忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[368] [342] [316] [312] [328] [325] [324] [367] [323] [369] [322]


題名;銀ちゃんの恋
日時:2008年10月23日18:00-20:50(途中休憩あり)
劇場:日本青年館
劇団:宝塚歌劇花組
料金:B席5000円
座席;2階G列1番(後ろから2列目の左端)

初演を見てます。もう12年前かあ。
http://homepage3.nifty.com/k/96review.html#36B

今日はどなたかのファンクラブの総見ですか?
銀ちゃんの声の調子がいまひとつだった(負担かけすぎ?)全般的に
おとなしく、つか芝居の血管ぶちきれる感が少ないことを除けば
かなりよいできの舞台に仕上がっています。
デブノートにはじまるメタボ三部作ネタではじまったときは、演出
かえてくるのか?と思いましたが、細かなくすぐりはいじれども骨格は
初演と同じ感じでしたね。(でも記憶が。。。)
こなつは貫禄あり、いじましいやすがまたいい。銀ちゃんは華がある。
田舎へいっておかあさんと対峙したとき、一幕終わりで銀ちゃんの
プロポーズを断るとき、夫婦喧嘩をしてやすが熊を抱いていじけるとき、
に泣けました。
映画のカメラがビデオカメラになっていて、後ろのスクリーンに
銀ちゃんアップの映像がうつるのは新しい演出、目立ちたい銀ちゃん
が如実にでていておもしろい。
「スターへのプレゼントは現金で!」というシーンで客電がついたのは
リアルにかぶせた感じでうけちゃいました。初演はすき焼き、今回は
焼肉でしたねー>食事。
一瞬映画「卒業」のシーンのオマージュもありましたが、初演でありました?
階段落ちはストロボライトで小道具をうまくカモフラージュしていてグッド。
初演のときは、宝塚でこれをやるか!?という衝撃がとにかく強い舞台でし
たが、10年の歳月を経て作り手も受け手もいろいろ消化できた感が
ありますね。その分破天荒さが減って、こじんまりとしてしまった気もします。
まあ初演はすごかったのよ。
歌削って完全なストレートプレイでやってもよかったような。。
銀ちゃんがクライマックスで棺おけから電飾で出てきたときはカタルシス
を感じましたよ。銀ちゃん最高!

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析