忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[1112] [1109] [1106] [1084] [1080] [1079]

題名:夏休みの友だち
劇場:萬劇場
日時:2019年8月30日14:00-15:35
料金:当日3800円
座席:T字舞台の前方右側
劇団:ハグハグ共和国
作・演出:
出演:月野原りん、宇田奈央子、中村和之、戸塚まるか、窪田悠紀子、生粋万鈴、小松聖矢、ちあき、鈴木啓子

萬劇場はひさびさ。ネタバレあり。
舞台はT字型、Tの先が通路につながっていて真ん中に花道がある形です。
最初にびっくりしたこと。まず人物が多い!小さな舞台に20人以上が登場!そして年齢差がかなり
ありますよね。皆が出ているオープニングは圧巻。なんかぎゅっと詰められたかんじ。
開演前に「まだ始まってません」といいながらキャストが物販かねて歌、かなり聞かせます。C
舞台は林間学校、高台みたいなところと山小屋。
そこにアマチュア無線で呼ばれた50代のおじさんおばさんが訪れるところから物語が始まりました。
彼らは町の小学校の同級生で、この山小屋での林間学校に参加していたのです。でもその頃の記憶がみんな曖昧。
当時の情景と現在が交差する形で物語が進みます。おじさんおばさんに対応する子供たちが舞台上に出現し、
林間学校らしい活動が繰り広げられます。そして、火山の噴火に皆が巻き込まれ、、、町の子供たちだけ
からくも生き残ったことから当時の記憶を失ったらしいことがわかります。
昔の記憶と現在と、そして何かを取り戻す、どれが現実でどれが夢でどれが記憶なのかよくわからない状態
で幕となります。火山噴火による死者と生き残った者との交流とでもいいましょうか、赤い鳥逃げたを思い
出してしまった。最後のところ、実際はどうなったのかとてもわかりにくいのですが、それも作者の意図のようです。
帰りに物販で演出ノートを買いました。やはりエンディングはわざとごたまぜの曖昧にしているようです。



拍手[1回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析