忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[737] [736] [735] [734] [733] [732] [731] [730] [729] [728] [727]


題名:TOPDOG/UNDERDOG
日時:2012年12月15日19:00-21:10(途中休憩あり)
劇場:シアタートラム
料金:6800円
座席:D列中央
12月16日昼 シス・カンパニー公演   シアタートラム
作:スーザン=ロリ・パークス
翻訳・演出:小川絵梨子
出演:
  ブース(弟):堤真一
  リンカーン(兄):千葉哲也

台詞がとても多い濃密な雰囲気。場面は全て弟のアパートの中。
働かない、でも棲家を持っている弟に転がり込んだ兄貴。
兄弟の名前が大統領とその暗殺者の名前をとっているらしい。
兄は以前はいかさまカードでぶいぶい言わせていたのですが、
今はカードから足を洗って、遊園地で働いている。白塗りして
白人に化けて遊園地でリンカーンとして殺される役を演じている兄、
なんとか自分の生き方に正当性を持たせようとして苦しむ。
兄弟は、子供のころ、両親に捨てられ、兄貴は一度結婚すれども妻に
逃げられ、弟は彼女がいるのかいないのか。。
弟はし万引きの腕スーツを2着まとめて持ってくるとか辣腕なのだが、
それ以外は大言壮語するだけ、凄く子供っぽくてサイコな雰囲気を持
ちながらお兄ちゃん大好きな弟。兄嫁も弟に寝取られてる?
兄は、馬鹿な弟を憎みながらも愛している。。
もう背景書いているだけで暗雲漂うような暗さなんですが、それを
素晴らしいセリフ回しと間で演じられるので超低空を這うような
おもしろさというか、、1秒ごとにおもしろさとやるせなさが頭に
詰まっていく感じ。
2幕は弟が自宅でディナーの用意をして彼女を待っているところから
始まる。でも彼女は来ない。兄貴はカードに復帰してすごく儲ける。
外出した弟は彼女を殺してきたといい、最後には賭けた母の形見を
取り返そうと兄貴をも殺してしまう。
救いようのない話で、見終わった後に空気の粘度が一段あがった
ように感じましたよ。見てて心底疲れました。
で、弟の彼女は実在したの?エアなの?母親が残した金は5?500?

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析