忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[326] [315] [314] [313] [368] [342] [316] [312] [328] [325] [324]


題名:아타미 살인사건 (熱海殺人事件)
日時:2008年11月23日16:00-17:30
劇場:상명아트홀 2관(サンミョンアートホール)(大学路、SEL)
料金:15000ウォン+予約2000ウォン
座席:最前列左より
出演:
  木村:오의택,
  刑事:김주후,
  花子:박아인,
  犯人:문원주
  
階段を下りると、すごく小さな劇場。客席は11人*5列という狭いものです。
自由席で適当に着席。最初はすいていましたが、最終的にはほぼ満席、
舞台の左右に赤い文字で熱海殺人事件というライトがついてました。
すごく薄暗い雰囲気、舞台の真ん中に幅が広い机といす。机上には
「刑事部長 木村綜志」という名札。でんべえじゃないのね。基本的には
全てダブルキャスト。タキシードにワイングラスを持って部長刑事登場。
BGMはもちろんチャイコフスキー。熊田はどうやら朝鮮人のキムになっているらしい。
花子は、大きなマスクに帽子コートで登場。後ほど脱ぎ捨てて、ミニスカート
網タイツに変身。そしてキューティハニーの曲で踊るのです。
部長刑事がかなり弱い雰囲気なんですが、がそういうキャラでしたっけ?
ミニスカのおねえさんが、偉そうでいて実は助手の花子。犯人は、カツラ、
サングラス、皮ジャンパでふてぶてしい。犯人は手に持った花を客席の
私に渡し、、、一瞬花に触ったかと思うタイミングですっと手を引いちゃい
ました。そしてほかの客のお姉さまに花を渡してます。刑事たちはキャバレーで
客に応対するかのように犯人に接し、メニューで有罪無罪選ばせたりします。熊田
と花子が恋仲?花子があいこになって、ふたりで現場再現したりします。
エンディングは有名な?花束で殴るシーン、私の座った最前列まで花のにおいがぷーん。
ハングルの台詞に混じって断片的に日本語の単語が混じっていました。台詞で受けを
とっていましたから、ハングルがわかるとかなりおもしろいのかもしれません。
日本語の歌もいくつかはいりました。熱海のいろんなバージョンをいいとこどりしよ
うとしてる演出に思えます。何となく統一感がない感じ、、とはいえ、私はひとつ
しかみてないのです。
この舞台にでてきた、花子役の女優はけっこう私好みでした。スタイルいいし、
いかにもつか芝居にでてくるような味わいです。
なかなかよい感じの舞台でしたね。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析