell
Jeune...Lovette George
Billy...Craig Fols

ASPECT OF JUNITA(Andrew Lloyd Webberスタイル)
Junita...Lovette George
Bill...Craig Fols
Phantom Jiter...Eric Rockwell
Abigail Von Schtarr...Joanne Bogart

SPEAKEASY(Kander&Ebbスタイル)
Jutter...Eric Rockwell
Juny...Lovette Geroge
Vily...Craig Fols
Fraulein Abby...Joanne Bogart

この劇場はSt. Peter's Church(教会)の地下にあります。そして教会は
CitiGroup Centerの中にあります。客席は段差がついた階段状でどこに
座ってもまあ見やすいでしょう最後列がパイプ椅子のK列でした。
ここの劇場の会員になるとチケットが安く買えるそうです。また定価で
チケットを購入した客は25USDの年会費が只に!私はTKTSだから駄目;_;
もっとも割引額がちょうど年会費くらいなんですけどね。
月曜にはキャロルチャニングがくるパーティがあるとか、
ううむもう1日いれば参加するのにー。
舞台の上にはオルガンがひとつ。舞台の枠は赤く彩られ、そこには
I CA'NT PAY THE RENT! YO MUST PAY THE RENT! と繰り返し書かれて
います。ひとつの芝居を5種類のアレンジで見せるというこの作品、
はたして..

1作目はカンザスの田舎が舞台です。登場人物は農場を賛美する歌を
高らかに歌い上げます。家賃を払うか債権者と結婚しなければならない
ヒロイン。アドバイスを貰い、そこで夢を見ます。夢の中でシンボリック
バレエ?が踊られます。煮え切らない主役のおにいさんはとうとう
結婚式に乱入、しかし時既に遅し、結婚契約書が取り交わされていました。
だがまて Day Light Saving Time はカンザスでは使われていない、まだ
結婚は有効でない!家賃を払って自由の身に、貸主はけつまずいてナイフの
上に倒れてしまいます。貸主以外皆幸せ。ノーテンキでひとりよがりな
ところはまさしくオクラホマ。ピアノ弾きはもっぱらEric Rockwellひとり
なんですが、他のキャストも時々交代してピアノを弾いていました。
この交代が見事で非常にきれいにキャストと演奏者を入れ替わっていました。

2作目の舞台はNYのアパート、コンプレックスを抱える登場人物たち。
全員直立不動で口早、BGMは不協和音、下からの照明で不穏な陰影。
アドバイス貰って結婚して家賃を肩代わりしてもらう。
さて復讐までどれだけ待てばいいのか。。。
そうかあ、これがソンドハイムかあ。

3作目はペントハウスでのパーティです。パーティの主はなんども衣装
を変えて登場。燕尾服にドレスでのレビューシーン連続。
主が縁結びをしてめでたしめでたし。貸主はあやしい仮装をしてくるが×。
なんだかアステアが出てくるミュージカルみたい。
MGMかRKOのパロディみたいなダンスシーン連発でした。

4作目はALW版。ALWメロディらしきものがいたるところに出現します。
どこかで聞いたことがあるような旋律ばかり。その上でいかにもALWの
場面から出てきましたという歌い方、でもって台詞も笑えます。台詞で
そのものが出現したのはJCS,オペラ座の怪人、スターライトエクスプレス
でした。

5番目はシカゴのパロディ、一部キャバレー入りといったところでしょうか。
冒頭はボブフォッシーのパロディ。手の動きを見てるだけでも笑えます。
でもこれってKander&Ebbスタイルというよりボブフォッシースタイルだなあ。
歌い方も話もいかにも、、ああ見てもらわないとわからないー。
最後の最後はONEのパロディで締めくくりました。

すべてにマイクなしの肉声ミュージカルは聞きやすく楽しいものでした。
ミュージカルを聞きなれた人にぜひお勧め。Forbidden Broadwayのような
直接のパロディではなく、そのスタイルだけを取ってきた感じになっています。
これはたしかに再演されるでしょう。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析