忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[655] [654] [653] [664] [663] [652] [662] [651] [661] [660] [659]


題名:珍しいキノコ舞踊団新作公演 『ホントの時間』
劇場:世田谷パブリックシアター
日時:2012年2月26日15:00-16:12
料金:4000円
座席:1階L列27番(右方少し後方)
劇団:珍しいキノコ舞踊団
振付・構成・演出:伊藤千枝
出演:山田郷美 篠崎芽美 茶木真由美 梶原未由 大穂綾子 白石明世 伊藤千枝
主催:珍しいキノコ舞踊団 / 合同会社キノコノキ
提携:公益財団法人せたがや文化財団 / 世田谷パブリックシアター
後援:世田谷区

傑作です。見なかった人は損をしたと思う。

開演前に客席に熊さんがぼーっとつったっていました。
そしてその熊さんがマイクと原稿をもって、客に前説を読ました。
なんだかワハハでも始まるような予感。

半円形の舞台が劇場幕の前に張り出されて作られておりました。
そして、オープニングは幕を上げずにその張り出し舞台の上での
伊藤さんのソロ。音楽がなんと「バカボンのパパ」。何と言えば
良いのでしょうか、このシーンでまず心を鷲掴みにされました。
幕が開いての群舞は、脱力感あふれる美しさ。姿を重ね合わせて
それでいて違うように踊る、全部違うが全部同じ?
なかにはリズムとメロディのようなところあり。順にメロディを
奏でるのです。音が止まって一人が倒れ、一人が踊り続ける。。
下方に向かって軽やかにダンス?地に足がついて軽い。
そしてどこからともなく熊さんが現れてダンスを見ています。
舞台ではアコースティックな歌でダンスすると同時に、
スパイ大作戦で客席で踊るなども。
最後はミラーボールが多数降りてきて、キラキラ。
Earth,Wind&Fireで客席巻き込んでディスコ!私も客席で
立ち上がって飛び跳ねておりました。君も踊ってもいいんだ、
というメッセージが伝わってくるかのよう。
愉快で楽しくて、脱力感あふれる真剣さ、人生ってこんなに
素晴らしい。
かなり支離滅裂な感想になっていますが、さまざまな要素が
てんこもりに詰まった良質のエンターテインメントでした。
ちなみに熊さんは最後まで素顔を見せませんでした。どんな
ひとだったのでしょう?

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析