忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[733] [732] [731] [730] [729] [728] [727] [719] [718] [717] [716]


題名:おたる鳥をよぶ準備
日時:2012年11月18日14:00-17:00(途中休憩あり)
劇場:世田谷パブリックシアター
料金:A席4000円
座席:1階席G-014(センターブロック最前列)
劇団:BATIK
構成・演出・振付:黒田育世
音楽:松本じろ
出演:BATIK(伊佐千明/植木美奈子/大江麻美子/梶本はるか/田中美沙子/寺西理恵/中津留絢香/西田弥生/矢嶋久美子/黒田育世)
解説:
  敷き縮めた原っぱで世界に返事をする
   持ち寄った間取りに失った家族を抱き戻し放さない
   そのまま帰って人に返事をする
   たまらない空洞にできうる限りの花と天地と使命を活ける
   これまでの跡地に仲間を迎えてその跡地にこれからを飾る
   もう一度旅にでてまた出会う
   おたる鳥がついばむ死体の正面になる
   揃った。
   姿が消えても一番近くで寝起きするずっと踊りはびこる死んでも止めない
   黒田育世

結成10周年を迎えるBATIK。
ダンスに全身全霊を捧げ続けてきた黒田育世が、自ら「死ぬ準備」だと語る
記念碑的大作を携え、愛知に初登場です!!
「おたる鳥」は、黒田による造語です。「満ち足りて体が自然に動き出すこと」
を「おたる」と言い、「おどる」の語源になったという説があります。世界で起き
ている様々な出来事、その中で死んでいく人々、それらを見聞きしながらも
生きて踊る自分、そして私が死んだときにどこかでまた誰かが踊っているで
あろうこと。原初的な生命の循環に思いを馳せ、踊り続ける10名の女性ダン
サーたち。壮絶なダンスという生命の刻印をどうぞご覧ください。

-----------------------

実はSPAC野外劇場で見る予定でした。ですが、当日は激しい雨で挫折 Orz
今度こそしっかりみるぞ!私が座ったのはG列、客席としては2列目なのですが
F列はキャストが時々座って演技、というわけで実質1列目。
緑色の深い舞台、最前列の前まで緑です。
「私ダンサーになるの」と叫び続けるダンサーが開演前に舞台上に出現。
「あなたの願いをかなえてあげましょう」とくるくる。そしてその繰り返し。
舞台前方にはちっちゃなライトがずっとちかちか。。。四方に照明
快適なイスではあるものの、
やはり野外でみたかったなあと。。。
最前列なので、目の前の席で座って演技されることも、目の前で抱き合う!
舞台の上ではいろんなことがあったのでキーワードだけ。。
変な顔、人の叫び、ドラムカンからにょろっと、リンゴの木、
後ろの櫓でさけび、紙吹雪、ストッキングをつなげる、
ミラーボールでぐるぐる、コスチュームの満艦飾
公演後半は客を舞台の上に上がらせました。そして
今度はダンサーが演じる舞台が客席側につくられました。
いつもとは逆方向で鑑賞しているわけです。
かなりおもしろかったのですが、公演を見たというよりイベントに出会った
と言った風情。ああ野外劇場で見たかった。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析