忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[140] [139] [137] [138] [136] [135] [133] [134] [131] [132] [130]
題名:ベガーズ・オペラ
日時:2006年1月12日18:30-22:00(途中休憩あり)
劇場:日生劇場
料金:S席12000円
座席:1階C列31番(舞台先頭から3列目、舞台から右にはずれた位置)
演出・脚色:ジョン・ケア―ド
原作:ジョン・ゲイ
音楽:イローナ・セカッチ
演出家アシスタント:垣ヶ原美枝
翻訳:吉田美枝
音楽監督:山口■也
訳詞:松田直行
振付:広崎うらん
美術:島川とおる
衣裳:半田悦子
音響:本間俊哉
照明:中川隆一
出演:
マクヒース: 内野聖陽
ピーチャム:■嶋政宏
ロキット:村井国夫
トム(フィルチ):橋本さとし
老役者:金田龍之介
ルーシー・ロキット:島田歌穂
ポリー・ピーチャム:笹本玲奈
ミセス・ピーチャム,ダイアナ・トレイプス:森公美子
ジェニー・ダイヴァー:入絵加奈子
ミセス・スラムキン:高谷あゆみ
造幣局のマット:三谷六九
スーキー・トードリー:山崎直子
くすね屋ネッド:水野栄治
ドーリー・トラル:山崎ちか
ペチコート・チャーリー:小西のりゆき
ボブ・ブーティ:Kuma
ジェミー・トゥイッチャー:川本昭彦
鉤指ジャック:幸村吉也
ベン・バッジ:照井裕隆
ハリー・パディントン:村上勧次朗
ミセス・ヴィクセン:泉里沙
モリ―・ブレイズン:宮菜穂子
「もってこい」:原田優一
「やってこい」:小此木麻里

乞食オペラを翻案した三文オペラは何度かみています。
オリジナルがどのようなものか興味を持って見にいきました。
舞台の左右も客席となっており、役者の演技するスペースは
日生劇場の規模からするとだいぶ小さくなっていました。
舞台はオケピ付近をつぶして前方に張り出しもつくられ、
これまた左右が客席となっていました。左右の客席は私が座った
普通の客席とは直角で舞台を脇から見るような配置でした。
この舞台左右のサイドシートは1万円。
舞台はうす暗く、天井にも黒い幕を張って反射を防いでいるようです。
背景もすすぼけた建造物。左右はオペラの貴賓席。
さてオープニングはきたないたちが客席後ろからわらわらと舞台にあがり
「ベガーズ一座の人や限りの公演!」劇中劇で乞食オペラを演じる
という演出だったのですね。照明が暗いまますすむせいか、鳥目の
私には人物が背景に溶けこんでしまうような感覚を覚えました。
登場人物はそれなりの人数がいるのですが、いかんせんスペースが
狭いので群舞はほとんどありません。そのかわり舞台の上に座っている
客をいじる場面が多数、あそこに座っていじられてたら楽しいだろうなあ。
弁護士の歌はなかなかの迫力で聴き応えがありました。しかし、他の曲は
どうも単調でちょっと退屈。後半になってくるとどの曲も同じに聞こえて
きます(^^;)大人数での合唱シーンが少なかったのも不満です。なんだか
歌が少ない割には、芝居も堂々巡りしてる感じだしあまりいいところが
ありません。
その代わり客いじりは本編、幕間を通じて全力投球(^^;)客からおやつを
貰って世間話も。客席に下りていって後ろまでちょっかい、2階席にも何人か
派遣されていたようです。こんなに頻繁に客いじりをしている大公演は
初めての経験です。憧れの俳優からちょっかいを出された客は大喜びで帰り、
そうでない奥のほうに座っていた客はつまんないといて帰る、という
ふうに評価が二分される舞台ですね。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析