忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[664] [663] [652] [662] [651] [661] [660] [659] [650] [649] [648]


題名:STILL/life
日時:2012年2月19日17:00-17:35
劇場:KAAT神奈川芸術劇場大スタジオ
料金:TPAM1week券事前割引7500円
座席:2列目センターブロック
出演:クドゥス・オニケク
解説:(TPAM公式Webより)
2011年アヴィニョン国際演劇祭で上演された本作『STILL/life』で
は、振付家ダミアン・ジャレと音楽家シャルル・アンブラールがコ
ラボレーションに参加。人間を残忍な怪物に変容させるものが何で
あるかを理解しようとする試みが、ダンス、演劇、音楽そしてアク
ロバットの要素を持つ横断的フォルムと、オニケクの高い身体能力
によって表現されています。

クドゥス・オニケク
1984年ナイジェリアのラゴス生まれ。フランス国立サーカス学校に
て学ぶ。Heddy Maalem、ジョルジュ・ラヴォーダン、ジャン=クロ
ード・ガロッタ、Mouise Touré、シディ・ラルビ・シェルカウイの
ダンサーとして活躍。振付作品『MY EXILE IS IN MY HEAD』が2010
年のDanse l’Afrique Danseで賞を得る。2011年、アヴィニョン国
際演劇祭で『STILL/life』を上演。

このスタジオにはいったのは初めて。たぶんスタジオの半分を客席
としていたのだと思います。
パフォーマはソロで、それに電子楽器による伴奏付き。
手を頭の後ろにくんでそのまま飛び跳ねたり、転がったり。
3点倒立にいってそこからブリッジ、腹ばいになっていたかと思った
らジャンプして仰向けになったり。とにかく筋肉がよく動く、蠢く
といった感じか、小さな体なのに筋肉が大きく見えます。
一旦暗転した後は幕の後ろに机、その上に銅像の首、ノイズにあわ
せて体を動かす、ところどころ演説のマイムっぽい?ノイズがでた
ところで首も使ってダンス。アクロバット、ダンス、音楽による新
しいコラボレーションといったところでしょうか。
とにかく演者の筋肉に惚れました!

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析