忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[734] [733] [732] [731] [730] [729] [728] [727] [719] [718] [717]


題名:こどもの一生
劇場:パルコ劇場
日時:2012年11月21日19:00-21:00
料金:7800円
座席:D列17番(7列目中央)
原作:中島らも
出演:谷原章介、中越典子、笹本玲奈、山内圭哉、
戸次重幸、玉置玲央、鈴木砂羽、吉田鋼太郎
STORY:
舞台は瀬戸内海に浮かぶとある小さな島。
登場人物は、そこで隔離状態にされた「ストレス障害」患者たちと治療スタッフ2人。
個性的な患者に混じり、島の開発を目的に患者に成りすまし潜入した
開発会社社長・三友とその秘書・柿沼。
ストレス治療のために「こども返り」してゆく患者たち。
こどもになった患者たちはひょんなことから「山田のおじさんごっこ」という
遊びを始めるが。。。
それは恐怖の始まりだった。

-------------------

大人から子供帰りしていく姿がすごい。まるで一瞬にして変身したかのよう。
最初は子供同士のいさかいなのに後半部分ではそれが見事にホラーに繋がって
いきます。舞台上はずっと高いテンション。
緻密な脚本と力量のある俳優たちのがっぷり四つに組んだ見ごたえのある
ステージでしたよ。
これはネタバレなしで見るべし。


拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析