忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[1157] [1158] [1126] [1193] [1192] [1122] [1112] [1123] [1188] [1187] [1186]

題名:私の恋人
劇場:本多劇場
日時:2019年9月4日14:00-15:40
料金:8300円
座席:K列20番
劇団:オフィス3〇〇
作・演出:
出演:小日向文世、のん、渡辺えり、多岐川装子、松井夢、山田美波、那須野恵
ミュージシャン: 三枝伸太郎
脚本・演出:渡辺えり
原作:上田岳弘「私の恋人」(新潮社)
ストーリー:
  今年、第160回芥川賞を受賞して注目を集める上田岳弘が2015年に発表した同名原作を
ベースに、渡辺えり流の切り口で贈る音楽劇。 今回は、かねてより渡辺えり作品への出演を
熱望していた小日向文世とのんの二人を迎え、渡辺えり自身の念願だった“たくさんの役柄を
少人数で演じきる”という手法に挑み、時を超え、性を超え、物理も超えて30の役をたった3人で演じます。

のんさんを生で見るのを楽しみにしてました。満員、当日券も出ているようですが抽選?
舞台上にピアノ、生演奏による歌とダンスの音楽劇。全員が歌い踊ります。
一番貫禄がある歌唱の渡辺えりさんはさすが、のんさんはとってもキュートで
ずっと見ていたい。つるっとして顔小さくてかわいい、想像したたよりずっと
背が高くてスタイリッシュ。芸達者な大御所のふたりにはさまれても負けずに
しっかり舞台を支えていましたね。
物語は時と場所を行き来した大ロマンス。時空を超えて目まぐるしく場面がかわり、
まるでボードビルのようにも見えます。
のんさんまた舞台でみたい。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析