忍者ブログ
今までに見た舞台の感想をつづってあります。
[696] [695] [694] [693] [674] [692] [691] [690] [689] [688] [687]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





題名:Empire
日時:2012年6月10日19:30-21:00
劇場:特設テント at 265 West 45th Street(between Broadway and 8th Avenue) (NY)
料金:クーポン割引(Buy 1 Get 1 Free) 89/2 = 44.5 USD
座席:
URL:http://www.spiegelworld.com/empirenewyork.html
  http://www.youtube.com/watch?v=j5O2OSfDfFU
Directed by Wayne Harrison
Choreography by John O’Connell
Costume Design by Angus Strathie
Production Design by Josh Zangen
Lighting Design by Martin Kinnane
Synopsis:
Reinviting the traditions of circus, cabaret, variety and
burlesque for the 21st century audience, Spiegelworld came
to life in New York City in the summer of 2006. At its core
is a unique venue; a heritage 440-seat Belgian spiegeltent.
Popular across Europe during the early 20th century, the
luxurious traveling spiegeltents were used as dance halls
and music/cabaret venues, featuring intimate in-the-round
seating, ornate wooden panelling, mirrors, stained-glass
windows, and velvet-upholstered seating booths.

ブロードウェイの中に張られた特設テントでした。
さほど広くありません。フラッシュを用いた写真撮影禁止。
テントの真ん中に狭い円形のステージ、3mほどでしょうか。
基本的にはボードビルですね。出てきたネタを覚えている順に
書いておきます。途中で歌があったり、クラウンが笑わせたり、
客いじりもありちょっとしたマジックも入りました。

オープニングは透明な球体の中にはいって、軟体。しかも
ときどき蓋をあけてそこから外に張り出して決めポーズ、
球体の中でフープ使ってました。
次は3人の組体操、しかもガーター付下着姿、そのおねえさん
たちがあんなかっこうやこんなかっこうですから盛り上がります。
寝転んで足で背中を支え、その上で足での上で大開脚!
くねっとまがった自然木の枝の上で巨大な独楽をいたりきたり
曲独楽なんですが、ちょっと地味。。このおじさんがあんな
バランス芸をするとは。ここではクラウンの役割かとおもって
いましたよ。1ドル札で出来た長い枝をもってきてみんなに
チップをねだっていました。私も1枚。
東方の白鳥。組体操。軟体+組体操で最後は肩の上で爪先立ち。
最後の最後は頭上でアラベスク。
フープ、たくさんフープ!
男女の組体操。きれいな筋肉の男性に美しい体の女性
見栄えがする筋肉。それがかなりきれいに動く。
ひょいひょいっと投げて頭上で軟体!これは美しい。
50cm位のラートをつかったくるくる!
そののち2m弱のラート、ステージとそんなにサイズが変わ
らないように思えてしまう。まずチンバランスw
こんな狭いところでよくやるもんですわ。
大した芸はないのですが、臨場感が半端ない。
合間に箸休めで?バナナを口でちぎってパッシング、
ピンポン玉よりえげつない。上下で組体操して下へ
バナナをぽたぽた。うーん呑んでると盛り上がる宴会芸
ですな。
ローラースケートによる振り回し、舞台のうえにもう一段
舞台をおいての芸。めちゃ狭い。そこで足を首にまきつけて
振り回すのだから臨場感半端ない。とんできたら大惨事!
ジャイアントスイング!最後は男の首と女の頭を紐で結び、
ぐるぐるぐる!!初めてみたのでとても感動!!

そしてバランス、棕櫚の葉みたいなものをたてていきます。
クラウンのおっさんが何かはじめた、という感じだったのが
積み重なるにつれて場内がしんと静まり返り、完成して頭に載せ
多段階でうおー、まだ1本あるのはなんだろう?とおもったら
それに載せてたててしまうという。。
そこで大拍手!
でも最後の羽を取ってパタパタパタと倒れていく光景はもう
一段上のセンスオブワンダー!!これは生で見てほしい。
エンディングは椅子の積み重ね、バランス芸。

凄い芸ばっかり!今回の旅の中でいちばん感銘を受けた公演でした。





拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くろせ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析