忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[736] [735] [734] [733] [732] [731] [730] [729] [728] [727] [719]


題名:オペラ劇場あらかわバイロイト 第4回ワーグナー音楽祭 TIAAオペラ第57回公演 舞台祝祭劇「ニーベルングの指環」序夜 ワーグナー作曲 「ラインの黄金」
日時:2012年11月26日13:00-15:30
劇場:サンパール荒川大ホール
料金:A席10000円
座席:5列26番(最前列センターちょっと右)
指揮:クリスティアン・ハンマー(A/B/D) 佐々木 修(C)
演出:山賀 博之(ガイナックス)
振付:近藤 良平
ダンサー:コンドルズ
管弦楽:TIAAフィルハーモニー管弦楽団 (コンサートマスター:三ツ木摩理)
副指揮・首席コレペティートア:河合良一
舞台監督:近藤元(アートクリエイション)
照明:望月太介(A.S.G)
演出助手:朴恩宣・長谷川太諭・本間桜子(ガイナックス)
映像プロデューサー:アサオヨシノリ(吉祥寺トロン)
映像制作:吉祥寺トロン/月眠(アサオヨシノリ・佐藤貴雄・所正泰・村瀬明宏)
メイク:吉場一美
制作事務:岡田祐樹子(ガイナックス)
広報:梶原美紀
宣伝:山下卓・粟田政憲
宣伝物デザイン:鵜飼悠太
プロデューサー:斎藤友子(ガイナックス)
舞台制作協力・宣伝協力:ガイナックス
協力:RockStar
キャスト Bパターン
ヴォータン 杉野正隆
フリッカ 平舘直子
エルダ 河村典子*
フライア 薮田瑞穂*
ドンナー 浜田耕一
フロー 冨田裕貴
ローゲ 小貫岩夫
ファーゾルト 矢田部一弘
ファフナー 小田桐貴樹
アルベリッヒ 星田裕治
ミーメ 島田道生
ヴォークリンデ 加藤千春
ヴェルグンデ 池野博子
フロスヒルデ 北村典子

三ノ輪駅から都電でふた駅のところにサンパール荒川はありました。
ひさびさに都電にのりましたね。
客層はいつものオペラやコンドルズとは異なり、とても雑多な地元
住民の集会のような雰囲気、区民にはやすく提供しているのでしょ
うか。客席はだいたい半分の入りです。私はコンドルズ公演の際の
先行販売で入手。
大きな指輪のようなセットが舞台の上に鎮座、これに背景となる映
像や字幕が写されるのです字幕は指輪の上方外側と下方内側にでて
おり、最前列から見えるのは下方のみ。
これがちょうどど真ん中で人の立ち位置の後ろに来るOrz
舞台セットはこの指輪と仮説の上方舞台だけ。歌手はそれらしき
コスチューム、コンドルズはみな黒いパンツに白いシャツ。それで
うねうね踊っているのです。
この舞台はGAINAX*コンドルズ*ワーグナーというあおりがついて
おりまして、どんなものがでるかとわくわく。
コンドルズはダンサーとして4人、場面転換や背景の雰囲気づくり?
を担っていました。トートダンサーズみたいなもの?
そして3人の美女に守られる黄金が登場、誰からも愛されないオタ
クな彼は女をあきらめるかわりに財宝を呼び寄せる指輪を手にいれ
ちゃいます。情けなくてけっこうよかった、最後に指輪をとられて
呪いをかけるところもリア充爆発しろみたいなのりが感じられたり
して。奥様もよかった。大奥の奥方という風情でつんけん。
この物語は、施工主(神様)が下請け(巨人)の約束を反故にした
あげく、本来の契約とは別の代価で支払おうと強盗によって小悪党
(地底人)から指輪を奪い取るというある意味とんでもない物語で
す。しかものろいのかかった指輪を下請けにやってしまって、自分
は被害なし。神様が他人の褌で相撲を取るを地でいってる物語で、
誰に感情移入してみればいいわけ?てな感じでしたね。
こんな不思議な演出の組み合わせはなかなか見られるものではあり
ません。もっと続けて他の作品もやってみてほしい。

終演後ロビーにはキャストの方々が挨拶にでて写真撮影に応えていました。
私もいちまいぱちっ。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析